アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

2005年から2009年までの4年間、常夏のマレーシアで暮らしていました。2年過ぎた今でも、日本食は「ハレ」の料理でちょっぴりよそよそしく、アジア飯のほうが「ケ=日常」のご飯で、ホッとします。私にとっての食とは、味わいながら、みんなとつながることです。


テーマ:
今週火曜日、こっちで初の夫以外の人とランチをした。

(なんだか、あやしい言い回しですな 笑)

 

韓国出身のジェニーちゃん、22歳の大学生。

こっちに来てはじめて知ったことだけど

実はアジア各国にとってマレーシアとは、

“アジアで英語が学べる国”として位置づけられている。

 

ジェニーちゃんも英語を学ぶために

韓国からマレーシアにやってきた。

 

彼女はマレーシアのインターナショナルスクールで3年間学び、

いったん韓国に戻ったものの、さらにこの5月、

大学に通うために再びマレーシアへ。彼女の将来の夢は外交官。

 

ちなみに、彼女のふたりの妹とひとりの弟も

マレーシアのインターナショナルスクールで学んでいる。

 

韓国の人と話すのなんて初めて。

ドキドキして、思わず変なことも聞いてしまう。

 

「キムチ好き?」

「イエス。好きよ」

「いつ食べるの?」

「ディナーで毎晩食べてるわ」

 
「日本では、ヨンさまが人気なのよ」
「ヨンサマね、知ってるわ。たくさんの日本人を韓国で見るの」

「わたしもヨンさま好き好き! でも、日本ではヤングガールよりも

 オールドウーメンが、ヨンさまのことを好きなんだよ」

「へー、そうなの。ワタシ、ヨンサマさまのカレンダーと

アルバムを持っているから、あげましょうか?」

「本当?!嬉しい!」

 

外国の人でも、
こんなカタコトの英語でも、
歳が相当違っても、

通じるって、話せるって、すごいなぁ。楽しいなぁ。

 

しかしながら、不思議なことと、不安なことがひとつずつ。

 

不思議なこと①

「ベトナム食べに行かない?」

と言われ、OK!と言ったら、

向かった先が、「マクドナルド」だったこと。

 

不安なこと②

「日本のオールドウーメンがヨンさまを好き。

 そしてわたしも好き」

と伝えたことが、

自虐的なギャグに聞こえていたのではないか、ということ。

(本当は、わたしは若いのに特別に好きなの、と伝えたかった)


ちなみに昨日の英語の授業にて。


1「Japanese tourists take photos all the time.

2「People in Japan eat rice for breakfast.

の文章は〇か×か。

 

授業での答え。1=〇、2=×


わたし、ふたつとも間違えました。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
さっきブログに書いた、ネットのコミュニティ。
「マレーシア 女性」で検索をし、たくさんのヒットしたメンバーのなかで、
ふたりの方にメールを送った。

そしたらなんと、そのふたりとも!
同じコンドミニアムに住んでいた。

KLに数多あるコンドミニアム。

わたしって、超能力者かもしんない…(!)


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
すごいぞ、すごい!

登録しているネットのコミュニケーションで、

「マレーシア 女性」と探してみたら、

同じコンドミニアムに住んでいる人と連絡が取れたのだ~!!

こんな偶然って、ほんっとすごい。感激です。

 

それもこれも、

あまり活用してなかったコミュニティーサイトの使い方を

アドバイスしてくれたコターくんのおかげだし。

はたまた、このサイトに招待してくれたゴさんのおかげだし。

 

コターくんと出合ったのはサークルを紹介してくれた

カオちゃんやサちゃんや、

スちゃんやシちゃんのおかげだし。

ゴさんと出合ったのは勇気を出して掲示板トピの

オフ会に参加し、わたしを連れていってくれた彼のおかげだし。

 

カオちゃんたちと知り合ったのは

地元の手話講習会を紹介してくれた彼のお母さんのおかげだし。

彼と知り合ったのは、会社にはいったおかげだし。

 

会社にはいったのは

大学の先輩がひろってくれたおかげだし。

大学に入れたのは

高校でいい友人に囲まれ、一緒に勉強したおかげだし。

 

そんなこんなで、どんどんさかのぼっていくと、もう

「産んでくれてありがとうー、母ちゃん!!」

「ご先祖さま、サンキューーー!!チューッ!」

みたいなところまで一気にたどり着いてしまう。

 

ほら、あの歌。

「今までアタシがしてきたこと、間違いじゃないとは言い切れない。

 でもアナタと会えたことで、すべて報われた気がするよぉ」

という感じに似ている。

 

出合い。出会い。であい。

 

どんな「であい」も過去からずっとつながってきたもので、

この「であい」も、未来にずっとつながっていくもので。

 

過去には戻れないけれど、

今のすべてが、過去の証なんだと思う。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
レジに並んでいたスカーフを頭に巻いたマレー系のおばさん。

なにやらレジ係りの人に文句を言っている。

 

「△※☆×!」

「☆〇×▲∵□◆×!」

 

おばさんがレジに持ってきたのは、

パック詰めにされたスイカと牛乳。

 

はじめに牛乳がビニール袋にいれられ、

次にスイカが入れられようとしていたところに、

おばさんが文句をいいだした。

 

そんでもって、ポイッとスイカをレジの脇に置いたのだ。

 

レジ係りの人は、カッチーンとかなりムッとした表情。

仕方なしにレジと打ち直し、牛乳だけ渡そうとする。


ところが、それでも気に入らなかったようで、

おばさんは牛乳までポイッとレジの脇に置き去りにし、

お金を払わず、背中を向けてサッサッと去ってしまったのだ。

 

「☆〇×▲∵□◆×!☆〇×▲∵□◆×!☆〇×▲∵□◆×!」

おさまらないのは、レジ係りさんの腹の虫。

 

次の人のレジをうちながらも、ものすごく怒った表情で、

となりの同僚に、ブツブツブツブツブツブツー!! 文句文句文句!

となりの同僚は思わずクスクスッと苦笑い。

 

ひとしきり文句を言ったあとスッキリしたのか、
レジ係りさんも、なんだか思わずクククッと苦笑い。

 

おばさんは、スイカと牛乳を分けて入れてほしかったのか。

突然気が変わって、買いたくなくなったのか。

 

理由はまったく分からなかったけど、

なんだかちょっとおかしかった。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
行ってきました! マレーシアのクラブ、クラブ!

ビール片手に、ブイブイ踊って、イェイェイ!のクラブです。

 

ツインタワーKLCCの近く。路上屋台で

トムヤムスープとアイスミルクティーで腹ごなしをし、

マレーシアの六本木に向かった。

 

すでに経験済みの彼いわく、

こちらのクラブは若い子が多いそうで、

われらの歳ではもうジジイ、ババアなのだとか。

そのなかでも、比較的年齢層の高いという「ビーチクラブ」に決定する。

 

入り口で30リンギ(900円)円払い、腕にスタンプをペタン。

カールスバーグのボトルをバーで受けとり、店内に入る。

 

海辺のコテージのような木で編まれた天井。

それがとっても高く広くて、開放感たっぷり。

頭上には、30センチほどのサメがスイスイ泳いでいる水槽。

ノリノリのバーテンさんのいるカウンター席、

ドリンクを置くテーブル、バンド演奏のステージ、お立ち台まである。

 

へっぴり腰で、盆踊りのような感じで、

でもとっても、とっても、楽しそうにニコニコとしながら踊る

ワイシャツ&スラックスのおじさん。

 

ピタッとしたTシャツ&細身のジーンズで、

セクシーに腰をくねらせ、上手に踊るお姉さん。

 

おじさんからラブラブの若いカップルまで、年齢層はさまざま。

ターバンを巻いたインド人から踊りの大好きな白人まで、人種もさまざま。

 

みんな思い思いに、踊ったり、飲んだり、会話をしたり。

ゆるい感じの心地よさで、時間を楽しんでいた。

 

わたしも踊りなんてまったく自信がないけれど、ちょっと踊ってみた。
日本ではあり得ないだろうけど、

彼と向き合って、ニッコリしながら、ちょっと踊ってみた。

とても楽しかった。

 

音楽にのって体を動かすことって、こんなに気持ちがいいんだなぁ。

 

マレーシアには、日本でいうところのカラオケボックスはあまりない。

カラオケといえば、お姉さん付きだし、

横にいなくても、スナックのようなところだったりする。

 

正直、そういうところのカラオケの居心地はあまりよくない。

知らない人が聞くなかで歌うのは緊張するし、

ウィスキーを注いでもらったりすると、モゾモゾする。

 

ということで、マレーシアでカラオケのように騒ぎたいと思ったら

クラブに来よう!と決定。気軽に楽しめるし。

これで大好きな友が一緒にいれば、もう言うことなしだ。

 

よわい30を過ぎてから、クラブの楽しさを知ったぞ。

友人の皆さま、こっちに来たら、ぜひ行こう~!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
どんなに近くでも、どんなに観光定番コースでも、

外に出ると必ず、発見と出会いがあるから不思議だ。

 

さんさんと陽射しが照りつける真っ青な空の下、
1957年、イギリス国旗に代わりマレーシア国旗が掲げられ、
独立が宣言された広場にやってきた。

世界一高いといわれる、地上100メートルでたなびく国旗。

その周りは、まばゆいほどの緑の芝生が広がっている。

 

あ、やばいっ!

こんな暑いのに、こんなに歩くのに、

ミネラルウォーターを忘れてしまった。

 

つい先日、NHKで熱中症の特集を見ていたので

不安はどんどんつのる。

 

ふと見れば、風とおしのいい、アジア風のモダンなレストラン。

横に建物が広がっていて、ホテルのようだ。
よし、水くらい売っているだろう。

 

ガシガシ歩く。みーずっ、みーずっ!

じつは暑さにはめっぽう弱いわたしは、熱中症は3、4回体験済み。

吐き気がするし、寝ないと治らないし、あれって辛いのよ、ホント。

 

しかしたどり着いてみたら、そこはホテルではなく

メンバーだけの会員制クラブ。メンバー以外は一切入れないという。
マジですか!

 

しかし切羽詰っていたわたしは思わず聞いてみた。

「アイウッドライクトゥーバイウォーター」

 

すると、スタッフと談笑していたおじさんが、振り向いて問う。

「ユーウォントミネラルウォーター?」

「イエスイエス」

「アイルギブユー」

 

キャー! うれしい、おじさんありがとう。


キンキンに冷えたミネラルウォータのボトルをおごってくれ、

とても美しい英語で会話をしてくれ、

通りを歩くときのバックの持ち方も教えてくれ、

あなたは新しい人だから何かあったら電話をしなさい、と

電話番号まで教えてくれたレニーおじさん、
本当にありがとう。

 

意気揚々と歩き出したところに、

今度は怪しい日本語が飛び込んできた。

 

「あなた日本人?ひとり旅ですか?」

「あー、まー」

「この人たち、日本の学生です」

見れば、私服姿の若者集団が、マレーシア国旗のまわりをゾロゾロ。

おー、日本の修学旅行生ですか!

 

話しかけてきたのは、旅行代理店JT△に勤める、

日本語ペラペラの現地ガイドさん。名前をマッチャンというらしい。

その名詞のカタカナ標記に思わず、にっこり。(きっと彼もそれが狙い)


マッチャン、日本語で親切に歴史博物館の入り方を教えてくれて

ありがとうね。

 

しかしなんですね。

修学旅行で海外っちゅうのは、いかがなものか。

もとローカル学生のひがみかもしれませんが、

修学旅行というのは、
友達や好きな人と昼も夜もご飯も一緒に生活をすること、
そのことに意義があると思う。

どこで、何を、見るかは、その次のこと。

 

だってさぁ、マレーシア歴史博物館でも

見学をさっさと終わらせて(たぶん)

イチャイチャしているカップルがいたぞー。

彼らは、奈良京都でも、近くの山でキャンプでも、野宿でも、

なんでもよかったんじゃんかー(たぶん)。

 

といっても今の時代、国内よりも海外のほうが旅行代金が安いのだろうか。ね。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

「原宿」

「新撰組! 近藤勇、土方歳三、」

「富士山は日本一の山」

 

これらはマレーシアで見かけた日本語の文字だ。

 

「原宿」は、ストレートの黒髪ロングヘアーの若い美女。

彼女がはいていたジーンズ生地のスカートのバックプリントだった。

歩くたびに、ヒップあたりで、「原、宿、原、宿」と赤い文字が揺れていた。

 

「新撰組」は、白人のふくよかな男性。

彼のTシャツのバックプリントだった。

墨で書いたような、迫力のある「書体」でつづられ、

新撰組隊員の名前がぜんぶ記されていた。

 

「富士山」もTシャツのバックプリント。

イラストとともに、縦書きで、一筆。

富士山は日本一の山

そのとおりです。

 

しかし、日本語って、難しいねぇ。

フィジーさんに、

「日本語で、“アイウォントトゥードリンク”ってなんていうの?」

と聞かれ、固まってしまった。

 

「私は飲みたいです」

私=アイ、飲み=ドリンク、たい=ウォント

 

で、“は”と“です”って何?

 

こんな難解な日本語が話せるんだもの。

英語だって、がんばれば、話せるようになるよね。

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は彼が接待だそうで、ひさーしぶりにひとり夜ご飯。
テイクアウトで、こちらの名物料理「ナシ・レマッ」をゲットした。

家に帰ってきたのが4時。
それから4時間20分後。

さーて、食べるか、と見たら!
小さな小さなアリが、もうウジャウジャ、ウジャウジャたかっていた!
ご飯のなかにもモゾモゾ、モゾモゾ!

キャー! これは食べれません…。

夕ご飯は、クッキー、お土産用のカステラ、おかき、
ビール、チーズ、マンゴスチンになりました。

過ごしやすいマレーシア。
されどマレーシア。

25階でも、たっくさんのアリ(小さいけど噛みます)と、ゴッキーと蚊がいます。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日から英会話学校に通うことにした。

 

当たり前といえば、当たり前だけど、

全部、英語だった。

テストの方法も、注意事項も、お金の払い方も、

ライブラリーの使い方も、宿題のページも、事務手続きも全部。

 

どうしよう。宿題のやり方が分からない。

これでは忘れたくなくても宿題を忘れてしまう。

 

質問してみたけど、全部英語の答え。

あぁぁぁ。ぼう然。

 

おまけにみんなヤングなのよ。

歳を聞かれ、正直に答えたら、ひいていたし。

(推測するに、彼女たちは18歳。そりゃひくよね)

 

それにとにかく、授業のスピードが速い。

「1分でディスカッションして、1分で回答!」

なんていわれ、エッ!と混乱して。

“1分って、1分って……”、と考えてたら、1分が過ぎていた。

 

でもひとつ勉強になった。

 

会話って、スピードなんだ。

言語って、瞬間、瞬間の心の動きなんだ。

まったなし。想像してOK。

 

言われてみれば、日本語の会話もそうだもんな。

じっくり考えて話すのなんて、

議論とか、討論とか、仕事とか、難しい話しのときだけで、

あとは適当に、流れや雰囲気で話してるもんな。

 

とにかく、なんでも予想して、すぐに反応。

間違ったり、分からなかったら、そこで考える。

単語を調べたり、意味をじっくり知るのは、

最後の最後。そんな感じの授業だった。

 

英語翻訳家のほーさまいわく、

「言葉は勉強じゃないよ。文化だよ」

なんだそうです。

 

帰りにまたCD屋さんでフィジーさんと話してたら、

フィジーさんは、なんと、19歳!と判明!

「若いっ!」と絶句してたら、

「あなたも、25歳くらいにみえるよ」と

一生懸命フォローしてくれた。

 

嬉しかった。

ありがとう、フィジーさん。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
<今日からはオンタイムでお伝えします>

毎日通っている家の隣りのビルにあるフードコート。

 

初めて足を踏み入れた日、

注文の仕方も、お金の払い方も、どんな食べ物があるかも

まったく分からなくて、
財布の入ったカバンをギュッとにぎりしめ、ドキドキしていた。

 

天井が低く、電灯もすこし薄暗いような印象で、でもそれが

「アジアのチープなフードコートって感じでいいよね」

なんて思っていた。

 

それがだ!!

 

今日のお昼、いつものようにムシャムシャ食べていたら、

突然、周りが明るく見えたのだ!!

 

えっ! こんなに明るかったっけ?このフードコート。

 

とくに暗く見えた、角っこにあるカレー屋さん。

そこも明るい。キレイだ。

おまけに、食べている人まで、

生き生きとランチを楽しんでいるようにみえる。

 

それはまるで、

入学したばかりのときは

クラス全員の顔がぼんやり塊になって見えていたのに、

名前を覚えて、友達になって、性格を知っていくうちに、

ひとりひとりの顔がハッキリと分かるようになったような。

 

今までまったく意識していなかった同僚が、

同じプロジェクトを担当し時間を共にしたことで、

なんでも話せる、かけがえのない友人になったような。

 

ぼーっとやり過ごしていた通勤列車のなかで

すっごく好みの男性を見つけて、

急にその時間が、特別なひとときになったような。
そんな感じ。

 

きっと、同じモノを見ていても、

「人の思い」によって、見え方は全然違う。

 

五感を信じようとか、五感を研ぎ澄ませとか、よくいうけれど、

その五感とは、間違いなく、人によって異なる相対的なものだ。

 

だからこそ、
五感を信じることは大切なのだよ。

なぜなら、自分を信じることにつながるから。

 

「絶対」「普遍」「共通」
なんてものは、この世の中にひとつも存在しない。

だから、世の中はおもしろい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。