アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

2005年から2009年までの4年間、常夏のマレーシアで暮らしていました。2年過ぎた今でも、日本食は「ハレ」の料理でちょっぴりよそよそしく、アジア飯のほうが「ケ=日常」のご飯で、ホッとします。私にとっての食とは、味わいながら、みんなとつながることです。


テーマ:
あらためまして、
●マレーシアごはん
ウェブサイトを立ち上げました。

http://www.malaysiafoodnet.com

不思議なもので、日本に帰国してから、マレーシアごはんのおいしさに気づきました。マレーシアに住んでいたときは、当たり前の普段の食事で、安くて手軽で、みんなとワイワイ食べていたもの、ただそれだけで。バリエーション豊かな料理をひとつずつ食べてみるのに精一杯でした。

マレーシアのごはんのおいしさは、作った人の顔が見えることです。
屋台のおじちゃんが目の前で麺をゆでる。鉄板でパンを焼く。そして、彼らの手で食事が運ばれてくる。

帰国して1年半が過ぎ、マレーシアごはんをじぶんで作ってみたり、料理教室で習ったり、マレーシアレストランで食べてみたり。そうしして、もう一度マレーシアごはんのおいしい理由を考えています。それは、マレーシアに住んでいたときのじぶんを探しているような、わたしはたしかにマレーシアに住んでいた、という証を探しているような、そんな作業です。

じぶんが食べた料理を考えるといろんなことが思い出されます。どういうシチュエーションでその料理を食べたのか、そしてどう思ったのか。そのとき笑ったのか、泣いたのか、おいしかったのか、まずかったのか。料理を思えば、そのときじぶんが生きていたことをリアルに実感できる。

料理ってそういうことなんですね。
食べてものを考えれば、じぶんが分かるんですね。

「マレーシアごはん」ウェブはそんな気持ちをこめて、つづっています。

これからもマレーシアごはんを追いかけます。なぜなら、わたしが生きてきた証だから。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
マレーシアのお菓子、オンデオンデ。ココナツをまぶした黒砂糖入り白玉団子。パンダンの葉っぱで緑の色を甘い香りをつけて。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


ビーフレンダンとナシレマ。多種のスパイスで一晩つけこんだビーフをココナツミルクで煮たものと、ココナツミルクで炊いたごはん。ビーフレンダンの複雑な味の広がりは、すばらしい。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


すべての料理にココナツミルクが使われている。
これがマレーシアの料理です。

すべておいしいくできて、感動。それに一緒に作ってくれた友人が器用で、オンデオンデの包み方のうまいこと。けっこう白ワインに合うなぁ!



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いただいたラクサペースト(マレーシア産、ニョニャラクサペースト)で、ラクサに挑戦。

レシピどおりにペースト、水、ココナッツミルクを溶いてスープにしてみる。う~ん……わるくはないけど、味のポイントがない。

ということで、塩、砂糖、レモングラス(香り付けで一緒に煮るだけ)、アッサム汁(酸っぱいタマリンドをお湯で戻した汁)を入れて、ひと煮たち。

あらあら!!これはけっこうイケます。
酸味のきいた海老ペーストのとろりんスープ。

うどんの麺にもよく合うし、フィッシュボールさながらのかまぼこ、しゃきしゃきキュウリ、ゆで卵と、どれもなくてはならない具です。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


揚げ玉ねぎは余計だった気もするけど、大成功。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
さる2月18日(金)、表参道駅近くの「ケアコミュニティ・原宿の丘」にて、マレーシア料理教室が開催されました。

イベントの主催者は、NPO法人「シブヤ大学」と「青山キラー通り商店会」。あるイベントで知り合ったシブヤ大学事務局のYさん。じつはご両親が、セカンドホームプラン(※マレーシア政府推奨のマレーシア滞在プログラム)にて、現在クアラルンプールに在住。「マレーシア料理って、日本ではあまり知られていないけど、かなり、おいしいですよね~!」と盛り上がり、このおはなしを頂いたのです。

先生は、八丁堀にあるマレーシア料理レストラン「マレーカンポン」の店長ロイさん。中国系マレーシア人、美肌、イポー出身、日本在住歴15年、優しいイケメン、得意料理は客家出身の母さんの味。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


生徒さんは、応募者総数70人から選ばれた30人。みなさんマレーシア料理に興味しんしんで「生のレモングラス、切らずにいれるんですか?」「カレーに八角を入れるなんて」と、驚きや感嘆の声が飛び交う、にぎやかな時間でした。

作ったのは、マレーシアのチキンカレー、スパイシーから揚げ、茹でレタスの3品。

材料はこちら。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


材料のポイントは、マレーシア産アダビ(ADABI)社のカレー粉。これがなくては、マレーシアのカレーになりません。

また、たっぷりの油で、玉ねぎ、にんにくをキツネ色になるまで炒めるのがコツですが、これ、けっこう時間がかかりました。たえずかき混ぜていないと焦げてしまうので、ちょっぴり根気のいる作業です。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


そうして、みんなの作業を積み重ねて完成したのが、こちら。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


わ~い、マレーシアの味だ!!!
鶏の唐揚げは、カレー味のつけダレのまま素揚げ。黒っぽく見えますが、これは焦げているのではなく中国醤油の色。とってもジューシーに仕上がっていました。

キラー通り商店会の方がワインを用意してくれていたので、みんなで乾杯!

「マレーシア料理、おいしい!」という声が聞こえたときには、胸がじ~ん。マレーシアでの知り合いもブログを見て駆け付けてくれて、ふたりでうるうる。ロイ先生のやわらかな人柄もあり、マレーシアという国の“空気”も感じてもらえたのでは、と思っています。

ごはんを一緒に食べるのは
いいもんですね。

ごはんを一緒につくって食べるのは
もっといいもんですね。

●料理教室の関係者
シブヤ大学:http://www.shibuya-univ.net/class/detail.php?id=619
青山キラー通り商店会:http://ameblo.jp/gaiennishi/
マレーカンポン:http://malaykampung.web.fc2.com/
マレーシアごはん:http://www.malaysiafoodnet.com
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
春節にかこつけて、2週連続で横浜中華街めぐり。
山椒とトウガラシがぐわーっと襲ってくる京華樓にいってきた。

いやぁ~、辛かった!
四川料理の辛さって、マレーシアの辛さとはまったく違う。

マレーシア料理の辛みは、ドライチリをフードプロセッサーでペーストにしたもので、口に入れた瞬間は「お?イケる?」と思うのだけど、あとから「きたー!!」という、昔のアイリスの織田さんな感じ。

それに比べて四川料理は、口に入れた瞬間からひりひりっ。白いご飯がないと食べられない。
でも食べ終わってみると、あれ?あの辛さどこにいった?ってくらい、口の中、いや体の中まですっきり。辛さでデトックスできたようなすがすがしさがある。

あの感じいいなぁ。やみつきになる。

蒸し鶏の山椒ソースかけ。緑なのは山椒の葉っぱかな?塩気のあるさっぱり味で、やわらか鶏肉がなかなか。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


これぞ人気の麻婆豆腐。この辛さには、サンラータンが合うそうで、一緒に食べれば辛さがやわらぐらしい。(今度はそうしよう)
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


そしてこちら。
やってしまった。

四川ピリ辛のスペアリブ。激辛です。ビニールの手袋がついてきたのは、手が汚れるのを気にせずに、食べてください、というお店の心遣い。さすがニッポン。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


上にのった具だくさんソースが辛いかと思いきや、いいえ、しっかり漬け込まれた豚肉がすでにめちゃ辛い。

麻婆豆腐&スペアリブは、辛いの相乗効果で無謀でござったよ。あまりの辛さに、スペアリブは2口しか食べられず、迷わず持ち帰り。

そうして夕ごはんにて「麻婆豆腐と一緒に食べたから辛かったんよー」と言いながら、食べてみましたが、いいえ、これまた大きなミステイク。スペアリブだけでもじゅうぶんに辛い、辛い、辛い!

あんまり辛くて、笑ってしまった。異常なハイテンションになって、楽しい夕ごはんだった。

ということで、
また食べたい。

ちなみに、ナイジェリアによく出張にいく夫は、向こうで中華料理をよく食べるらしい。ナイジェリアの中華は、ほとんど四川なんだって。マレーシアは広東だったもんね。ナイジェリア人、辛いのが好きだから、らしい。

四川料理、惹かれるなぁ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
朝の散歩途中で、ワンコの先輩ごんたくんのママさんより、ワンコクッキーをいただいた。なんてかわいいの!!食べるのがもったいない。手づくりですぞ、手づくり。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


クッキーをいただいて思い出した。
そうだ、本日はバレンタインなり。

マレーシアに住んでいたとき、日本の季節が懐かしくて、愛おしくて、うらやましくて。季節に合わせたイベントをし、季節に合わせた食事をする。その美しい自然との共存に、日本の素晴らしさを感じたものだった。

そして四季こそが、日本の神さまだ、と思った。

今でもその思いは変わっていない。

でも、だ。
四季があるってことは、慌ただしい毎日の理由でもあるわけで。季節を楽しむというより、季節に追われて生きている、と感じることもたびたび。日本人は忙しい国民性というけど、50%くらい、30度以上、寒暖差のある季節のせいだと思う。

さすが、神さま。
季節はパワフルであって、有無を言わせない絶対権力で、ものすごい影響力って、わけですな。

マレーシアをはじめ常夏の国がのんびりしているのは、季節の変わり方が激しくないからだ。1年中、裸で部屋の中を走れる気温だもの。冬支度がないってことは、それだけ時間が空く、ということだ。

はやいもので、もう2月も半ば。
お正月をクリアし、お誕生日をクリアし(たまたま冬生まれ)、中国正月をクリアしたら、バレンタイン。

冬の食べものもせっせとクリアしてますぞ。駒形のどじょう、昨夜はいせ源にて、あんこう鍋を食べてきた。

そして今日は、ずっと気になっていたお団子にて、ハッピーバレンタイン。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


ラブな夜でありますように。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
イーサン!イーサン!イーサン!

マレーシアの中国正月でかならず食べる“イーサン”という料理。漢字では“魚生”と書き、刺身(サーモンや鯛)を中心に、数種の野菜、パリパリに揚げた餃子の皮などを甘酸っぱいソースで食べるもの。中国正月の時期だけ、中国系のレストランやスーパーに登場する祝いの皿。聞くところによると、これはマレーシアとシンガポール特有の文化だそうで、中国では行われていないらしい。

イーサンにこめられた意味は、生モノということから、出発。
そしてイーサンは、食べる前に、みんなでワイワイ混ぜる、というしきたりがある。

マレーシアのイーサン
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


こんな感じで混ぜ混ぜ。なるべく高く上げることが福を呼び込む秘訣。混ぜながら、願い事をそれぞれ叫ぶのだ。「お金ほしー!」「彼氏ほしー!」「健康ー!」「会社つぶれないでー!」
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


そして今年、2011年の中国正月。なんと日本でもイーサンが食べられたのだ!!うれし~い。
八丁堀のマレーカンポンで、すべて手作されたイーサンが期間限定でメニュー化されたのだ。

衝撃度100。
なぜならこのイーサン、マレーシアのものよりも豪華、そして、ものすごくおいしかった!
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


上にかかっている茶色の粉は五香粉やペッパーなどの数種のスパイス。食感のいいアーモンド。極細の野菜は、人参、大根、そして赤色は山芋を揚げたもの。これをタマリンド風味の甘酸っぱいソースであえて食べる。たとえるなら、野菜たっぷりの鮮魚のカルパッチョのような感じ。

さすがわが日本。主役となるサーモンが肉厚で、まいう~。
それにすべて手作りというフレッシュ感もおいしいのなんのって。

日本でももちろん混ぜ混ぜ
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


混ぜたあとは、この散らかりよう。これはイーサンを食べる際には、ごく当たり前の光景であります。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


マレーカンポンのロイさん、シンさんのおかげで、懐かしい料理が食べられた。あの頃印象深かった料理を食べると、マレーシアで暮らしていたときの自分に会えるような気がする。あのとき、あの場所で、たしかに笑っていた自分がいたことを心が感じる。それは、今の自分を応援してくれるような、そんなパワーがある。

心に残っているご飯を食べるのって、ほんと楽しい。

マレーカンポン:
http://malaykampung.web.fc2.com/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
銀座にあるマレーシア料理の店「ラサ・マレーシア」にて、中国正月のお祝いパーティに参加させてもらった。店内は、中国正月の飾りで埋め尽くされ、ここはまるで中国!

縁起ものの文字や飾り。すべて「赤色」が基本。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


マレーシアレストランで、なぜ中国正月?と思う方もいらっしゃるはず。マレーシアという国は、いろいろな民族が混在して住んでいる多民族国家で、イスラム系マレー系に続き、二番目に多い人口が中国系の人々なのだ。

民族によってお正月は異なり、マレー系の人たちは断食明けのハリラヤがお正月、インド系の人たちは光と闇の祭典といわれるディパバリがお正月、そして中国系の人たちは春節とよばれる中国正月。これら3つのお正月の元旦はすべて、マレーシアでは国民の祝日になっている。ちなみに、クリスチャンの人にも考慮して、クリスマスの12月25日も祝日。

中国正月の過ごし方は日本と似ていて、田舎に帰り、家族で過ごす。家族で食卓を囲み、先祖の仏壇に手を合わせ、親戚や友人を呼んで宴を催す。そうして、1年の幸を願うのだ。

この文化にちなんで、「ラサマレーシア」でも、チキンカレー、海老のチリソース炒め、チキンサテー、ミーゴレンなどがふるまわれた。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


香ばしく焼かれたサテーは肉厚で食べ応えがある。ココナッツミルクで練った甘いピーナッツソースをつけて、甘辛の味を楽しむ。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


わたしもマレーシアにならって、日本のお正月と中国正月の2回、思いっきり祝うことにする。
なんだかとっても得した気分。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Happy Happy Chinese New Year!! 恭喜発財(ゴン・シー・ファーサイ!直訳すると、お金がたくさん儲かりますように、となる)。今日は春節。ということは、本日は新月でござる。

マレーシアでも中国系の人たちは、みな実家に里帰り。
家族や親せきが集まって、ワイワイと酒を酌み交わしていることだろう。

心をこめて、お正月おめでとう~!
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


ワンコの左に写っているコップは、マレーシアでゲットしたもの。この時期、ビールなどのお酒が安く売られていて、カールスバーグを箱買いしたら付いてきた。

コップをよく見ると、デザインに描かれているのは、隣に置いてあるみかん。

そうなんです。
マレーシアの中国正月の象徴は、みかん。(中国もそうなのかな?)
みかんを食べて、食べて、食べまくる。なんでも、みかんの発音とお金の発音が似ていて、縁起のいい食べものだからだとか。中国正月が近づいてくると、お歳暮のように、みかんを箱で送り合うのだ。

その箱を開けてみると、日本でも箱買いしたみかんが最後の方は腐ってしまうように、たいてい、いくつかのみかんはマズイことになっている。暑いマレーシアの国だもんね、仕方ないよね。それも含めて、中国正月、万歳なのだ。

さてスーパーには、こんなむきむき、みかんもある。ご苦労なことに、すでにみかんの皮が剥いてある。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

6個入りで1.5リンギ、約30円。

聞いた話しによると、中国系の人が1月1日を新年とせず、旧暦の新年にこだわり続けているのは、占い、運気、風水などの関係から、らしい。

そうであれば、日本でもみかんをいっぱい食べて、中国正月気分を満喫して、運気を呼び寄せよう。そうしよう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日ちょっと紹介した韓国料理教室について、詳しくレポ。

参加したのは、青山のキラー通り商店街が主催している料理教室。青山キラー通りとは、青山3丁目の交差点から神宮前3丁目の交差点を結ぶ大通りのこと。その界隈の活性化のために、いろんなイベントを催していて、料理教室はそのひとつ。

先生は、普段はIT企業の社長さんであるハンさん。「お料理は、あんまり得意じゃないのよぉ~」と言いながら、ちゃちゃちゃっと手早くキムチやトッポギを作っていく姿は、さすが韓国人!

こういうのっていいなぁ~。箸を使わずに手で混ぜたり、スプーンをいくつもの調味料で使いまわしたり。まるで、ハンさんの普段の食卓を覗いてるみたいで楽しい。

料理教室の先生ではないので、ハンさんの料理は文字通り目分量。味身をして「よし、おいしい!」「あら、ニンニク多かったかしら」。それでオーケー。
その姿は韓国の母ちゃんそのもので、料理ができ上がっていく過程も、できあがった味も、丸ごと韓国だった。

出汁はまとめて、ひとつの鍋でことこと。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき
紙パックの中身は、昆布、干しエビ、煮干し。韓国で売っている便利グッズ。

これは胡瓜キムチ。唐辛子で真っ赤です。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき
すぐに食べる場合は、発酵しないので、酢をほんのちょっぴり加えるのがポイント。

先日も公開したトッポギ。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき
出汁にコチュジャンを惜しみなくどかん!と入れて、溶かしてことことと煮る。調味料を加えて味を整えたら、最後にトッポギ。ゆで卵が、めっちゃうまい。

ハンさん自慢のタレ。じゃが芋チヂミにつけて食べた。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき
まいうぅ~~。豆腐のタレとして食べてもおいしい。ポイントはたっぷりの葱。あとは醤油ベースにニンニク、胡麻油、砂糖、唐辛子などが入っている。

できあがりはこちら~。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


韓国料理は、とにかく唐辛子の粉をたっぷりたっぷり、そして生ニンニクのすりおろしをたっぷり、ということが分かった。だから韓国料理の見た目は真っ赤。

ちなみに、マレーシア料理の辛さは、チリバディという緑の小さな唐辛子か、ドライにした赤唐辛子の辛さ。あとにじわじわくる感じかな。韓国のほうが、目に入ったら痛そう……という感じ。(あくまでもイメージですが)。

この教室に参加してみて、あらためて、料理って、食っていいな、って思った。
ごはんを作って、ごはんを食べることで、全然知らなかった人と一瞬でつながるんだもの。
韓国には「キムチ休暇がある」っていう話題で盛り上がれるんだもん。

食ってやっぱりいなぁ。
こういう「食がおいしいと感じる場」を提供していくって、素晴らしいなぁ。

さてさて、このいべんと、なんと来月の料理教室は、じゃじゃーん、マレーシア料理です。
中国系マレーシア人の先生が、マレーシアのカレーを教えてくれるのだ。

詳細はこちらまで。
http://www.kilakila.info/pdf/Cooking110218.pdf
ご興味のある方は、お早めにキラー通りさんまでご連絡あれ~。

楽しみでござる。
マレーシアのカレー、おいしいよ!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。