Freja

Freja Beha Erichsen 情報 blog


テーマ:

2006.09 Telegraph Fashion




表紙 by Tesh

Freja-TelegFc





" Costume Drama " by Tesh 


Freja-TelegF1
Freja-TelegF2
Freja-TelegF4
Freja-TelegF3 Freja-TelegF5



Freja-TelegF6
Freja-TelegF7


↑左枠の紹介文


「カバーガール(表紙モデル)となったのは

ファッションウィークを間近にひかえたフライヤ。
昨シーズンは4週間のうちに

アレキサンダー・マックイーンカルバン・クラインシャネル
ドルチェ&ガッバーナグッチルイ・ヴィトンマーク・ジェイコブス
プラダクロエイブ・サンローラン など

驚異的にも 64ものコレクション でキャットウォークをみせた。


故郷コペンハーゲンの路上でスカウトされ、
モデルエージェンシーIMGからデビューを果たしたのはわずか18ヶ月前のこと。
ジル・サンダーグッチヒューゴ・ボスバレンシアガ などの

キャンペーンを早くも射止めており、

モデル界のエリート街道を突っ走る旬のモデルである。」



fw06のキャンペーンを調べているときに

いろんなモデル達のキャンペーンリストをたまたま見かけました。

まだFrejaは新人枠にも関わらず、

売れっ子モデルに負けないキャンペーン数を獲得してました。

同期でいうとサーシャはPradaだけだったような。  ←意外です@@

小さなブランドからビッグメゾンまで数にしてもそうだし

オンリーガール(単独のキャンペーンモデル)もやってますから

新人枠では既に群を抜いていました。


たいてい過大評価されて

そんなに持ち上げなくても~ (^o^;) と笑ってしまうのが紹介文ですが

キャンペーン実績を踏まえて読んでみると

”エリートコース上にいる”というのはまったく大袈裟な表現ではないといえます。




彼女のファンですから喜ぶべきところですが

本音としては少し腹立たしさがあったんですよ。

だってうまくいき過ぎじゃないですか。

今や一流といえるモデルでも

デビューしたところで仕事のこない時期が何年も続いた

キャンペーン一つ獲得できるまで何年もかかった、という

苦労多き不遇の下積み時代を送った人達がたくさんいるんです。

そして、ある時期から幸運にもブレイクというのが一般的。

ずっと第一線でやってきてるFrejaのような経歴って珍しいんですよ、ほんとに。


「かなりうまく行ってた。17歳の頃までは」

とFrejaは インタビュー で言っていました。

それを真に受けていつ辛酸をなめたか、挫折を味わったのか

注意しながら更新してきましたよ。しかしですね

膨大なランウェイ数、毎月のed、キャンペーンにしたって

それらしき時期が見当たらないっ!


私達の知らぬところで チャンスを逃した という意味で言っていたとしたら、

彼女のなかでは本当はもっと成功していたというのでしょうか?

これだけ恵まれた道を歩んでいるというのに、あなた、何をおっしゃるの!?

数々のお仕事を更新する度、私は憤りを感じましたよ。


努力してる面をまったくみせないんですよね。

モデルだから○○に気をつけてる、とか特別なことをしてる節をみせない。

だから「なにこの余裕・・・」なんて思わせてくれるんですが

見方を変えてみると、実は高いハードルを自分に課している人だから

誰もが成功と思えることでも、自分のなかでは成功だと思えないのかもしれない。

口に出すことなく辛い事は飲み込んで、タフぶってきたと。

独りで闘うなんてキツイわ・・・とね、まあ、勝手に一人で泣けてきたわけですが。

そういう精神的な強さもトップモデルに必要なものだったのかもしれません。


彼女の首に彫られた「Float」

私は、この言葉って彼女自身に必要なものとして彫られたと思っているんですよ。

「焦ることなく漂うように、もっと自由に気楽に」とね、自分に言い聞かせるように。

悩んで自分自身を雁字搦めにしないために。

タトゥーは彼女のトレードマークとなって

タフで自由な人間とのイメージが強いですが

そうあろうとしてきたんじゃないかと思ってます。

厳しい業界において何度も何度も辛い経験して、深く考えてきたから

それらを乗り越えるために、強い人間に成長するのに必要だった言葉。


私達の知るFrejaというのは

モデルというお仕事における彼女の姿だけなんですよね。

インタビューを読んでは

彼女のほんの一部しか知らなかった、と毎度痛感させられます。

見えないところでどれだけ独りで闘ってきたのか・・・

頑張ってきたのね、と抱きしめたくなってしまう。

それで私は思うのでしょう。

どのようにして自分を奮い立たせてトップモデルへと成長したのか

もっと彼女の真の姿を知りたいと、この先も応援し続けたいと。



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

FBさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。