アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

2005年から2009年までの4年間、常夏のマレーシアで暮らしていました。2年過ぎた今でも、日本食は「ハレ」の料理でちょっぴりよそよそしく、アジア飯のほうが「ケ=日常」のご飯で、ホッとします。私にとっての食とは、味わいながら、みんなとつながることです。


テーマ:

先日、日本人のマイムのプロと話しをする機会があった。

 

「壁を体で表しているだけでは、単なるジェスチャーなんです。

壁を手で触ってみて、そこでどう感じたのか。

向こうに行きたいのか、それとも壁があってホッとしたのか。

その気持ちを表現してこそ、マイムなのです」

 

手話と同じだ。

手話は、手の形だけを真似していては、手話にならない。

そのとき伝えたい“気持ち”を表現してこそ、手話は言葉になる。

 

きっと文章も同じなのかもしれない。

字面だけ追っても、文章は文字にしかならない。

その奥にある気持ちを伝えようとしてこそ

文章は言葉になる。

 

いつか、言葉になった文章を伝えたい。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
今、アジアひとりご飯をして帰ってきたところです。
今日は“クレイポットチキンライス”。

ガスバーナーで熱する釜飯のうえに、
下味をつけたチキンとチンゲン菜とネギのような茎野菜が
ハサミでバシバシ切ってのせられ、

甘辛タレを惜しみなくドローリとかけ回し、

最後にガスバーナーでさらにひと煮立ちした料理。

 

釜ヘリにくっついたご飯がお焦げ化していて香ばしく

日本の釜飯っぽいのも、ほのかに郷愁を誘いますが、

なんといっても、ご飯の量が多い!

誰がこんなに食べられるのかー!と思うほど、

5m先のテーブルの人は食べていたが)

タレに絡まったご飯がびっしりで、半分も食べられなかったとです。

アフリカの人を思って胸がいたんだけど

ギブアップ。ごめんなさい。

 

さて、そのお店でも

「マカン ディ シニ?」(マレー語で、ここで食べる?という意味)

と聞かれたし、昨日はタクシーの運ちゃんに

「ほんとに日本人なのか?!中国人と思った」

と運転中に思いっきり振り返って凝視されたし、(危ないって)

着実に、ローカル化してきているみたいです。

うれしい。いちばんの理由は、焼けた腕の色のような気がします。

 

さてさて、ようやっとタイトルに書いた麺のお話し

 

昨日は、下記の写真のワンタンミーを食べました。

つい最近まで有名な店だったそうで、

とーってもおいしい!

麺に絡まっているタレが甘すぎず辛すぎず

暑い毎日に負担なくツルツルあっさりごちそうさま~!

 

マレーシアには、麺(ミー)の種類がたっくさんあって

どれがどれだか、正直覚えられません。

これから研究に研究を重ねていこうと思っています。

 

●ワンタンミー

写真のようにスープではなく、タレに絡めて食べるのが多い。

なぜミーの名前が“ワンタン”なのか不明だが、

ワンタンスープが必ずついてくる。自家製麺おおし。

 

●イーミー

はじめて食べたとき、カップラーメンの麺かと思った。チープな味。

ちなみにワンタンミーもカップラーメンぽいと言えばそう。

これもタレに絡めて食べることが多く、いまだワンタンミーとの

違いが分からない…。

 

●板麺(パンミー)

写真2。自家製麺多し。写真のようにタレに絡めたドライと、

スープで食べるパンミーがあり、どちらもおいしい。

日本のきし麺のようで、うどん感覚。

 

そのほか、

米でできたビーフン、黄色いミー、小麦でできたクイテオ、

ラクサという料理で食べる5ミリほどの直径をもつ麺、

日本でいう博多のラーメンの麺のような麺もあります。

 

いつか写真とともに紹介します。

暑い国では、ついつい麺をオーダーすることが多いしね。

 

ふと思い返して、日本の麺といえば

うどん、きし麺、ソーメン、そば、ラーメン、卵麺…。

たしかに、日本の麺も結構あるね



(写真1)ワンタンミー

ワンタンミー


(写真2)
パンミー
パンミー

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
食べすぎ飲みすぎかと思っていた、この胃の痛み。

違った! たぶん、車のストレスじゃぁー。

 

運転をはじめて3週間目。

だいぶ慣れてきた気がする。

しかし、運転を始めた頃はほんっと辛かった。

 

これを言うと、みんな?ハテナ?顔なのだが、

はじめは“道路の仕組み”がよく分からなかった。

右車線にいて曲がったら、曲がった後の道路でも

右車線に進むことが原則ってことを理解するのに、

ゆうに2週間はかかった。

 

どこの信号を見ればいいのかも分からないし、

(だって道路の左右に2個ついていたりして、

それぞれ違う信号だったりするんだもん…)

信号の矢印の出るタイミングも、よく分からなかった。

信号が青だからって、なーんか信用できないし。

 

サイドミラーやバックミラーに写っている車たちを

頭のなかで立体的な図にするのに、1ヶ月はかかった。

たしかにミラーには写っている。ミラーでは見えている。

でも、それがどこら辺なのか、どの辺りの道路なのか、

どれくらい離れているのか、右なのか左なのか、

まったく頭のなかで組み立てられなかった。

 

アクセルを加減しながら踏むのも慣れなかった。

踏むか踏まないか、どっちかにしんしゃい!と思った。

 

ハンドルさばきも分からなかった。

どれくらい回せばどれくらい曲がるのか。

今でもバックと縦列駐車のハンドルの切り方は

さーっぱり分からない。

 

きっともっと若くて

運転免許を取ってすぐに運転を始めていれば

こんな変な疑問もわかなかったと思う。

こんなことをウダウダ認識するだけでも

年を取って運転にチャレンジしている醍醐味なのかもしんない。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
めっちゃ胃が痛いです。

金、日本食レストラン、3人でビール&ワイン2本。
土、イタリアン、4人でピッチャー2杯&ワイン2本。
日、家食、3人でビールと日本酒4合を2本。

この飲み会続きで、今日は胃がダウンしてしまった。
昔は平気だったのになー。
若い頃は、週5日飲んで、1月の飲み代が10万でもノリノリだったのになー。
もうダメでございます。

マレーシアで胃に優しい生活を送っていたからか、
飲みすぎ食べすぎは、ほんに体にこたえますね。
今日はおかゆと果物だけ。
明日も優しく過ごします。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

マレーシアに来て、あっという間に7ヶ月が経った。

7ヶ月。妊娠している友人達のお腹も順調に大きくなる年月だ。

 

昨日、友人からのメールで

“アメリカへの赴任が決まった”と書いてあった。

こっちも赴任している立場なのに、

いいなぁーと思い、なぜかふとドキッとした。

 

わたしは、マレーシアでちゃんと歩いているのかな。

ちゃんと成長しているのかな。

ここに暮らしている意味をしっかり見つめているのかな。

 

毎日を大切に、その日をしっかり生きていれば、それでいい。

本気でそう思っているのに、ふとした瞬間、不安になる。

 

期間限定の海外生活だからか、

欲張りで何かを得なければ、と焦っているからか、

歳を取ったのにいまだ夫婦二人だからか、

その不安は、日本にいたときより、すこしだけ大きい。

 

車社会&夜のひとり歩きはちょっと…のマレーシアなので、

日本と比べて圧倒的に友人と外で飲んだくれる日は少ない。

見るテレビもないので、夜はたいていパソコンに向かったあと、よく寝る。

友人は「ジムに毎日通って、夜はバタンキュー。とても健康的な毎日。

高校のときより、今のほうが体力があると思う」と言っていた。よく分かる。

 

そんな生活も悪くない。むしろいいと思う。

新しい習慣や、新しい文化に触れ、

じぶんの暮らしやスタイルが変わるのはとても気持ちがいい。

 

なぜって、身が、心が、軽くなる気がするから。

気づかないうちに貯まっていたワインのオリのような必要の無いもの。

よく考えてみれば無駄で、単なる重りだったもの。

そんなものをすっきり削ぎ落とすことができるから。

心が軽くなるのは、イコール、自由が広がることだ。

 

だから、日本に帰国したあとも、

また海外に行きたいと無性に思うような気がする。

この軽くなる感じは、一度体験したら止められないから。

 

こっちに来て、がんばっている?がんばっていない?と問われれば

胸を張ってがんばっているよ!と答えると思う。

運転だって毎日やっているし、

ナシレマだってサテだって食べれるし、

マレー語だってすこし話せるようになったし、

ひとりで電車に自由に乗れるようになったし、

ゴルフのコースを3回もまわった。

小さなことでも、ひとつひとつ自分でクリアしてきた。

それだけでも十分にがんばった!と思う。

 

でも本当に大切なこと、成長したことは

こんなふうに簡単に言葉にできないことのような気がする。

人に簡単に説明できることじゃなくて

心で感じた尊い実感、体感、心の変化。

人に説明してすぐに分かってもらえるものじゃなくて

人が自然と感じてくれるようなもの。

それが本当に大切なことのような気がする。

 

でもわたしはライターだから

言葉で説明できない何かを

言葉で説明したいとも思ってしまう。

言葉で説明できない、と言っておきながらも

それを説明したいのだ。矛盾なんだけどね…。

 

その言葉がまだ見つからない。

その言葉を見つけたい。

そして、その言葉を相手が感じてくれるような

人間になりたい。もっと変化したい。

 

鼻の頭に、触ると痛いニキビができている。

そんな顔で、今日もパソコンに向かっている。

 
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日の朝、調子のいい太鼓の音楽が聞こえ、

マレーシア+太鼓=???とギモンに思っていた。

 

3時過ぎ。また太鼓の音が聞こえる。

聞こえる窓の下を眺めると・・・

あ!うちの隣りの高級コンドミニウムに

獅子舞(ライオンダンス)がおる!!

 

今週末までほぼ15日間が、旧暦の中華正月。

その間に、中華系レストランなどの店、家などに獅子舞隊は呼ばれる。

獅子舞隊はトラックで訪れ、太鼓のお囃子に合わせて、ヤンヤヤンヤ。

お囃子が激しくなればなるほど、獅子舞の頭や体は飛び跳ねる。

HPで調べてみると、この踊り、今年1年の厄除けの意味があるらしい。

 

先日行ってきたクチンでも目撃したのだが、

祭り好きの血の気の多い若者たちと

それを取り仕切る兄貴、という感じの青年たちが10人ほどの一団。

15分ほどたっぷりと獅子舞は踊り狂うのだ。

 

聞いた話しによると、

中華系の人々が、11日の新年ではなく

旧暦の新年にこだわり続けるのは、

占い、運気、という昔の言い伝えを大切にするからなのだそう。

となれば、獅子舞が人気なのも、うなづけますな。

 

(隣のコンドミニウムに訪れた獅子舞隊と、クチンで見かけた獅子舞)

 獅子舞 獅子舞クチン

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
友人に誘われ、映画を見に行った。

というのも、友人はその映画に出演(スゴイッ!)していて、

今度見に行きたい~とねだったのだ。

 

「どのシーンに出てるの?」

「知らない。見るの初めてだから」と友人。

 

チョイ役?エキストラ?と思っていたら、おっとどっこい!

最初の役者紹介の字幕に、ドドーンと名前が出ている。

……も、も、もしかして、大役!!?

 

本当にそうだった。

主人公の妹役で、映画の3/4くらいのシーンには出ている。

 

きゃー、映画のなかで演技している人が

隣に座ってるよ、これってどうよ!!

 

映画の内容もよかったし、映像もキレイだし、友人が出てるし、

マレーシアの風景(すべてペナンで撮影したらしい)も美しいし、

DVDを買うこと決定。

 

中華系マレーシア人の文化が色濃く描かれた作品でした。

 

ちなみに、マレーシアの中華系は広東省から移住した人が多く、

ほとんど広東語を話す(香港も広東語)。なので、この映画も広東語。

初の中華系マレーシア人による映画には、

字幕が、マレー語、英語、マンダリン(北京語)の3ヶ国語が付き。

 

映画のあと、教えてもらった中華系の文化については

また今度書きますね^^

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
みかんから、まだ目が離せません。

なんとスーパーでムキッ!剥きみかんを発見。

マンゴーやハニーデューのカットフルーツは便利だけど

みかんまで剥いてあるのがいいんかーい!

誰かが手で剥き剥きしたと思うと、大変ごくろうさまです・。・

 

次の写真はアンパオ。中華正月に配られたお年玉です。

紅包と書いて、アンパオと読むそうです。

値段は小額でよくて、金額よりも縁起ものの意味が強いらしい。

結婚している人がアンパオをあげなければいけないらしく、

逆に結婚していない人は、いつまでももらえるとか。へー。

みかん あんぱお

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
絶対食べるぞと心に誓っていた

チャイニーズニューイヤーの定番、イーサンを食べた!

 

イーサンとは、生魚やいろんな具を混ぜ混ぜして食べる料理。

なんでも、『生』という漢字が、“生きる、はじめる”という意味を

持っていて縁起がいいらしい。

中国本土とはまったく関係の無い行事だそうで、

マレーシア独自だというのもおもしろい。

 

食べたのは、地元の中華レストラン。

イーサンは前菜のようで、その皿を平らげたあと、

チキンやら、野菜やら、普通のご飯を食べた。

 

イーサンをじっくり見てみれば……

白身魚の刺身(ほんのほんのちょびっと)、刻んだ生姜、

揚げた餃子の皮、ナッツ系、

ポメロという日本でいうザボンのような柑橘系フルーツの実、

緑、黄色、赤と色つきで揚げられた麺。……など。

 

そこに、別のお皿で出てきたオイルと

(サラダ油だと思うが、なぜかほんのり味がついている)

プラムソース(酸っぱ甘い梅風味のソース)を

上から、たらーりとかけて、混ぜる。

 

しかーし!ただ混ぜるのではない。

みんなで立って(立たないと手が届かなかったからかもしれない)

みんなで混ぜる。

箸をつかって、なるべく具を高く持ち上げて、

ぐりぐり、えいえい、ぐちゃぐちゃ、と混ぜる。

 

混ぜつつ、広東語で何かワー!と叫びながら、

「今年もいい年になりますように!!」

「安全にすごせますように!!」

「リッチな旦那さまが見つかりますように!!」

など、みな口々にいっせいに願い事を言う。

 

これが、イーサンらしい。

今年は新暦と旧暦のお正月が2回やってきた。

 

来週は1週間お休みで、

東マレーシアのボルネオ、クチンに旅行してきます。

いい年になりそうです。


ps:というのを先日書いていたのですが
ネットの調子がイマイチで、今日アップします~。

写真はイーサン&イーサンをぐちゃぐちゃ混ぜているところ。


イーサン イーサン2

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。