アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

2005年から2009年までの4年間、常夏のマレーシアで暮らしていました。2年過ぎた今でも、日本食は「ハレ」の料理でちょっぴりよそよそしく、アジア飯のほうが「ケ=日常」のご飯で、ホッとします。私にとっての食とは、味わいながら、みんなとつながることです。


テーマ:
マレーシア・チャイナタウの中国茶専門店「SHIQUAN TEAART」でウォンさんに教えてもらったとおり、朝は緑茶、夜はプーアル茶を飲んでます。

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


緑茶はデトックス、プーアルはリラックスだそう。2週間ほど続けてみて、夜のプーアル効果に驚き。ほんと、気持ちよ~く眠れます。自然とお酒の量も減りました。

お茶効果ってあるんですね~
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
インドネシアのチレボンにある手描きバティック工房。以前、携帯カバーをいただいたことがあり、超かわいい~と絶賛していたら、なんと工房の方が友達の友達だった!I♡Malaysiaのしおり、とてもかわいい。ありがとうございます。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Momiji/8181/

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日のマごはんの会にて、マレー語のパントゥン(pantun)を教えてもらいました。

パントゥンとは、日本でいうポエムのようなもの。4つの文で構成されていて、1と3文目、2と4分目の文末が韻を踏む仕組みだそうで、ストーリーとしては1と2文、3と4文がつながっていて、言いたいことは3と4文なのだそう。

たとえばこんな感じ。

***
Buah cempedak di luar pagar
Ambil galah tolong jolokkan
Saya budak baru belajar
Kalau salah tolong tunjukkan

ジャックフルーツの実 垣根の外に。
竿でつついて落としてよ。
私は子供、学びはじめたばかり。
間違えたら教えてね。
***

伝えたいことは3行目の私は子供~の部分で、ジャックフルーツの2行は韻を踏むための遊び言葉なんだそう。1と3のおわりが、arになっていて、2と4のおわりがkanになってますよね。

こちらもそう。

***
Kalau ada sumur di ladang
Boleh saya menumpang mandi
Kalau ada umur yang panjang
Boleh kita berjumpa lagi

畑に井戸があれば
水浴びができるね
長生きすれば
いつかまた会えるでしょう
***

1と3がang、2と4がi。こちらはkalau、bolehも韻をふんでます。


シャヒルさんが教えてくれたのはこちら。あの有名な曲「ラササヤン」

こちらが歌詞。
http://en.wikipedia.org/wiki/Rasa_Sayang

Wikiを見てみたらホントだ!!有名なフレーズ「ラササヤ~ンへー♪ラササヤンへー♪」以外、1と3、2と4が韻を踏んでいてパントゥンになってる。

パントゥン。耳に聞こえる音がキレイだなぁ。

それにジャックフルーツやマンディ(水浴び)など、マレーシアの景色が目の前に浮かぶ言葉がちりばめられて想像が広がるなぁ。

パントゥンは音遊びなのかも。谷川俊太郎さんの詩みたい。マレー語版の谷川俊太郎さん。

教えてくれたナイさん、
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


そしてシャヒルさん、
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


パントゥンはマレー学校の国語で習うそうです。もっと勉強してみたいです。
アプサさんほかマレーシア人の皆さん、色々教えてくれてありがとう!
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
明日は中国正月。世界の色んなところで、日本の大晦日のような準備が進められています。マレーシアもそのひとつ。国民の25%が中国系マレーシア人で、国をあげてお祝いするので、中国正月の1日、2日目は国民の祝日になるんですよ~。今年は、来週1週間休暇を取って田舎に帰る人も多いようです。

写真は、昨年訪れたマレーシア・ペナンの極楽寺。ちょうど中国正月の時期だったので、こんな風にたくさんの提灯が飾られていました。きっと今ごろ、こんな風に準備してるんじゃないかな~?

恭喜発財。Happy Chinese New Year. Selamat tafun baru china.

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
明日からハリラヤ、と決定した本日の8時頃。マレーシアの友人が一斉に「ハリラヤおめでとう」のコメントを書きこみました☆ やっとこの日が来た!という気持ちが感じられて、私までおめでた気分です。心から、ハッピーハリラヤ! マアフ・ザヒル・バティン!

すいぶん昔の写真ですが、きっとこんなふうにマレーシアの街はハリラヤの装飾で彩られていることでしょう。写真はクアラルンプールの中心街にあるKLCCツインタワーの様子。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


黄色と緑のひし形のものは、明日のハリラヤ祭りのためにかかせないクトゥパ。マレーシアに帰省中のアプサさんは、クトゥパの入れものから手作りしています。入れものは、カットしたヤシの葉を交互に編んだもの。それが黄色と緑の飾りの意味です。そこにご飯を入れて茹でると餅に似たご飯ができあがり。カレーやレンダン(ココナッツ煮込み)と一緒に食べます。

また、マレーシアの首相、ナジブさんからもFB経由でハリラヤおめでとうのメッセージが届きました。おめでとうございます!

マレーシアに注目していると、民族ごとにお祭りが色々あって楽しいです。
ハリラヤの次は、9月後半のムーンフェスティバルですね。中秋の名月を愛で、月餅が街中を埋め尽くすんですよ~
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
日本型の工学教育をとり入れた教育機関「マレーシア日本国際工科院(MJIIT)」の開校式が、6月1日クアラルンプールにて開催。

日本からは鳩山元首相、マレーシア側からはナジブ首相。その左横には、マレーシアごはんの会のイベントや料理教室に参加頂いている橘先生の姿が!

この学校は、ルックイースト政策を掲げたマハティール元首相が2001年に提唱して以来、10年の年月を経てこのたび開講。その間、橘先生はずっと関わっていらしたそう。

日本の高度な技術力を教え、学ぶ。その生徒さんたちがマレーシア、またはアジアをしょって立つ優秀な人材になりますよう、プロジェクトが本格始動します!

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


※写真は、マレーシア発の日本語情報誌『ジェイスポ』の6月15日付誌面です
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
世界中のイスラム教徒が、ラマダン(断食月)をスタートさせました。ちなみに、イスラム教徒の人口は約17億人といわれ、じつに世界人口の4人に1人がイスラム教徒の方なのです。

イスラム教を国教とするマレーシアは、人口の約65%を占めるイスラム教徒の方がラマダン。8月19日(日曜)までの約1か月間、日が出ている間は食事、水分を採りません。この時期、マレーシアでは、ラマダンを祝う飾りが色んな場所で見られます。

こちら、今のマレーシアの様子。
マレーシアごはんの会レポーター、在馬6年のぽちより写真が届きました。

ショッピングセンター、ミッドバレーの様子。上からぶらさがっている緑色と黄色の四角い飾りが、ラマダンの飾りです。(ぽちより)

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


こちらはKLCC(クアラルンプール中心街にあるツインタワー)の様子。マレー様式の家がKLCC中央に再現されています。存在感抜群。これもハッピーラマダン・イベントのひとつです。(ぽちより)

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


ちなみに、日が暮れたら何を食べてもいいので、ラマダン期間中、夜は大盛り上がり。たとえばレストランでは、ラマダンビュッフェというプロモーションをやっていて、イスラム教徒以外もOK。クアラルンプールに住んでいた頃は便乗しておりました。

ハッピーラマダン。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
在マレーシアのぽちちゃんより、「音さん、3位でした!!」との喜びのメール。
むむっ?3位って何?…とよく聞いてみましたら、なんとわんこそば大会で3位入賞とのこと。マレーシアでわんこそば?その様子をレポートしてくれました。

***

今回は番外編で、マレーシアでの日本食文化体験のご紹介。昨年の東日本大震災からの復興を異国から願うイベントとして、去る5月20日に「わんこそば大会」が開催されました。艶やかな着物姿の女性による祝いの舞いや力強いソーラン節、三味線の演奏など、日本ならではの文化に、子供たちによるヒップホップダンスや女性のキックボクシングなど、パフォーマンスステージがある中、メインとなったのは、イベント名にもある通り、「わんこそば」。本場岩手から専門の方を招いての大会は、とっても白熱した戦いになりました。

これは出番前の舞台裏。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


舞台パフォーマンス、ソーラン節。舞台裏にて。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


このイベントのために岩手から来マされたわんこそばの専門家。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


参加者は、日本人・マレーシアの方を含め、100人は下らないかと。そして、私、ぽちも参加してきました~。まさか、マレーシアでわんこそばを体験することになろうとは!私が出たのは一杯女子の部で、3分間で何杯食べれたかを競いました。わんこそばって、もっと 簡単にひと椀?ちゅるっといける感じなのかと思ったら、どっこい、けっこうひと椀のたべごたえが重く感じられました。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


わんこそばのお椀にはつゆも一緒に入ってるんですが、このつゆは飲まなくてもよい、というか飲む早くお腹いっぱいになっちゃう原因になるので、つゆ受けのおっきなお椀が。そして、あんまりがんがんいこうとすると、そばを詰まらせそうなので、わんこを変えてくれるおばちゃんたちと適度に談笑しながら着々にそばを消化し…

結果は…3分間で22杯!
なんと3位入賞しちゃいました…笑!

日本でわんこそばを見れてもおお!と思いますが、マレーシアで、ローカルの方や他のいろんな国籍の方々にこういう日本文化を見てもらえる・触れてもらえるっていいなぁっと思った1日でした。(ぽち)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日のペナン旅行で、素敵な出会いがありました。

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


ランカウイ島のフォーシーズンにもギャラリーをもつ実力派、フォトグラファーのハワード・タンさんです。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


ペナンのアルメニア通りにあるギャラリーで、彼の写真を見たとき、「写真というよりも絵に近い」と感じました。言葉にするならば、目の前にある風景をいったん頭のなかで平面の絵に変換し、それを写真に焼き直している、というイメージ。3Dなものを2Dに置き換えた感じ。

それは、人の息はあまり感じられない無機質な景色。

現実とアートの間のような。

現実であり、非現実的であるような、不思議な空間。

だからこそ強烈に心に残るもので、今もなお、彼の撮影したペナンが忘れられない。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


ペナンには、こういう景色がたしかにあります。

古ぼけたチャリがそこらへんに乗り捨てられていて、壁は可愛らしいパステルカラーで塗られている。それはまるで絵みたい。誰かが都合のいいように、かわいらしく細工したみたい。古ぼけたボロボロの壁も、なんだか大道具さんが作った映画のセットにも見えてくる。

ハワードさんの写真を見て、景色の見方がガラッと変わりました。自分でも驚くくらい。

景色を色で見るようになりました。
平面で見るようになりました。

すると、世界は想像以上に美しかった。

人の感情という余計なものをいったん外に置いて、景色だけを切り取ったら、世界はものすごく色鮮やかでした。

日本の家は、ペナンに比べると少しシンプルすぎて、色が地味すぎて、お世辞にも可愛いとはいえない。安全と便利さを追求したためか、機能的な階段がむきだしになっていて、人間の欲がペッタリと張り付いていて、なんだか可愛そうにも見えてくる。

でもでもね。その家の上に広がる青い空や木々の花々は色鮮やかで、かわいくて。わたしは、こんな美しい世界に囲まれて生きているんだって、それだけで、もうなんというやら、とってもありがたくて。

3Dよりも、2Dのほうが、私は好きかもしれないです。

こちらがハワードさんのWeb:
http://studiohoward.com/site/

ペナンにお越しのときはぜひ。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
中国正月、おめでとう~。日本でも盛り上がっているオトです。

現在マレーシアの友人たちは、こんな料理を食べたり、

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


縁起のいい果物、みかん三昧のようです。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


人口の25%を占める中国系マレーシア人のために、今日(1月23日)と明日(1月24日)は国民の祝日。元旦の今日は、日本のお正月のように、街はいつもより人気がなく、お休みをしているお店も多くあります。みんな田舎に帰って、家族と過ごすんです。

そしてアンパオとよばれるお年玉をもらったり、送ったり。1年の運をかけて、ゲーム(かけ事ともいう)をしたりします。縁起のいい色は、赤。みんな赤色をまとってお出かけ。

というわけで、日本でも赤色をどこかにポイントにして、お出かけしましょ。横浜中華街もお正月モードかな~。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。