アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

2005年から2009年までの4年間、常夏のマレーシアで暮らしていました。2年過ぎた今でも、日本食は「ハレ」の料理でちょっぴりよそよそしく、アジア飯のほうが「ケ=日常」のご飯で、ホッとします。私にとっての食とは、味わいながら、みんなとつながることです。


テーマ:
先週末、ランカウイ島でマングローブ林のなかをカヤックでめぐるツアーに参加した。スタートは15時。終了は22時の夜のツアーだった。

 

あぁ…本当に、すっごく、すっごくよかった。街頭ひとつない、自然の闇が体をしっとりと包んでくれた。それがとっても気持ちよかった。

 

わたしは夜が好きなんだなぁとしみじみ思う。ピカーンと晴れた空を見上げていると、新しいこと始めなきゃ!と前向きな気持ちになるけど、闇夜に浮かび上がる真黒な山の影を見ていると、お母さんのお腹の中に座っていた頃のような、やさしくて、いとおしい気持ちを思い出す。そして、暗闇の自然のなかに身を委ねていると、愛する人の腕のなかに包まれたような、このまま時が止まって欲しくて、泣きたくなるような気持ちになる。

 

空を見上げると、プラネタリウムよりも美しいキラキラ光る星。流れ星も見えた。そして、両側にマングローブ林の生える川に目をこらせば、水中でキラキラと光る夜光虫が輝いている。ボートの走る水しぶきの中で、キラキラとまたたく光。それはまるで空の星が降ってきたような神秘的で、強い美しさ。

 

自然の美しさは、果てしない。ひっそりとたたずんでいるのに、圧倒的な美しさを携えている。そして自然の黒は、心をぎゅっと包む、やさしい色だった。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

若くて、大好きな子がいる。明るくて元気で、一生懸命。なんでも吸収しようと、なんでもやってみようと、目をくりくり動かしている。

 

若いっていいなぁーって素直に思う。オーラの色が違うんだもの。近くにいるだけで、エネルギーが湧いてくるんだもの。いてくれるだけで、みんなを元気にしてくれるんだもの。

 

たった1週間ほど一緒にいただけで、彼女から学んだことがたくさんある。初体験、初対面の人への姿勢。考えて行動するということの大切さ。そして、12歳年上のわたしがやるべき役割。

 

一緒に働いてくれてありがとう。

わたしも精いっぱい今の仕事を心から楽しむよ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
まずは、お礼から。ブログにコメントをくださった方、本当にありがとう。久し振りにブログのコメント欄をのぞいたら、みなさんからの温かくて、ダイヤモンドみたいにキラキラのありがた~い言葉がいっぱい並んでた。本当にありがとう。こういう言葉を読むと、つくづく思う。こんな風に誰かのチカラになれる言葉を書いていきたいな、って。言葉って、本当にすごいなって。

 

さて先月末、念願のインドに行ってきました。

インド。

そこは、たったの4日間で、フルアテンドのVIP旅行だったにも関わらず、想像した以上に、心にどかんとくる旅行でした。


india


まず牛さんが信号を守らない。だからみんなも守らない。われさきに道を突っ走り、歩行者も車もオートリキシャも犬も牛も入り乱れてる。オートリキシャがサイクルリキシャにぷぷっと鳴らす。どけどけっ邪魔ってんだい!タクシーがオートリキシャインぷぷっと鳴らす。お前さん、タクシーの前を行くなんて100年早いってんだい!そしてみな、牛さんにもぷぷっと鳴らす。おいおい、牛さん、邪魔だっつーの。

 

列車の窓から見える人たちは、こちらを見て、野外トイレ中。線路上で、歯を磨いている人もいる。駅にはアタッシュケースを抱えたスーツ姿のビジネスマンの横で、10歳前後の子供たちがチャイを威勢よく売りに電車の中にかけこんでくる。

 

ガンジス川の火葬場を目指して歩いたら、次々に案内人が買ってでてきてくれ、それはそれで助かったのだけど、本で読んだとおりに、お布施を請求され、それはそれで構わないんだけど、少ししつこすぎた。死ぬのを待っている、というおばあさんが、薪代を買うお金がないとかで、そのおばあさんにお金を渡すことを迫られ、渡す前に、おばあさんが頭をぽんぽんと両手ではたいてくれ、幸せを祈ってくれた。

 

ガンジス川には祈りをこめた灯篭が流され、手を合わせる人や歯を磨く人、頭を洗う人、沐浴をする人、そして泳いでいる人がいる。それを眺める、何十艘もの観光客の船。祈りと生活とお金が一体化した風景。

 

にっこりと笑いかける子供がいたと思えば、手を触ってお金を要求する子供がいる。信号で止まっている間に車の窓の外からお金をちょうだいと叫ぶ子もいる。断ると、べっとりと油を塗った手で窓を汚し、それを拭く職業の人がまたやってくる。

 

インドはまさにカオスだった。いろんなものが融合することなく、密接にぶつかりあいながら、混在している場所。それらは強い個人性を持っているので、個人の強さのないわたしは、ものすごく疲労困憊した。あれ?わたしって、こんなに優しくなかったっけ?こんなに怒りっぽかったっけ?と思うことがたっくさんあった。

 

インドでは、インドのエネルギーに簡単に巻き込まれてしまう。自分が自分でいられない。いや、正確にいえば、自分の理想とする自分でいられない。だから自分の本質が見える。

 

誰にでもやさしく、誰にでも安定した自分でいたいと理想は思うけど、そんなことは理想の理想で、化けの皮なんて、あっという間に剥がされてしまった。

 

エネルギーチャージしようと思っていったけど、かえって自分の骨をほらっと見せられた気分で、そのカルシウム不足のぽろぽろ骨を目の前に、愕然とした次第。

 

インドは、そんな場所です。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

ガツンときた。久しぶりにガツンときた。

 

同僚と合わなかったり、可愛がっていた後輩にむげにされたりと、ここ1年間で色んなことがあった。そのたびにくよくよ考えて、でもやっぱりわたしは悪くないと思い返し、自分なりにがんばってるしと奮起し、自分の考え方は変えられないと開き直ったりした。

 

そうやってなんとかやってきた1年。何かが見えそうで、何も見えなかった。大切な答えがありそうで、それが何だか今でも分からない。

 

それなりに毎日楽しく、やりがいもあり、仕事もこなせるようになってきた。知り合いも増え、雑用もスムーズに運ぶようになり、企画を考えるコツも覚えてきた。だからすべてが楽になっていた。

 

そんななかで上司のひとこと。「最近、やる気ある?」。んん?心外だなぁと思った。だってがんばってるし。「がんばってるのは分かる。でも、昔のオーラがない」。オーラ??そんなもの昔にあったっけ?

 

最初に言われたときは、きょとんとした。まさに寝耳に水。考えてもいないことだった。でも話しを聞くうちに、いろんなことが見えてきた。鏡に写っている自分の笑顔ばかり見ていたけど、よく見てみれば、鏡の前に立つわたしの後ろ姿は、寂しげで、ボロボロで、自信喪失で、無感動で、無表情だった。

 

そう言われてみれば、企画会議でお腹かかえて笑ったこと、最近なかったなぁ。調整しているつもりだったけど、みんなの顔色ばかりうかがっていて。そこからベストな方法を探していたつもりだけど、それは無難な回答だけだったのかもしれない。

 

分かったら、いろんなことが見えてきて、泣けてきた。無意識でいろんなことを計算して、いろんなことを考え尽くして、結果手足がひもで縛られていることにもまったく気づいてなかった。むかし、友人から「あなたはパソコンみたいな人」って言われたことがあるけど、まさにそのとおり。いろんな状況を勝手にデータとしてインプットして、そこからパソコンとしての答えをはじき出してたんだ。わたしとしてでなくて。

 

泣けた。今も泣ける。

いっぱい傷ついていた自分に気づいて泣ける。

ぜんぜんダメダメなわたしに気づいて泣ける。

 

上司は「人に合わせるんじゃなくて、人が合わせたいと思う人になれ」という。人と一緒に仕事をするときに、そんな方法もあったなんて知らなかった。彼は「オレもいつもそう言われるけど、そんなことが簡単にできたら苦労はしない。理想だ」という。でもやってみたい。そんな人になってみたい。

 

もっと自由になりたい。自分に自信がある人になりたい。誰かがついていきたい、と思えるような人になりたい。なりたいと思ってなれるもんじゃないと思うけど、もっとわたしになりたい。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。