アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

2005年から2009年までの4年間、常夏のマレーシアで暮らしていました。2年過ぎた今でも、日本食は「ハレ」の料理でちょっぴりよそよそしく、アジア飯のほうが「ケ=日常」のご飯で、ホッとします。私にとっての食とは、味わいながら、みんなとつながることです。


テーマ:
All About 記事「まるで未来都市!クアラルンプールの息をのむ夜景」をアップしました。
こちらの記事をクリック! http://allabout.co.jp/gm/gc/449259/


All About 記事「まるで未来都市!クアラルンプールの息をのむ夜景」をアップしました。クアラルンプールの夜景が好きです。夜空にすくっと建っているツインタワーの輝き。4年間、ツインタワーが見えるコンドミニアムに住んでいたので(正確にいうと、ワンタワーでしたが、笑)、ツインタワーをみると帰ってきたなぁと思う。上海も、シンガポールも、香港も夜景は綺麗だけど、クアラルンプールも負けんですよ。

そしてこちらも!
All About 記事「マレーシアの伝統と文化を感じる、おすすめお土産6選」
こちらの記事をクリック! http://allabout.co.jp/gm/gc/449312/



マレーシアには、昔から伝わる伝統の味や技術を現代風にアレンジし商品化したお土産があります。帰国後もマレーシアを近くに感じるアイテムです。

もうひとつこちら。エスニック協会のコラム記事を更新しました。「栄養摂取はかき氷から?! アイスカチャンvsチェンドル 【マレーシア】」 

こちらの記事をクリック! http://ethnic-as.net/1267


(写真協力 ウシゾーさん)

日本は12月で寒いけど、マレーシアは今も、この瞬間も、夏です。つまりかき氷のおいしい季節です。寒くて体がちいちゃくなる毎日だからこそ、あたたかな国の妄想に思いっきりふけるべし。具だくさんかき氷は、マレーシア人にとっての栄養源!

ぜひ読んでみてくださいね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
All About 記事を更新しました。

本心を言ってしまうと、旅は「キレイー」とか「うまーい」とか「信じられなーい」とか、“その場で感じてナンボ”だと思ってるので、事前調査のようなオススメ記事はしっくりこないけど、でも、たとえば、私がまったく知らない国に旅をしようと思ったとき、やっぱりオススメの記事は知りたいだろうから、今度マレーシアに行こうかな、と思ってくれているの人のことを思って、心をこめて書きました(文章長っ!すみません)。

クアラルンプールに行って、ペナンとマラッカに行かないなんてもったいないです!(音)

■All About 記事「クアラルンプールと世界遺産ペナンを楽しむ3泊5日」
http://allabout.co.jp/gm/gc/439996/



■All About 記事「クアラルンプールと古都マラッカを満喫する3日5日」
http://allabout.co.jp/gm/gc/440001/


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
毎年盛大な式典が開催される「ムルデカ・スクエア」。

1957年、イギリス統治下から独立を宣言した歴史的な場所、ムルデカ・スクエア(ムルデカ広場)。マレーシア国旗がたなびく開放的な広場で、周辺には植民地時代を物語る西洋風の建造物が佇んでいます。

続きはこちらの記事に~(photo by Nao)
http://allabout.co.jp/gm/gc/429537/

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
クアラルンプールのインド人街。

インド人街とよばれるディープなインド文化が息づくエリア。クアラルンプールの中心地には、2つのインド人街があり、どちらもインド系マレーシア人の集まる場所です。サリーやパンジャビなどインド系の民族衣装を販売するショップが立ち並び、屋台はタミール地方が多いインド系マレーシア人のために、南インド料理を提供しています。

続きはこちらの記事に~
http://allabout.co.jp/gm/gc/429517/

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
クアラルンプールのチャイナタウン。

多民族、多文化のマレーシアは、エリアによって印象ががらりと変わります。首都クアラルンプールにあるチャイナタウンは、露店が立ち並ぶペタリン通りを中心に、迷路のように曲がりくねった路地が広がるエリア。アジアらしい雑踏の中に身をおきたいなら、チャイナタウンにGO!

続きはこちらの記事に~
http://allabout.co.jp/gm/gc/429510/

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
見学自由!クアラルンプールの優美な国立モスク。

多民族・多宗教のマレーシアには、街のいたるところに人々の“祈り”の場所があります。モスク、中国寺院、ヒンズー寺院。ほとんどの宗教施設が観光客に対してオープンで、気軽に訪れることができるのがマレーシアの魅力。今回は、日本ではあまり接することのないイスラム教徒のためのモスクを紹介します。

続きはこちらの記事に~(photo by Nao)
http://allabout.co.jp/gm/gc/429507/

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ここで実際に凧を飛ばしてみよう!ということになり、みんなで海岸に出かけた。大きいものは幅2~3メートルにもなるが、今回持っていったのは中ぐらいのもの。シャフィーさんが、見事に凧をあげた!

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


「オトもやってみたら?」と幸運なお誘いをうけ、おそるおそるも紐を引っ張ってみたが、なかなかうまくいかない。風の抵抗がものすごくて上にあがらない。あぁ・・・凧あげ、日本でも練習しておけばよかった・・・。河川敷で最近よく見かけるのになぁなんて思ったが、今さらである。

この日は、風が強すぎたようだ。シャフィーさんのマレー語が3語だけ理解できた。アンギン=風、クアッ=強い、ポコ=木。これから想像するに、風が強すぎて木にひっかかったら大変、と話していたのだと思う。

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき



でも1回だけでも、凧が揚がっているところを見られて本当によかった。

まさに空に浮かぶアートだった。くっきりとした縁取り、特徴的な形が真っ青な空にくっきり映えた。

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


日本に帰国し、高田馬場のマレーシア料理店「大地の木」シェフのアスリさんにお土産のワウを見せたら「僕、小さいころ、よくワウを空にあげてたよ。得意だったんだ」と。子供のころのアスリさんがワウで遊ぶ姿を想像したら楽しくて楽しくて。アスリさんのあげた凧は風に乗ってどこまでも飛んでいったのだろう。

きっと今日もまた、カイトマスターのシャフィーさんは作業場の縁側で凧を作り続けている。そして風に聞くのだ。今日は飛んでもいいかい?と。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
クランタン州は、日本でいう東北のような場所で、マレーシア伝統芸能の発祥の地であり、今もなお少数ではあるけれども、職人が凧や影絵などを手作りをしている。

白で塗られた木造の小さな作業場。ここにマレーシアの伝統凧を46年間作り続けているシャフィーさんがいる。

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


作業場のドアの左右には「Visit Malaysia」のポスターが貼ってあった。

このポスターを見てハッと思った。このカラフルなポスターが伝えたいのは、大都会のクアラルンプールだけでなく、この静かな田舎町で、1人もくもくと凧を作り続けているシャフィーさんも含まれるんだってこと。もしかしたら、国の魅力、土地の魂。そういうものは、都会にはもう無くなっていて、このような町にこそあるのかもしれない。

靴を脱いで、作業場に入る。天井から色鮮やかな凧がたくさん吊り下げられていて、とても綺麗。一緒に行ったマレーシア人のカメラマンでさえも興奮気味にシャッターを切る。

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


カイトマスターのシャフィーさん。歓声をあげて写真をとりまくる私たちの横で、こちらをちらっと見ることもなく作業を続けていた。竹のしなり具合を何度も何度も確かめながら、すこしずつ削っていく。

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


シャフィーさんは、凧を作り続けて46年。凧に魅せられ、学校を中退。マスターに師事することはなく、オリジナルの技術で凧を作り続けている。そのため字は読めるけど書くのは難しい。購入した凧にサインをお願いしたら、丸っこくてかわいい絵文字でサインをしてくれた。

それにしてもマレーシアの凧はなんて美しいのだろう!どれだけ見ていてもあきない。マレーシア凧のモチーフの特徴は、花とツル。花は女性、ツルは男性の象徴。凧の形は3種あり、この作業場で作られていたのは、下部分の三日月状になっている「ワウ・ブラン」Wau Bulan。ワウとは凧のこと、ブランは月という意味だ。

凧のことをワウと呼ぶのは、凧の裏に取り付けられた1本のテープの音に由来がある。左右にピンと張られていて、それが風にのってワウワウワウと音を出す。まるでバイオリンの弦が風と踊っているみたい。その音からワウと名付けられたという説。

こちらちゃんと音が出るのかを確かめるカイトマスター。

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


また、空に浮かぶアートともよばれる美しいマレーシア凧。その魅力に見ている人が「ワオ!」と驚くから、というかわいい説もあるらしい。(つづく)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
オールアバウトの記事をUPしました。今回はおすすめのクアラルンプールで買うお土産! 定番アイテムから、ピンポイントのおすすめ商品まで。旅のご参考にぜひ。

記事はこちらです↓
http://allabout.co.jp/gm/gc/420469/


有名なお土産3兄弟。アーチの飾り、ピューター製ビアマグ、なまこ石鹸。
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき



コテコテだけどかわいい!KLCCモチーフのフルーツフォーク。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


ほか、合計20アイテムほどご紹介しています。わたしのお気に入りアイテムばかりですので、ぜひご覧ください。記事はこちらです↓
http://allabout.co.jp/gm/gc/420469/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。