アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

2005年から2009年までの4年間、常夏のマレーシアで暮らしていました。2年過ぎた今でも、日本食は「ハレ」の料理でちょっぴりよそよそしく、アジア飯のほうが「ケ=日常」のご飯で、ホッとします。私にとっての食とは、味わいながら、みんなとつながることです。


テーマ:

メリークリスマス!

今晩から、10日間ほど、日本に一時帰国します。

2年の駐在生活が過ぎたので、久々にのんびりです。


といっても、東京と熊本の2ヶ所で過ごすので、

意外にあっという間。

できるだけ、いっぱいの友人の顔を見れれば満足です。


今年もなかなか、いい年でした。

来年も、一歩ふみだした年でありますように。

皆様にとっても、いい年になりますように。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

日本に住んでいたときはあまり感じなかったけど、海外に住んで2年半が過ぎ、最近日本語って、心に沁みる言葉だなぁ…としみじみ思う。

 


それはたぶん、日本語のネイティブとして育ってきたからで、幼いときの母の言葉や祖母の言葉、恋人の言葉、友達の言葉がぜんぶ日本語で、いろんな日本語には、いっぱいの思い出がぎゅっと詰まっている。だから、ある日本語を聞いたときに、その言葉を昔聞いたときの思い出や感情を無意識に感じているからだと思う。


 

英語もマレー語も北京語も、とてもおもしろくて。違う環境で生きてきた人たちと、同じ言葉を使ってコミュニケーションできるのは、胸がわくわくするエキサイティングなことで。どんなに下手っぴでも、相手の言葉を話してみることは、相手との距離をぐっと近づけることで。


 

そういう意味で、言葉というのは、「使ってみる」ことが大事なわけで、言葉は目的じゃなくて「手段」だと、わたしは確信している。


 

あっ、そっか、今分かった。


 

言葉って、単なる手段なんだけど、その手段のなかに、いっぱいの「思い」が込められた手段なんだ。たとえば“仕事で使えるようになりたい”とか、“イギリス人の彼氏ともっと深い話ができるようになりたい”とか、“この思いを伝えるためには、どの言葉いちばん適していて、相手に分かってもらえるのか”とか、そんなことを考えながら、慎重に選んで、発しているのが、言葉なんだ。


 

だから、どれだけ思いが込められているかで、言葉の“伝わる強度”が変わるんだ。もちろん、伝わるか伝わらないかは、相手のあることで、どんなに思いを込めても正確に伝わらないことなんて日常茶飯事だけど、“伝わる強度”は確実に変わる。

 


マレー語を使っても、英語を使っても、日本語を使っても、同じ人間が話せば、同じ内容を伝えるわけで。それがとってもおもしろいなぁ、といつも感じるのだけど、それは言葉が、自分の思いを込めた手段だからなんだ。当たり前のことだけど、そう思う。

 


誰かを元気にしたり、誰かをいい気持ちにしたり、誰かを救ったりすることが出来るのも言葉。言葉って、すごいなぁ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

年末に帰省します。


ということで、ぼちぼち友人にメールをうっているのだけど、返信が返ってくると本当に嬉しい。

メールをもらったり、プレゼントをもらったりすると、とても嬉しい。それはもちろん、書いてある言葉や贈り物も嬉しいのだけど、よくよく突き詰めていくと、メールを書いたり、プレゼントを選んだりしているときに、わたしのことに想いを馳せてくれたのが嬉しいんだと気づく。

きっと、わたしという存在は、友人の、家族の、そういう人たちの心のなかに存在するもんなんだ。誰かが想ってくれることで、わたしは存在する。逆に、誰もわたしのことを想ってくれなければ、きっと、わたしは消える。

でもだったら、大切な人たちが幸せに存在するために、たくさん想いを馳せよう。大切な人たちが笑顔でいられるように心のなかでいっぱい願おう。それが唯一、わたしにできることだから。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。