アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

2005年から2009年までの4年間、常夏のマレーシアで暮らしていました。2年過ぎた今でも、日本食は「ハレ」の料理でちょっぴりよそよそしく、アジア飯のほうが「ケ=日常」のご飯で、ホッとします。私にとっての食とは、味わいながら、みんなとつながることです。


テーマ:
ポンチョの形をした毛糸のマフラーを購入。着てみたら、びっくりした!手がでらんとです!!

首だけをすぽっと出すスタイルなので、袖がない。なので手がでない。そして、手が出ないということは、かばんが肩からかけられない!これって、ち、ち、致命的…たしかに、キャリアウーマンのポンチョスタイルって、雑誌で見たことないもんね…。ポンチョ着るときには、かばんはちっちゃいのしかダメなのね。このお洋服はあくまでも仕事用じゃないのね。おうのう!

こんなことも着てみないと分らんとです。人生は、トライ、トライ、トライですな。

ps: ほぼ日のハロウィン中継おもしろすぎ。糸井さんは天才だと思う。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
タイに取材旅行にいったとき1人で食べ、うわっ超うまっ!と感動したのが、この麺。マレーシアのスパイシーさとはぜんぜん違って、酢っぱ&甘い味なのだ。

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
お店にて。ピーナッツともやしがポイント。

そこで先日、おうちで挑戦してみたところ大成功~!本来酸っぱい味は「アッサム」といわれる果実なんだけど、甘めの梅干しで代用可能。それに砂糖、ナンプラー、オイスターソースで味つけすればできあがりん♪焼きそばでもなく、ミーゴレンでもなく、チャークイテオでもない、ちゃんとしたパッタイの味だった!

食べたい料理がたっぷりあって、作りたい料理もわんさかあって、これで痩せたいっていうんだから、わたしってなんて支離滅裂…
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
マレーシアには、「サテー」という、串焼き肉料理がある。甘辛のタレで下味をつけ、小さめにカットした鶏、羊、牛、鹿、兎などを串にさし、炭火でじゅわっと焼く。生姜がぴりっと効いたタレ焼きの肉は、砕いたピーナッツでつくる甘いタレをたっぷりつければ、ほらほら、舌の奥からヨダレが染み出るうまさ!

でこのサテー、屋台だと60セン、お店だと1リンギで売られていて、日本円だと20円~30円くらい。ところがどっこい!東京は銀座で食べようとすると、なんと、このサテーが200円だった!

まっ、銀座の土地柄、異国料理、客の数などを考えてみれば、巷にあふれる日本の串焼きより高くなってしまうのは当然で、妥当な値段かも…なんて冷静に考えつつも、ちょっとショックなわたくし。

ということで、サテーはまたの機会にして、今回はランチの「スープカレー」をいただくことにした。スープカレーなんて、マレーシアにあったっけ…と思いながら口に運ぶと、これがかなりいける。おいしい。ただ、すべてが、まるでマレーシアっぽくない。

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
これが驚愕のスープカレー

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
巨大な鏡にメニューが手書き。お洒落

まず、カレーに入っている野菜のサイズが大きく、事前にソテーをしてあって、甘みを引き出してある。(こんな下準備をすることはマレーシアではありえない)。次に、カレーのなかに「半熟」の茹で卵が入っている。(マレーシアの茹で卵は必ず固ゆで。もし半熟だったら、おなかの安全面に不安が…)。付け合わせのサラダがゴマドレ。(ゴマダレとは。明らかに日本のドレッシングである)。

でもこの3つのすべてが、マレーシアの味のココナッツカレーにぴったり寄り添っていて、まさに日馬の融合。ゴマドレのやさしい甘みは、カレーのスパイシーさをしずめてくれるし、甘くソテーした野菜はほくほくしていて、激うまなのである。

ちなみに、完全ハラルのこの店はマレーシア政府がサポート。店長さんは中国系マレーシア人で、日本在住12年で日本語ぺらぺーら。マレーシアにもリトル台湾(だっかな?)というチェーン店を経営しているそう。

よし、今度は夜に、200円の高級サテーを食べにいくべしよ。

●ジョムマカン 有楽町駅近く
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
泣いた。しとしと泣いた。映画「プール」を見ながら。

「プール」はタイ・チェンマイのゲストハウスが舞台になっている。そのため映画には、アジアの常夏の国ならではの空気の流れや、陽の動き、人々の生活がたっぷりと映し出されていた。

その景色を見ていたら、胸がぐーっとなって、涙が出てきた。ストーリーとはまったく関係ないところで、泣いた。その景色は、たしかに4年の間、マレーシアで見ていた景色と同じで、わたしはそこにいたことを思い出したから。

主人公がプールに足をひたして、ちゃぷちゃぷ水と遊ぶシーンがある。マレーシアでは、いつの日も、いつ時間も、水はその冷たさがほてった体を癒してくれるものだった。今の季節の日本みたいに、お湯のほうがちょうどいい、なんてことは、ただの1回もなかった。いつの日も、いつの時間も、プールは足をちゃぷちゃぷとできる場所だった。

過去にはもどれない。
そのことを痛切に実感して、無性に切なくなるときが、ときどきある。

そして今も、この一瞬も、次から次に過去になっている。いつもは忘れているこの事実は、とても切ない。いつも忘れてて、よかったよ。こんなこと毎日を実感していたら、切なすぎる。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
バーニャ・カウダって、すくなくとも4年前はこんなに流行っていなかったと思う。長谷川理恵ちゃんの野菜ソムリエあたりから野菜がブームになり、現在はもう、テレビ見ても、雑誌を見ても、料理本を見ても、野菜、野菜、野菜!野菜のスイーツやケーキもあって、トマトを甘~く煮たジュレなぞは、ひとつ1500円するものもあるそうな。

ということで、イタリア料理、バーニャカウダを初めて食べた。オリーブオイルに、ニンニクとアンチョビをすりおろしたものを混ぜ、それをほんわかと温かくしてある。味はいたって、シンプル。直球勝負である。

海に育つので、食べるとほんのり塩味のするアイススプラウト(手前の葉っぱ。水滴みたいなガラがある)や、赤みがかった生のオクラ(右の小皿手前)など、あまり見かけない珍しい野菜をざくざく食べた。ほかにも、生の蕪やナスが、びっくりするほど甘くて、アクのかけらもなくて、するする入っていく。これはすごい!ただ、めずらしい野菜を使っているので、野菜だけの料理にもかかわらずお高め、というところが、庶民にはちょぴっといたい。

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
ちなみに右手前の小皿のなかに入っている黒いものは、炭をぬりこんだ岩塩。話は全然変わるが、もしも、バーニャ・カウダをマレーシア風にアレンジするならば、熱したゴマ油にニンニクとチリペーストかな?意外とおいしかもな(セイコっち、企画で試してみるべし。笑)。


さて、こちらはおうちの野菜料理。

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき

手前にみえる、味噌焼きネギは、めっちゃおすすめでっせ~。ネギに、合わせ味噌、白みそ、みりんを混ぜたものをたっぷり塗り、それを大葉でひと巻きし、ゴマ油を熱したフライパンで焼くだけ。とろっとろのネギに、甘味噌が絡まっていて、そこに大葉の香りがふんわり。酒のあてには最高です。このレシピを考えたウーラ、あなたは天才!

ちなみに本日の写真は、ポラ風に加工しています。





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
あなた、そこまでぶっちゃけていいのでしょうか。今までの人生経験、今の家庭環境、ぜんぶ分っちゃったよ!

……と、申し訳ないな~と思いつつ、興味深く聞いてしまうのが、喫茶店の隣の人のトーク。

ある男性は、政治について書いた「コミュニティ誌」をじぶんで印刷、発刊。無料でポスティングをしているそうで、「2万部では足りんね、5万部くらい刷らなきゃな」、と言っていた。

ある女性は、夜の料理店をやっていて、今日のじぶんの夕ご飯はカレーコロッケとレトルト。お店で営業をしながら立ち食いをするそうで、いつも隠れて食べていると「何食べてるの~」とお客さんが見に来るんだそう。

ある高校生の2人の少年は、宿題の英文に四苦八苦。「だって、この問題ってさー、根本的に、神がいるってところから始まってるんじゃん。これって、おかしくね?」ってどんな英文問題なん?

ある青年はできちゃった結婚をしたそうで、現在の嫁から、できた、と激白されたときは、「マジ?!絶対に無理~!!」と思ったそうで、2度お願いしたらし い。それでもどうしても産みたい、というから、仕方がなく結婚したそうな。ま、「昨日もエッチしちゃいましたけどね、子どもに見られたので途中でしたけ ど」と言ってたくらいだから、うまくいってるのだろう。

喫茶店、すごすぎです。

マジか―い!と思うネタが切々と、詳細に、あちこちで語られています。それも日本語という、誰にでも分る言語で、けっこう大きなボリューム。あ~、びっくりするわ~。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
週末、ほぼ5年ぶりくらいのキャンプに行った。キャンプの楽しみは、なんといっても、「ザ・炭火焼!」。素材は、塩コショウとレモン汁でほんの少し漬けた鶏のもも肉、岩塩と胡椒でシンプルにいただく霜降り肉の和牛、そして秋の味覚、脂たんまりっのサンマ!それらを赤~く熱した炭火でアミ焼きにする。じっとじっと見守り、皮にこんがり焼き目がつき、素材の脂がぽとっと出てきたところで、そら今だ!食べるぞー!

この味…。この瞬間…。どんな高級料理にもかないませんよ。ふむ~。

炭火のなかにほおり込んた焼きいもは、甘~くて、ほくほくとねっとりの間くらいの見事な食感で、これまた、美味なり…。オイ、おまえ、どうして、こんなにうまいんだろ、このやろ!とタケシさんに変身してしまいそうだった。

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき

空の下、風が体のまわりを踊り、川の流れる水の音が心地いい。こんな環境で食べる食は、シンプルで、素材に真正面から向き合った料理がいい。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
飲みまちたダ、昨晩。今日のお昼まで、指の先っぽまでアルコールがたんまりと残っていて、関節が曲がりにくかったダス。

最初は、友人の友人であるカメラマンさんの個展会場で、空きっぱらでワインをごくり。こりゃ酔うぞ、と自覚していながらも、酒が胃袋に入れば入ったで、気が大きくになってしまい、ついつい2杯ほど。

そして池尻大橋駅近くの蕎麦&おでん屋に移動。ここ、何度か友人と訪れているんだけど、ほんっと料理がなんでもマジおいしくて、いつ行っても感動。気取らない雰囲気なのに、ちゃんと家庭ではだせない味つけで、もうたまらん…と思ったら最後、お酒も急ピッチですすんでちまう。昨日は、常夏のマレーシアでは味わえなかった「ちょっぴり肌寒いなかでのおでん&お湯割り・季節にぴつたり~」っていう久しぶりのシチュエーションも素晴らしくて、友人と話も盛り上がり、飲んでちまった。

そして、田園都市線での帰り道。
う。。。ぎもぢじわるい。

よっぽど降りようかと思ったのだけど、頭がぼーっとしていて、その正常な判断も働かず。もしかして音楽を聴けば元気になれるかと思い、ウォークマンでマンマミーヤを効いてみるが、まったく効果なし。目的の駅までの15分の間、かな~りふらふらしていたみたいで、隣に座っている人から、ぎーってにらまれた。

そしていつもなら乗換えて1駅のところ、もう無理・・・とこれは冷静な判断をくだし、タクシーに乗った。あんまり内容は覚えてないけど、運転手さんとめっちゃしゃべった。運転手さんも楽しそうで、1610円のところ、1500円におまけしてくれた。でも、駅で買ったお茶を車内に落とした。

「ぎもぢわるー」。と一歩先に帰っていた、こちらも飲み会帰りの彼に向かって連発していたら、彼も「おれもなんだかそんな気分に…」となって、2人でかなりやばい感じになった。

朝起きて、昨晩送った携帯メールの内容に失礼がなかったかと、財布の中身があれれ?なことになってないかをチェックしたところ、無事だった。よかった。無事だった。神さまありがとう。

次からは、「危なそう」と思ったら、お茶を頼みます。お茶とお酒と一緒に飲みます。そして電車で帰らなければいけない日本では、余力を残しておくことが大切だったんだ…と思いだしました(マレーシアでは、飲んだらタクシーで帰ってたので)。そしてちゃんぽんはいかんね。なんて20代前半のころのような、反省を昨晩しました。


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
話題(らしい。友人に紹介されたので)のスイーツを2種食べてみた。

まずは、「はらドーナツ」。

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき

おからの入ったドーナツで、保存料、添加物いっさいなしのヘルシーおやつ。クリスピークリームのようなふわふわとした食感からはほど遠い、みっちり&ぎっしりとした食べ応え。甘くないし、ドーナツというよりも、パンに近い感じかな。体にいいのが食べて分るので、お子ちゃまのおやつ向きね。大人としては、あま~いミルクティーと一緒に楽しみたい感じ。

次に、「ねんりん家のバームクーヘン」。

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき

これは、上記のはらドーナツと真反対のリッチなお味。バターたっぷりでしっとりとして、外側の砂糖がたっぷりと甘く、少々の疲れなら、食べた途端に吹き飛んでしまいそう。平日の夕方にもかかわらず、銀座松坂屋のお店前は長蛇の列。このリッチな味は、お歳暮やおもたせなどの送りもの向きね。

どちらも味もさることながら、パッケージが超かわいい~。さすが日本人、手が凝っています。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
邦画がおもしろい。年齢が上がったからだろうか。昔よりも邦画を見る機会が確実に増え、おもしろい!と思う映画もバリバリ増えた。

そこでこの「南極料理人」。おすすめです!日本の映画館では珍しい~と思うくらい、笑いの渦が頻繁に巻き起こっていたので(ちなみにマレーシアの映画館では、どんな映画でもみな膝をたたいて大爆笑している)、わたしだけでなく観客全員がブラボー!と心のなかで叫んでいたと思う。

いちばんいいな、と思ったのは、南極越冬隊員のセリフ。すっごく普通に、誰もが言いそうなセリフ満載で、いうなれば「南極越冬隊」という会社に勤めている新入社員がつどう男子寮のノリ。肉を振り回しながら「あっ、おれ、ねっ、だんだん楽しくなってきたぞー!」と叫んだり、伊勢海老があると聞いて「海老フライが食べたい。もう、みんな海老フライモードだからね」と調理人に念をおしたり。さながら血気盛んな男子寮をのぞき見しているような気分になる。

主人公である調理担当西村さんの心のこもった料理に、食べ物にまつわる個人のエピソードがうまい具合にからんでいて、とってもうまい、うますぎる。珍しいオーロラの景色よりも、長いこと食べてなかった「アッツアツの湯気のたったラーメン」のほうが大切、なんていうシーンは、実際に4年間マレーシアで日本食を大切に、大切に、食べてきた経験を思い出して、ムショーに切なくて、思わず涙が出そうになってしまった。

ちなみに、この映画のフードスタイリストもまた「飯島奈美さん」。彼女はすごい。映画「かもめ食堂」「めがね」、そして「南極料理人」と大活躍。さらに調べてみれば、映画「ヴィヨンの妻」も「のんちゃんののり弁」にも参加しているそうな。すごい、のっている。

もうひとつちなみに、飯島奈美さんの特徴を「かもめ食堂」と「南極料理人」を見て発見。しょうが焼きやぶりの照り焼きなど、ソースを煮詰めてタレにする料理は、フライパンで煮詰めながら、必ずソースをスプーンですくって、何度も何度も魚や肉のうえにかけてるね。もしかしたらこの作業が、奈美さんそのもの!なのかもしれない。

最後にもうひとつちなみに。
南極越冬隊には、西村さんのような“料理担当”という仕事があるわけで、人が暮らしていくためには料理人という仕事が必要不可欠なんです。なので料理って、立派な仕事なんだ、と実感したしだい。仕事をしながら、料理もして、子育てもしてる、ってなお母さんたちは、兼業、兼務、かけ持ちのプロってわけなんですね。あっぱれです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。