アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

2005年から2009年までの4年間、常夏のマレーシアで暮らしていました。2年過ぎた今でも、日本食は「ハレ」の料理でちょっぴりよそよそしく、アジア飯のほうが「ケ=日常」のご飯で、ホッとします。私にとっての食とは、味わいながら、みんなとつながることです。


テーマ:

人の心の揺れ方は、まるで振り子みたいだ。

大きく右に振れれば、必ず、左にも大きく振れる。

楽しいことがたくさんあると、不安になることもたくさんあって。辛いことがたくさんあると、ふと生きてるだけですごく幸せなことなんだぁと感じたりする。

心の波が少ないときは、それはそれで楽ちんで、穏やかな気持ちなのだけど、心が高波に襲われるようになると、それはそれでダイナミックでエキサイティング。楽しいことも100倍になって、悲しいことも100倍になる。

つまりは、すべてが背中合わせってことなんだな。

切ないのと楽しいことは。悲しいことと嬉しいことは。

背中合わせだからこそ、人間は人生をおもしろいって、思えるのかもしれない。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

マレーシアで働き始めて1年と半年。日本語の雑誌を編集し、日本人のボスと同僚に囲まれているといえども、半数以上はローカルスタッフ。彼らとは英語でコミュニケーションを取り、取材先で英語を使うことも多く、一歩街にでればすべて英語。……のはずなのに!最近、とっても英語がヘタになってきた!!どーして!?

先日ボスがまじめな顔で「ゆうきさん、日本語と英語をめちゃくちゃにミックスした話し方、ひどくなってるよ」と言う。たとえばこんな具合。屋台で「すみませーん」と店員さんを呼び、メニューを指差ししながら「ディス、ディス、アンドビアーね」とオーダーし、最後は「よろしくお願いします」とペコリ頭を下げる。これで、確かに、通じる。

赴任した当時は、英語が話せない、と苦しくて、英語をもっとうまくなりたい、と思っていたのに、最近は「英語が話せなくても心は通じる」と思うようになった。英語が話せなくてドキドキしていた自分は完全に脱皮し、単語だけでも通じさせられる楽ちんさにゆーったり。これって、ずうずうしくなったんだなぁ…、わたし。

いえいえ、これが間違っているとは思わない。とくに英語が第一言語ではないマレーシアでは、キレイな英語を話すのと、コミュニケーション能力の高さは別だなぁと感じることが多々ある。飲み会の席では、単語で合いの手を入れるだけで盛り上がるし、どんなに英語がぺらぺらでも、お客さんを乗せるのは別のスキル。実際、片言の英語でバンバン契約を取ってくる子もいる。

さらにわたしの英語がハチャメチャになった理由はもうひとつ。ローカルスタッフが日本語を学び、うまい具合に会話のなかに日本語を使ってくるのだ。これはもう、マレーシア人のすばらしい才能だなぁと思うのだけど、小さい頃から英語、マレー語、広東語、北京語、ヒンディー語と色んな言語が飛び交う環境に育ってきた彼らは、言葉に対する感覚が鋭くて、賢い。おもしろいと思った表現や使える表現、相手がふっと笑う言葉を絶妙なタイミングで繰り出してきて、言語をつかって遊ぶのだ。

「ゆうきさん、today、ちょっとたいへん、right?」

「ごめんね、I’m late.」

here is very crowded, でしょう?」

また、わたしの彼の話しによると、焦ったときの彼の口癖「ちょ、ちょ、ちょ、待って」をローカルスタッフに覚えられたそうで、何か焦った状況に落ち込むと「ちょ、ちょ、ちょ、ちょ」と連呼するらしい。「待って」という意味を知ったうえで、わざと「ちょ、ちょ、ちょ、ちょ」だけを使ってくるところが憎らしい。そう言われると思わず、ふーっと肩の力が抜けて笑っちゃうんだそうな。

てなわけで、住むとこ変われば言葉の表現法も変わり。付き合う人が変われば、選ぶ言葉の色が違う。同じ人同士でも、関係性が変わってくるにつれ、言葉の話し方が変わり、声のトーンが変化する。

それってとってもおもしろい。

わたしが小さい頃から感じていた「どんな言葉にしても、心を伝えられない」という“言葉の呪縛”から逃れられた気がする。あぁ…、だからこんなにもマレーシアが好きなんだ。

……とはいっても、最近のわたしの英語はひどいです。「ネイティブの国に行ったら、ついていけないよ」と心配して下さる方もいる。ホントウにそのとおり。こりゃあかん。せっかく英語をもっとうまくなれるチャンスで、英語で仕事をしているのに、英語がだんだんヘタになってどうするー!

ということで、これからは英語と日本語を使って遊ぶときもあるけど、まずはちゃんと英語を話せるように努力します。もっともっと映画を見て、英語の表現に触れるようにします。

この問題を解決する意味も含め、再来週から北京語を学ぶことにしました!英語で授業ですよ、これは、きっと英語もうまくなるに違いないでしょ?!漢字を使わず、英語だけで進む授業。いやぁついて行けるかなぁ…。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。