21世紀のオオカミ(c) 「電磁波を整する者、21世紀を整す。」 現代美術アーティスト ニシオコウヘイのベンチャー設立ドキュメンタリー

奈良県香芝市にアトリエを持つ現代美術アーティストのニシオコウヘイ。 20歳から今までの19年間に、自身のプロジェクトに私費1億(フェラーリ458の新車4台分)円を費やし、辿り着いた答えは、「電磁波を整する者 、21世紀を整す。」 だった。 


テーマ:

  今日、待っていた郵便が自宅に届いた。

東京にある企業が募集している

夢のあるロボットのアイデアコンテストの応募概要と応募用紙だ。

 規模に関係なく

本気で一緒に伸びようと言うところなら、

国内外問わず

僕は連携すべきだと思っている。

 一つのアイデアや提案を

複数の相手が検討した時に

それぞれどんな反応が帰って来るのか、

それを見るのが 

今後の 

本当の(付加)価値組 と

際限なく(薄利多売で)値段まけ組 の見分けになる。

いわば、現場型 逆マーケティングリサーチ だ。

コレが本気で出来ないところは、

官民関係なく、確実に衰退して行く時代になった。

 

 さて、

僕のアイデアと提案は、

ここ1年程、

大阪で保留になっている。

同じものが、

今、2005年の

東京の民間企業でどんな風に受け取られるのか?

今から楽しみだ。

  「え、なになに、ダメならどうするかって?」

  「走る前からコケた時の事を真剣に考えるようでは、いけませんな。」

「「行ける時は、行っとけ!!」」








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日18日、


大阪市内 肥後橋のリサイタルホールで、


朝日新聞主催 「ロボットと暮らす明日」 


というシンポジウムがあり、行って来た。



大阪大学教授 浅田 稔 氏の講演

「ヒトとの共生に向けて」 は、

スマートさの中にユーモアてんこ盛りで

とても面白い内容だった。



 最後に、入場者の質問の時間があり、

僕も手を挙げ質問してロボットと共生したかったのだが、

残念ながら会場レンタルの時間の都合で質問は出来なかった。


僕は、こう考えている。

「ユビキタス端末やロボットが人間と共生して一緒に暮らして行くには、

電磁波防御素材が欠かせない。」


「ロボカップが今後F1レース並みに国際的メジャー展開するには、

レギュレーションの1つとして、

電磁波防御されたロボットである事も入れると面白い。」


(うーん、残念です。

デザイン・パワー・動作は完璧なんですが、

このロボットは環境部門のレギュレーション違反です。

人体の健康に有害な電磁波がダダ漏れなので参加できません! 

 なーんて言う、

最近の

F1のHONDAチームがウェイト違反で2戦出場停止となった ような事も

今後現実に起こりそう。)


「個人的に、

大阪のロボットがいつでも環境部門の電磁波レギュレーションを、

他の国や地域からの参加者をブッチギリで完璧にクリアした上で

総合優勝するっていうのが

もう最高にメチャメチャ格好イイと思う。」


(ちなみに、

あの名作アニメ 機動戦士ガンダム に登場するモビルスーツのコクピットは、

電磁波ガードが施されていたのだろうか? 

歴代のシャア専用モビルスーツにだけは、

赤いペイントの中にナノレベルの電磁波ガード素材が混ぜてあり、

密かに吹きつけされてそうな気がするが・・・。

 

 本物の二ュータイプ達は、

電磁波の人体への危険性も当然察知できるだろう。




 講演プログラムが終わった後、

主催の朝日新聞のスタッフの方が忙しい中、

僕の話を聞きに来て下さった。(本当にどうもありがとうございました。)



 僕は、

そのスタッフの方に

ここのブログのタイトルと連絡先を

手漉き和紙の名刺にボールペンの手書きで書いて、

大阪大学教授 浅田稔 氏 と

朝日新聞 大阪支局長 イガラシ 氏 に渡して下さいとお願いした。


 この世界中に、

僕が考えて行おうとしている事を

理解できる知性を持つ人物と出会う事が出来た時、

未来は変わり始める。



太古から、

いつの時代にも

間違いなく繁栄のように見えた滅亡 と、

鈍化のように見えたが実は最も確実で適切な進化 の

2つの選択が延々と繰り返されてきた。



そして、

僕達は今


始まったばかりの21世紀という歴史の真っただ中に存在している。



「あ、関係ないかもしれませんが、

 フェラーリ買って、

ノーマルのマフラーから 音のいいマフラーに交換する時は、

自分自身の誇りと地球環境の為に、

もちろん触媒(別費用・別工賃)を付けまーす!!」

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
そろそろ端末の仕様を決めようと思い、
以前からノートに描きためているスケッチを改めてまとめてみた。 

まず、一目でわかるような色を決めよう。

たとえば、郵便ポストの赤パーキングチケット販売機の黄緑

大人にも子供にもお年寄りにも、
国内・国外から大阪に来た人にも、
端末がどこにあるのか、
目立って、わかり易くて、案内し易い色。
なおかつ、似たようなものが無い色。


金色なら、全てを満たしている。


イメージは、

金塊=ゴールドバーだ。

大阪の街頭に
等身大のド派手な金塊のオブジェが出現! 

だが、本当に価値があるのは、
その中に組み込まれた情報端末が配信する
限定版のコンテンツ。 

必要な情報が、
新たな価値になる21世紀を表現するモニュメントとして、
街中の現代美術の役割りも果たす。 


サイズは、僕の身体のサイズに合わせて、
高さ171cm・横幅60cm・奥行き30cmと決めた。 



あと、
交通ICカードで大阪の街を楽しくする為に生まれた
端末型ロボットという設定にしよう。 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。