アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

2005年から2009年までの4年間、常夏のマレーシアで暮らしていました。2年過ぎた今でも、日本食は「ハレ」の料理でちょっぴりよそよそしく、アジア飯のほうが「ケ=日常」のご飯で、ホッとします。私にとっての食とは、味わいながら、みんなとつながることです。


テーマ:
寒い日には、マレーシアのBOH TEAとキャンディーでほっこり。パッションフルーツのフレーバーティと首都クアラルンプールの頭文字「KL」が入ったキャンディ。どちらもマレーシアで購入したものです。どちらもなかなかのお味!

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
12月のマレーシア料理教室★クリスマス☆スペシャル♪にむけてアスリさんと打ち合わせ。昨日試作品をいただいてきました。

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


なつかしー!噛むごとにソースがはみ出してくるのが、ざ・マレーシアです!薄焼き卵を絶妙に潜ませた「エッグバンジョー」バージョンも試してみました、これもいいです。

ラムリーバーガーのロゴとテリマカシ☆(マレー語でありがとう)の飾りをつけて。

12月9日(日)と23(日)のマレーシア料理教室の詳細はこちら。現在9日は3名、23日は2名の空きがございます。

***
クリスマススペシャル♪ラムリーバーガーとテタレパフォーマンスを体験します!ラムリーバーガーとは、当地ではマクドナルドより有名なハンバーガー。お店ではなく、屋台街や道路にひょっこり顔を出す移動式屋台で、いつも見かけるけど、いざ探すとなかなか見つからない幻の味。トッピングがお好みでリクエストできて、決め手のソースは、やっぱり…アレなのです。デザートには、クレープで包んだラダグルンとバナナポピア。それに甘いミルクティのテタレをつけて、計4品のレシピを教えます。テタレは淹れ方にコツがあるので、皆さんにお1人ずつ、体験してもらいます。
***

2012年の想い出づくりにぜひいらして下さい。お待ちしております!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
夏のイメージの強いカレーですが、スパイス効果でほっかほかに体が温まると思えば、冬もいいよね! ということで、マレーチャンduaでカレー麺。カレーが麺の隅々にまでからんでいて、噛むごとにカレーの香り。福澤ママの22年に渡る、涙あり、笑いありの人生ストーリーを聞きながら。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
12月9日(日)と23(日)のマレーシア料理教室は、クリスマススペシャル♪
ラムリーバーガーとテタレパフォーマンスを体験します!ラムリーバーガーとは、当地ではマクドナルドより有名なハンバーガー。お店ではなく、屋台街や道路にひょっこり顔を出す移動式屋台で、いつも見かけるけど、いざ探すとなかなか見つからない幻の味。トッピングがお好みでリクエストできて、決め手のソースは、やっぱり…アレなのです。デザートには、クレープで包んだラダグルンとバナナポピア。それに甘いミルクティのテタレをつけて、計4品のレシピを教えます。テタレは淹れ方にコツがあるので、皆さんにお1人ずつ、体験してもらいます。

これがラムリーバーガーです。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


テタレパフォーマンスはこちら。参加の皆さまにお1人ずつやってもらいます!
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


■日時:12月9日(日) 11:00~14:00
    12月23日(日) 11:00~14:00
※どちらも同じ内容です。

■場所:大地の木 
JR高田馬場駅より徒歩3分
http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13017220/
※11月のマレーカンポンとは別のレストランになりますので、ご注意下さい。

■教室内容
基本的にデモンストレーション形式

■参加人数:10名

■レッスン料&メニュー:
5,000円(材料費、レシピ代、ドリンク1杯)
ラムリーバーガー
ラダグルン
バナナポピア
テタレ

■記念プレゼント 
マレーシアごはんの会特製 消しゴムはんこ
☆毎回参加して集めるのも楽しいよ~

■申し込み
まことに恐縮ですが、先着順の予約受付、定員10名となります。受講ご希望の方は、参加希望日を明記のうえ、9日の申し込みは12月5日(水)まで、23日の申し込み12月19日(水)までに下記メールにご連絡ください。締切日前に定員に達することもございますので、なるべく早めにご連絡をいただけますと幸いです。なお、材料の準備の関係で、レッスン日3日前よりキャンセル料が発生しますので、ご了承ください。

中央が、今回教えてくれる先生、大地の木のシェフ、アスリさん。左、もうひとりの大地の木のシェフ、マコさん、右がマレーシアごはんの会の音。お待ちしてま~す。

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


☆Malasia food net☆
こちらのメールまで、参加希望の方のお名前、希望日時をお知らせください。
oto@malaysiafoodnet.com
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
10月のハラルBBQで、もうひとつ感じたことがありました。

今回、料理を担当してもらったマレーカンポン。BBQの前日、店主のチャーさんと電話で打ち合わせしてこんな会話があったんです。

「イカンバカール、どれぐらい焼いたらいいの?何分ぐらい?」
「音さん、火の強さで変わるから、何分って言えないですよ」
「だいたいでいいので、教えて下さいよ」
「ムリムリ~。失敗したっていいじゃん、それがBBQのおもしろいところでしょう~」

チャーさん、相変わらずおおらかなやなぁ~。もし失敗したらどうしよ…。せっかく作ってくれたチャーさんに悪いなぁ…。と、会話の直後は思ったんです。

でもBBQが終わって考えてみたら、たしかにチャーさんがいうとおり、イカンバカールはおいしく焼けたし、ミーゴレンも最高の味。心配することなんて何にもなくて、大成功。

そしてふと思ったんです。チャーさんは、自分のやるべきことと、自分のやれることが、ちゃんと分かってる人なんじゃないかって。

イカンバカールをおいしく仕込む。でもBBQで焼いて、それをおいしいと思うかは、食べた本人しだい。相手の感情までは誰にもコントロールできない。だからチャーさんは、イカンバカールをおいしく仕込むことに全力を尽くして、あとは失敗したっていんじゃーん、と言えたんだと思う。

私は相手の反応がとても気になる。どうみられるかな…。どう思うかな…。そんなことを気にして、前に進めなかったり、素直な気持ちを表せなかったり、やりたいことをひっこめたりする。それはきっと、必要のないプライドであり、エゴであり。前進することを阻む無意味で大きな壁。

でもたぶんきっと、マレーシア人にはそれがあまりない。
人からどう見られるかを気にすることが、どれぐらい無意味なことかをちゃんと知っている。自分のやるべきことをやる。そのあとどうなるかは天にお任せ。そうやってしっかり前を向いている。

だから今回の絵のゲームでも、マレーシア人はとっても自然体で、ユーモアたっぷりに子供たちの前で話してくれたんだと思う。その自然体な姿が周りみんなを楽しくしてくれて笑顔になれた。マレーシア人から学ぶことは、まだまだいっぱいあるな~。

私も、自分のやるべきことをやったら、あとは天に任せて歩いていこう、と思ったのでした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
※写真を見たい方は「マレーシアごはんの会」のWebサイトにどうぞ。たくさんアップしています。
マレーシアごはんの会

10月27日(土)、マレーシアごはんの会Vol9のイベントは、新木場公園にてハラル・マレーシアンBBQでした! 大人106人、子供ちゃんを入れると総勢120人の参加者で、サテ、イカンバカール、オタオタ、ハラル焼肉など、マレーシアならではの炭火焼を堪能。写真を見返すと、みんな笑顔、笑顔、笑顔!晴天に恵まれ、マレーシアのメディアチーム13人が参加するという嬉しいハプニングもあり、人生でNo.1と言ってもいいぐらい最高の1日になりました。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


さて、今回のメニューを紹介しますと、まずはマレーシア・ハラル・コーポレーションより仕入れたハラル焼肉。焼肉用のロース、カルビ、モモ肉の3点セット。宮崎ハーブ牛のハラル肉です。

ハラルとは、イスラム教徒の方が食べることのできる“食事のルール”のこと。たとえば、豚肉やアルコールは摂取することができません。鶏や牛は食べることができますが、ハラルのルールにのっとったトサツの方法(お祈りをしたり、血の抜き方に決まりがあるのです)を順守していなければならず、日本のスーパーで普通に売られているお肉はハラル肉でないのです。ちなみに、イスラム教を国教とするマレーシアでは、ハラル肉が普通にスーパーで売られています。ハラル肉だから味が違う、ということは無く、今回のハラル宮崎牛はやわらかくてジューシーで焼肉にぴったり! 炭火でスモークしたお肉、うまかったです!

チキンは、マレーシア・ハラル・コーポレーションで購入して、マレーシア人のご家庭に郵送。料理上手のアリヤさん、キキさんにお願いして、サテに加工してもらいました。その数、なんと320本!!サテ作りに協力して下さったアリヤさん、キキさん家族とお友達たち。ありがとう!このサテのうまいこと!サテ用のピーナッツソース(クアカチャン)も手作りしてくれて、ホントおいしかった。サテは炭火焼が一番ですね。

そしてこちらは、茅場町のマレーシア料理店「マレーカンポン」が仕込んでくれた料理。まずオタオタ。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


バナナの葉に包んだまま炭火で炙ります。


これはイカンバカール。マレー語でイカンは魚、バカールは焼く、という意味。マレーカンポンの自家製サンバルソースをたっぷり塗ったイカンバカールはバナナの葉っぱで包んで蒸し焼きに。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


マレーシアの焼きそばミーゴレン。参加者の何人かが「マレーシアで食べたミーゴレンよりもおいしい!」と言わしめた絶品。マレーカンポン特製ソースが最高~!

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


マレーシアの定番の朝ごはん、カヤジャムを塗った食パンをデザートに。炭火で炙ったパンの香ばしさがカヤジャムの甘みにぴったり。

さて、お腹いっぱいになったところで恒例のゲ~ム!

今回は8つのチームでBBQを楽しんでもらっていたので、“チーム名になっているマレーシア料理”の絵を画用紙に描いてもらいました。事前に事務局で考えて、マレーシアの料理名をチームの名前にしていたのです。

そして完成した絵を持って集合。審査員はBBQに参加してくれた子供たち!チームリーダーがユーモラスに子供たちにじぶんの絵をアピールします。


マレーシア人も日本人も子どもが審査員。出来あがりの絵も素晴らしかったのですが、マレーシア人リーダーのプレゼンの素晴らしいこと!「ドリアン、食べたことある人いるかな~?」と子供たちに話しかけたり、「サテくんがソースのお風呂に入ってます♪」と言葉を変えて伝えてくれたり、「ピサン♪ピサン♪」と踊ってアピールしたりと、みな芸達者!子供たちも大盛り上がりで、大声でリーダーに話しかけたり、一緒に踊ったりと満面の笑顔。1枚の絵でこんなにも周りをハッピーにしてくれる能力、素晴らしいです。

優勝したのはアプサさん。ピサンダンス(ピサンとはマレー語でバナナのこと)で子供たちの喝さいを受けました。

また、偶然、日本に訪れていたマレーシアのメディア関係者13人もBBQに参加してくれました。マレーシアで有名なFaraさんも楽しそうでしたよ。マレーシア人の参加者も写真撮りまくりでうれしそうでした。

最後にみんなで記念撮影。せーの!

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


参加者の皆さま、ありがとうございました。心も体もぽかぽかに温かくなる、いま思い返しても胸がじーんとなるような幸せな時間を共有できたこと、ホントうれしいです。この日、BBQが終わって見た、空にぽっかり浮かんだ飛行機雲が、今でも目に焼きついています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「〇〇勉強会」で友人になった比嘉さんが、私の仕事観や日頃感じていることについてインタビューをして、まとめて下さいました。話せば話すほど伝えたいことは湧いてきて、でもそれがどのように比嘉さんが感じ取ったかは分かりませんし、私が的確な言葉で伝えられたかは自信がないし、でもだからこそ人と話す、ということがおもしろいところでもあります。

日頃インタビューする方なので、されることはめったになくて。でもおもしろいもんですね。聞かれて話すことでじぶんの考えていることがクリアになっていって、不思議な感じでした。

そして話しながら感じたのは、今までの経験がすべて今のわたしを作ってる、という実感じみたものでした。いっこも無駄なことはありませんでした。夢まではまだまだですが、すくなくとも進んでいる方向性は間違っていないと思います。

http://shinrokyoshitsu.com/2012/11/12/oto/

こちらリンクです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。