アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

2005年から2009年までの4年間、常夏のマレーシアで暮らしていました。2年過ぎた今でも、日本食は「ハレ」の料理でちょっぴりよそよそしく、アジア飯のほうが「ケ=日常」のご飯で、ホッとします。私にとっての食とは、味わいながら、みんなとつながることです。


テーマ:
今、ブログがすごいらしい。
“カリスマブロガー”という肩書をもつ人たちがいて、旅行会社、レストランなど彼らを招き、ブログにコメントを書いてもらうらしい。つまり、企業のバックアップのもとで宣伝効果を期待した『タイアップ』のブログ、というわけだ。

考えてみると当たり前で、雑誌でもよく行われることなので、これだけブログが普及した今、雑誌よりも反響が期待できる企画なのかもしれん。雑誌や本のように本屋に行くことがなく、インターネットで簡単にサーチできて、雑誌よりもよっぽど宣伝効果があるのかもしれん。

そっか~。ブログというのは本音ばかりじゃないんだな。企業にとってある程度操作されたものもあるんだな。とくに、きちんと毎日更新されているサイトこそが、そうなのかもしれん。雑誌もそうだと言われればそうかもしれないけど、それを本音っぽく書くところがちょっと怖いな、と思った。本音を書くのが、ブログだとずっと思ってきたから。

そんでもってブログの特徴は、記事の文字数や写真の点数に制限がないことだ。好きなだけ、好きなことを書く。それがブログだ。
雑誌は決められた誌面で、いかに最大限に分かってもらえる記事をつくるかを考える。

制限があるものとないもの。
人間の欲求と現実、みたいな違いかな。

人間の欲求をバーチャルに示したのがブログかな。
人間の現実を紙面に表したのが雑誌かな。

エコ的にいえば、ブログに一票かな。実際、情報というのは読み捨てられるわけで。本とブログは違うけど、雑誌とブログは同じものを求めているような気もするわけで。

など考えていったら、これは雑誌の危機なのかも!!
フリーペーパーなんて、ブログとほとんど違いないもんなぁ。

でも公の目に触れるという確約がない分、ブログの規制は少ないよな~。それでもすごい影響力があるのがブログなのかもなー。

などと、うだうだ考える日曜の夕方でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。