アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

2005年から2009年までの4年間、常夏のマレーシアで暮らしていました。2年過ぎた今でも、日本食は「ハレ」の料理でちょっぴりよそよそしく、アジア飯のほうが「ケ=日常」のご飯で、ホッとします。私にとっての食とは、味わいながら、みんなとつながることです。


テーマ:
いろいろありまーす、チキンライス。

まずはこれ、定番の蒸し鶏。3種のつけダレは、にんにく入り甘辛いチリソース、ネギとごま油とねぎの胡麻塩だれ、どろっとした甘醤油。これらをお好みで鶏肉につけてめしあがれ~。鶏ガラスープで炊いたご飯がピラフのように艶やかで、ジャスミンライスの香りがチキンライスそのものともいえます。

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
恵比寿の海南鶏飯。これでもボリュームがあるのに「チキン1.5倍の注文」もオーケー。実際、おとなりさんが注文していた


体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
中目黒の五星鶏飯。お洒落なお皿が、チキンライスをカフェスタイルに!


そしてこれ。もう一度食べた~い!きっと世界でいちばんおいしく、世界でいちばん高級なチキンライス。なんといってもご飯がおいしい。一粒一粒がたっていて、いうなれば日本の炊きたてご飯のようなふくよかさがある。現地のチキンライスを越えた逸品。

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
銀座のマイハンブルレストラン。鶏はたぶん別に蒸したものを後乗せ。このチキンもジューシーで濃いぃ!付け合わせに白髪ねぎやパクチーを


ラストはこれ。クレイポット(土鍋)のチキンライス。上記の蒸し鶏と違って、しっかり甘醤油で味付けされた鶏肉がごろごろと入っていて、一緒に炊かれている。マレーシアの屋台の定番で、たとえるならマレーシア版「鶏釜飯」。周りにはちゃんとお焦げができていて、なんとも香ばしい。マレーシアでは、気持ち味を薄めにして、しょっぱーい小魚をアクセントに。これがまたしょっぱい味大好きのわたしにはたまらん!

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
日本でこんなにうまい鶏釜めし(マレーシア版)に会えるとは。甘辛の鶏肉とちんげん菜の相性抜群!恵比寿、新東記


チキンライス、シンプルな料理だけど深いんです。マレーシアに遊びに来てくれたシェフのお兄ちゃんは「鶏の味がダイレクトに出る。新鮮さがいちばん」と言っていたくらい。マレーシアのチキンライスの専門屋台は、それこそどんどん消費されるので、新鮮そのもの。朝びき鶏なんて、超普通です。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ミシュランひとつ星レストランのレイカサイ。その昔、楊貴妃につかえていた武将レイさんは、一回の食事に何百もの料理がテーブルに並ぶ美食家として知られる楊貴妃の毒味役だった。その仕事のおかげか、その仕事のためか、食に精通したレイさん。彼のお家の料理を再現したのが、このレストランだ。

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
六本木ヒルズのけやき坂方面に

六本木の店内は、ワイワイにぎやかな中国レストランのイメージとは180度違い、個室中心のこじんまりとした小さな店内。いうなれば、レイさんの自宅に招かれたような感じだ。いただいたのは、1700円のランチ。通常は万単位のコース料理のみなので、かな~りお得なセット。

さーて食べるぞ~!
体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
見てびっくり、食べてびっくり!!

これが、中国料理なのでしょうか。マレーシアで食べていた広東料理や四川料理と比べると、まるで別物の繊細な味わい、そして上品な味つけ。中国料理というよりも日本の懐石料理のようで、ワイワイ話していたり、がぶがぶ酒を飲んでいたら、繊細な味を損なってしまう感じ。ゆったりと食に集中し、じっくりと味わうごとに、おいしさが染みだす料理で、家族全員で大皿をかこむ中国料理とは、まるで違う。

スタッフの方が丁寧に説明して下さるには、一頭でほんの数グラムしか取れない希少な部位をつかった豚の角煮スライスや、キュウリと鶏のゴマあえ、濃厚なスープなどが前菜に登場した(上記写真参照)。

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
このスープがおいしかった!まろやかな味わいに、とろんとした舌触り。濃厚なのに、後味がすっと溶けていく。風邪を引いたときに飲んだら、すぐに元気になれそう。

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
メインは、鱈を美しく花開かせ、10種類のスパイスをいれた醤油ソースにくぐらせたもの。これがまた甘辛醤油ソースが上品でふくよかな味わいで。アジア飯に慣れ親しんだ私なぞは、一瞬、チリを入れて、味にパンチがほしい!と思ってしまうのだけど、ゆったりと時間をかけて味わっていると、口の中で幾重にも味の広がりがある。わたしのなかの奥深~いとこにあった味覚がゆっくりと刺激されて、しみじみとおいしい。

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
最後はバラソースの長いも蒸し。ねちっとしたカルカン

37年生きていて、どれも初めていただく味ですばらしかった。中国料理を食べたい!と思ったときに思い浮かぶのではなく、「レイカサイ」の味を食べたい、と思い浮かべるような店だ。

○レイカサイ 六本木ヒルズ
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
怖がりボレ。昨日、一緒に外に出たら、ポメラニアンの兄貴(6歳なので)から話しかけられ、超びびって、ずるずると後退。ところが、20分くらい飼い主さんと話していたら、もぞもぞとしだし、今度は積極的に兄貴に寄っていくボレ。今度は兄貴のほうがたじたじ。あなたはビビりなのか、図太いのか。飼い主に似て、どっちもなのね、きっと。

でも、昨日は初めて、ワンコどうしでお鼻くんくんしているボレを見た。感動。

お家の中ではこんな感じ。
体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
先週の土曜日、ワンコのためにドッグトレーナーさんをおうちに招いた。

すごかった・・・。ワンコをしつけようと思ったら、本気で向き合って怒ったり誉めたりすることが大切なんだと改めてわかった。テレビ見ながら「ダメ!」といっても通じないし、ご飯を食べながら「いい子ねー」と誉めても、ワンコの心には響かない。

飼い主は肝っ玉かーちゃんみたいな感じがいいそうだ。そして、いつでも、強く、冷静に、優しくあること。一度決めたことは絶対に守る。たとえば「飼い主のほうがワンコより先にドアから出る」と決めていたら、間違ったときは最初からやりなおす。

あお・・・。気分で生きているわたしは、性格から変えんといかんかもしれん。。。

あと、ワンコの本脳を満たす遊びをするために、10メートルのリード(首輪につけるロープ)を買うように言われた。10メートル!!普通のお散歩リードが2メートル以下なので、5倍以上!めっちゃ、本格的!!お店に行ったら、たった2種類しか売っていなかったツワモノ。

新しい世界が次から次に広がっておりまする。

最近のボレさん
体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日ベトナムランチに行ってきた。失敗した・・・。いや、味ではなくて、私が注文したものだ。

それはセット。フォーというスープ麺と、豚そぼろの餡かけ丼がセットになっていた。このふたつ・・・・・・まったく合わなかった。これは明らかに別々に味わうものです。

ベトナム料理研究家の伊藤先生が言っていた言葉をしみじみ思いだす。ベトナム料理は、一皿で完成された味なのである。うどんと親子丼のセット感覚で、フォーのスープを味わいつつ丼をいただいたら、えらいことになる。どっちにもゴメン!って感じ。

セットというのは、実は曲者である。

どっちもおいしいのに、一緒に食べたら両方の味がぼやける。わたしは元来あれもこれも主義なので、ついついセットに惹かれるのだけど、たいていどっちか一品に絞ればよかった、と後悔する。

思いだすのは、マレーシアの和食店にて。お寿司とカキフライとどっちも食べたかったので、お寿司カキフライセットにしたら、こえがまたありえないくらい全く合わなかった。カキフライを食べて寿司を食べたら、口のなかで苦いような、魚くさいような、、、いうなれば、二品の味のマイナス部分を最大限引き出したような味になった。たとえるなら、口もとのキュートなほくろを、望遠鏡で一点集中で覗いたような感じ。それは全体の一部でしかないのにね。

味も人生も。セットは曲者です。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
すべすべの真っ白な豆腐に、牛骨ベースの深みのあるスープ。キムチのかーっとする辛さも好きだけど、このぐつぐつ真っ赤なスープはそれほどスパイシーではない。あきらかに野菜系ではなく、肉系のマイルドさが胃に沁み渡る。

値段のつけ方の妙技なのだけど、モヤシのナムル、キュウリのキムチ、韓国海苔の小鉢3品がおかわり自由で、キムチ、豚、牛とどの具を選んでもすべて1500円のスンドゥブ。意外とお得に思えて、豚のスンドゥブをチョイス。

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
上品な味つけ。こだわりの高級食材を使っているに違いない。思わず海苔をおかわり!


体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
奥をみよ!スンドゥブだけでなく、白いご飯もあっつあつの石釜でサーブされる。ご飯の粒が立っていて、うますぎ。そして、さらに、、、


体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
とうもろこしのお茶を入れて、おこげをガリっとこそぎ落として食べるのだ!お茶とおこげの香ばしさに、ふたつまみの塩が絶妙。これだけ食べても値段の価値あり!

ちょっと駅から離れているのにランチ時の店内は混雑。さすがうまいもん、みんな知ってますね。

しかしあれですね。
横の席では、若者に渇を入れる中年男性が熱く語っていたし、隣のご婦人は日頃のうっぷんをテンション高く話していたし、奥の座敷では団体さまが大盛り上がり。韓国料理を食べる人は血の気が多いような…?こう、ぐーっと、腹の底からエネルギーが湧いてくる感じするもんね。

○コチュ 自由が丘
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。