労務管理事務所 新労社代表、東京都渋谷区の社労士、深石 圭介と申します。雇用関係の助成金と人事制度を専門に、お仕事をしています。皆様よろしくお願いいたします。

雇用助成金相談室
助成金に関する相談・申請:当事務所は教育・雇用にかかる福利厚生を中心として助成金申請のプロです。 


雇用関係助成金 法改正ルーム

最新の助成金の法改正情報を、追っています。フェイスブックですが、外部から見ることができます。


すぐにもらえる!雇用関係助成金 申請・手続マニュアル

平成21年以来出ています、私の著書です。4訂版出版されました。法改正の追補版もあります。

人事制度研究室
当事務所は中小企業の賃金・人事制度に、高等なものから身近なものまで独自のやり方を行なっています。
 
社会保険労務相談室
手続のアウトソーシング:専門知識による正確・迅速な手続きをお任せください。社員の方の手間が省けます!


バヌアツに行った社労士フレンチフリゲートの奮闘

かつて南太平洋の国に、短期間住んだことがあります。その風俗や活動の記録です。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-21 05:00:00

研修・賃金コンサル助成金セミナー

テーマ:おしごと

当ブログをご訪問頂き、ありがとうございます。


○ 著書、『すぐにもらえる!雇用関係助成金 申請・手続マニュアル』の内容はこちら

○ 助成金の無料診断はこちら 、法改正最新情報はこちら
○ メルマガ「新労社が贈る、人事のツボ!」はこちら

○ 共著、『中高齢者雇用ハンドブック2015 』の内容はこちら

○ 共著、『駆け出し社会保険労務士さんのための実務の学校』の内容はこちら

==========================================

助成金受給環境アドバイザー協会 で、助成金を深く突っ込んだセミナーをやらせていただきました。


研修は我が世の春の助成金が多いので、コンサル方法はスムースですが、賃金コンサルの助成金となると、当局でもほとんど実績がなく、材料集めに苦心します。


まずは賃金コンサルの雇用関係の助成金、また、その周辺の資料や可能性、考えられる具体例について話し、次いで研修の助成金について助成金を列挙し、最後に新しく開発したコンサル方法を開陳して締めます。



賃金コンサルの助成金は、キャリアアップ助成金の賃金テーブルを作成し、また改定した場合の助成金が挙げられます。キャリアアップ助成金は、表向き非正規社員のための助成金ですが、正社員の分も含めて、今度新設された助成金ともども活用して、その会社の仕事と賃金の連動を見える化することが可能です


しかし悲しいかな、このコースは、厚生労働省が力を入れたいと念ずるにもかかわらず、正社員化や人材育成のものに比べると、昨年度実績では1000分の1も出ていないのです。原因は、中小零細でパートさんと正社員の仕事の明確な線引きがまだまだ図られていないからです。当局が「同一労働同一賃金」の施策を勧める理由がわかるというものです


セミナーでは、助成金内容と、具体的な実務を聞いていただいた方の中には、商品のヒントを得られた、と言ってくださる方もいました。下画像は職務分析の各種方法ですが、これらの資料はネット内で豊富なのです。助成金と合わせて、関連する資料を解説するだけでも、確かに賃金コンサルは可能です。



研修は、今までやってきたものを焼き直して述べればよかったです。ただし、お客様先での実務で、どの助成金を選んだらいいのか、その実務は明らかではありませんでした。今回はそこを分かりやすく表にしました。


研修は数人規模以上の会社なら、どこでも大なり小なりやっているものです。それでこの場合はこの助成金、カバーできるものがどれ、ということについて明らかに示せるツールを開発したのです。


研修にしても賃金コンサルにしても、数年前までは、助成金という発想がそんなになかった分野です。それゆえに、助成金に直接関連するところでも、また間接的でも、今までなかったようなツールや、助成金の発想方法すら変える(成功報酬よりも、コンサル料の一部)発見の可能性を持っているのです。


こういうセミナーをやるときに限って(笑)法改正がありますねえ。もっとも緩和の改正なので、私の言ったことは助成金にそのままなりますが、緩和されるというコトは、まだまだ利用が少ないということなのです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-08-18 05:00:00

日本法令SR「注目の助成金」執筆!

テーマ:おしごと

当ブログをご訪問頂き、ありがとうございます。


○ 著書、『すぐにもらえる!雇用関係助成金 申請・手続マニュアル』の内容はこちら

○ 助成金の無料診断はこちら 、法改正最新情報はこちら
○ メルマガ「新労社が贈る、人事のツボ!」はこちら

○ 共著、『中高齢者雇用ハンドブック2015 』の内容はこちら

○ 共著、『駆け出し社会保険労務士さんのための実務の学校』の内容はこちら


==========================================

日本法令SR


今回は、2つの助成金について書かせていただきました。私が個人的に規定する、約70種類の助成金でも、誌面に表すとなると、売れっ子助成金の抽出ということになります。注目=売れっ子助成金のやり方とは、なにも、受給しやすいものばかりではありません。SRさんでは・・・


・会社の福利のために役に立つ


というものを取り上げたものです。しかも、将来性や、社労士や会社が「儲けられなくとも」、長い目で見て会社の利益になる、ひいては生産性の向上につながる、「受けるべきもの」も取り上げられているのです。

 


まずキャリアアップ助成金。非常にトレンディで、近年の第一線助成金と言っても過言ではありません。この夏もさっそく緩和されましたが、国の重要政策「非正規社員の撲滅」を担う中心戦力だからです。話題にすべき主なものは3点です。


・非正規社員と正規社員のそれぞれの定義と、助成金をもらえるだけの期間。

・就業規則の文言の内容と、改正時期。

・2階建て、3階建て受給の可能性。


誌面でも分かりますが、ムカシと比べて、実に受けやすくなったのです。出勤簿や賃金台帳、山ほど持って行って却下された時代もあったのに、夢のような感じです。


しかし非正規社員を正社員にした分、会社のパイが増えたわけではありません。賃金の伸びは低いのに、期間限定から、期間を限らない社員にすることのみで助成金が受けられるケースが増えているわけで、それだけで従業員も会社も幸せになるのかどうかです。もうちょっと施策が必要でしょうね。



職場意識改善助成金。以前は結構多額のおカネが出ていて、これをスプリングボードに発展した事務所もあるくらいです。しかし時短+有給促進の経費の一部立替、という現在の制度になってから、火が消えたようになりました。


この助成金程、本来の雇用関係助成金の意義を問うものはないですね。なにも資金繰りや、おカネ儲けをする材料ではないのです。会社の労務改革には手間もおカネもかかる、その一部は出してあげましょうというのが、本来の趣旨だったはずです。


まあですからこの助成金はメンドクサイですよね。とてもとても「割に合わない」のです。しかしそういうい考えでは、特に従業員の定着や、より勤めやすい会社の福利に役立つ施策は、なかなか受け入れることはできないでしょう。おカネはわかっていただいても、労務管理はわかっていただけない典型例です。


そうならないための、書類の集め方、営業の仕方等、ストレートに表現しました。アタマの意識自体「改善」するからこういう助成金の名前が付いているのかと思います。



それにしても他の著者さんは、提案書や、図表も多く、面白いものが多かったですね。「あっこんなものがあったのか!」という気付きが多々ありました。私もチェックリストやいろいろな独自書類を用意したこともありました。


しかし毎年のこととなると、アプローチブック(助成金をA4用紙1枚にまとめたもの)と、サイトを改造するのに手いっぱいです。後は当局から立派なパンフや資料が山ほどダウンロードできるので、それを使用します。事務所によって助成金とどういう付き合いをするのか?ということを定めて、資金や時間を配分する必要があります。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-08-14 05:00:00

埼玉県社労士会、助成金セミナー

テーマ:おしごと

当ブログをご訪問頂き、ありがとうございます。


○ 著書、『すぐにもらえる!雇用関係助成金 申請・手続マニュアル』の内容はこちら

○ 助成金の無料診断はこちら 、法改正最新情報はこちら
○ メルマガ「新労社が贈る、人事のツボ!」はこちら

○ 共著、『中高齢者雇用ハンドブック2015 』の内容はこちら

○ 共著、『駆け出し社会保険労務士さんのための実務の学校』の内容はこちら

==========================================

埼玉県社労士会、川口支部で、助成金のセミナーをさせていただきました。法改正情報も含めて、3時間で営業に至るまでお話ししようというものです。


パワポなしで、しかもパワポ画面も挿入しての「ビジュアルな」レジュメで解説します。A4用紙にパワポをコピペすると、新聞の見出しのようになり、単調な感じで眠くならないようにというがミソです。ホントに眠くならないかは別として(笑)



7月下旬の暑い土曜日、集まっていただいたのは20数名ほど。助成金を積極的にやっている若手の方も多少いましたが、大多数は支部長の人徳で集まった方々です。「展示」もあまり用がありませんでしたね。こういうところでは、セミナーの演出ではなく、実体験もろもろで直線的に話す方が良かったかもしれません。


内容は助成金個々のジャンル別のハナシから、「売れっ子」助成金にしぼり、営業で締めるといういつものパターンでした。しかし4月の年度代わりから4か月、もう情報がある程度出回っていて、今更法改正でもない感じ、夏以降の最新情報を主に話すよう努めました。



懇親会では、助成金談義に花が咲きました。個々の助成金のマイナーな実務は、とどまるところを知りません。ベテランも初心者もそれほど話に違いはありません。ただ、「助成金的な」カンと言えるものは研ぎ澄まされるところがあります。


そういうのは本にも書けないですし、また伝承すべきものでもありません。コロコロ変わりますからね。単なる笑い話、苦労話です。


川口の街というと、キューポラの工場イメージがあるのですが、歩行者デッキを備えて車を気にせずに通行できるスマートな駅前です。車道も歩道もゆとりがあって広く、駅の東西を意識しないような感覚で、歩行者に親切に作られているイメージでした。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。