アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

2005年から2009年までの4年間、常夏のマレーシアで暮らしていました。2年過ぎた今でも、日本食は「ハレ」の料理でちょっぴりよそよそしく、アジア飯のほうが「ケ=日常」のご飯で、ホッとします。私にとっての食とは、味わいながら、みんなとつながることです。


テーマ:
最近チャイナタウン散策にハマッている。

そして見つけたのがココ!

屋台の名前は「チャイニーズフォンデュ」。


(これがチャイニーズフォンデュです)
チャイニーズフォンデュ

以前、別の場所の“夜市場”で見つけて、

おいしい、おいしい~!と絶賛していた料理が、

立ち食いではなく、ちゃんとテーブル席でいただけるのです!

 

初めからテーブルの上に置いてある大量の魚介類や野菜、生肉たちは

好きなだけ、真ん中のお湯にポチャーンとつけて、温めて食べる。

それを超うまのピーナッツ味のソースにネットリからませて…!

ついついビールもう一杯!と叫ぶうまさです。

 

串揚げ感覚で、少量をたくさんの種類楽しめるのがいいし、

1本○リンギ(たぶん2リンギだったかな?)で、明朗会計なのもヨシ!

ビールも飲めるし、チャイナタウンの喧騒も垣間見れるし、オススメです。

たぶん夜だけオープンの店かと思います。


(これが夜のチャイナタウン)
中華街


さて、話しはぜんぜん違うけど…。

 

昨日、昔のわたしのブログをふと読み返して、

驚き、桃の木、山椒の木!!だった。

 

くどくど、自分のことを書いて書いて書きまくっていて、

自意識過剰だなぁと思ったし、悩んでたんだなぁと思ったし、

心、精神という世界にいたんだなぁと思った。

 

それに比べて今は…。

「おいしもの食べるぞ!」「エステで肩こり治すぞ!」ということが

いちばんの目的で、とても物質的でござんす…(笑)。

 

所変わり、時も移り、

人の興味はここまで変わるもんなんですな(笑)。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
アジアのオートバイライダーは命知らずだ。

マレーシアでも、その例にもれず、

方向指示器を出しても、わが道を信じてまっすぐ進むし、

こっちがスピードを出そうとしてるときに

前をひゅん!と横切ったりする。

実際、死亡事故の70%はライダーたちらしい。

 

信号も守らないし、一方通行も平気で逆そうするし、

「オートバイって、まるで日本でいえばチャリンコみたいな存在かも…」

などと思っていた。

 

が、しかし!先日、あることを発見してしまった!!


朝の通勤途中。いつも警察が信号変わりに誘導している場所がある。

車は警察の指示に従って、おとなしく停車。

 

しかし…、その横をバイクはぴゅんぴゅんと抜けていくではないか!

警察も黙認。というか、これってOKなの?!

日本では、警察の止まれ!はバイクも止まれ!だよね??!

 

こりゃほんと

オートバイは道路法とは越えた存在にあるのかもしれません。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
うちの家の近くには、結構洒落たレストランがいくつかある。

そのなかでも、なぜか多いのは「アラビア料理」。

でも先日、アラビア料理だと思って入ったお店が、

なんとモロッコ料理だった!

 

モロッコとは、アフリカの北側にある国で

基本的にはムスリムの国。なので、お肉はハラルで

(ルールにのっとった解体法、豚肉×)、お酒は一切無し。

 

店のなかに入ったら、オーナーらしき人が、両手を大きく広げて

「おー!あなたたちは、初めてのお客さんです~!!」と歓待してくれた。

今日はじめてのお客さん?と思いきや、

開店してはじめてのお客さん!という、

彼の人生にくっきり刻まれるであろうラッキーな立場であった。

 

その彼が、インテリアからテーブル、絵画まで、

すべての意味について説明してくれる。

テーブルの柄も、タペストリーもすべて手作りだそうで

わざわざモロッコから運んできたらしい。

 

モロッコ料理に欠かせないのは

「タジン」という三角の土鍋のようなもので蒸し焼きにする料理。

 

(右側に見える三角のものが、タジン鍋)

タジン鍋

(向こうにみえる茶色のお皿のなかがタジン料理)

タジン料理

いやーん!これ、めっちゃおいしいんです!

お肉はとろとろに柔らかくて、スパイスがほんのり効いたスープも美味。

いうなれば、ロシアのボルシチのような、やさしい味つけなのです。

 

そんでもってアフリカ料理といえば、「クスクス」が定番。

実はわたし、小さなパスタという「クスクス」を今回はじめて食べました。

お芋の蒸したようなポロポロした食感だけど、確かに味はパスタ。

しかし大量で、お腹がぱんぱん!クスクスはお腹がふくれます。

 

ということでデザートまでたどり着けず。

中国から伝わってきたお茶文化があるそうで

飲み物は、ハーブティーのようなさっぱりしたものでした。

 

お酒なしでお腹いっぱい。ふたりで1800円。

タジン鍋料理は、こりゃいけまっせ~!また食べます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先週の金曜日、フランス人の旦那さん&イギリス人の奥さまが経営する

フランスパン&ケーキ屋さんにディナーに行った。

 

テリーヌ、スープ、ナスでつくるラザニアなど

安くて、とってもおいくて、
家庭で食べる気取らないフレンチもあるんだ…、と驚いた。

 

その中で、日本語の話しになった。

イギリス人の奥さまは、以前日本人との付き合いがあったようで

日本語をいくつかうまく話すことができる。

 

「“面倒くさい”とか、“大変”とか、英語では訳せないわ。

 Too much trouble, something trouble, cant be bother,

 全部、意味が違うわね」

「“すごい”、や、“残念”もないですよね」

「無いわ。Greatでは、ぜんぜん違うし…。

 日本語を使わないと気持ちが伝わらない、

 訳せない単語って、たくさんある。そういう感じ!」

 

「そういう感じ!」という言葉が気に入っていらっしゃるようで、

何か文章を伝え終わると「そういう感じ!」とおっしゃる。

その使い方が、妙にうまくて、ちょっぴり外人ぽくて、笑えた。

 

そっかぁー。日本語をよく知っているイギリス人が、

英語に訳せない日本語がたくさんあるって、いうんだもんなー。

わたしが訳せん!思うのは、当然のなのことなんだね。 

そういう感じ!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさん、事件です。(by 高嶋政伸風に)

 

最近、新しいことチャレンジコーナーがマイブームなわたし。

先週末、ずっとやってみたかった中国式健康両方を試してみた!

 

それが、これです!!

オト夫

うひょ~!アザではなく、強打したときにできるウチミでもなく、

体のなかの悪い血(汚血・おけつ)が皮膚の表面に出てきた…

とのこと。

 

この療法の名前は、「カッピング」といいます。

日本でも中国のマッサージ師が行っていることがあり、

以前、知り合いの美容ライターさんが「あれ、いいよ」と誉めていて

ずっとやってみたかったのだ。日本は3500円くらい。

マレーシアでは、20分(マッサージ10分、カッピング10分)で

30リンギ(1000円ほど)だった。

 

原理としては、筒状の容器の中の空気を“火”で燃やし、

一瞬の真空状態を作り出す。

それを瞬時に、背中や肩のツボにエイッ!と貼り付けると、

真空なので、皮膚がキュイーッと中に吸い込まれ、

悪い血が皮膚の表面に集まってくる。

そうすることで、体の内側では、サラサラな綺麗な血がめぐる…

ということらしい。

 

よくあるのは、ガラスの丸い容器をつかったものだけど、

トライしてみたのは、竹筒のもの。

カッピング

一足先に彼が体験していて、

「アチ!」「イタッ!」と悲鳴が聞こえる。

膨らむ不安を抑えながら、トライすると、

いやホント、めっちゃアツイ!

 

アツイ!アツイ!うわ!痛い!

 

悲鳴を上げながら、左右ほぼ対称に14個くらいくっつけられ、

その状態で10分ほど。その間もキュイーッと皮膚がツネられて

いるようで、これもまた痛い。

 

「イタキモ?」

「いや、痛いっす!」

と耐えていると、しばらくして終了。

 

すると、こんなになってました!!!

音
彼と比べて、赤紫色が濃いのは、

体に悪い毒素が溜まっているからなのか、皮膚が弱いからなのか…?

 

でもすごいと思ったのは、

その後も背中ほかほか(というか多少ヒリヒリ)が続き、

なんとなく体もだるくって、これって、好転反応では?と陽気に解釈♪

 

ただ気になることもふたつ。

筒を貼り付ける場所は、ツボに従ってちゃんと決まっているそうで、

日本では20人ほどの知識を持つ人しか、できない技なんだそう。

途中でポロリと張り付かなくて落ちたりしたわたしの担当者は…、

そんなツボを知っているとは、とうてい思えない…。

そして、もひとつ。若い男性が担当で、背中全裸で、たぶんチチ見られた…。

 

ローカルの友人に跡を見せたら

「うわ!怖いー!」と一斉に引かれたけど、

確かな腕の人がいたら、またやってみたいと思う。

針も、お灸も、中国系の痛い技って、実は意外と好きなのでした。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

インドやインドネシア(タイもかな?)では、

日本人駐在は必ずメイドさんを雇わなければいけない、

という政府間の決まりごとがあるらしい。

でもありがたいことに、マレーシアには無い。

(少なくとも知っている限りにおいては)

 

しかしながら。

メイドさんやベビーシッターを雇うということが

日本よりずっとメジャーで、さらに安価ということから

利用している日本人の方は結構たくさんいる。

(こちらの物価水準から言えば、決して安くはないけどね)

 

ということで、わたしも今日で2回目の

ハウスクリーニングをお願いしてみた。

友人の紹介で、ふたりで1時間半ほどみっちり

やってくれて、2000円弱。

どれだけ強い薬剤を使ってるんだろう…と思うほど

あっという間に、トイレやガス台はピッカピカに。

床の水拭きから、天井についたファンまで綺麗にしてくれた。

 

明るいおばちゃんたちは

「オト!こんなに汚れがたまってるわよ!見なさい!」

と責められ

「せめて2週間に1度にしたらいいじゃない!」
と売り込みをするけど、聞き流しておいた。

 

大人ふたりぼっちでちょっと贅沢かなぁと思うけど

一度お願いしたら、もう止められない。

おばちゃんたちとマレー語の会話もできるしな。

 

人間生きてるだけでゴミの出る生き物。

掃除したての部屋は、それだけで

とっても気持ちがいいもんです。

 

さて、話しはかわって、ランディさんの日記に

こんなものが紹介されていた。

http://seibun.nosv.org/

 

わたしはほとんど、運と雪の結晶でできているらしい。

何度やっても同じ結果なので、ちゃんと漢字で判断してるんだなぁ。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
おいしいよ。有名だよ。

 

ラクサというのは、昔の言葉で「幾千の・多種類の」という意味らしく、

語源は、とにかくたっくさん種類がある、ということなんだって。

 

また、ラクサという葉っぱを加えることから

ラクサという麺の名前はできたそうな。

 

ラクサは、辛いカレーやら、酸っぱいアッサムやら

ココナッツの効いたニョニャやら、たくさん種類があるけれど

黒胡椒の効いた「サラワクラクサ」も大層おいしゅうございます。

 

サラワクというのは、

マレーシアの東海岸の島、ボルネオ島の州の名前で、

その名のとおり、サラワク州で食べられているラクサだから

「サラワクラクサ」。

 

KLCC2階のフードコートのラクサ屋さんは

結構いけます。おいしかよ!


サラワクラクサ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、空っぽな気がする。

何を書くにも、何を考えるにも、
無のところから無理やり作り出しているようで、
いくつもある素材のなかから選び出している感じがしない。

ここ数年、仕事やブログに書いて書いて。
そんでもって、すっかりわたしのなかの情報や
思いが枯渇してしまったように思う。

きっと人はデジタルカメラの充電池と同じで
ときに時間をかけて充電が必要で、
エネルギー一時的に満タンになったとしても、
使えば少しずつ何かを失っていく存在な気がする。

それが生きているということだと思う。
アウトプットだけ、何かを語りかえるだけ、では生きられない。
インプットし、誰かから語りかけてもらはなければ、擦り切れてしまう。

まずは本を読もう。
そして映画を見よう。
こんな普通のことを宣言するのもなんだけど、
そうやってエネルギーを充電させたいと思う。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。