アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

2005年から2009年までの4年間、常夏のマレーシアで暮らしていました。2年過ぎた今でも、日本食は「ハレ」の料理でちょっぴりよそよそしく、アジア飯のほうが「ケ=日常」のご飯で、ホッとします。私にとっての食とは、味わいながら、みんなとつながることです。


テーマ:
飲茶の定番、大根もちを作ってみたよ。マレーシアでは、大根もちのことを英語で「キャロットケーキ」という。なんで人参?と思っていたのだけど、大根のことを「ホワイトキャッロット」と呼ぶことからきてるらしい。

参考にしたのは、
ベトナム料理研究家、伊藤忍先生の『やみつきアジアごはん』
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102891312/subno/1

作ってみて、めっちゃびっくりでした。いや~~、大変!!!

まるで団子を作るように、上新粉と白玉粉を使うのだけど、その前に大根を千切りにして茹でたり、茹で汁で粉をこねこねしたり、20分かけて蒸したり、包丁にタネがくっついて切るのが大変だったり。カリッとフライパンで焼くまでの工程がすんごく複雑なんです。こんな大変な料理なのに、マレーシアでひと皿200円で食べてたなんて、ありがたや~ありがたや~。

こんな感じに仕上がりました。
$アジアご飯&言葉、とくに、マレーシアご飯と手話


マレーシアの飲茶では、これに溶き卵ともやし、ニラを加えて、炒め物になっています。それも名前はキャロットケーキです。

お餅みたいな食感に、干しエビ、椎茸の味が広がって、なかなかおいしかった。手間はかかるけど、ときにはいいかもんです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
最近のうちのワンコ。雪やこんこん♪あられやこんこん♪犬は喜び庭、駆け回り♪って歌にあったけど、嘘やん…。ワンコ、寒がりっす。ホットカーペット命っす。でも、お散歩は別なのか、今日は外に出たとたん、めっちゃハイテンションでした。

散歩道で遊んでくれる同じ黒柴の兄さん、ごんたくんとの写真はこちら(うちのボレは小さい方です)。二匹とも、めっちゃかわゆす。

$愛しいアジアご飯&言葉、とくに、マレーシアご飯と手話


$愛しいアジアご飯&言葉、とくに、マレーシアご飯と手話


$愛しいアジアご飯&言葉、とくに、マレーシアご飯と手話


ごんたパパさんとママさんには、いつも可愛がって頂き、ありがたいかぎり。あとは兄さんの落ち着きを見習ってくれれば、なおよし。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
「おいしい」には、驚きが欠かせない、と思う。こんな味があったのか!とか、この食材をこう調理するんだ!とか、このスープの奥深さは何なんだ!とか、今までの常識を覆すのが、おいしい、ってことだと思ってる。

そういうわけで、この店。びっくり仰天、ベトナムのフォー。

$愛しいアジアご飯&言葉、とくに、マレーシアご飯と手話

牛肉のフォー680円

わたしのベトナムのフォーのイメージは、あっさり澄まし汁タイプで、色もクリアだったのだけど、ここのは違う。鶏の出汁がしっかり出ていて、色も透けてない。濃くのあるスープがスベスベのフォーに絡まって、なんともいい感じなのだ。欲をいえば、もっとパクチー!なのだけど、あえてパクチーを少しにしたことで、このスープをしみじみ味わえたのかもしれない。

チキンライスもすごかった。

$愛しいアジアご飯&言葉、とくに、マレーシアご飯と手話

チキンライス680円

鶏肉はやわらかいのだけど、噛むごとにちゃんと鶏肉の味がする。これ、かなり重要。やわらかくても肉の味がしなけりゃ意味なし、なんです。ご飯は鶏のエキスをまとってジューシー。マレーシアには無いピーナッツがのっているのが、ベトナミーズなのね。

ちなみに、マレーシアのチキンライスのチキンはこんな感じ。

$愛しいアジアご飯&言葉、とくに、マレーシアご飯と手話

チキンライス(スチームではなくロースト)130円。

よく見たら、パクチーが盛り盛りだ!チキンそのももにソースがかかっているのが、マレーシアならではなんだね。

おいしい驚き、最高!おいしくて、わくわくできるの最高!
チョップスティック@高円寺
http://namamen.com/
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近分かった私のレストランの好み。
1.オープンキッチンの店が好き。
2.カウンター席が居心地のよく、広めだといい。
3.食事をしながら、シェフに料理への思いを聞くのがいい。
その3つに、料理のおいしさがあれば、また行きたい!って必ず思う。

そのことを気付かせてくれたお店がここ。学芸大学前駅から歩いて7分のシュウマイバー。

最初に、茹でた砂肝の胡麻油さっぱり和えとルッコラのサラダが出て…

$体と心をつなぐアジアご飯to、とくに、マレーシアご飯


$体と心をつなぐアジアご飯to、とくに、マレーシアご飯


次に、2段重ねの蒸籠がどん!

$体と心をつなぐアジアご飯to、とくに、マレーシアご飯


じゃじゃーん。豚の角煮に煮卵に、色々シュウマイが5種。台湾で修業したシェフが、脂身の少ない豚の部位を使い、肉質ぎゅっ!のシュウマイを提供してくれます。

$体と心をつなぐアジアご飯to、とくに、マレーシアご飯


このご飯セットは1,500円。

この店、メインはカウンター席。とっても小さなお店で、ワインバーのようなお洒落な空間。厨房からは、シュウマイをふかしている白い湯気がふわふわ。そのせいなのか、店内もなんだか温かい。

厨房で働くシェフを見ながら、シュウマイをほおばる。ときおり、これおいしいですね!と話しかけたりする。お客さんは、おひとりさまがいたり、カップルがいたり、シェフの元々の知り合いがいたり。まるで、シェフのおうちにお邪魔しているみたい。食を通じて、隣の人とつながっている感覚がじわじわ湧いてくる。

私が求めている食事は、こういう空間です。

pisero シュウマイBAR @学芸大学前


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。