アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

2005年から2009年までの4年間、常夏のマレーシアで暮らしていました。2年過ぎた今でも、日本食は「ハレ」の料理でちょっぴりよそよそしく、アジア飯のほうが「ケ=日常」のご飯で、ホッとします。私にとっての食とは、味わいながら、みんなとつながることです。


テーマ:
そしてじゃじゃん!こちらが今回の旅の最大のハイライト。

エクストラ・スーパー・タンカー 文華軒@カーブ近く もと同僚13人とともに高級中華三昧。

豚の角煮。半端なくとろとろーにやわらかいです。高菜そっくりの塩漬け菜が一緒に煮込まれています。豚のジューシーさとうま味がちゃんと味わえるのは、長時間、低温でゆっくり煮込んでいるから。
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


この豚肉料理はかならずパオ(蒸しパン)がついてきて、豚肉を乗っけ盛りにし、カナッペ(響きが違いすぎますが…)のようにして食べます。
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


タイガー海老エビ炒めの醤油風味。殻がパリッとしていて、頭からぽりぽり。ビールがとまりません。
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


よくお祝い料理としていただく豪華料理。干し牡蠣、豆腐をこんもりと山のように盛り、なかにはしいたけ。周りは青梗菜で飾られています。そしてポイントは黒い海藻。味にはあまり影響を与えていませんが、お祝い料理とし称えられるのはこの海藻が理由とか。
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


これは香港カイランのガーリック炒め。茎部分はコリッとしていて長細いブロッコリーみたいな味です。
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


そして、でました!!これぞ、今回の旅にぜひぜひ食べてみたいと願っていたMonk Jump Over the wall。お坊さんが壁を乗り越えてまで食べに来た、まじ、うまいスープ!という名前の超高級スープ。中国名をファッティチョウ。日本では通称、その驚愕の価格の意味もこめて、ぶっ飛びスープと呼ばれています。

これです。干しアワビが入ってるでしょ。
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


干した貝柱が入ってるでしょ。
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


なまこでしょ。
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


それに金華ハム、魚の胃袋、ふかひれ。など中国の高級食材がどどどーんと一同に入っているのです。

幸せ……。
味はとってもお上品。中華とは思えない(失礼)、なんだか和食のような繊細な味。アワビめちゃうまでした。干したほうが生よりも100倍おいしいのね。

そして驚愕のお値段は、といいますと。

だだん。

250リンギ!約6750円!!(ひとり分)
スープ1杯で6750円だなんて!!贅沢すぎます!でも、日本で食べようと思ったら、予約制ですし、3万円とかも聞きますから、お得なのです。今回はもと上司のご厚意に甘えて、贅沢させてもらいました。ほんと、すみません。でも、ほんとありがとうございます。

から揚げのタイソースがけ、もありました。上にカリッと乗っているのはイカせんべい。
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


そしてチャーハンが大盛りで登場し
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

(250リンギ払ったら、このチャーハン1年分くらい食べられるんじゃないか?)

シーココナッツとロンガンのデザートで締めて、あとは個室なのでお決まりのカラオケ。
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


マレーシアの中国料理、やっぱり最高っす!!

つづく。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
次に紹介するのは、ちょっと高級なレストラン編。

★スチームボード スタジアムネガラ@KLCC近く 大人ふたりで食べて1人50リンギ(1350円)
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

野菜、肉、餃子や魚介などを鶏がらスープで煮て、はふはふいただくスチームボード。暑い国の鍋、乙なんですよね~。最後はイエローミーという卵麺とビーフンを半分半分で入れて溶き卵でとじます。

スタジアムネガラは手羽先も有名でして。飴色の皮はパリッと、中はジューシー!
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


なぜなら、こんなふうに炭火の上で手動くるくる回し機で炙っているのです。
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

炭の香ばしい香りもついて、おいしいのなんのって。醤油ベースのつけだれに6時間マリネし、手羽元と手羽先を解体してあぶります。

もうひとつスタジアムネガラの名物がこちら。
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

ふかひれ(もどき)といり卵の炒めをレタスでラップして。卵好きにはたまらんおつまみです。

もちろんビールはタイガーです。
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき



★フィッシュヘッドカレー かそう@ブキビンタン 大人7人で食べて1人30リンギ(810円)
このお店は初めて行きましたが、フィッシュヘッドカレーが有名なのです。
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

巨大な魚の頭でダシをとるカレー。サラリとしていて、さっぱり、ひりひりと辛い。お皿も巨大サイズ。このサイズで、38リンギ(1026円)。
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


野菜はカイランのガーリック炒め。
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


もうひとつ野菜炒め。
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


鶏肉のおいしい炒め物。海老ペースト、たぶんブラチャンペーストでマリネしたもの。でもそんなに海老臭くなく、お酒に合う濃いめの味。この量で15リンギ(405円)だもんなぁ、まいるなぁ、いいなぁ。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


ポークベリーの炒め物。これが超おいしい!ドライの唐辛子が入っていて、甘辛のなかにピリッとした刺激のある特徴的な味なのだけど、メニューの英語が「パンフライ ブレイズド ポークベリー」。シンプルすぎる…。きっと二度と頼めない…。
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


つづく。
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
7月半ばの1週間、マレーシア・クアラルンプールに旅してきました!2年ぶりのマレーシア、とても懐かしくて、その懐かしさが膨れ上がって「あれ?今もここに住んでいる?」という気分。アンパン通りにタクシーで帰宅しそうでした。

さてたくさんの友人にお付き合いいただき、巨大フィッシュヘッドカレー、露店のドリアン、なんと1杯6500円!!の高級中国スープまで、食べまくりました。すごかですよ。量もバラエティも!
それでは、どどんと紹介してまいります。

まずは屋台専門店より。

★ローストダックヌードル 龍記@ブキビンタン 9リンギ(250円)
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

うまし!うまし!黒こしょうや山椒の実が丸ごと入っていて、その刺激的な香りが口中に広がります。ダックも脂がたっぷりのっていて、やわらかくジューシー。醤油系のつけだれに和えた細麺によくあいます。

★ドライチリパンミー キンキン@SOGOの近く 忘れた…5リンギくらいだっけ?(150円)
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

ここのドライチリパンミーは最高です。今回は卵の黄身が固めで麺に絡まなかったのが残念だったけど、それでもイカンビリス(揚げ煮干し)と揚げた豚脂の食感がすばらしい。

★ナシアヤム  レストランSELERA@ウィズマセントラル 5リンギ(150円)
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

チキンライスのマレー系バージョン。おいしいですよ~。濃いめの甘辛タレがローストしたチキンにたっぷりかかっています。香ばしい揚げ玉ねぎとコリアンダーが入ったスープもよろしい。

★経済飯 レストラン名不明@BBプラザの屋上フードコート 5.5リンギ(150円)
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

じぶんで好きな惣菜を皿に盛り、会計してもらう仕組みの経済飯(エコノミーライス)。ベイビーカイラン、ピリ辛の塩漬菜の鳥肉煮込み、中国ソーセージと生姜の炒め、四角豆の干しエビ炒め

ちなみに、このすっごい数の種類のなかから選びました。
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


★バクテー PAO XIANG(宝香)@パビリオン 25リンギくらい(700円)
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

バクテーの本場、クランで誕生した店、パオシャン。土鍋で提供されるクアラルンプールのバクテーと違って、豚の部位ごとに注文し、それぞれの器で提供されます。とろっとろにやわらかい豚肉にぷるぷるのコラーゲンつき豚ちゃんの足部分(Leg's Bent)を堪能。

ごはんにのっけて、チリ醤油とともにばくっ。
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


揚げパン(油条)はスープにたっぷり浸してね。スープはもちろんおかわりOK。
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


★ナシレマ アンタラバンサー@カンポンバル RM7くらいだっけ…?(190円)
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

さすが有名店。朝10時くらいに行きましたが、マレー人のお客さんで満席。具もほとんどなくなっていました。角切りのビーフレンダンはやわらかく、ピリ辛のイカ(後ろの皿)はごはん(ココナツミルクで炊いたもの)に合います。

★ナシレマ 第二弾 出店@ブキビンタンのジャランアロー
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


こちらはナシレマの持ち帰りバージョン。好きなおかずを選ぶと新聞紙とバナナの葉にちょちょいと包み、ワゴムで固定。開けるとこんなにもきれい!芸術的な技です。

持ち帰っているときはこんな感じ。薄いビニール袋に入っています。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


★ロティサディン レストランSELELA@ウィズマセントラル 3.5リンギ(100円) 

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

ロティチャナイと呼ばれる、パイのような料理のサディン版。サディンとはイワシのことで、パイ生地のなかにチリペーストで味付けしたイワシフレークが入っています。ソースはカレーです。

注文が入ってから、おじちゃんが目の前で焼いてくれます。アツアツできたて。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


★バナナリーフカレー 旧ナジブコーナー@ブリックフィールズ ラッシーこみで10リンギ(270円)
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

「バナナリーフで」とお店の人に注文すると、まずバナナリーフが目の前に置かれ、自動的におかずとごはんが順番に盛られます。パリパリのおせんべいも含めて、すべておかわり自由。

カレーもかけ放題。どれもサラサラ系で、ごはんにちゃぷちゃぷかけます。
アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


日本でも人気のトーサイ(写真・右)も注文。巨大!3リンギくらい(100円)でした。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき



まだまだ続きます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
すっかりブログをご無沙汰しております。先週は夏休みをいただいて、ゴルフと伊豆高原の旅を楽しんでまいりました。

ゴルフはとにかく暑くかったのですが、そのどろどろした汗にまみれた感じが、マレーシアでのゴルフを思い出し、暑さのせいで襲ってくる頭痛&ちいさな吐き気も、やっぱり同じようにおとずれまして。かなりつらかったのですけど、それがいと懐かしく、「あ~、ゴルフってやっぱり過酷なスポーツなのね…」としみじみしたりしていました。わたしのゴルフのイメージは“猛暑のスポーツ!”なんですよね。秋や春のゴルフは、あまりにも気持ち良すぎてゴルフって感じがしない……(笑)。

伊豆高原では、わんこも一緒に一泊しました。よか宿でした~。お食事がびっくりするくらい美味なる洋食で、魚介系中心の前菜だけで軽くワイン1本(ふたりでね)飲んじゃいそうでした。わんこも、どうしたのか!と心配になるくらい大人しく、テーブルの下でふせ。見直しましたよ、ボレ。

あともうひとつ、夏休みにスマホとパソコンを購入しまして、スマートデジタル生活に突入です。すごいね、スマホ。こりゃ、モバイルのパソコンは要らないね~。ウェブもめっちゃみやすい。

現在必死でパソコンのデータを移行中。ますますバージョンアップしてまいります。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
7月30日(土曜)、マレーシア・ラブの18人が集まり、池袋のマレーチャンduaにて、マレーシア料理の決定版☆バクテー☆に舌鼓をうちました。集まったのは、マレーシア在住経験者、マレーシア好き13年のツワモノ、マライヤ大学卒業生、8月、9月と2カ月続けてマレーシアに旅行(いえ、旅行ではなく帰る、と言っていました)する人など、ディープにマレーシアを愛する人たち。そこにタイガービールとサテが加われば、気分はすっかりマレーシア!

まず、マレーチャンduaオーナーの福澤ママより、マレーチャン創業のきっかけや、ママとマレーシアとの深い関わりが語られます。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


ママ、という呼び名は日本に留学するマレーシア人がそう呼ぶから。彼女はマレーシア人のママのような存在なのです。18年前、福澤ママがマレーチャンを立ち上げたきっかけは、日本に留学してきたマレーシア人がお金を稼げる場所を作ってあげたかったから。イスラム教徒であるマレー系のマレーシア人が働けるよう、日本で初のハラル認証レストランを創業。ここから、ママとマレーシアの濃い関係が始まったのです。

今に至るまで、いろいろあったそうです。18年前ですから、マレーシア料理はさることながら、アジアン・エスニック料理というジャンルさえ知られていなかった時代。そのなかでマレーシアに何度も足を運び、マレーシアの本場の味を伝えようと努力を積み重ねてこられた。わたしはマレーシアに住んでマレーシアを知ったけど、日本に住みながら、マレーシアに力を注いでいらしたんだなぁ…と。その姿に胸がじーんとしました。

そんなママの思いがこめられた料理が次々に登場。

サテとムルタバ。
手前はアチャールとポピア。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


ピーナッツソースをたっぷり絡めて大ぶりの鶏肉のサテ。ムルタバは薄いパイ生地のなかに、カレー味のそぼろ鶏がひそんでいます。アチャールは酸っぱすぎず、いい具合に浸かっていて、箸休めにぴったりのピクルス。生春巻きの皮で巻いたポピアは、砕いたピーナッツの食感が口のなかで弾けます。

これはビールがなくっちゃ!もちろんビールはタイガーです。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


そして野菜は、マレーシア料理で定番の空芯菜のブラチャン炒め。後ろに見えるのは、パリッと高温で揚げられたクロポ。魚せんべい、えびせんべいです。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


そして、メインのバクテーが登場!

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


9種の漢方で4時間以上じっくり煮込んだバクテー。途中、丁寧に豚のアクを何度もとることで、クリアに澄んだ上品なスープになっています。この漢方スープに揚げパンを浸せば、スープをたっぷり吸った揚げパンの美味なこと!また、ご飯にスープをじゃぶじゃぶかけて、バクテースープのお茶漬けもたまらんです。


みんなバクテーに夢中。いや会話にも夢中。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


自己紹介をかねて、「マレーシアでありえない…!と思ったこと」を発表してもらいました。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


すべて、個人の体験談です!

・猿に部屋を荒らされた ・すべてのドリンクが甘い ・鍵を車内に置いたままロックしてしまった。すると同僚が棒を巧みにつかって鍵を開けてくれた ・雷が落ちて、部屋の電気のスイッチが焦げた ・料理のジャンルが幅広い ・家の修理に来たはずなのに、さらに壊れた。そして「また来るからな」となぜか上から目線 ・何度注意してもスタッフが言うことを聞いてくれない。でも気付いたら妻も…。人間はそういうものだと悟った ・外国人用のイミグレが混んでいたので、マレーシア人用のレーンに並んでもいい?と聞いたらOKしてくれた ・税関で担当者ごとに言うことが違う ・デンギ熱にかかった。処方は100プラス(清涼飲料水)のみだった ・ゲリラ豪雨 ・前に並んでいた人の不注意でソフトクリームが服についた。それなのに、みな文句を言わず笑った ・水あび用のタライに魚が住んでいた。それは虫を食べてくれる優れものらしい ・ムルデカの祭り、スピーチの長さに合わせて時計を調整 ・雷が落ちて信号機が壊れた交差点 ・病院での誤診 ・KTMの時刻表が無意味すぎる 

おもしろすぎる…
やっぱり、奥が深いです。マレーシア。

そして次は、
マレーシアにセカンドホームを申請されているキミエさんプロデュース、マレーシアクイズ!

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


クアラルンプールのシンボルである、ツインタワー。2本のビルが対になって建っているのですが、1本は日本、2本は韓国の企業が建てたもの。じつは韓国のタワーのほうがすこし高いため、2本をビルをつなぐスカイブリッジと呼ばれる橋は、41階と42階をつないでいるんですって。勉強になりましたキミエさん、ありがとうございます!

ワイワイとマレーシアを中心につながった時間。ほかほかに心が温かくなる、心地よいひとときでした。

アンケートに書いてくれた、マレーシアといえば?という答え。

みんな違って、それでいい。

だから心地いいんですね。(音)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。