アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

2005年から2009年までの4年間、常夏のマレーシアで暮らしていました。2年過ぎた今でも、日本食は「ハレ」の料理でちょっぴりよそよそしく、アジア飯のほうが「ケ=日常」のご飯で、ホッとします。私にとっての食とは、味わいながら、みんなとつながることです。


テーマ:
参加したなり、韓国料理教室。トッポギ、じゃがいもチヂミ、胡瓜キムチ、鍋を作った。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


いやぁ~韓国人の先生の、手際がいいこと!もみもみしたり、ササッと炒めたり。そして粉唐辛子を大量に投入。お皿の中身はみんな真っ赤でございます。

トッポギを煮込んでるとこ。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


ニンニクたっぷり、体の中から熱くなって、元気がでたど~~

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
先日、日本のマレーシア料理店で、マレーシアの朝ごはんの定番であるナシレマを食べた。

ナシレマとは、ナシ=ごはん、レマ=脂肪(ココナッツミルクを指す)のこと。つまりはココナッツミルクで炊いたご飯である。

ココナッツミルクでご飯を炊くって何??と思うだろうが、食べてみると、あらびっくり。ほぉそう来たか、と馴染みのある味なのだ。たとえるなら、ほんのりの感じる甘みは、炊きごみご飯のミリンのようだし、激辛のサンバルソースを絡めて食べるのだけど、これは食べるらー油にそっくり。

じゃじゃん。こちらが、日本のマレーシア料理店で出されているナシレマ850円
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


サクサクの鶏唐、半熟のゆで卵、そしてサンバルソースはイカンビリス(煮干し)入りと大変手がこんだもの。シェフはマレーシア人なので、味はもちろん本場と同じ。ただ、屋台ナシレマよりも、レストランナシレマのような上品さがある。

ちなみに、こちらが、マレーシア屋台のナシレマ。屋台と言えども高級版で、牛肉の煮込みを乗せたもの。ここのサンバルは辛いけど、味わい深くて、かなり美味。たっぷりの玉ねぎの旨みが効いているのだ。お値段は8リンギぐらい(約200円)。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


マレーシア屋台のチープナシレマは、イカンビリス(煮干し)とゆで卵、キュウリが定番の具で1リンギくらい。これが食べ慣れてくるとハマるのだ。時おりむしょーにナシレマが食べたくなる。今でもナシレマは恋しい。

この辛いご飯を朝からがっつり食べているマレーシア人。ということは、食べるらー油ご飯を朝ごはんにしている日本人は、マレーシアでも楽しめること間違いなし。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ここですね、やっぱり。クチコミで超人気店のミレイ。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


しぶい、入口はめっちゃしぶい。
でも店内はキュートなカフェスタイルで、店主の奥さまが手作りしたメニューが超かわいい。訪れている人は20代の若者が多かった。あ、いや、8時ぐらいを過ぎたら、ビジネスマンの男性がふたり、とかも来てたなぁ。客層は幅広いようだ。

どのお皿も、ほんとに、おいしかった。
なかでも、もう一度食べたい!!と思っているのは、こちら。

海老のココナッツ蒸し
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


ふっくら蒸しただけの海老にレモン塩をつけて食べる。すごくジューシーで、「おいしいです」とお店の人に伝えたら「お刺身で食べられる海老なんですよ」と嬉しそうにおっしゃっていた。殻を剥いてぷりんと出てくる身の弾力があること、あること。

揚げ春巻きも、もちろんおいしい。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


パリパリの春巻きを香草にくるりんと巻いて、わしわし食べる。さっぱりの生野菜のなかに、じゅわっと具の広がりがあって、感動。

豚肉も、かなりおいしい。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


こんがり焼かれた厚切りの豚肉。ビールに合う!

さらに、これだけたっぷり野菜やハーブを使って量も結構あるのに、嬉しいほどリーズナブルな値段。これは有名になるなぁ。

ミレイという店名は、店主さんの奥さまのお母さんの名前。ミレイさんがお店を蒲田に開き、それからずっとここでベトナム料理を提供している。現在のシェフは、ベトナム人の女性が3人だとか。

手作りメニューや店主のあたたかい笑顔。料理のおいしさに加えて、心がほっこりする優しさがあります。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
どじょうは、体長10~15センチの淡水魚。おもに湿地や水田に住んでいる。小学校のとき、理科の先生が得意のどじょうすくいの芸で笑わせてくれたんだけど、あのどじょうすくいは、このどじょうをすくっているときの仕草だったんだね。

浅草の老舗、創業200年をほこる「駒形どぜう」。どじょう鍋は、炭火を熱源にした浅い鉄鍋。敷き詰めたどじょうの上に、葱を好きなだけ乗せ、焦げないよう割り下を足しつついただく。

どじょう鍋 お昼のセット(ごはんなど付き)で2600円
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


どじょうは丸ごとかぷりつく。昔食べたときは、どじょうの骨が口の中でガリガリして気になったけど、今回はちっとも気にならず。魚のサイズによって骨の硬さが違うのか?それとも味覚が大人になったからか?

どじょうは全然臭くなく、あっさりしていて、釣れたてのワカサギみたいだった。どじょうもさることながら、濃い醤油タレで煮込んだ輪切りの葱が最高においしかった。くったりと甘辛い葱は、極上の酒のつまみであり、ご飯のお供としてもイケる。葱は食べ放題なので、割り下を足して葱を足せば、永遠に終わらない鍋となる。

1階は、高さ5センチほどの木製テーブが敷かれた入れ込み座敷。ほとんど床の上に食事を置いて食べている感じで、隣の人との間は50センチも離れていない。これがまた、江戸時代にタイムスリップしたような風情があるのだ。足をのばせないのは現代人には辛いけれど、どじょう鍋のおいしさは、この空間で味わうからこそで、伝え続けてきた技も、重ねてきた歴史も、すべてが調和した素晴らしいおいしだった。

それにしても、
お正月だからでしょうか、両隣も、後ろも、前も、みんな昼間からよくお酒を飲んでいた。日本酒を4合あけて、焼酎をボトルで頼んで。江戸っ子と酒、酒と祝いの宴は縁の深いものなのだ、と実感したしだい。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
あけましておめでとうございます。今年も皆さま、どうぞよろしくお願いします。

今年のおせちは、がんばった。鰹から出汁を取ったお煮しめはバッチリ決まったし、カレー風味のナッツイリコもつまみにピッタリだったし、牛肉の八幡巻きもなかなかのもの。

$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


注目は、熊本の郷土料理“辛しレンコン”。初めて挑戦してみた。(下写真の左下部分。すでにカット済み)

作り方は、お味噌に粉カラシを混ぜ、あらかじめ茹でたレンコンの穴に詰める。その状態で、穴を縦にし、一晩置く。すると、浸透圧のせいなのか、水分がにょろにょろと穴から出てくるので、それを綺麗にふき取って、ウコンを混ぜた小麦粉の衣をつけて揚げる。丸ごと一個揚げるのが通常なのだけど、最初から輪切りにして、衣をつけて揚げてみたら、意外に簡単にできた!

味は、辛しがもうちょっと効いていてもいいかな、と思ったけど、酒のつまみにぴったり。味噌の辛みとレンコンの食感がいい感じ。

……が、しかし……。

実はわたし、大晦日の晩に飲みすぎ、夜中に体調を崩し、元旦は、まったく食事が食べられず、お茶ばかり飲んで、寝ておりました。2日はなんとか回復したものの、おせちをおいしく味わうにはほど遠く、ちっともおいしさが分かりませんでござんした。

悲しい……。

年末に食べすぎたみたいね。胃も大掃除をしたかったんだろうね。

今年も、マレーシアごはん、アジアごはん、じぶんのルーツご飯を追いかけていくので、胃さん、よろしく楽しみますよ。あまり無理させないようにしますんで。

さて、おまけで家の近くで、こんな光景が。
$アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき


左に写っている家の中には、獅子舞がいるのだ!獅子舞が家のなかの厄を払ってる模様。獅子舞のあとに、ひょっとこのお面をかぶったおじさんも3人ほど踊りながら入っていった。個人の家に獅子舞が来るのは初めて見た。マレーシアの春節の光景を思い出して、じ~んとした。

そうだそうだ、次は、2月3日の春節を楽しみにしようっと。
そのときもお祝いするぞ~。イーサンするぞ~。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。