アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

2005年から2009年までの4年間、常夏のマレーシアで暮らしていました。2年過ぎた今でも、日本食は「ハレ」の料理でちょっぴりよそよそしく、アジア飯のほうが「ケ=日常」のご飯で、ホッとします。私にとっての食とは、味わいながら、みんなとつながることです。


テーマ:
神楽坂のおいしい店「神楽坂パラドール」。
どの席に座ってもキッチンが見渡せて、キッチンでの調理の音が聞こえて、いい匂いが漂っている。
「おいしいそうな匂い。これ、何を料理しているんですか?」とオーナーの岡本さんに聞く。「フォアグラをソテーしてるんです」。たまら~ん、フォアグラ、私たちも!

こういうお店が好きだ。まるで、おばあちゃんが料理をしている姿を台所でわくわく眺めているような感じ。テレビを見ながらも、台所から漂ってくるおいしそーな匂いに鼻がひくひくしている感じ。

そして「これ、本日のおすすめです」と仕入れによって、料理が変わるのもいい。まるで、「茄子が安かったから、今日は茄子の味噌炒めね」とおばあちゃんが言う感じ。

今日行って食べたおいしいものが、明日行って無いのがいい。
いつも、その日で違うのがいい。この前おいしくても、あれ?今日はこっちのほうが美味しくない?そんな感じの店がいい。

パラドールさん、いい店です。

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
白身魚のカルパッチョ。ディルソースにて


体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
フォアグラソテーのサラダ。葉っぱのサラダに濃厚なフォアグラがぴったり合っている。大げさでなく衝撃のうまさ


体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
トマトのボロネーゼ。しっかりと輪郭が際立った味。いい仕事してます、って分かります

パラドール@神楽坂 毘沙門天近く

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ようやく、ようやく、皆さまにお知らせできます!
4人のアジア体験記をまとめたHPを開設しました。

◆アジアで体あたり◆
http://www.geocities.jp/freehandshp/

【内容】
インド、マレーシア、インドネシアを中心にしたアジア体験記。登場人物は4人。手話で会話するらー&たー、ドリアン好きの音、三線弾きのサキ。個性豊かな4人が、食と文化に体あたりして、見たもの、味わったこと。


アジアをテーマに、友人の体験談も一緒に掲載しています。長年やっていた手話の世界も一緒に表現してみたんです。らー&たーさんの“ナマの手話の会話ビデオ”は必見!随時アップ予定ですが、ガンジス川を背景に手話で語る姿は、神々しい、ほんと。。

マレーシアの体験記は、わたしの4年の滞在のなかで、心にびびっと来たものを書いています。旅行ガイドには絶対紹介されない(知ってても役に立たない 笑)、小さくて、ほっとできて、ほろり、とくるものを集めました。

さきさんのレンバタ島は、12年前、デジカメでなく、フィルムで撮影した写真をスキャンして紹介。これが、いい味なんです。島の様子とカメラの色合いがマッチングで、行ったことが無いのに懐かしい。

構想から半年もかかってしまった力作(のはず)。お時間のあるときにでも、のぞいてみて頂けると大変、大変、嬉しいです。

アジアで体あたり

トップページはこんな感じです。
体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき




AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
チーズが大好きで、「前世がイタリア人」と聞いたときは、やはり!と思ったけど、先日、フランスのチーズを食べたらこれまた超うまで。単に、塩けのあるものに酒を合わせるのが好き、というのが判明したわたくしです。

さて、先日、フードアナリストのセミナー『フランスチーズとワインのマリアージュ』に参加してきた。勉強のなかで、大量のチーズを食べ、ワインをおかわりし、ワインとチーズとクラッカーのお土産付き!という、かなりおいしい内容。セミナーが終わったときは、勉強会というよりも、ただの飲み会のような状態になってた。

フランスのチーズの特徴は、白カビやウォッシュが多いこと。また600種ものチーズがあって、とにかく多種多様。年間生産量は150万トンで、400万トンのアメリカについで第二位。個人のチーズ消費量は平均24キロで、日本の2キロに比べて、なんと12倍。(つまり、日本人がスライスチーズを毎日1枚食べていると仮定すると、フランス人は12枚食べているわけやね)

フランス人の食べ方としては、お食事をしたあとにチーズとワイン。これは日本人で言うところの「漬物と日本茶」と、うまく表現されていた。なるほど、分かりやすいではないか!

いただいたのはこのチーズ。

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
ジェラールセレクションのウォッシュ(ウォッシュタイプ)、ブレスブルー(青カビと白カビの二重タイプ)、カマンベール(白カビ)の3種に、スペイン産ボファード(手前)。

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
中はこんな感じ。
この量をふたりで分けましたよ~~。贅沢!

わたしのおすすめは、ジェラールセレクションのブレスブルーで、スーパーでも700円ほどで売っている。外側に白カビと、中に青カビ、とチーズダブル構成になっていて、青カビのチーズより食べやすく、白カビよりもパンチがある。

ワインはこちらオーストラリア産のジェイコブスグリーク。
体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき

ジェイコブスグリークのシャンパンと赤ワインは、お手頃価格(スーパーで1500円くらい)で飲みやすく、これまたいい。個人的にオーストラリアのワインはよく飲むのだけど、果実味が強くて、チーズによく合った。

セミナーのなかでのマリアージュのご提案としては、こんな感じ。(最後には好きなようにお飲み、と言っていらっしゃいましたが、いちおうご提案として)

○白カビチーズにはスパークリングワイン。
イチヂクやレーズンを合わせると、赤ワインの果実味にもマッチ。
生ハム、洋ナシ、リンゴももちろん合う。

○青カビチーズには甘口の赤ワイン。
砕いたナッツやブラックベリーをつけるとよりいい。

○ウォッシュタイプのチーズには海苔を巻いてスパークリングワインをどうぞ。
ペッパーやレーズンを合わせれば赤ワインにもぴったり。

ちなみに驚いたのは、オーストラリア人は、
クリームチーズに、スイートチリソースを合わせるそうです!!
(マレーシア人に紹介したい)

ワインの消費量としては、オーストラリア人はひとり年間平均が30リットル、フランス人は45リットル。日本人は2リットルだそう。

チーズもワイン。はまると、たまりませんの。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。