労務管理事務所 新労社代表、東京都渋谷区の社労士、深石 圭介と申します。雇用関係の助成金と人事制度を専門に、お仕事をしています。皆様よろしくお願いいたします。

雇用助成金相談室
助成金に関する相談・申請:当事務所は教育・雇用にかかる福利厚生を中心として助成金申請のプロです。 


雇用関係助成金 法改正ルーム

最新の助成金の法改正情報を、追っています。フェイスブックですが、外部から見ることができます。


すぐにもらえる!雇用関係助成金 申請・手続マニュアル

平成21年以来出ています、私の著書です。4訂版出版されました。法改正の追補版もあります。

人事制度研究室
当事務所は中小企業の賃金・人事制度に、高等なものから身近なものまで独自のやり方を行なっています。
 
社会保険労務相談室
手続のアウトソーシング:専門知識による正確・迅速な手続きをお任せください。社員の方の手間が省けます!


バヌアツに行った社労士フレンチフリゲートの奮闘

かつて南太平洋の国に、短期間住んだことがあります。その風俗や活動の記録です。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-31 05:00:00

「怒りこそ正しい」という甘えヅラ

テーマ:よしなしごと

当ブログをご訪問頂き、ありがとうございます。


○ 著書、『すぐにもらえる!雇用関係助成金 申請・手続マニュアル』の内容はこちら

○ 助成金の無料診断はこちら 、法改正最新情報はこちら
○ メルマガ「新労社が贈る、人事のツボ!」はこちら

○ 共著、『中高齢者雇用ハンドブック2015 』の内容はこちら

○ 共著、『駆け出し社会保険労務士さんのための実務の学校』の内容はこちら


==========================================




政治家から、若い両親に至るまで、この「怒りこそ正しい」という甘えヅラが流行っていますね。何か他人の欠点を見つけ、それを糾弾することで、自分のオソマツなところをごまかそうという、なんともやりきれない感情表現です。子どもや、中高生までは許されても、社会人以上は許されないところまで来ているかと思います。


東京都知事の交代、タレントの不倫、乳幼児虐待など、昨今の時事問題、社会問題の一群は、関係なさそうなことが同じ根っこのような気がします。


人間そりゃ怒るべき時はあります。しかしそういうのはハッキリ言って、1000に1つくらいです。それを誤って、つまらんことで怒っても、あまりトクすることがないのです。


なぜかというと、自分にとっては発散になっても、他の人間にとっては迷惑以外の何物でもないからです。1人で怒っているのはイイのですが、たいていの場合は相手がいますからね。世の中怒りが忌避されるのは、そういう相手を選ぶ、計算づくの怒りです。それがそれこそ、世の中の怒りの1000に999を占めますね。


コワイお兄さん相手に怒る人は少ないでしょう。相手が弱いから、また強いとしても不特定多数だった匿名で、自分が被害を被らない立場ならば怒るのです。例えば以下の通りです。


政治家のカネの問題・・・大勢が言っていれば、「安全」だから怒る。

タレントの不倫・・・美貌、才能のあるヒトを、けなすのは快感。しかし理由が欲しい。

乳幼児虐待・・・小さな立場。しかし「いうコト」を聞かないから暴力。


部下・女性いじめ・・・弱い立場。「教える」コトの対価としての有形無形の暴力。

学級のいじめ・・・特定の「仲間はずれ」で、集団の団結を保つ。

不器用なヒトの仲間はずれ・・・何か物理的なもので図って、足りない人をいじめる。


マアマア多いこと。かくいう私だってやっていたかもしれません。ネトの時代でもこういう特質は、人間の原始人からのもので、成長がなく、なくならないでしょう。しかし・・・


せめて自分だけは・・・というイイ意味での個人主義を、ここでこそ発揮してほしいと思いますね。ヒト一般に対してだけでなく、自分自身にも。集団に対する個人主義より、自分に対する個人主義を貫ければ、世の中平和になるかかと思います。


具体的には、ヒトのアラ探しより、自分のアラを探す方が良いんじゃないの?ということです。それが1人残らずできれば、世の中の淀んだような「やり場のない自分勝手な怒り」はなくなるものかと思います。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-07-24 05:00:00

中企団助成金、28年度実務セミナー

テーマ:おしごと

当ブログをご訪問頂き、ありがとうございます。


○ 著書、『すぐにもらえる!雇用関係助成金 申請・手続マニュアル』の内容はこちら

○ 助成金の無料診断はこちら 、法改正最新情報はこちら
○ メルマガ「新労社が贈る、人事のツボ!」はこちら

○ 共著、『中高齢者雇用ハンドブック2015 』の内容はこちら

○ 共著、『駆け出し社会保険労務士さんのための実務の学校』の内容はこちら


==========================================

法改正セミナーの他に、中小企業福祉事業団 様では特定の助成金にしぼって、実務セミナーを行わせていただいています。

 


28年度はやや助成金をしぼったカタチで、キャリア形成促進助成金、キャリアアップ助成金としましたが、実態は20数個の助成金になるのです。そこでそのコンサル方法が主な内容になりました。


表向きはキャリア形成促進助成金、キャリアアップ助成金でも・・・


大雑把な実務の仕組みでキャリア形成促進助成金(雇用型訓練コース、重点訓練コース、一般型訓練コース)、キャリア形成促進助成金(制度導入コース)、キャリアアップ助成金の3つになり・・・


そして用途別に以下のような種類になります。20個以上ですね。


キャリア形成促進助成金  


★ 雇用型訓練コース

特定分野認定実習併用職業訓練、認定実習併用職業訓練、高年齢者雇用型訓練 


★ 重点訓練コース 

若年人材育成訓練、育休中・復職後等人材育成訓練、成長分野・グローバル人材育成訓練

熟練技能育成・承継訓練、中長期キャリア形成訓練


★ 一般型訓練コース

一般企業型訓練、一般団体型訓練


★ 制度導入コース 
教育訓練・職業能力評価制度、セルフ・キャリアドック制度、技能検定合格報奨金制度

教育訓練休暇制度、社内検定制度、事業主団体助成制度


キャリアアップ助成金


正社員化コース、人材育成コース、処遇改善コース 賃金テーブル改定

処遇改善コース 健康診断制度、処遇改善コース 賃⾦テーブル共通化、

処遇改善コース 短時間労働者の労働時間延長 



しかし基本的な実務は、20個あってもだいたい8つ、その思想ともいうべき、考え方は6つくらいなのですね。基本的な実務というのは、独自の受給までの流れ、さらに思想は何がポイントなのか?というところです。流れとポイントとさえ押さえれば、あとは書類を期限までに集めて当局に提出するという作業だけです。


その作業の過程で、担当者の性格とか、急な法改正などが介在し、それがまた助成金がイヤなものになる原因なのですが、それはこちらではどうしようもありません。


助成金がムツカシイと考えられるのは、流れを理解していない、中でもきっかけは何か、ということがわからない点と、ポイントがわからないところですね。要件を満たしていないと、という懸念は、ポイントを押さえれば、また、書類を集める過程でおのずからわかるものです。それがわかりやすい助成金が“大ブーム”を起こすのです。


しかし分かりにくいものでも、心配はいりません。地道な書類の作成が必要か否か、そして気まぐれに変わる、法律のみならず通達など含めた当局の対応の問題です。これは天候同様、防ぎようがありませんね。


講義は、4時間でちょうど話し切りました。しかし、流れの中で実務の余談を交えたことで、ややまとまりのない感じになったことは反省点です。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-07-17 05:00:00

産労総合研究所「労務事情」28年度助成金記事

テーマ:おしごと

当ブログをご訪問頂き、ありがとうございます。


○ 著書、『すぐにもらえる!雇用関係助成金 申請・手続マニュアル』の内容はこちら

○ 助成金の無料診断はこちら 、法改正最新情報はこちら
○ メルマガ「新労社が贈る、人事のツボ!」はこちら

○ 共著、『中高齢者雇用ハンドブック2015 』の内容はこちら

○ 共著、『駆け出し社会保険労務士さんのための実務の学校』の内容はこちら


==========================================

産労総研 労務事情


今年度も書かせていただきました!構成は以下の通りです。


1、新しくできた助成金10傑

2、要件が良くなる助成金

3、要件が悪くなる助成金

4、廃止になる助成金

5、変化のほとんどない助成金


これは例年やってます「深石式」とでもいうべきオリジナルの分類法で、独断と偏見を交えたものですが、1つの考え方ではあります、というのは、助成金というのはひとえに分類だからです。


分類をすること5つか6つの助成金を集めて定義づけることで、何をやればもらえるのか、という論点がハッキリします。経産省や民間の助成金などが、今1つ分かりにくいのは、この分類がされてないからです。



この分類も、良くなった助成金と悪くなった助成金が関係ないかというと、そうではありませんし、悪くなったといっても、ある部分では良くなったり、その逆だったりすることもあります。


しかしこういう分類も、分かりやすくするためには、イイ感じなのです。本編では、教育や正社員化などは表にしてあります。それではちょっくらそれらをやろうか!という気になってくれるのを、お願いしているのです。


新しくできたものも、使えるもの、あんまり出ないなというモノ混淆ですが、国の政策をうかがい知ることができます。たとえ今は考えなくても、激動の時代、何が役に立つか分かりません。ここで新しくできたものだけ集めるというのも、また面白いかと思うのです。


そんな感じで助成金の膨大なデータを、引き延ばし、整理し、また両断して仕分けする、というような、筆者なりの加工を経ていますが、当局の出す案内とは違う社労士なりの助成金分類の「切れ味」を楽しんでいただければと思います。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。