アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

2005年から2009年までの4年間、常夏のマレーシアで暮らしていました。2年過ぎた今でも、日本食は「ハレ」の料理でちょっぴりよそよそしく、アジア飯のほうが「ケ=日常」のご飯で、ホッとします。私にとっての食とは、味わいながら、みんなとつながることです。


テーマ:
橘さんは、2001~2009年、マハティール元首相が提唱した「ルックイースト政策」の一環として行われている「マレーシアJADプログラム(日本語名:日本マレーシア高等教育大学連合プログラム)」でマレーシアに派遣。日本留学を目指すマレーシア人学生に、日本の大学の専門課程の基礎を教える先生として活躍されました。

いつもマレーシアごはんの会のイベントに来てくださる橘さんは、よく「橘先生!お久しぶりです!」と参加のマレーシア人に声をかけられています。さすが先生、顔が広い。今回は、マレーシアとの関わりや、今でもマレーシアを好きでいらっしゃる理由をじっくりとインタビュー。奥さまのまゆみさんも登場していただきました。

元JADプログラム教員の橘さん
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき



出会ったのは、日本とマレーシアの懸け橋を目指す学生たちです

音:マレーシアでの仕事について教えて下さい。

橘さん:2001~2009年まで、マレーシアで教師をやっていました。2001~2004年までは、日本への渡航前に日本語と専門課程の基礎を2年間学び、そのあと日本で専門課程を3年間学ぶというプログラムになっていて、私はマレーシアでの2年間をサポート。情報処理を日本語で教えていました。2005年からはJADプログラムの事業形態がより進化し、マレーシアで3年、日本で2年のプログラムに。だいたい高校3年生程度の化学をマレーシアで担当しました。

音:マレーシア人の学生さんの数はどれぐらいでしたか?

橘さん:学生の数は、一学年に70~80人ほど。国の代表として留学する彼らは志が高く、勉学に対して真剣な学生ばかりでした。日本語も覚えなければいけませんし、全寮制で勉学に励むんです。みんな日本とマレーシアの懸け橋になりたいと願っていましたね。マレーシアごはんの会で再会したタジュルさんは2001年の学生、ジョハリさんとサイドさんは2005年の学生です。

音:このプロジェクトに関わるようになったきっかけは?

橘さん:当時勤めていた大学の学部長が、マレーシアJADプログラムを主催している方の友人で、「情報処理の先生を探しているので行ってみないか?」と。それまでマレーシアには行ったことはなく、海外とも縁のない生活を送っていましたから、正直びっくり。それに実は私、この話をいただく1か月前に結婚したばかり、新居も購入したばかりだったんです。突然の話で妻も最初は戸惑っていましたが、JADの関係者から説明を聞き、二人で「よし、行こう!」と決意。私自身、研究よりも教育志向型だったので、海外の学生に教えることに興味があったのです。


スチームボートの好好(ホーホー)が行きつけでした

音:マレーシアでの生活はどのようなものでしたか?

橘さん:住んでいたのはスリペタリンのコンドミニアム。先生用のスクールバスで登校していました。1日2~3便あり、朝一に授業があるときは早朝6時のバスに乗って、バンギの学校に向かいます。週末は屋台でご飯を食べたり、ジャズを聴きに行ったりしていました。食べることが大好きで、妻とよく行ったのは、スチームボート屋の「好好(ホーホー)」。具が新鮮で、チキンスープがおいしい! 〆はビーフンとイーミーの2種を入れて卵でとじます。ハマっていたときは、2週に1度のペースで通っていましたね。

「阿里山(アリソン)」のプロンミー、「十八丁」のパンミーもよく行ったな~。ナシレマも大好き! 辛いモノも好きですし、マレーシアの屋台料理は最高です。


好好のスチームボート。スープが絶品。この店の店主は日本びいき
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


アリソンの蝦麺(プローン・ミー)。タイピン風
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


イポーチキン。チキンも美味しいけど、ララ(アサリ)もね。数年前に二階もできて大繁盛
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


バンサのとあるホーカーのサラワク・ラクサ。ここの味も本物
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


ナイト・マーケットに車の屋台を出しているおじさんのアッサム・ラクサ。タイピン風
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき



ノーブラックタイNo Black Tieでジャズを聴きに行くのが楽しみでした

音:音楽がお好きと聞きました。

橘さん:妻がジャズ好きで、No Black Tie、Alexis、Bangkok Jazz、NeroFicoなどのライブハウスに通っていました。気軽にライブハウスに行けるのはマレーシアならではですね。

ライブハウス NeroFicoのステージ
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


橘まゆみさん(橘さんの奥さま):ボルネオ島で開催されている「Rainforest World Music Festival(レインフォレスト・ワールドミュージック・フェスティバル」には5回ほど行きました。おすすめですよ~! ケルト、ジプシー、アフリカといった土着の音楽が一度に聞ける機会はそうそうありませんから。熱帯雨林のなか、3日3晩、音楽の祭典がくり広げられるのです。

橘さん:このイベントはステージの演奏もいいけど、ワークショップがおもしろいんですよ。世界各国のミュージシャンが楽器ごとに集まってセッションをするんです。弾き方やテンポのとり方が国それぞれで違っていてとてもおもしろい。タブラのワークショップでは、あるひとりが口でリズムを取り、それをそのまま他の人がタブラで表現して盛り上がりましたね。音楽で世界がひとつにつながる。まさにそういうイメージの祭典でした。

音:素敵な音楽の祭りなんですね!聞いているだけでワクワクします!

日本とマレーシアの音楽性の違いはリラックス度

音:おっしゃるとおり、なぜかマレーシアのほうが日本よりも芸術に触れる機会が多かったような…。演劇も盛んですし。日本人とマレーシア人で音楽に対する違いは、何か感じられましたか?

橘まゆみさん:あくまで私のイメージですが、日本人のステージはちょっと堅苦しい感じがします。マレーシアの場合、ミュージシャンも観客ももっとリラックスして楽しんでいます。それに日本では有名な人のライブに人が集まりがちですが、マレーシア人の場合、有名無名にかかわらず、とくにボーカルの歌がうまければ盛り上がる。もちろん日本人も上手ですが、マレーシア人のようなリラックスさがないような気がします。緊張して歌っているのが分かるので、聞いているほうも緊張してしまいます。ただ、マレーシア場合、お客さんもリラックスし過ぎていて、ノーブラックタイに来ているのにおしゃべりで。おいおい、ライブハウスまで来て話さなくても!と思ったことは多々ありました(笑)。

お気に入りのジョン・トーマス(左)さんと。九州にライブに訪れたときはわざわざ応援にかけつけた
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


ジョン・トーマスのパパでギタリストのジョージー・トーマスと。ライブの途中で客席とのコール・アンド・レスポンス合戦を繰り広げるのがお決まり
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき



マレーシアは、私たち2人にとっての原点

音:橘さんにとっての一番のマレーシアの魅力は?

橘さん:フレンドリーな国民性。それによる居心地の良さでしょうか。でも、海外という意味も含めて、マレーシアでの生活は色々ありましたよ。時間通りに物事が進まないことに腹が立つこともありましたし…。 マレーシアという国は、私たちに夫婦にとっての原点なんです。結婚してすぐマレーシアに行きましたから、マレーシアで結婚生活をスタートさせたようなものなので。いつも一緒にいたので、よく「仲がいいですね~」と周りから言われていましたが、仲がいいというより、相手がいないと生活できかった、というのが正直なところ(笑)。たとえば、妻は英語が苦手でしたから僕が英語担当。僕は車が運転できないので運転は妻が担当。そのかわり、僕は助手席でナビ係。という具合で、必然的にマレーシアでは常に一緒にいたわけなのです。

マンダリン・オリエンタルホテルにて、橘さんと奥さまのまゆみさん。このホテルから見るツイン・タワーは圧巻
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


愛車のサトリア。苦楽を共にしてきた云わば分身(まゆみさんの)。別れるのが辛かった
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


マレーシアの伝統芸能ワヤン・クリッ(影絵芝居)。言葉はわからないけど、世界観がすばらしい
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


橘まゆみさん:思い出を語りだしたら、たくさんあり過ぎてきりがないです(笑)。両親が来馬していたとき、レッカー車で車が運ばれた、なんて経験もありましたね。いちばん大変だったのは2人でデンギ熱に倒れたこと。同部屋で5日ほど入院したのですが、お互い自分のことで精一杯で、かけ合う言葉は「そっちどう?」「まぁまぁ」ぐらい(笑)。あれは辛かったです。

音:デンギ熱に一緒にかかるなんて、ほんと仲がいい!(笑)


マレーシアと交流することは日本のグローバル化につながります

音:橘さんの今のお仕事について教えて下さい。

橘さん:現在は芝浦工業大学に勤務しています。昨年、クアラルンプールにマレーシア日本国際工科院(MJIIT)が設立され、日本式の理工系教育を取り入れた大学がスタートしたんですが、その事務局的な仕事を主に担当しています。JADプログラムはその後継プロジェクトの計画が進んでいるので、それも私の担当です。


MJIIT開校のイベントにて。橘さんがラジブ首相と鳩山元首相に説明をしているところ
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


音:MJIITの現在の状況は?

橘さん:まだまだこれからです。いままでの1年半で日本人の先生を10人ぐらい派遣しましたが、日本の理工系の教育の特徴は、実習を重んじることで、そのためには設備が必要だけど、その購入はこれからなんです。設備を整えたら、ちゃんと使いこなせるようにしていかなくてはいけないし、メンテナンスもできるようにしないといけない。また、いまのところ派遣した先生は大学を定年になった人が大多数で、なかなか若い先生を送れていない。どうやったら若い先生にMJIITでの仕事の魅力を伝えることができるかとか、これからの課題ですね。

音:海外で働きたい、と思う方が減ってきているようですね。

橘さん:私自身の経験から強く思うのが、マレーシアでの生活や体験は今の日本人にとってとても価値のあるものだということ。いろんな文化に触れ、日本以外の価値に実際に触れる。その経験は、生徒を教える先生にとっても必要なものともいえます。マレーシアと交流することで、日本にグローバルな風を入れたい。マレーシアで学生を教えた経験が大学の先生の経験として評価されるようになっていってほしい。やることはまだまだたくさんあります。

音:橘さんの経験を多くの人にシェアしていけば、行ってみたい!と思う人がかならず現れると思います。マレーシアのためというより、むしろ日本のためにも必要なプログラムだと感じました。これからも応援しています!


*******
感想
いつも笑顔で、気さくな橘先生。マレーシア料理が大好きで、お酒が好きで、いつの間にかイベント中に寝ちゃったりもする素敵な方。奥さまと仲が良くて、お互いにツッコミを入れつつもいつも一緒に参加。そして今回、マレーシアの思い出を語るふたりの目はキラキラしてました。思い出は、やっぱり尊いなぁ~と感じました。マレーシアで過ごした思い出は、ふたりをつなぐ土台になり、そして次にすすむ原動力になっています。橘先生が今後ますます、マレーシアと化学反応を起こしていくことを願ってやみません。(音)
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
バジルじゃないよ、パクチーだよ。うっしーさんから教えてもらったレシピ、パクチーを使ったジェノベーゼ、いやパクチーダゼ、です。バジルより青っぽい味で、香りはあまりせず。意外に普通と思ったけど、パクチー嫌いの人にとっては罰ゲームなのか。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


こちらはパクチーダゼソースにとろけるチーズでアジアン風ピッツァ。
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


どちらもとってもおいしくて、マル。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
豚肉と同量のディルを混ぜた餃子。これ、中国在10年の友人から学んだもので、本場ではフェンネル(ういきょう)の葉を使うんですって。でも日本では高級すぎてムリ、ということでディルに。茹でて、友人手作りのラー油をたっぷり。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


こちらはデビルカレー!悪魔のカレーです、うっふっふ。激辛がゆえにその名がついたマレーシア料理で、マラッカに住む、ポルトガル人の子孫がつくる代表料理。まさにアジアとヨーロッパの融合で、キャベツやソーセージが入ってます。基本、冷蔵庫にある食材で作るんですって。辛さおさえめにしました。うまかよ。

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


どちらもアジアの独特な料理で、いわゆる定番の和食とはちょっと違います。そういう料理を作って食べるのが好きです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
念願のペナンアッサムラクサ!!発酵海老の香りが食欲をそそり、パイナップルとミント(それも巨大)で甘酸っぱくも爽やかな味。ポイントになる鯵の魚は、茹でて身をほぐすのですが、それはシェフの息子さん、ジョシュアくんが担当。これがとっても時間がかかる作業なんですって。おいしくて、幸せな時間。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

これがペナンアッサムラクサ。要予約。1人前からの予約受付可。値段はたしか950円(?850円かも)。麺は日本のうどん麺を使っているのですが、本場のラクサ麺のそっくり。コシがなくて、ぷつぷつと切れる感じが、あぁ、これ本当はラクサ麺なのでは?!と思った。ペナンに行かなくても、日本でこの味が食べられるなんて~

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

常連さんが注文していたため、私たちもありつけたスープカンビン。マトンのスープ。骨付きマトンから出たダシがめちゃうま。要予約、一人前1300円

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

バーベキューチキン。これ、ビールに最高です!KLでよく通っていた台湾料理のフォンライのBBQポークを思い出しました

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

サユゴレンサンバル!野菜のサンバル炒め。揚げ玉葱が香ばしく、海老がぷりっぷり

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

マレーシアごはんの会のサイトを見た、というとデザートがサービス。本日はダダグルン(ココナッツフレークとパイナップルのクレープ包み)

どれもとってもおいしくて、なおちゃんとのマレーシア話も涙が出るぐらいおかしくて。帰りの電車は超満員でしたが、それでも顔がほころんでました。ありがとう、ペナンレストラン!

ペナンレストランの紹介はこちらにも。
マレーシアごはんの会 ウェブサイト
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
マレーシアごはんの会の活動が、2013.1.15付けの東京新聞で紹介されました!

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


偶然にも記者さんが「多文化共生」に興味のある方で、マレーシアの多文化について鼻息あらく、語ってしまいました。その話をコンパクトに、しっかりポイントをおさえてまとめていただいき感謝。写真は、サテをほおばっている私。(杉ちゃん撮影)

内容読めますでしょうか?

***記事抜粋***
マレーシア料理を楽しむ会を二ヶ月に一回のペースで主催しています。マレーシアに四年滞在し、帰国後、本格的な現地の料理を食べながら同時に文化を共有できたらという思いからイベントを開催したのがきっかけ。マレーシア料理店の協力のもと、本格的な現地料理を楽しめます。多い時は百人近くの参加があり、マレーシアのゲームをしたりして交流を深められるのも魅力の一つ。多民族が共生し合う国ですから、みんな違っていて当たり前。周囲の目を気にせず、自分の信じる道を堂々と歩む国民性には、はっとさせられますね。99パーセントが良ければ1パーセント失敗したっていい。僅かな失敗を恐れていては思い切り楽しむ事もできないと考える方がマレーシアにはとても多いように感じます。宗教上のルールに沿った料理もご用意しておりますので、お問い合わせはoto@malaysiafoodnet.comへどうぞ=マレーシアごはんの会主催・39歳(貴)
***

これからも色んなことにはっとして、それを心で噛み砕いて。皆さんとシェアしていきます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2013年1月の料理教室は、マレーシアの中国系屋台の人気メニュー、ヨントウフ。マレーシアで働いていたころ、同僚とよく食べた思い出の料理です。

マレーシアの屋台はいくつかの料理店が集まったホッカータイプが多く、同じテーブルに座っても、それぞれが別の料理を食べるのが普通。でも、このヨントウフは専門店なので、同じテーブルに座ってみんなでヨントウフを食べます。

ムーミンのミー似のマレーシア人、ジョアンが、いつもランチの仕切り役。ヨントウフのときも彼女がみんなの分を注文してくれて、席で待っていれば、大皿にてんこもりになったヨントウフが運ばれてきます。それを「この具はもう食べた」とか「この具はあんまり好きじゃないからあげる」とか同僚6人ぐらいで言い合いながら、もくもくと食べる。最後にかならず1個や2個残るので、「もったいないから食べてよ」とこれまたジョアンに促され、完食。むわっとした空気が立ち込める屋台で過ごす、まったりとした時間。何でもない、ありふれた日常だったあの時間が、今思い返せば、愛おしくてたまりません。

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき
ここがよく行っていたヨントウフ屋台。具がそれぞれに用意されていて、好きな具を好きな数注文できる

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき
ここが、ジョアンが注文していた場所。赤いプラスチック製の皿に選んだ具を盛り、お店に人に渡せば、温めてくれる

この思い出のヨントウフを2013年スタートのメニューに選びました。

料理教室に参加してくれたジョホールバル出身のマレーシア人、マルシタさんは「20年ぶりに食べるわ!」とワクワクしてくれてました。「毎週食べていた」というのはペナン出身のマルちゃん。ヨントウフにご飯よね、といったわたしに、「ヨントウフは麺でしょー」というシェフのチャーさん。みんな、それぞれにそれぞれのヨントウフがあるんだね。

参加者の皆さんのおしゃべりはどんどん広がって、途中から「冷たい料理を食べないマレーシア人にとって、日本食であり得ない!と思ったのは冷奴」とか「7歳の頃に包丁を渡されて、丸鶏を一羽じぶんで好きにさばいてごらん、とお母さんに言われた」とか「女性は、プレゼントはもらう方。あげることはほとんど無い」という恋愛話まで、ヨントウフは関係のない話しでも大盛り上がり。これもまた、わたしの中のヨントウフの思い出になりました。

思い出のあるご飯はおいしい。
おいしいご飯にはかならず思い出がある。

このマレーシア料理教室で、おいしいの思い出を作ってもらえたら、とてもうれしい。
そんな会になるよう、これからも工夫していきます!

☆なお、19日のヨントウフ料理教室はまだ3名の空きがありますので、思い出をシェアしたい方はぜひご検討下さい。
詳細は下記のリンクまで。
マレーシア料理教室 ヨントウフ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2013年運試しはいかがでしょうか?

1月(12日、19日)のマレーシア料理教室はマレーシア風おでん「ヨントウフ」です。注目は、すり身入りの巨大赤唐辛子。食べてみるまで分かりません。あなたの赤唐辛子は当たり?それとも激辛…?

ワンタンミー、揚げワンタンの3品。ドリンク(ビールも選べますよ)も付いてます。詳しくは下記のWebまで。ご参加、心よりお待ちしています。

http://www.malaysiafoodnet.com/event.html

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Selamat Tafun Baru! Happy New Year! あけましておめでとうございます。

2013年も、在日マレーシア人の皆さんとコラボして、マレーシアのあったか~な空気がたっぷり吸える「体験型」イベントを開催していきます。今年はとくに、匂い、思い、記憶、味といった、目に見えないものを大切にしていきたいです。目に見えることだけじゃなくて、言葉にできることだけじゃなくて、感じること。人それぞれが、それぞれに思いを馳せることを大事にしていきます。そんな時間と空間を皆さんとシェアしていければうれしいです! ぜひお気軽に遊びにきて下さいね。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


また、こちらのyoutubeにて、今までの活動の軌跡をVideoにて紹介していますので、よかったらのぞいてみてください。
youtube リンクはこちら。


さて、メイあさかセンターさんよりお知らせです。朝霞にてマレーシアの講演会が開催されます!4回シリーズで1回目はすでに終了。2~4回の日程とテーマをお知らせします。

日程&テーマ: 
 1月10日(木) 10時~ 「複合民族の共存について」
 2月5日(火) 10時~ 「複合宗教の共存について」
 2月27日(水) 午後1時~ 「朝霞市中央公民館 複合言語の実態…第二公用語は英語で

場所:朝霞中央公民館

講師:尾池敏之さん(メイあさかセンター理事)、新井卓治さん(日本マレーシア協会)など

※詳細は、直接下記のメイあさかセンターまで、お問い合わせ下さい。
メイあさかセンタのホームページはこちら。

※以前、メイあさかセンター代表の尾池富美子さんにインタビューしています。そのときの記事はこちら。上から8番目のインタビュー記事「日馬をつなぐ23年の軌跡」です。
代表の尾池富美子さんのインタビュー記事はこちら。

2013年も一歩ずつ、進んで行きますので、どうぞよろしくお願いいたします。古川 音
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。