エフ-スタイルでスポーツを楽しもう!

     向上心を忘れず、スポーツを楽しむみなさまに!

 何才になっても向上心を失わないスキーヤーとスイマーのためのブログです。

 スキーやマスターズ水泳に興味のある人たちへの情報を発信しています。
 冬季のスキーキャンプや水泳クリニック関係の情報も発信しています。

 ホームぺージはこちらです。
 水泳   http://swim-lesson.info
 スキー  http://ski-lesson.info/


テーマ:
 前回のブログにも書きましたが、今年のスキーシーズンはたいへん忙しいものでした。そのためシーズン中はスキーだけで精一杯になってしまい、なかなか泳ぐことができませんでした。
 それに加えて、スキーシーズンが終わったとたんに熱を出し、十日以上も寝込んでしまいました。
 ほんとうに自己管理がなっていませんね。

 ようやく、五月も半ばをすぎて泳ぎ始めましたが、やはりなかなか厳しい現状です。
 そこで、『長野県マスターズ』 を棄権することも考えました。
 しかし、スキーのレッスンでいつもみなさまに伝えていることがあります。
 それは次のようなもの。
 「上達の第一歩は現実をしっかりと把握すること』

 現実をしっかり把握するのに、大会ほど良い機会はありません。
 そこで、潔く大会に参加する決心を固めました。リレーメンバーのみなさま、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。


 白馬五竜はたいへんシーズンが長いため、半年間はほぼ泳げないことになります。そこで思い切って 『ゼロベース』 からのスタートを切ることにしました。
 これは近頃読んでたいへん感動した 『わが人生のシュプール(猪谷千春著)』 に啓発された方法でもあります。

 本格的に泳げるようになるまで、いくつかのステップを刻むことにしました。スキーシーズンが始まるまでの半年間を時期を分けて練習することにしたのです。専門用語で periodization と呼ばれる方法です。
 まず、水泳ができる体をしっかり作ること。
 そのために練習量を増して、強度を落とすことにしました。

 少し体ができてから得意なスプリント練習を取り入れ、強度を上げる計画を立ててみました。
 もっとも大事にするのは11月26日&27日におこなわれる『ジャパンスプリント』 とさせていただきました。ジャパンスプリント後はスキーシーズンがスタートします。

 これらのスタートとなるのが、三日後の大会です。
 今年のしっかりしたスタートを切るためにも、しっかり泳いできます。
 タイムがでなくても良いと決心すれば、大会は大きな刺激になります。
 友人たちの泳ぎを研究し、自分の立ち位置を確認すること。

 そのためにも、今日と明日の二日間、しっかりと練習して大会に参加させていただきます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 5月3日をもちまして、白馬五竜フリースタイルアカデミーすべてのレッスンと行事を、無事に終了させていただきました。そして、5月20日で、残務のほとんどを終えさせていただきました。
 ご参加いただいたたくさんのスキーヤーのみなさま、ご協力いただいたインストラクターのみなさま、そしてコースを管理してくださったサポーターのみなさま、ほんとうにありがとうございました。

 昨シーズンの反省から、今年こそは  「疲れすぎないこと / 週2回は泳ぐこと」 を目標に掲げていました。しかし、やはりというか、何というか、まったく達成できませんでした。昨シーズンが人生でいちばんレッスンした年だと思っていたのに、その記録を更新。加えて、人生でいちばん泳がない冬までも達成してしまいました。
 正直、複雑な気持ちは拭いきれないです。

 

 でも、素直に考えればとても嬉しいこと!

 まだまだわたしのレッスンを受けてみたいというみなさまがいらっしゃるのですから。

 みなさまに支えられて、61歳まで無事にスキーインストラクターとして生きてくることができました。ほんとうにありがとうございます。これからも立って、歩けて、滑れる限り、レッスンをさせていただく決心ですので、どうか来シーズンもよろしくお願い致します。

 

 先日、野沢にうかがったら、親しい友人の妹(片桐逸子さん)から、かつてお世話になった故・片桐匡先生の書籍をいただきました。
 それを読み始めたら、おもしろくて面白くてたまらず、思わず日本のスキー界を育ててきた偉人たちの本を再読してしまいました。

 写真はここ一週間で再読させていただいた本たちです。

 

 

 著者の誰もが、ほんとうにスキーの開拓者であったことがひしひしと伝わってきます。
 手作りと試行錯誤の固まりのような生き方で、こうした生き方は今のアルペンレーサーたちはしたくともできないのではないでしょうか。時代の変化のせいで。


 幸運なこと ・・・・ もしくは不運なこと ・・・・ に、フリースタイルスキーの黎明期に生きた何人かは、ここに書かれたのと同じような手探りの体験を経ることができました。わたしもその中の一人です。
 すべてが初めてで、自分で考え、選択し、ミスを犯してきた世代です。
 ウォータージャンプがない時代に、ウォーターを考えたり、いきなり命がけで二回宙返りをかけたりした世代。海外遠征でも、何も分からず、文字通り道に迷いながら大会出場を果たしてきたメンバーです。


 どんなスポーツにも、こうした時代があり、その時代を開拓する人たちの莫大なエネルギーによってスポーツが育っていきます。そうしたエネルギーの流れを、うまくつなげたり合流させたりすることで、スポーツはより成長し、大きな世界を生み出していきます。

 スキーの技術についても、上記の本を読んだだけで、「歴史は繰り返す」 を痛感したり、人間の本質は変わらないことを再確認できます。
 上記の本以外にも、まだまだ日本のスキー界を彩る人たちがいらっしゃり、本も残っています。しばらくそんな日本のスキー史を振り返り、偉人たちの本を読んでみたいと考えています。

 今シーズンも、ほんとうにありがとうございました。
 また、これからのシーズンも、どうかよろしくお願い致します。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 白馬五竜フリースタイルアカデミーの角皆(つのかい)です。
 雪不足に悩まされた今シーズンですが、ようやく最後が見えてきました。

 4月29日から三日間のキャンプをもって、今シーズン最後の公式レッスンとさせていただきます。
 スキー場が稼働している限り、プライベートレッスンをお受けしますが、公式なキャンプはこちらが最後となります。

 白馬に住んで22年になりますが、これほど雪の少ないシーズンは初めてです。
 事情通のみなさまにお尋ねしたら、もっとスタートの遅い年は何度もあったそうです。しかし、3月や4月になってこれほど雪が少ない年は初めてとのこと。なかには70年ぶりというお話しもありました。

 そのため、今週末からのエフ-スタイルスピリットも開催決定をなかなか判断できませんでした。今週も雨予報が二日間もありますから。

 しかし、昨日スキー場の何人かのみなさんとお話しさせていただいたところ、みなさん 「雪をかき集めてでもゴールデンウィークまで営業したい!」 との強い意気込みを話してくださいました。そのため、エフ-スタイルスピリットとエアドラゴンの開催を決定させていただきます。

 正直なところ、例年にくらべて状況はよくありません。
 アルプス第1リフトのみの利用となるかもしれません。47のラインEにも期待していますが・・・・・・。

 しかし今シーズン、この時期でもトレーニングできるのは有り難いこと。
 わたしたち全員、全力でレッスンにあたらせていただきます。

AirDragon


 例年のようなジャンプ台使用や大きな斜面を使ったコブトレーニングは難しいかもしれません。しかし、それに代わるドリル練習や応用練習をさせていただきます。
 今シーズンの最後に、みなさまの技術を見直すチャンスとさせていただきましたら幸いです。

 まだ若干名様を受け付けております。
 お申込みはこちらまで;
 tsunokai@ski-lesson.info

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 四月十一日の朝、白馬村には雪が降っています。
 今年はほんとうに雪の少ないシーズンなので、少しの雪でも有り難く感じます。

 あとどのくらい、スキーのレッスンはできるのでしょうか?
 これから、綱渡りに近いシーズン最後を迎えることになります。
 今週末は大丈夫かな?
 でも、来週末は?

 白馬五竜にみなさまに、より雪の多い場所にコブコースを設置することを要望しています。
 これが許可されたら、一週間か二週間は伸びてくれそうな・・・・・・。

 そんなことを考えているなか、水泳の全日本選手権兼オリンピック選考会が開催されています。北島選手の引退会見もあり、少し競技とマスターズスポーツについて書いてみます。

Hakuba


 マスターズで活躍されているスイマーやスキーヤーには、もちろん過去に素晴らしい実績を残されている方もいらっしゃいます。しかし、年齢層が高いところで活躍されていらっしゃるみなさんのなかには、過去オリンピックや世界選手権で活躍された方は比較的少ないように感じます。

 ふつう考えたなら、上位はみんな元オリンピック選手やナショナルチームメンバーと思われがちですが、そうではありません。特に八十歳を超えて活躍されていらっしゃるみなさまには、四十歳をすぎてから水泳やスキーを始めたという方が多くいらっしゃいます。

 常識的に考えると不思議ですね。

 でも、少し考えてみれば、これはあたりまえのことなのかもしれません。

 なぜなら、本格的競技者はなかなか長生きできない世界なのですから。

 少し詳しく書きます。この現実は、近代スポーツでトップレベルにいるためには、健康を損なったり、どこかを痛めたりするということでもあります。

 たとえば、ハードインパクトスポーツのなかでも負荷の高いフリースタイルスキーについて云えば、日本を代表する選手でヒザの手術をしたことのないスキーヤーはごくごくわずかです。
 加えて腰痛を経験したことのない選手などいません。

 水泳でも、腰痛や肩の痛みを経験したことのない選手や、ヒザの痛みを経験したことのないブレスト選手にはまず会ったことがありません。

 世界のトップにくらべて体格の小さな選手の多い日本では、健康に良いとされる水泳でさえ、なかなか健康でいることは難しいと考えられます。

 友人の日本を代表するスイマーに、こんな名言があります。
「水泳は体に良いけれど、競泳は体に悪い」

 トップ選手として長い間やってきた人は、古傷や故障を経験している方がふつうです。
 だから、故障が響く年齢になると、なかなか成績を出せないのかもしれません。
 また精神的に意欲を持続させることも難しいでしょう。

 マスターズ水泳の更衣室で、元オリンピック選手がこんなことを口にしていました。
「望む記録を出すための方法はわかっているのだけれど、それをやるための気力を維持するのが難しい」

 わたしの家内は若い頃、真剣にソフトボールと野球をやっていました。全国大会でトップクラスの成績も残しています。
 そんな彼女は 「もうソフトボールと野球には燃え尽きた」 とよく口にします。
 そして腰痛と背中痛に今も悩まされています。

 わたしは右ヒザを三回手術しています。
 後遺症も残っていますし、しっかり伸びもせず、曲がりもしません。
 ただ、若い頃に痛めてから、ずっとずっとリハビリを続けてきているので、ここまでやってこられたという考え方もできます。

 ケアをすれば、今でもスキーや水泳はとても楽しいし、素晴らしいスポーツだと感じられます。

 世界記録を何十回も書き換えてきた尊敬する世界チャンピオンの松本弘さんから、いつだったかこんな声を掛けていただいたことがあります。
「角皆さん、その調子でわたしの年まで頑張れば、いくらでも記録を書き換えられるよ」
 松本さんは二十歳近くわたしの年上です。

 とても嬉しい言葉でしたが、その時、こうした心配が頭をよぎりました。
『ヒザはそれまで持つだろうか?』
『腰はそれまで持つだろうか?』

 でも振り返ってみれば、六十を超えるまでスキー教師を続けられるなど、まったく思っていませんでした。ここまでヒザが持つなど、二十代には夢にも想像できませんでした。

 そんな状態でここまで来たのだから、行けるところまで行ってみます。

 今年は雪不足とさまざまなことがあり、まだ四日しか泳いでいません。
 でもスキーも水泳も、できることをゆっくりと積み重ねていくつもりです。

 あれはマラソンの君原さんだったでしょうか?
 こんな言葉を聴いた記憶があります。

 走っていて辛くなったら、『あと一キロだけ走ろう』 と思って走ってきた。
 もう我慢できないほど辛くなったら、『次の電柱まで走ろう』 と思った。
 もう駄目だと思ったら『あと一歩だけ』 と思って走ってきた。

 こうして走ることで、彼は練習も試合も常に完走してきたのです。

 わたしもできることをできる時に積み重ねて行ってみます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 1月28日の朝、少し早めに家を出ました。
 昨日から 「低温、快晴無風」 の天気予報だったため、少しスキーを練習しようと思ったのです。

 スキー場に着くと、まだほとんど人影はありません。
 昨日のうちに古いGSのスキー (K2 Elite G) を用意しておいたのです。塗ったワックスを剥ぐこともせず、スキーを外に出して少し冷やします。

 控え室の床でゆっくりと準備体操し、体を温め、スキーブーツを履きました。

 久し振りにヘルメットをかぶり、スキーを履き、スタート。
 まだまだゲレンデにスキーヤーの数は少ない時間です。


 Goryu


 まずは緩斜面でアップし、それから少しだけ斜度の増した斜面へと移動。
 冷え切った外気で造られた最高の人工雪が、ゲレンデを覆っていました。

 人工雪は粉雪になると、ほんとうにエッジホールドの良いバーンを作ってくれます。そこを少し古いけれど本物のGSスキーが、見事なほど素晴らしくカーヴィングしていきます。

 リフトからふと観ると気持ちよさそうな日向で、大きなカモシカがゆったりと枯れ葉を食んでいました。

 しばらく滑っていると、白馬五竜スキースクールのインストラクターたちが数人、同じ斜面を滑り始めました。
 みなさん素晴らしいカーヴィングで、丸い弧を描いていきます。

 リフト降り場の近くで、一人のインストラクターが斜面を見据えていました。
 たぶん、わたしくらいの年でしょうか。
 決して若くはありませんが、その表情は美しく紅潮し、生命に溢れています。

 どこまでも青く雲一つ無い空の下で太陽に照らされ、年老いたスキーヤーが何人か・・・・・・。

 彼らの姿を見て、一緒に滑っていると、なぜか喜びがこみ上げてきました。

 「きっと何才になっても、こうしたスキーの喜びは消えないだろう」

 「よほど体がダメにならない限り、いつまでもスキーは素晴らしいスポーツでいてくれるだろう」

 スキーヤーであることが、無性に嬉しい朝でした。
 
 
Turn

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。