アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

2005年から2009年までの4年間、常夏のマレーシアで暮らしていました。2年過ぎた今でも、日本食は「ハレ」の料理でちょっぴりよそよそしく、アジア飯のほうが「ケ=日常」のご飯で、ホッとします。私にとっての食とは、味わいながら、みんなとつながることです。


テーマ:
先月半ばに新潮新書から出版された、『ニッポンの評判』~世界17カ国最新レポート~に寄稿しました!“クールジャパンへのまなざし、マレーシア編”を書いています。

3年ほど前、マレーシアに移り住んだばかりのときにこの企画の話しがあり、おもしろそう!と第一企画案を提出したのがきっかけです。ネットでの原稿のやりとりで、フランス在住の佐緒里さんが編集としてまとめあげ、出版社に持ち込み。3年の長い時を経て、改訂に改訂を重ねて出版されたのです!

わたしも、ほかの著者の方の原稿は本になって初めて読んだのですが、世界17カ国の人のさまざまな日本人観が描かれていて、これがとてもおもしろい!アジアとヨーロッパでは日本人へのイメージがえらく違うんだなぁと感じたり、でもある共通な日本文化に驚いたり感心していたりして、地球で暮らす人間の価値の普遍性が見えたり。

また世界に住んでいるライターの生の声を集めた本がネットの関係のなかでできあがるなんて、世界がぎゅっと小さくなっているのも感じました。

毎日のいろいろに押しつぶされそうに
なっている方に読んでもらいたいです。
世界ってなんだろうな、
ってふと感じた人に手にとってほしいです。

世界は多様ですぞよ。
価値観がいっぱいあるから、
今のあなたは決して間違いじゃないですよ。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
マレーシアに住んで3年が過ぎ、いちばん慣れたなぁと思うのは「タクシーに乗る」こと。

 

天然ガスを使用しているため関係ないくせに、「石油が上がったので、タクシー代も上がった」と言い切り、「このために新しくなった運賃メーターは恐ろしく上がるのが早いので、お客さんからの文句が激しく、今止めてるんだ」と訳の分からない理由で、言い値で通そうとしたりする運転手さんもときにいるけど、大多数の人はみないい人だ。

 

この前は、乗っていたタクシーが何気な~く我が家を通り過ぎたので、「おいおい、遠回りしてお金を稼ごうとしてるな」と思い、「運転手さん、私の家通り過ぎたよ」というと、本当にボーッとしていただけらしく、運転手さん激しく狼狽。「うわっ!まじで!ごめん!!さっきのお客さんが変な人でさぁ…」と人生相談がスタート。家に着いたとき、「さっき、家の近くを通ったときのメーターはこの値段だったから、これでいい?」と、表示されているメーターの値段より多少安く渡すと、「ぜーんぜん構わないよ!!ほんと、間違っちゃってごめんね!!」とのこと。ほんまに、この人、いい人やったんや。

 

マレー語をすこし話せるとみんな大感激してくれるので、いつもタクシーの運転手さんとは適当なマレー語をくっつけて話す。いつも会話は大盛り上がりで、先日なぞは、15リンギと言われ、その値段に了承して乗ったのに、実際に降りる段階になると細かいお金が見つからず、「ごめん、10リンギでいい?」と交渉(命名*後だし値切り)してみると、苦笑いしながらもあっさりOK。ごめんよ。

 

そして先日、ホテルの入り口でタクシーをつかまえようとしていたところ、なかなか交渉がまとまらない。10リンギは高いなぁと思い、「5リンギね」とホテルの人に伝えていたので、その金額で交渉してくれているのだけど、4台のタクシーがすべて「ノー!」。10リンギ(約330円)でもいいか…と思い始めるものの、ホテルの人があまりにも一生懸命交渉してくれていて、なかなか言い出せない。「10リンギなんて、あり得ない金額だよー。高すぎる!」と一緒に憤慨してくれるので、そうそう、と頷いてタクシーを探すこと30分。そして、とうとう業を煮やしたホテルの人が、「おれが送ってあげる!近いよね!」と言ってくれることに。いやいや、それは申し訳ないから大丈夫と断るものの、「イッツスモールマター!」と断言。お言葉に甘えて送ってもらい、せめてもタクシー代の5リンギを払おうとしたけど、断固として拒否。ありがとう。ただで家に帰ってきたのは初めてです。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。