アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

2005年から2009年までの4年間、常夏のマレーシアで暮らしていました。2年過ぎた今でも、日本食は「ハレ」の料理でちょっぴりよそよそしく、アジア飯のほうが「ケ=日常」のご飯で、ホッとします。私にとっての食とは、味わいながら、みんなとつながることです。


テーマ:

インドの伝統医学に裏打ちされた「アーユルヴェーダのスパ」に行ってみた!高級ショッピングセンターに入った、高級スパの並ぶ階の、高級スパで、値段ももちろん高級。なので、ずっと尻込みしていたんだけど、先日、日本の情報誌で“アーユルヴェーダ2時間6万円”なんて記事を読んでしまったので、これよりはお得だ!と勢いをつけて駆け込んだ。

1回のトリートメントメニューのほか、何回か通えるパッケージがいくつもある。確かにパッケージのほうが得だけど、それにしても絶対的な金額が高い。ということで、選んだのはオイルマッサージと、“シロダラ”という額の上に“ミルク”をたらしてくれる2つのトリートメントのパッケージ。価格は約2万1千円なり。

その日はオイルマッサージを体験した。まずはドクターによる問診が行われ、“好きな食べ物の傾向”“感情的か否か”“のんびりしてるか否か”などの質問表に答える。チェックが多くついたところがわたしの性質で、結果、VATA(air)=風の性質と出た。肌は乾燥、骨は軽い。怒りっぽくて、神経質だけど、すぐにエネルギッシュになって、健康的で、楽しめる人らしい(直訳です)。

次に、わたしの性質にあったオイルを使ったマッサージがはじまる。体はゴマ油ベース、頭はココナッツオイルベースだそう。インド人のやさしそうな女性にTバック式の紙パンツいっちょになるように言われ、普通はここで「では着替えて下さいね。外で待ってます」と出ていくんだけど、彼女はじっと部屋のなかにいる。仕方無しにがんがん着替えたら、洋服、パンツまで、きちんと受取ってハンガーにかけてくれた。

額の真ん中のチャクラにオイルをすっと塗られてマッサージが開始。オイルマッサージは、肌の上をスルスル滑って、指圧やアロママッサージとは全然感じが違う。体の表面を弧を描くように手が行き来し、うーん…まるで、フライパンのうえで油のうえで転がっているナスの気分になってくる。

…次につづく。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

インドの伝統医学に裏打ちされた「アーユルヴェーダのスパ」に行ってみた!高級ショッピングセンターに入った、高級スパの並ぶ階の、高級スパで、値段ももちろん高級。なので、ずっと尻込みしていたんだけど、先日、日本の情報誌で“アーユルヴェーダ2時間6万円”なんて記事を読んでしまったので、これよりはお得だ!と勢いをつけて駆け込んだ。

1回のトリートメントメニューのほか、何回か通えるパッケージがいくつもある。確かにパッケージのほうが得だけど、それにしても絶対的な金額が高い。ということで、選んだのはオイルマッサージと、“シロダラ”という額の上に“ミルク”をたらしてくれる2つのトリートメントのパッケージ。価格は約2万1千円なり。

その日はオイルマッサージを体験した。まずはドクターによる問診が行われ、“好きな食べ物の傾向”“感情的か否か”“のんびりしてるか否か”などの質問表に答える。チェックが多くついたところがわたしの性質で、結果、VATA(air)=風の性質と出た。肌は乾燥、骨は軽い。怒りっぽくて、神経質だけど、すぐにエネルギッシュになって、健康的で、楽しめる人らしい(直訳です)。

次に、わたしの性質にあったオイルを使ったマッサージがはじまる。体はゴマ油ベース、頭はココナッツオイルベースだそう。インド人のやさしそうな女性にTバック式の紙パンツいっちょになるように言われ、普通はここで「では着替えて下さいね。外で待ってます」と出ていくんだけど、彼女はじっと部屋のなかにいる。仕方無しにがんがん着替えたら、洋服、パンツまで、きちんと受取ってハンガーにかけてくれた。

額の真ん中のチャクラにオイルをすっと塗られてマッサージが開始。オイルマッサージは、肌の上をスルスル滑って、指圧やら、アロママッサージとは全然違う。体の表面を絵を描くように手が行き来し、うーん…まるで、フライパンのうえで油のうえで転がっているナスの気分になってくる。

次につづく。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

…ちょいと前の話しですが、貴重な体験をご報告。彼の関連会社のアニュアルディナー(日本語に訳したら忘年会やね!)にお呼ばれしたときのこと…

 

パーティー会場を貸し切って、400人ほどの人が参加する盛大なイベント。全社員とその配偶者が招待されていて、豪華なマレー料理をぞんぶんに楽しむのだ。この会社、マレー人による、マレー人のための、マレー人の会社。中華系はまったく見かけず、インド系もひとり、もちろん外人なぞは、われら2人のみ。そのため言葉はすべーてマレー語!

 

スピーチの人の第一声「スラマ・マラーム」(こんばんわー)と、最後の言葉「トゥリマカシ」(ありがとう)しか分からない中、イベントが進んでいく。平日にもかかわらず、スタートしたのは午後8時。しかし、マレー語の“本日のスケジュール”を見ると、夜10時とか、11時とかに、プログラムの文字が記載されている。うそうそうそーー!

 

夜9時ぐらいから、部署ごとの出し物が始まる。あるグループは、宇宙に飛び出すロケットをわが社が開発した!でも夢だった、というジョークのネタ。あるグループは、ドリアン売りの1日(言葉が分からないため想像)。あるグループは、有名な映画をもじったもの(これまた想像)。そしてあるグループは…という具合に、ずっと続くのだ。合計8グループで、1グループ20分ほど。こう言っては申し訳ないけど、皆ものすごく演技がうまいわけでもなく、踊りがイケてるわけでもなく、さらにこっちは言葉もわからないので、反応のしようがない。でもみんな、すごく楽しそうなのだ!! 見ている人もときに大笑いし、ステージの上の人たちは、にっこり生き生きと演技をしている。きっと就業時間中にこの内容を考えたり、小道具を作ったりしたのね…と思うと、ほほえましいやら、文化の違いを感じるやら。最初のグループの出し物が「イラク戦争の様子」をスクリーンで流し、祈りを捧げる、という社会性の深いもので、その間みなが平然とご飯を食べている様子を見て、「宗教と生活が結びついている国は、祈りも、ご飯を食べることも、生きることも、死ぬことも、同一線上にあるんだなぁ」などと深く考えたりもしたけど、今になって思い返せば、単にお腹が空いていただけのような気がする。

 

そしてようやく出し物が終わったら、次にカラオケ大会!3人がエントリーしていて、これまた、ノリノリで歌う。そしてまた、1曲がめちゃ長い!もう夜の11時なんだから、一番だけでいいっちゅうの!!

 

と、ここまで終わったところで夜11時半。もうどうにでもしてくれ…状態になっていたら、今度はプロの歌手が登場!それが、先日わたしが一目惚れしたファイザルくんだったんで~す!あの時間の、あの疲れたときに、あの登場はもう心ぎゅっぎゅっ!あぁ、見ているだけで幸せを感じられることが、どんなに素敵なことか!言葉なんて分からなくてもいいの!あなたがそこにいてくれれば!と突然エネルギーがむきむきっと沸いてきた!声も素敵で、歌もうまくて、この15分のステージのために、今日、ここに来て良かった、と心から思うことができた。

 

とほんわり余韻に浸っていたら、やってきました!本日のメンイベント!ラッキードロー、事前に配られた番号によるクジです!!このとき、すでに深夜12時過ぎ。400人もの大人が、深夜12時に、パーティー会場で盛り上がっている図は、日本では絶対に想像できない。社長と会長がステージに上がり、次々にくじの当選者を決めていく。なんと1位は北京旅行!そのほか有名デパートの金券などもあって、なかなか豪勢!つまり、皆このために、夜12時まで残っていたのであーる。

 

そして早かった。本当に早かった。1位が発表されるやいなや、みなどっと席を立ち、さっさと帰り始めたのだ。おいおいっ!まだ社長がステージにおるって!閉会の挨拶してないって!そんなことは当然のようで、社長もにこにこしながら見送っている。閉会の挨拶なぞは初めから無い。そういえば、中華系の結婚式も、“デザートが出されたら、会は終わり”で、閉会の挨拶も何にもなく、みんな帰り始める。どうよ、これ、日本人的にはしっくりこないけど、まさに文化の違いなのでございます。

 

ということで、待ち時間も入れるとおよそ5時間にわたるイベントは終了。平日に、お酒なしの宴会で、夜中12時過ぎるって、すごいよね。それに1年に1度とはいえ、会社が、社員とその家族のためにここまでもてなしてあげる、というのもすごい。歌手代、ラッキードロー代、食事代、宿泊代、なども合わせたら、会社はものすごい金額を払っているだろう。日本じゃ考えられないなぁ。というわけで言葉は分からずちんぷんかんぷんだったけど、貴重な体験でオモシロカッタわけです。


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、超好みのマレー人の歌手を見た!ヒーイズ、ソーキュート!長い髪で、インテリ風のお洒落な眼鏡をかけていて、柄シャツを腕まくりして着ている。例えるなら、ちょっとイケメンで、優しそうな大学生。(え?この例え、まずい?) 名前をファイザル。同僚のローカルは、“えーっ”とか“背が低い”とか言うけれど、全然関係なーし。ひと目見て決めました。今日ラジオから、彼の歌らしきものが聞こえてきて、いてもたってもいられず、タワレコに飛び込んだのですー!

しかし残念ながら、ファイザル様のCDは無く、その変わりに、ずっと前から気になっていた人のディスクを購入してみました!(ここからが本日の本題)

彼の名は「光良」。英語名をマイケル(なんで?)。

苗字を入れると「王 光良」らしいんだけど、どこかで何度も、この名前を見かけたのです。その名も「内村 光良」。……あれ?!これ愛するウッチャンの名前やん!!

(あれまっ!今ネットで“光良”って検索してみたら、ウッチャンより先にマイケルが出てきたよ!どうも、日本でも有名になりかけているらしい!)

ネットを見た方どうです?顔もめちゃ似てませんこと?ウッチャンより多少若いし(37歳)、いつも無表情なんだけど、タレ目で、かわいい感じがくりそつ。なんで?兄弟?親戚?といつも看板を見るたびに、目が吸い寄せられていました。ということで、本日エイヤッ!と購入。

しかーし。

わたしは失敗してしまったのです。CDを買ったつもりが、VCD。こちらの方式の映像ビデオ。つまりはCDラジカセで聞けないのです。

しかーしです。ダブルしかーしです!

見てみたら、意外におもしろかった!なんといっても、カラオケ用だったので、漢字の字幕が出るのがいい。“昔は愛し合ってた”“一緒に生活した”なんて、歌詞の意味がなんとなく分かるし、ときに知ってる言葉や発音の似ている言葉がでてくる。「感動」を中国語読みすると「カンドー」になるんだね。

中国の漢字って、当たり前だけどルーツは同じで。だから発音も意味も似ている。それって、改めて認識すると、すごくおもしろいなぁって思った次第です。機会があれば勉強してみたいし、そのためには、このカラオケVCDはなかなかいいかもんしんない!

ということで、今度マレー語歌手のVCDがあったら、買ってみようと思います。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。