アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

2005年から2009年までの4年間、常夏のマレーシアで暮らしていました。2年過ぎた今でも、日本食は「ハレ」の料理でちょっぴりよそよそしく、アジア飯のほうが「ケ=日常」のご飯で、ホッとします。私にとっての食とは、味わいながら、みんなとつながることです。


テーマ:
先週の土曜日、古民家ギャラリーで「しまたい食堂」が開催。

こちらが入り口。木の引き戸をあけて中へ。

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


じつは最近、ずっと考えていることがあります。

マレーシア料理と日本の食材をコラボしてみたい。
日本全国の食材を探せば、マレーシアの食材に似ているもの、同じもの、または、ぴったりなものがあるのでは、と。

というのも以前、マレーシア料理教室で「ヨントウフ」を作ったとき。食材に茄子があり、「日本の茄子は水分が多くてハリがあり固いのですが、マレーシアの茄子は水分が少ないためにふにゃっとやわらかく、具が挟みやすいのです」と生徒の皆さんに伝えたのですが、あとから考えるとこの表現は間違ってた。“日本の茄子”ではなく“東京の茄子”よね。

なぜならわたしの実家は熊本で、幼い頃の茄子といえば、薄紫色の皮に長さ30センチほどのひょろっと長いもの。長茄子ともいう。ふにゃっとやわかい食感で、水分は少なめ。これ、ヨントウフに合いそうなんですよね。また、マレーシアの食材に“塩魚(イカンマシン)”というものがありますが、富山出身の千晴ちゃんによると、これは金沢名物の「へしこ」が似ている、とのこと。

そうか、そうだ、そうなのだ。

わたしは関東で就職し、それから本格的に自炊をはじめたので、こっちで売っている野菜や食材がスタンダードだと思いこんでいた。こっちで売られている食材が普通で、実家で見ていたものはローカル食材。これって正しくないよね。

関東・地方の垣根をとっぱらって、全国各地の日本の食材でマレーシア料理をつくる。
そしたらもっとおいしくて、もっと発見があって、もっといろんな人とつながることができるかもしれない。

なんてことを思っていたところに「しまたい食堂」のお誘い。これはもしや…と、参加したのです。

しまとは、日本の上島諸島(広島県)のこと。タイ屋台料理愛好家の下関さんが、しまの達人である松永さんが調達したしまのワカメ、ひじき、茄子、みかんを使って、タイ料理を作ってくださいました。

こちら、しまたい食堂を企画したよさん(左)とタイ料理愛好家の下関さん。タイのミニチュアフルーツを工作しているところ。

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


こちらがいただいたタイ料理。

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


とてもおいしかった。いつものタイ料理となんだか違うんです。味が丸いんです。異国の料理とは思えない懐かしさ。アジア料理にはもともと和食と共通点があるのだけど、それをずっとずっと濃くしたような感じ。これならタイ料理を食べたことのないお年寄りも食べられそう。

ほかにも、日本の47都道府県とタイを“食”でつなぐという「Yum! Yam!」という活動をしている人がいたり、「日本の地方の食材はすばらしい。外国の人にもっと知って欲しい」と積極的にPRをしている人がいたりと、同じことを思っている方、けっこう多いんですね。

関東と地方ではなく、国と国でもなく、わたしとわたしでつながることを大事にしていきたいです。そうすれば、地方の食材が世界の食材になるかもしれない。

毎日豪華なごはんを食べる必要はまったくないけれど、ごはんを中心に人と集まり、その空間を共有し、みんなでごはんトークをするのが好きです。ごはんのコミュニケーションは、命のコミュニケーションだと思う。おいしいね、って感じる時間をいろんな人と分かち合う。新しい世界観だったり、価値観だったり、発見だったりをじっくり味わい、じぶんの体に取り込んでいく。それがわたしにとってのごはんコミュニケーション。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
邦画がおもしろい。年齢が上がったからだろうか。昔よりも邦画を見る機会が確実に増え、おもしろい!と思う映画もバリバリ増えた。

そこでこの「南極料理人」。おすすめです!日本の映画館では珍しい~と思うくらい、笑いの渦が頻繁に巻き起こっていたので(ちなみにマレーシアの映画館では、どんな映画でもみな膝をたたいて大爆笑している)、わたしだけでなく観客全員がブラボー!と心のなかで叫んでいたと思う。

いちばんいいな、と思ったのは、南極越冬隊員のセリフ。すっごく普通に、誰もが言いそうなセリフ満載で、いうなれば「南極越冬隊」という会社に勤めている新入社員がつどう男子寮のノリ。肉を振り回しながら「あっ、おれ、ねっ、だんだん楽しくなってきたぞー!」と叫んだり、伊勢海老があると聞いて「海老フライが食べたい。もう、みんな海老フライモードだからね」と調理人に念をおしたり。さながら血気盛んな男子寮をのぞき見しているような気分になる。

主人公である調理担当西村さんの心のこもった料理に、食べ物にまつわる個人のエピソードがうまい具合にからんでいて、とってもうまい、うますぎる。珍しいオーロラの景色よりも、長いこと食べてなかった「アッツアツの湯気のたったラーメン」のほうが大切、なんていうシーンは、実際に4年間マレーシアで日本食を大切に、大切に、食べてきた経験を思い出して、ムショーに切なくて、思わず涙が出そうになってしまった。

ちなみに、この映画のフードスタイリストもまた「飯島奈美さん」。彼女はすごい。映画「かもめ食堂」「めがね」、そして「南極料理人」と大活躍。さらに調べてみれば、映画「ヴィヨンの妻」も「のんちゃんののり弁」にも参加しているそうな。すごい、のっている。

もうひとつちなみに、飯島奈美さんの特徴を「かもめ食堂」と「南極料理人」を見て発見。しょうが焼きやぶりの照り焼きなど、ソースを煮詰めてタレにする料理は、フライパンで煮詰めながら、必ずソースをスプーンですくって、何度も何度も魚や肉のうえにかけてるね。もしかしたらこの作業が、奈美さんそのもの!なのかもしれない。

最後にもうひとつちなみに。
南極越冬隊には、西村さんのような“料理担当”という仕事があるわけで、人が暮らしていくためには料理人という仕事が必要不可欠なんです。なので料理って、立派な仕事なんだ、と実感したしだい。仕事をしながら、料理もして、子育てもしてる、ってなお母さんたちは、兼業、兼務、かけ持ちのプロってわけなんですね。あっぱれです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

フィンランドの街にある日本の食堂「かもめ食堂」。淡い水色で塗られた木製の壁、オフホワイトのテーブル席、レトロなコーヒーメーカーなど、北欧の街にぴったりマッチするインテリアで飾られた店内では、「カフェルアック!」というおまじないをしたコーヒーや、焼き立てのシナモンロールが出てきて…。

 

というような内容の映画「かもめ食堂」を見た。予想どおり、おいしそうな料理がいっぱい出てきて、ほっかほかの気分になった。なんといっても、かもめ食堂のインテリアがかわいい。マレーシアでは、赤提灯や凧などの純和風なインテリアが日本食レストランの定番だったけど、パステル調の缶詰やステンレスのフライパンなど、フィンランドのかわいい雑貨がてんこもりの食堂。思わず、一見しただけでは日本食屋って分かんないよな~と思ってしまったけど、そんなツッコミはひとまずよそう。

 

でもひとつだけ、ちょっと思った。

 

かもめ食堂の看板メニューは「おにぎり」。ほっと息をしたいときや悲しいことがあったとき、みんなでおにぎりを食べる。でもこのおにぎりの味は、きっと、絶対に、みんな同じじゃない。

 

主人公の小林さとみちゃんが言う。「おにぎりは、唯一お父さんが作ってくれた料理。それがとてもおいしかった」って。だから看板メニューにおにぎりを選んだって。

 

心に残る食べ物や心に沁みる食べ物は、必ず、なにかの思い出と結びついていると思う。めちゃおいしい!なんて感覚は、究極に主観的なものだから、そのおいしさには、必ず個人的な理由があると思う。

 

だからフィンランドで、その思い出のあるおにぎりをフィンランド人にぶつけてみるのは勇気のある行動だとは思うけど、その味をみんなが感じてくれるかというと、そうじゃないと思う。日本人であれば、ある程度おにぎりに対する思いはあると思う。でもフィンランド人にとってのおにぎりは、きっとポテトやサーモンなんだよ。

 

本当においしいものは国境を超える。と、ときおり実感することがあるけれど、よくよく考えてみると「これ、おいしいんだよ~」と紹介してくれた人が仲良しだったり、料理を作ってくれた人の顔が見えるときに起こりやすい。そのときのわたしの気持ちを翻訳するならば、「あ~、この人は、こういう味をおいしいって言うんだ、なるほど」みたいな、共感的おいしさだと思う。

 

マレーシアでたっくさんのおにぎりを食べて、そのときはおいしいって思っていたけど、日本に帰ってくると、日本で食べるおにぎりがやっぱりおいしくて、おいしくて仕方がない。それは気候、具、お米の種類など、いろんなものが関係しているから当たり前のことなんだけど、マレーシアで本気でおいしい料理は、やっぱりチキンライスやナシレマなどの現地の食事だと思う。日本食のおいしさは、思い出や故郷の懐かしさなど、日本人としての思いがいっぱいこもったおいしさだったんだね。

 

「おいしい」っていろいろあるんだなぁと改めて実感。

といっても、かもめ食堂がおいしい映画であることはまちがいありません。

 

おまけ:先日、五目寿司に初挑戦してみました。


体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。