アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

2005年から2009年までの4年間、常夏のマレーシアで暮らしていました。2年過ぎた今でも、日本食は「ハレ」の料理でちょっぴりよそよそしく、アジア飯のほうが「ケ=日常」のご飯で、ホッとします。私にとっての食とは、味わいながら、みんなとつながることです。


テーマ:
ビーフレンダン。ビーフをスパイスでくたくたに煮込んだ料理だ。

…なんだけど、ここのビーフレンダン、本場よりもうますぎです!!とろっとろのやわらかビーフで、スプーンで簡単にさけるし、さながら高級肉のココナッツ煮込み。こりゃ、相当な高級な牛肉を使っていますな。
体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
肉肉肉~という感じのカレー風味煮込み

この牛肉料理もしかり、日本でアジア料理を食べていて、なんでこんなに高級な味がするんだろう…と不思議に思っていたら、理由が分かった!

それは、もちもちご飯にある。

このもちもちご飯が、おかずを高級な味に昇華させている。それは本場の味とはちょっと違うけど。

お店を出るときに「テリマカシー!(マレー語、インドネシア語でありがとう、という意味)」と言ってくれる、心なごむカフェ風のお店です。

○アユンテラス 渋谷


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ランチでアジア飯を食べているとホッとする。その理由は思わぬところにある。それは、スタッフのほとんどが海外の人だから!

日本人のスタッフよりも気を使わないし、丁寧すぎない適当なサービスがホッとするし、おまけに一生懸命な日本語に胸がじーんとなるのだ。この前のバリ料理では、久しぶりに“生”の「テリマカシー!」を聞いたもんね。マレー語でありがとう、という意味をもつテリマカシ。インドネシア語も同じなので、お店のスタッフが大声で「テリマカシー!」というのを聞いて、涙が出そうになった。また今日のベトナム料理では、気の優しさを前面に出した、ちょっとシャイなハノイ出身の男の子とトーク。彼は二回目の日本留学だそうで、いまは大学で勉強してるんだそうな。きっと母国で成功するために頑張ってるんだろうな~。がんばれ、がんばれ!

そしてここ、アジアとヨーロッパのどっちもの影響をうけたトルコ料理では、トルコ人(だと思う)のスタッフとシェフが「すみません」を連発していて、かわゆかった。料理を運んできたら「すみません」。ちょっと飲み物が遅れたら「すみません」。傘を外に出してくれるように頼むときも「すみません」。トルコ人なのに、ものすごく日本人っぽいではないか!!きっとシェフが知っている日本語は「すみません」だけだと思う。それでもコミュニケーションがとれている。

さてトルコピザなるものを頼んでみたら、でかっ!!生地は厚いけど、パイっぽくて、ふかふか、さくさくの焼きあがり。生地がテカっているのは、卵黄が塗ってあるからかな。多少チリのスパイシーさが舌を刺激するけど、辛すぎず、濃すぎず。ピザの具として卵がふんわり覆っているので、まろやかでやさしい味わい。サラダは、柑橘系のジュースとパプリカのパウダーでさっぱりあえたもので、隣のトルコ人(たぶん)は3杯お代りをしていた。

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
最初はさっぱりサラダ。すこしマリネしてあって食べやすい

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
卵とひき肉のピザ。これ以外にも種類があります

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
最後はトルコの紅茶。甘くて香りがふくよか

こんなに食べられない!と思ったほど巨大なピザなのに、食べ終わってみても胃が軽い。不思議だ。今度はご飯にケバブをどかーんとかけた、ぶっかけ飯を食べてみたい。もういちど行きたい店です。

○ヒラル 渋谷東急プラザ近く


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
めっちゃ怖いよ~この本。知っている作家さんの名前だと思って適当に借りたら、ホラー本やった!後ろの説明文をちゃんと読めばよかったよ…。「モダンホラーの巨匠」書いてあるやん…

ホラー小説というものを初めてよんだけど、すごいのね。体の中に怪物がはいってきて、内臓を食い破っているところが、ものすごくリアル、かつ微細に、そして当人の気持ちも丁寧に書いてある。ほかにも顔中になにかが這い上がってきて、目のなかに入りこみ、眼球が破裂したりするとこが、何ページも何ページも続けて描写してある。読みながら、だんだん吐き気が…。無意識に映像化しながら本を読んでいるので、わたしが考えうる最大限に気持ち悪くて、怖くて、悲劇的で、凄惨なシーンの連続があたまのなかでぐるぐるまわる。

もう、よめへん…。冷静に考えたら、あり得ないシーンの連続だけど、それがまた、痛くて痛くて恐怖が伝わってきて、天才わや、この人。

映画だったら目をつぶっていればいいけど、本は読まなければ、どこでこのシーンが終わるかわからん。ということで、飛ばし飛ばし読む。ホラー映画の終わりが気になるように、この本の結末は気になるけど、シリーズ4作目中、2作読んだところで、だめだ、ギブアップ。

目がものすごく冴えるので、目を覚まさなきゃいけないときにどうぞ。ひとりぼっちの夜は、手に触れるのも恐ろしい本のタイトルはドリームキャッチャー、著者はスティーヴン・キングです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
正直に言ってしまおう。マレーシアに4年も住んでおりましたが、ローカル料理はほとんど作ったことがございません!なぜならローカル料理は、外の屋台で食べる方が、美味い、安い、早いの三拍子そろっていたからざんす!家では、もっぱら和食を作っておりました。

日本に帰国後、マレーシア料理がとっても恋しいのだけど、なかなか食べられない。こうなったら作ってしまえー!とインターネットのレシピをチェックしたら、これがあるある!ということで、昨日「ロティジョン」に挑戦。

夜の市場で良くみかけるロティジョン。ロティとはパンのことで、ジョンのパンという名前のこれ。マレーシアではマトンやチキンのミンチ肉だけど、今回はレシピ(クックパッドに載っていた)どおりに、ツナフレークにてやってみる。

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
見た目はお好み焼きみたいでしょ

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
でも裏にはコッペパンが潜んでおります!!マレーシアではソフトフランスパンをつかうのだけど、なかったのでコッペパンにて

玉ねぎ、ツナ、とき卵、セロリの葉っぱを混ぜ、油を熱したフライパンに一気にジュッと入れる。上にスライスチーズをのせ、3割ほど固まったかな、と思ったら、まん中に切れ目をいれたコッペパンを開いて乗っける。そしてくっついたころに、ひっくり消し、パン側も具と一緒に焼く。

日本名をつけるなら「具だくさん卵焼き、コッペパンつき」のような感じなのだけど、これがなかなかの美味!なんといっても、パンにじゅわーっと卵がしみこんでいる部分がたまらない。高級もちもちパンではなく、スカスカ、カサカサの安売りパンのほうが、相性がいい。ありそうでなかった、味のコラボです。

焼きあがったら、チリソースとマヨをたっぷりと。今回はマレーシアのチリソースがなかったので(タイのチリソースはあるんだけどね)、ケチャップで代用。

簡単でおいしくて、大成功!腹もちがバッチグーなので、ちょっとした子どもちゃんのランチにもおすすめね。

そういえば、炙ったドライミートと卵焼きをソフトフランスパンにはさむ屋台料理もうまかったな~。ドライミートとは、ビーフジャーキーみたいなものなんだけど、あぶら身たっぷりの部分の肉をつかっているから、やわらかくて、ジューシー。BBQソースのような甘辛い魅惑の味で、手がギトギトするのも気にならんほど、食べまくってしまうというカロリー促進スナック!ちなみにわが現地の友人たちは、油たっぷりで体に悪そう、でもうまい、ということで、止められない「ドク」=毒と呼んでいた…。これも食べたいから、こんどはドライミートを探すぞ~。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
マイケルジャクソンの映画を見た。映画のなかで彼は、細やかなリクエストをし、感覚で指示をだし、じぶんの感性を研ぎ澄ませてステージをつくっていた。

「もっとスローな感じで、寝起きみたいにひいて」「まず僕が観客のほうをむいて、それからライトをあてる」

マイケルのリクエストにバンドマンやダンサーが真剣に向き合ってひとつのステージをうみだしていた。

この細やかな指示が、どれくらい観客に影響をあたえるのだろう。この指示をきっちりやり遂げたときと、そのまま見過ごしたときでは、どれくらいのインパク トがあるのだろう。もし、仕分け人だったら、「それをやってなかったと仮定して、どれくらいの観客がその場で席を立つのですか?」とか「次の公演に足を運ぶかどうかの、データはありますか?」とか、問うんだろうか。

どれくらい影響をあたえるか、なんて数値はどこにもみえない。数値にみえないことこそ、答えがないことこそが、大切なことなんだよ。

もし、むりに影響を分析するならば、マイケルのリクエストに応えようとして、みんながエネルギーをひとつにする「瞬間」が観客に感動を与えるんだと思う。 その瞬間が多ければ多いほど、感動は大きくなるんだ。人間って、とても感覚的な生き物だから、感じるんだ。それは映画をみたら心がじーんとし、音楽につつまれたら心が癒されってのと同じで、気のせいじゃなくて、本当に体なかのどっかが変化していることなんだ。

マイケルはその体の変化に徹底的に耳を澄まし、じぶんの感覚の芯まで降りていった人だと思う。

さいごに環境保護も訴えていたマイケルの言葉をご紹介。
(ネタバレになるので、見に行く人はここでおわってね)















Heal the Planet.
ヒール・ザ・プラネット
地球を癒そう

すごくいい言葉だ。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
お店に入ったら、屋台の香りが鼻に飛び込んできた。なつかしい!!このむわっとした、胸にちょっと迫るようなアジアの匂い。きっとタイ米を炊くときの水蒸気の香りなんだと思う。店内はこぎれいだけど、この香りはたしかにアジア。

今回腹減りでたどりついたのはシンガポール料理店。ちょっと説明すると、シンガポールとマレーシアの料理は、ほとんど同じなのだ。ただ、マレーシアはイスラム教徒のマレー系、仏教の中国系、ヒンズー教とのインド系の3つのおもな民族がいるのにたいして、シンガポールのほとんどの人口は中国系。そのためシンガポールで有名な料理は、マレーシアの中国系の料理とほぼ重なっている。

しかし、マレーシアのローカル友人に聞けば、「シンガポールの有名料理は、すべてマレーシアがオリジナルなのよ!彼らはコピーがうまいだけ!高いしね」と 口ぐちに言うし、実際同じ料理を食べくらべてみると、わたしはマレーシアでたべる素朴な味のローカル飯のほうが好み。それにシンガポールの料理の値段はマレーシアの同じ料理の2倍はするので、思わずマレーシアのほうががマル!となるのだ。

しかーし、ここは日本。
マレーシア料理は、“ハラル料理のレストラン”、つまりムスリム用の料理しかだしていない模様(現在調査中)。実際マレーシアでは、中国系レストランで豚がばんばん食べられるのに、日本のマレーシア料理レストランは豚は絶対タブーというわけなのだ。そこで、同じローカル飯が食べられるシンガポールで、マレーシアの中国料理を堪能しようではあ~りませんか、ということになる。

と、豚料理を食べようかと思ったのだけど、思わず惹かれたこのチキンライス!

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
手前のソースはすりおろしたニンニクに塩とゴマ油

めちゃやわらかい蒸し鶏が冷たすぎるのが惜しかったけど、チキンライスといえばモヤシの付け合わせなのにキャベツになっていたのは惜しかったけど、箸じゃなくてスプーンとフォークで食べたかったのだけど、(あれ、惜しいとこ多くない?)、高級蒸し鶏&高級チキンストックで炊いた具なしピラフご飯!の味はみごとで、モリモリ一気食いしました。マレーシアのチキンライス屋さんでは見たことのなかった、ゴマ油に塩とすりおろしニンニクを加えたソースもげきうまよ~。これにチキンをつけると、自動的にビールが欲しくなります。

今度は豚料理食べます。


体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
○恵比寿ガーデンプレイス 海南鶏飯
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
日本人の三大人気食のひとつ、カレー。(ちなみにあとふたつは、焼肉と寿司)。いつ、どんなとき、どんなカレーの写真を見ても、お腹がぐーっとなるのは鉄則。あっつあつで、食欲を刺激するスパイスが効いていて、炭水化物と相性ばっちりなカレー。あ~、カレー、大好きです。

自由が丘のここ。外からみたら、かなり渋めのカフェなのですが、中はとてもお洒落。個性的な椅子に、ダークブラウンの木のテーブルがセンスよく配置されていて、とても趣味がいい。

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
夜もカレーを食べに行きたいナイスな雰囲気

そこでさっそく、Hanakoに掲載されていたアボガドカレーを注文。アボガドとカレー。初めて食べたけど、めっちゃ合うー。アボガドの生ぬるいクリーミーな味が、カレーの辛みを抑えているし、ところどころまったり味、ところどころ刺激的味、という具合に、もぐもぐとするたんびに、口のなかの味が変わるのだ。

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
左にアボガド、右には巨大なトマト。辛みをおさえる効果あり

付け合わせの生野菜(左上)もカレーと一緒に食べるそうで、これもまた新感覚。カレーの味は、インドカレーというよりも、玉ねぎの甘さがたっぷり漂う欧風シチューな感じだが、ひりひりと辛みがせまってくるのが特徴。バングラデシュ出身のシェフが考案したアイデアカレーだそうで、みごとに日本人の舌に合い、拍手もの。でも正直、シェフに聞いてみたい。ここまでアレンジしたカレー、あなたは好きですか?きっと故郷のママの味ではないはず。そうだ、きっと、海外で働く日本人シェフが、外人さん向けにアレンジした創作寿司をつくるような感じやね。

ちなみにカレーとは。
日本でカレーが洋食として認識されていたのは、イギリスから伝わった料理だったから。そのイギリスがどこから学んだかというと、もちろんインド。ということで、カレーは洋食ではなく、本来アジア飯なのですが、イギリスに渡ったさいに、イギリス人がスパイスを減らし、野菜の具から肉の具へと(それもインドでは食べられていない牛)をメインにしたのだそう。

朝カレーとはよくいったもので、カレーのバリエーションは無限大。ふかいよ、カレー。今度家のカレーにもアボガドを乗せてみよう。みなさまおためしあれ。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
これをみよ。かわいいパンたち。

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
左手前から紹介すると、こがしバターとシナモン、くるみをねりこんだ「こげもん」。左奥がブルーベリーヨーグルト、その右がイングリッシュマフィン。そして右手前が黒コショウバナナ!

黒コショウバナナってなんざんしょ、と思うでしょう。これがすんごく、合うんだな~。新食感で、やられた!というお味。

たとえるなら、
ボビーと新助さんがヘキサゴンでうまい具合に絡んでる、みたいな。

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
刺激のあるコショウのからみを、甘いバナナがやさしくい撫でてくれて、それをくるみの香ばしい食感で昇華させてる、という感じ。

たとえるなら、
ネプチューンの3人トリオみたいな?胡椒は名倉さんで、バナナは原田さんで、くるみはホリケンか。

ナチュラル素材なので、必要以上のもっちり感はないのだけど、それがまた素朴でまる。赤ワインに合います。

○Mサイズ 学芸大学
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
自由が丘のカレー屋さん。3席のカウンターと10席ほどのテーブルでちっちゃな店。厨房が丸みえで、ナンをぱーんぱーんと叩いて伸ばしているご主人の姿がいい感じ。

あ~懐かしい。マレーシアのインド系屋台を思い出す。マレーシアの屋台は、厨房とお客さんの席がほとんど同じ場所にあって、麺をほかほかに茹でているところや、チャーハンをじゅっじゅっと炒めているところを眺めながら、料理がくるのを待ったものだ。ライブ感あふれる食事処だった。

焼き立てナンが運ばれてきた。あっつあっつで、ちょー巨大。
体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき

最近思うのだけど、日本人のランチってモリモリですよね。マレーシアでは、こんなに量を食べていなかった。暑い屋台だったからか、胃の適量範囲だった。それに比べて、日本のランチはたいてい「もう食べれまへん…」というくらいにお腹いっぱいになる。高額だからせめて量でも、と思っているのか。そのおかげで、ランチ後1時間は、もう眠くて眠くて、仕方がない。お得ランチに惹かれるけど、本当のところ適量ランチがありがたい。

味はもちろん、おいしい。たぶん日本のランチでおいしくないところなんて、どこにもない。

キーマカレーのひき肉はみっちり噛むごとにジューシーさが味わえ、ほんのりスパイスな辛みも効いている。アクセントの生姜の千切りも、口の中をさわやかにさせていい。もちもち厚めのナンは、まるでパン。

しかし…。おいしすぎるのです…。
これはマレーシアで食べていたカレーとはまったく違う。

だってマレーシアのカレーにはコクがないもん、もっとさらさらやもん、ナンはもっと薄っぺらいもん。こんな高級な味ではあーりません。あっ!でも!マレーシアで一位二位をあらそう高級インド料理のランチをいただければ、こんな味かも。値段も相応だし。と、ひとりで納得したのでありました。

最後に、この店でひとりで食べていた白人系の外人さんが「ごちそうさまでした!」ととっても綺麗な発音でお辞儀をして立ちあがったのには、ほほえましくて、思わずにっこり。馴染んでますなー。あっぱれ!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2001年から2年ほど、これはライターになる、と最初の会社を辞めてから2年の間なのだけど、日記に凝っていた時期があって、日々の出来事とハッと心が動いたことを書きとめていた。

読み返してみて驚いだ。
生活スタイルも考え方も、今とぜんっぜん変わってない…。

当時は会社員から無職になり、毎日の暇な時間が急に増えて、それがものすごく不安で、必死であがいて。図書館に行ったり、講演会に行ったりしていていた。これって、不安さは多少減っているものの、今と同じやん。

でも、忘れてたこともあったので、もう一度心にとめておこう。

ライター専門学校で言われたこと。
「あなたの文章を読むと、頭のいい文章だと思う。それがいつか、思考よりも感情が先に来るようになれば本当のライターになれる」

出版社の先輩から言われたこと。
「あなたの文章には客観性がない。つまり読者の観点に欠けている。自分が書きたいか、書きたくないか、おもしろいか、おもしろくないかで書いていて、読んでいておもしろくない。読者の視点でも客観的に文章を分析する力を身につけるべき」

うーん、相反するようなこのふたつ。すごく当たっていると思う。友人から「パソコンみたい」と言われたこともあるわたしの性格そのものだ。

すくなくとも現在まで8年はライター&編集の仕事をしてきた。とにかくわたしの道はここしかなくて、やってきた。でもこの2つはまったく成長していない、と思う。今、もう一度原点を見つめなおして、一歩をふみだしたい。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。