アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

2005年から2009年までの4年間、常夏のマレーシアで暮らしていました。2年過ぎた今でも、日本食は「ハレ」の料理でちょっぴりよそよそしく、アジア飯のほうが「ケ=日常」のご飯で、ホッとします。私にとっての食とは、味わいながら、みんなとつながることです。


テーマ:
サンバルイカンビリスづくりにはまっています。

けっこうチリを入れているのに、玉ねぎの甘みとちりめんの旨味で辛くないんですよね~。
マレーシア版の佃煮。たまらん。

でも、まだまだなんです。マレーシア人の方に教えていただいた味には、まだ遠い。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


上より左回りで。
音バージョン1 ちりめんに火を入れすぎて焦げっぽい
音バージョン2 おいしいけれど、玉ねぎの舌触りが残っている
先生のバージョン テリがある。濃くのなかにピリリと辛い。玉ねぎの舌触りはないのに、旨味があっておいしい。

目標は、もちろん生成のバージョン。
色が違うのは、色のあるキビ砂糖を使っているかも。あとは油の多さと火の入れ加減が難しい~。

また作ってみます☆
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
日本に住んでるマレーシア人の方に料理を習っています。彼女、ほんっとすごいんです。なんでも作っちゃうんです。

料理の基礎になるサンバルソースはもちろんのこと、ラクサの麺まで自家製。日本でマレーシア料理は簡単に食べられないので、自分で作るようになったとのこと。でも、聞いて見れば、実家のお母さんは庭ではえていたココナツの実から、生絞りのココナツミルク、ココナツオイルを作っていて、漁師のお父さんは小エビを海からとってきて、干しエビとブラチャン(タイのカピに似たエビを発発酵させたペースト)を作っていて、タマリンドのペーストはご近所さんの自家製という環境で幼いころを過ごしていたんですって。食材を育て調味料もすべて家で作る、という贅沢な環境にいらっしゃったんだなぁ、と思ったしだい。

教えていただいたレシピで、作ってみました。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


手前は、玉ねぎや多種のスパイスでマリネした鶏モモ肉を、粗く砕いたピーナッツの甘辛ソースで食べる鶏のサテー。

その上の白いものはクトゥパといって、サテーに必ずつける炭水化物。小さな穴の開いたビニール袋に入った生米を1時間ほどゆでると、ごはんが膨らみビニール袋がパンパンに。それを1時間ほど放置し、常温になったごはんは、お餅のようにくっついている。これをサテーと交互に食べます。

きゅうりの右は、サンバルイカンビリス。自家製チリペーストのサンバルとちりめん(マレーシアでは煮干しですが、ちりめんにて代用)を炒めたもので、マレーシア版の佃煮のようなもの。これ、マレーシア人の先生の家で作ったときは簡単そうに見えたのに、けっこう難しかった~。ちりめんの素揚げがやりすぎたみたいで、ちょっと香ばしすぎました。

どちらもけっこう時間と手間がかかる料理。マレーシア料理の奥深さって、食材の味を丁寧に重ねていくような層の深さなんだな~。とても美味でございました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
11月22日(火)、社団法人日本マレーシア協会の主催で、「ハラールと日本」を考えるシンポジウムが六本木にて開催されました。メイン講演は、拓殖大学のイスラーム研究所客員教授である武藤英臣さん。また、以前『ハラール焼肉レストラン』の取材でこのHPに登場して下さったマレーシアハラルコーポレーション代表取締役のアクマルさんが、意見発表をされました。

マレーシアで4年住んでいた私にとって、ハラールという概念はとても身近なものでした。スーパーではハラールマークのついた肉が売られ、市場の豚肉売り場は人目のつかない端っこにひっそりとあり(中国系のマレーシア人でにぎわっていますが)、お酒を使う料理の多い和食はハラールでなく、ポークフリー(豚は使っていませんよ、という意味)と明示されること。ほかにも、日本製の化粧品、整髪料はアルコールを使っていることが多く、ハラールの認証をとることができない、という企業の声を取材でよく聞きました。

イスラムを国教とするマレーシアは、ハラールという概念が生活に根付いています。武藤教授が「なぜそう決められているのか?どうしていけないの?というハラールについての質問はナンセンス。神が決めたことに理由はないのです。そして疑わしいものもすべてハラーム(ハラールの反対でダメなもの)となりNGなのです」とおっしゃっていましたが、まさしくそのとおりです。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき
エジプト国立アズハル大学シャリーア学部で学び、論文を多数発表している武藤教授

アクマル社長によると、世界の人口の約1/5に値する20億人はイスラム教徒。そのイスラム教徒が、共通の共同体として、ハラールというルールを守っている。2025年には世界人口の1/3を占めるという説も。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき
マラヤ大学を卒業後、ルックイーストで日本に。日本との関わりは20年以上のアクマル社長

そこで、日本もハラールという概念を学び、「日本ブランドをハラール製品として売り出そう!日本をイスラム教徒の人たちにも開かれた市場にしよう」というのが今回のシンポジウムの趣旨。武藤教授は、日本企業が置いてきぼりされないよう(実際、中国やアメリカは政府が力を入れている)、活動されており、また、アクマル社長は日本ブランドの象徴である『和牛』をインドネシア(ムスリム人口97%)のハラール認証を取ろうと取り組んでいらっしゃいます。

ハラールとは、
1.赤ちゃんの頃から、これはいい、これはダメと教わるルール。体で覚えるもの。
2.ムスリムの人たちが、いちばん手近にできる信仰体現。
3.ハラールであり、かつ、健康的、環境にいい、というダイエブの概念も必要。
4.ハラールであるか、ないかは、イスラム教徒の人しか判断できない。

そして昨今、ハラール世界のリーダーシップを取ろうとしているのが、インドネシア、マレーシア、トルコ3か国。人口の97%をイスラム教徒が占めるインドネシアと国教としてイスラム教徒を掲げるマレーシアはハラール認証の信用度が高いのです。

今回のシンポジウムは、わたしが今まで体で感じていたハラールという感覚を、頭の中の言葉にしてくれた、とても有意義なものでした。

武藤先生の「ハラールとは体で覚えたもの」という言葉。アクマルさんの「ハラールの街づくりをしたいなら、マレーシアに行ってみてください。そしたら分かります」と呼びかけていたこと。その言葉からも、本気でハラールを学びたいなら、マレーシアで体感してみてほしい、と切におもいます。

なぜなら、マレーシアという国は、ハラールとハラールでないものが、同時に存在していて、お互いに認め合い、融合している、とても稀有な国だから。ハラールで暮らすムスリムの人と、豚肉が大好きな中国系の人が同じオフィスで仕事をし、屋台の同じテーブルでお茶を飲んでいる。そのためムスリムになじみのない日本が学ぶべきこと、学べることがたくさんあります。マレーシアって、知れば知るほどハマっていきますね。(音)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
10月30日(日)、銀座・松坂屋近くのマレーシア料理店「ラサマレーシア」にて、マレーシアごはんの会を開催しました。今回のテーマは『ディパバリ』。ディパバリとは、ヒンズー教を信仰するインド系マレーシア人のお祭りで、本国インドではディワリとも。

マレーシア総人口約2800万人のうち、約7%がインド系のマレーシア人。日本人感覚ですと、“たったの7%”と思いがちですが、多民族国家政策をとっているマレーシアにとっては大切な数の人々。ディパバリの日は国の祝日になっていて、ディパバリとは関係のないインド系以外の人も祝日をエンジョイできます。

さて、今回のマレーシアごはんの会は、過去最大の47名の参加者!9名の方が、バシュクバヤ、バシュクロン、バティック、サリー、パンジャビなどマレーシアでよく見かける民族衣装に身を包んで参加してくれ、会場はとっても華やかな雰囲気!

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


そしてマレーシア人3人が、遊びに来てくれました。まずは、日本に住む日本語ペラペラのマレーシア人ジェンナさんの乾杯の音頭で、ごはんの会スタートです!

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


「インドネシアでオーダーしました」と語ってくれたピンク色のバシュに身を包んだジェンナさん。マレー系の民族衣装は、インドネシアの民族衣装と共通点が多く、サロンとよばれる巻きスカートに、レースの飾りがついたトップを重ねます。肌が見えないように長袖、ロングスカート。頭に被っているトドゥンは、トドゥン用に売られているものではなく、ふつうのスカーフを自分でアレンジしたのだそう。

当日の料理はこちら。ラサマレーシアのシェフが特別に、ディパバリのテーマに合わせて“インド系ロジャ”をコースのなかに入れてくれました!インド系のロジャとは、海老天や厚揚げなどの揚げ物にキュウリ、ゆで卵を加えて、サテソースに似たピーナッツソースをかけてあえたもの。サラダ感覚の前菜です。海老天がぱりぱりでおいし~。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


もちろん、サテも登場。レモングラスやターメリックでしっかり下味をつけ、やわらかに炙った鶏肉。

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


アサリのすっぱからいスープは、トムヤンクンベースのスープにレモングラスで爽やかな香りをつけて。トムヤンクンはマレーシアでもよく食べるんですよ。

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


これにナシゴレン、さつま芋とココナツミルクのデザート・ボボチャチャ、コンデンスミルク入り紅茶・テタレが続きます。

これらをワイワイと食べておりましたら、何やら、おたけびが…!

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


ヤーーーーーーーームセイ!!!!

見ればタンさんとデービッドさんが、本日2度目の乾杯の音頭をとっているではありませんか!

“ヤムセイ”とは、中国系マレーシア人のイベントでは必ずといっていいほど聞くことができる乾杯のかけ言葉。ヤムは漢字で飲、セイは漢字で勝だそうで、来場者全員の健康と成功を願って、参加者全員が声を合わせます。それぞれビールを手に持って、幹事がヤー、と言い出したら、みんなもその声に合わせてヤーーーーーと伸ばす。とにかく伸ばす。ヤーーーーーーーーー。伸ばす方が縁起がいいんです。そして息も絶え絶えになったら、みんなでセイ!!!!!と言いながら乾杯。ちなみに、飲み干さなくても大丈夫。

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


日本を旅行中に参加してくれたタンさんとデービッドさん。ふたりとも中国系のマレーシア人で、タンさんは日本語がけっこう話せます。びっくりしたのは、彼の、もと日本語学校の先生はマレーシアごはんの会の参加者で、今回偶然にも隣の席に!マレーシアつながり、おそるべし。

そしてごはんを食べながら、自己紹介へ。今回の参加者は、マレーシアに縁がある方70%、マレーシアに興味がある方30%という割合で、マレーシア時代の思い出や、マレーシアのイメージ、マレーシアの知りたいことを語ってもらいました。

☆クアラルンプールは都会なのに、人が温かく、人懐っこい☆マレーシアでのカンポン(村)ステイがよかった☆すでに18回もマレーシア旅行☆いつも一緒に寝ているワンコはマレーシアで拾った子☆キンキン(マレーシアのパンミー屋台)好き☆マレーシアジャングル取材が思い出☆マレーシア渡航後、世界観が変わった☆食べ物がおいしすぎて太った☆ゴルフ三昧の日々が懐かしい☆インド系マレーシア人のインドディスコを思い出した☆母娘のマラッカ、ペナンの旅行が楽しい思い出☆マレーシアで出産し、子ども名前をラヤちゃんに☆フレンドリーな国☆いつか行ってみたい☆マレーシアでのお酒講座。ポイント:モスク近くはお酒なしレストランも多い☆

みなさんコメントが温か~い愛にあふれておりました。とくに息子ちゃんと参加してくれたFさん。「とんぼが飛んだ」という息子ちゃんのポエムを朗読してくれて、ほのぼの。マレーシアとは全く関係のない内容でしたが(笑)、そんな雰囲気もマレーシアっぽくていいね。Fさん、マレーシアに行ったことないのに、マレーシアの本質をちゃんとつかんでる!

また今回、BS12チャンネル アジアHOTプレス(土曜21時放送)の制作に携わっているYさんも参加。今後、マレーシアが特集されるかも、とのことでしたので、みなさん要チェックです。ウェブサイトはこちら。http://www.twellv.co.jp/event/asia/index.html

さて、そんなこんなでワイワイしていたら、すっかり時間が押してしまい、念入りに準備をしていた「インド系マレーシア人の食・文化・服装についてのクイズ」はささっと出題。

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


全問正解の方が数名いらして、じゃんけん決戦にて、2名の方にマレーシア木彫り工芸ARCHのしおりをプレゼントしました。次回はもっと、マレーシアを全く知らない方に向けて、クイズを念入りにやりますので、どうぞお楽しみに~。

マレーシアをキーワードに、広がる輪・輪!

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


そして最後に、甘~いテタレを飲んで、体も心もほかほかに。

アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


「会えばみんな友達、マレーシア!」とアンケートに書いてくださった方がいましたが、そのとおり。人とつながるって、温かい。知らないことを知るって、わくわくする。今後も、そんなことがちょっとでも体験できて、なにかしらほんわかと感じられる会でありたいです。(音)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。