アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

2005年から2009年までの4年間、常夏のマレーシアで暮らしていました。2年過ぎた今でも、日本食は「ハレ」の料理でちょっぴりよそよそしく、アジア飯のほうが「ケ=日常」のご飯で、ホッとします。私にとっての食とは、味わいながら、みんなとつながることです。


テーマ:
5月27日(金曜)、友人の白玉メンバーに招かれ、本駒込の古民家ギャラリーにて、マレーシアのイベント「マレーシア・クール・ナイト」を開催しました。来てくださったお客さまは25名、そのうちマレーシアに縁のある人は6人。ほかの方は、マレーシアってなんぞや?というお顔。

イベントスタートの3時間前、16時から開場設営。17時にNちゃんが到着。マレーシアに通い続けて10年のNちゃん、住んでいたわたしよりもマレーシアに詳しい!と思わせる通っぷりで、バシュクロン(マレーシアの民俗衣装)の似あうこと!わたしも、バシュクバヤ(マレーシアの民俗衣装)に着替えて、本番を待ちます。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


このバシュクバヤ、実は友人のTちゃんのもの。ハリラヤ前の露店でゲットしたものだそうで、ディスカウント交渉の末、2,000円だったそう。大成功!Tちゃん自身は、刺繍が色鮮やかな黒のパンジャビで登場。Yちゃんから借りたサーモンピンクのチャイナドレスは、白玉メンバーのチヨちゃん、ビーズ刺繍が見事なわたしのパンジャビはアイちゃんが着用。マレーシアの3民族の衣装で、会場がグッとは華やかな雰囲気に。

17時50分、マレーカンポンのシェフ、チャーさんが到着。お客さまに食べてもらうナシレマの材料をてんこもりに抱えての登場です。20合炊きの炊飯ジャーにはココナツミルクで炊いたごはん、タッパには煮干し入りのサンバルソース、緑豆とタピオカ粉でつくったお菓子、クイコースイなど、次々に料理が並びます。そしてチャーさんは、「唐揚げは、揚げたてがおいしいからね」とテキパキと台所で揚げものの準備。いつもはにこやか癒し系なのですが、このときのチャーさん、めっちゃ男前に見えましたね。さすがプロ。写真は癒し系のときのチャーさん。来ている服は、マレーシア伝統の技術ろうけつ染のバティック。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


18時30分、チャーさんの愛娘シーマンちゃん(5歳)も手伝ってくれての受付スタート。白玉メンバーのテツさんがアイデアを凝らして飾ってくれた部屋、バティックの布やドリアンのオブジェが飾られていて、いい感じです!

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


そして皆さんに食べていただいた料理は、こちら。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


ナシレマプレートです。ココナツミルクで炊いたごはん(ほんのりココナツの香りがするくらいで、甘くは無いんですよ)、マレーシア風唐揚げ、ゆで卵、きゅうり、アチャール(漬物)、ピーナッツ、そしてナシレマの味を決める、サンバル(卵の左)。

マレーカンポンのサンバルは、イカンビリス(煮干し)とチリソースが和えてあって、たとえるならマレーシア風の佃煮。玉ねぎの甘みが効いているので、辛味のなかに旨みがあって、おいしい。

さて、最初のイベントは、「ナシレマルーレット」!。お客さまに配ったナシレマのなかで、1皿だけチリパディとよばれる激辛の唐辛子を1本丸ごとくわえた激辛サンバルがあります。当たった方には、プレゼントあり!

みんなこわごわ。そしてざわざわ。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


「わたし、辛いの苦手だから、こわーい」
「辛い気がするけど、違うかも」

そんななか、「ちょっと辛いけど、でも大丈夫です!」と断言する美女が。んん?スタッフがチェックしてみると、いや、あなたが食べているの、激辛ですから!(お皿で分かるようになってました)。美女は辛さにも強い。かっこいい。

それからはビールを飲んだり、質問をしたりしながら、シェフとわたしののん気なトークでマレーシアの食文化を紹介しました。たとえば、インド系マレーシア人が、刺身のわさびをこんもり盛っている様子を紹介したり、チャーさんの家には庭にはチリの木があることを紹介したり。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


いちばん盛り上がったのは、ドリアンについて。ドリアンの見分け方、タイドリアンとマレーシアドリアンの違い。マレーシアのカンポンドリアンの魅力。そしてマレーカンポンさんから衝撃の告知が…!(これは次回に発表します)

楽しい時間はあっというまに過ぎるもので。ほっこり温かい時間、みなさんとシェアできたかな。ナシレマは大好評で、持ち帰りを希望される方も。サンバルブラチャンソースは、みごと完売しました。

来て下さった方、ありがとう。
白玉メンバー、誘ってくれてありがとう。
チャーさん、トーク最高、ナシレマも最高。

これからも、マレーシアごはんを食べながら、あったかいマレーシアの空気をそのまんま伝えられるようなイベントを開催したいです。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
今日は後輩ちゃんの結婚式でした。7歳も年下の結婚式は初めて。幸せそうで、かわいくて。余興も何もかも、父兄のような、見守っている的な気持ちになりました。知り合って10年になるしね。おめでとう~!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
べトナム料理研究家、伊藤忍先生の料理教室に行ってきました。窓から明るい陽が降り注ぐ、とっても心地い空間。やわらかく、すべすべの手触りの木のテーブル、棚にはベトナム食器や雑貨がかわいらしく飾られています。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


けっこう暑い日だったのですが、忍先生がひとこと。「ベトナムで食べているような食生活をしていたら、暑さに強くなりますよ」。へぇ~と感心していると、「音さんもマレーシアで鍛えていますよね」と。えっ……。マレーシアは、というより、わたしのいたクアラルンプールの都心部は、クーラーをガンガンに効かせて設定温度16度などでして。暑さ対策と同時に寒さ対策もマスト。外を出歩かないので足腰は弱くなりましたが、暑さに強くはなってません……。日本の夏、むっちゃきついです。

ということで、これから水をたっぷり飲んで、夏野菜を食べて、暑さに強い体をつくるべし、です。

さて、今回作った料理はこちら。ご飯は土鍋で炊いたレモングラス味のチキンライス、おかずは空芯菜の生唐辛子ニンニク炒め、白身魚のディルとトマト入りスープです。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


作ってみたかったんですよね~。土鍋チキンライス。レモングラスの香りが爽やかで、土鍋で炊いたごはんのホクホクなこと。これを作りたくて、2カ月くらい前に土鍋を購入したほどですからね。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


いとうまし。おこげもいい感じです。ポイントは、タイ米であれば、蓋を空けて、米の硬さ、水分の量を調整してもまったく問題ないこと。家でさっそくやってみたところ大成功。うますぎます~!みんな食べに来て~。

やっぱり、忍先生のつくるベトナム料理、好きだなぁ。本気でそう思います
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
スモークチーズ、スモークサーモン。スモークしたなんたらが大好きです。三軒茶屋にスモークの専門店「nube」があるのですが、そこなんかに行きますと、軽くテンションアップで、ワイン1本は飲んじゃいます。

スモークの香りって、いいのよね~。
愛してる~。

というわけで、先々週の週末はキャンプでスモーク三昧!

スモークチーズ、スモークゆで卵、スモークかまぼこ、そして今回初挑戦したのがスモークベーコン。簡単です。スーパーで売っているスライスベーコンをさらに炙っただけ。飴色に炙られ、桜チップの香りをまとい、熱もほんのり通っていて、香ばしく、美味なのです。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


味が濃いので、ほんのすこしマスタード(粒なしがベター)をつけると、さっぱりしてなおよし。

そういえば二子玉の駅前に新しくできたデパートのなかのピッツァ専門店には、スモークチーズのピザがあります。忘れられないおいしさです。

マレーシアごはんにスモークしたものっていえば、チャーシューかな。あとは飴色に炙った北京ダックもよし。炭の香りがついたサテーもよし。あぁ~、食べたい、食べたい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
親戚に誘われ、講演会に。かっこちゃんこと、山元加津子さんの、宮ぷープロジェクトの話を初めて聞きました。


話を聞いて思ったのは、すべてのことが、コミュニケーションから始まる、ということ。成長するのも、次に進むのも、成功するのも、何もかも。人が伝えて、人が伝えられて、そこから出発するのだと。


植物人間の人も、伝える手段がない(今までとは違う、という意味)だけで、すべてわかっているそうです。まぶたや指の微妙な動きを合図にして、コミュニケーションができる。左脳がダメになった人は、文字ではなく絵でコミュニケーションができるんですって。

大切なことは、話すこと。当たり前のことだけど、改めてハッとしました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、鰹のたたきをスーパーで見かけると、いっつもこのアジア風刺身サラダで食べています。ベトナム料理研究家、伊藤忍先生のオリジナルレシピで、これはいいですよ~。香味野菜たっぷり、胡麻油のまろやかな香り、しょうがとにんにくで鰹の臭みが消えるので、白ワインにも合います。

香味野菜はなんでもいれてしまいます。パクチー、かいわれ大根、大葉、しょうが、みょうが、万能ねぎ。絶対に欠かせないのは、みょうが、しょうが、くらいかな。今回はパクチーのかわりに三つ葉をいれました。あ、今回は鰹のたたきではなく、鰹のさしみでした。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

後ろに見えているのは、茹でレタスの揚げ玉ねぎ絡めと、ワサビマヨを練り込んだ揚げをフライパンで焼いたもの。

調味料は、おろしにんにく、胡麻油、ナンプラー、ライム(レモン)の搾り汁、砂糖を少々。もひとつ忘れてはいけないのは、ピーナッツです!炒り胡麻もさることながら、ピーナッツが重要。刺身とピーナッツが、めっちゃ合うんですよ。砕いたピーナッツを使うのは、ベトナム料理ならでは、ね。

残念だったのは、作りおきしてたので水が出てしまった。食べる直前に合わせるのがいいのね。
安いです、初かつお。ひとさくで300円!(500円の200円引きでした)。おいしゅうございました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ちょっとごぶさたしていました!

今日はイベントのお知らせをいたします。

じゃじゃん!

●マレーシア・クール・ナイトにて、マレーシアの国民食★ナシレマ★が登場!

白玉ユニットのイベント「~初夏を楽しもう~」にて、マレーシア・クール・ナイトを開催します。ココナツミルクで炊いたご飯に、マレーシア版・食べるらー油であるサンバルソースをからめて食べるナシレマ。この魅惑のプレートにデザートも付けて。マレーシア人シェフと、もとマレーシア在住日本人のゆるいトークライブとともにお楽しみください。

ナシレマにイメージ写真はこちら。当日は、南国の風情ただようバナナリーフに包まれて提供されるかも…!

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき



【日程】 5月27日(金) 18:30開場  19:00イベントスタート
【会場】 ギャラリー日月   南北線本駒込駅より徒歩5分
      東京都文京区本駒込1-25-5
【参加人数】 限定30名 (要予約)
【参加費】 2,000円 (食事代含む。うち200円は寄付) ※アルコール別
【イベント内容】
・サンバルソース添えナシレマプレートと、もちもちデザートを提供。
・激辛好きの貴方に。ナシレマ・ルーレット!
 ナシレマに添えたチリソース。通常はちょい辛だけど、1皿だけ口から火をふく激辛があります!
 晴れて当たった方にはプレゼントを贈呈。
・マレーシアごはんのゆるトークライブ。
 マレーシア人シェフと、もとマレーシア在住日本人が、マレーシアのビックリ仰天食文化を紹介。
【出演者】
・マレーシア料理店「マレーカンポン」のシェフ、シンさん
・クアラルンプール在住4年のフードライター、音(もとパノーラ編集担当) ←わたしです。

【申し込みはこちら】oto@malaysiafoodnet.com
【公式ウェブサイトでも申し込み可能です】http://shiratama.oops.jp/shiratamaweek

マレーシアのほんわか空気を吸いにきてください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。