内容紹介

◆ベストセラー『明治維新という過ち』の著者が解き明かす、
明治近代が貶めた「江戸」の価値! 

◆日本人なのに江戸を知らない!?
・日本人を輸出したキリシタン
・幕府は鎖国などしていなかった! 
・派遣、アルバイトで成立していた大名行列
・江戸~京都約3日! 超特急の飛脚たち

◆世界が学ぶ江戸のエッセンス
今日私たちが「伝統文化」と呼んでいるものの多くは、江戸期に完成されている。それらが失われつつある現在、むしろ外国人によって日本の美点、江戸のすごさが発見されてきた。近代工業社会や資本主義の行き詰まりに対して、世界が期待するのは江戸の持続可能性やそれを実現できる価値観だ。日本人は明治近代が江戸という時代を強く否定したせいで、自らの歴史を正しく知らずにいる。土中深く埋め去られた江戸を掘り起こす! 

世界でも最長にわたる平和な時代を維持した江戸――その高度な社会システムとオリジナリティに満ちた精神文化の由来を知る! 

【本書の構成】
第一章 江戸の価値観
第二章 確固とした時代のコンセプト
第三章 幕藩体制という大名連合
第四章 鎖国をしていなかった江戸時代
第五章 整備された国内ネットワーク
第六章 江戸の人口と災害
第七章 持続可能な江戸社会



内容(「BOOK」データベースより)

今日私たちが「伝統文化」と呼んでいるものの多くは、江戸期に完成されている。それらが失われつつある現在、むしろ外国人によって日本の美点、江戸のすごさが発見されてきた。近代工業社会や資本主義の行き詰まりに対して、世界が期待するのは江戸の持続可能性やそれを実現できる価値観だ。日本人は明治近代が江戸という時代を強く否定したせいで、自らの歴史を正しく知らずにいる。土中深く埋め去られた江戸を掘り起こす!



著者について

原田 伊織(はらだ・いおり)
作家。歴史評論家。1946年京都生まれ。近江・浅井領内佐和山城下で幼少期を過ごし、彦根藩藩校弘道館の流れをくむ彦根東高等学校を経て、大阪外語大卒。2005年『夏が逝く瞬間(とき)』(河出書房新社)で作家デビュー。『明治維新という過ち』が歴史書としては異例の大ヒット作となり、話題となる。
主な著書に『明治維新という過ち』(毎日ワンズ・講談社)、『大西郷という虚像』、『明治維新 司馬史観という過ち』(共に悟空出版)、『三流の維新 一流の江戸』(ダイヤモンド社)、『官賊に恭順せず 新撰組土方歳三という生き方』(KADOKAWA)、『原田伊織の晴耕雨読な日々【新版】 墓場まであと何里?』(毎日ワンズ)など。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

原田/伊織
作家。歴史評論家。1946年京都生まれ。近江・浅井領内佐和山城下で幼少期を過ごし、彦根藩藩校弘道館の流れをくむ彦根東高等学校を経て、大阪外語大卒。2005年『夏が逝く瞬間(とき)』(河出書房新社)で作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)






なでしこ、2大会連続2度目のアジア制覇! 横山の決勝弾で豪州を下す

https://www.soccer-king.jp/news/japan/nadeshiko/20180421/745682.html?cx_cat=page1
2018.04.20 03:56



AFC女子アジアカップヨルダン2018・決勝が20日に行われ、日本女子代表(なでしこジャパン)とオーストラリア女子代表が対戦した。



 なでしこのGKは山下杏也加。

最終ラインは右から清水梨紗、熊谷紗希、市瀬菜々、鮫島彩。阪口夢穂と宇津木瑠美がボランチに入り、中盤の2列目に中島依美と長谷川唯。

菅澤優衣香と岩渕真奈が2トップを形成する。

今月13日に行なわれたグループステージ第3戦のオーストラリア戦と全く同じ11名となった。



 立ち上がりからオーストラリアに攻め込まれる展開が続く。

14分には相手のシュートをブロックに行った熊谷がハンドを犯し、オーストラリアにPKを献上してしまう。

しかし、エリース・ケロンドナイトのキックはGK山下が防いだ。

前半最大のチャンスは35分、右サイドでボールを持った岩渕が得意のドリブルからラストパス。

走り込んだ長谷川がシュートを放ったが、惜しくも相手GKの好セーブに阻まれた。

前半はスコアレスで折り返す。



前半はGK山下が好セーブを連発



 後半に入り72分、なでしこは菅澤に代えて横山久美を投入する。

すると迎えた84分、左サイドで仕掛けた長谷川が横山へパス。

横山はドリブルで切れ込み右足を振り抜くと、強烈なシュートはゴール右隅に突き刺さった。



 試合は1-0で終了。

なでしこがオーストラリアを下し、2大会連続2度目のアジア制覇を達成した。



【スコア】

なでしこジャンパン 1-0 オーストラリア女子代表


【スコア】
1-0 84分 横山久美(なでしこ)






なでしこがアジア杯2連覇! 途中出場の横山が決勝点、豪州を破る

http://www.sanspo.com/soccer/news/20180421/jpn18042107250002-n1.html
2018.4.21 07:25



jpn18042107250002-p1.jpg
2大会連続2度目の優勝を果たした日本イレブン。優勝トロフィーを受け取る熊谷=アンマン(AP)


 サッカー女子のアジア・カップ最終日は20日、アンマンで行われ、日本代表「なでしこジャパン」は決勝でオーストラリアを1-0で破り、2大会連続2度目の優勝を遂げた。

後半39分、途中出場の横山(フランクフルト)が決勝点を奪った。



 日本は前半、GK山下(日テレ)がPKを止めるなど無失点で折り返し。

後半も相手の攻勢を耐え、横山が少ない好機を生かした。

最優秀選手には全5試合にフル出場し、2得点の岩渕(INAC神戸)が選ばれた。



 高倉監督が率いる日本は今大会で、来年6月開幕のワールドカップ(W杯)フランス大会の出場も決めた。



 3位決定戦は中国がタイを3-1で下した。(共同)



高倉麻子・女子日本代表監督の話
「決勝にふさわしい最高峰の相手と試合ができたことを誇りに思う。粘り強く守備ができたのは大きかった。一人一人の思いが結果に結びついた」


スタイチッチ女子オーストラリア代表監督の話
「サッカーは時に残酷なものだ。久々に素晴らしい試合内容だったが、結果が伴わなかった。どのポジションでもわれわれに分があったが、決め切れなかった」


田嶋幸三・日本サッカー協会会長の話
「やっとここでなでしこらしさが出てきた。日本サッカー界にいい刺激になってくれると思う。2011年の(W杯で)優勝した時のようなチームを期待するというよりは、新たななでしこの形をつくってほしい」







内容紹介

まやかしの明治礼賛にNO! 衝撃の維新論。

裏では大英帝国と通じ、天皇を徹底的に政治利用して攘夷を主張する薩長のテロが吹き荒れる中、血に飢えた欧米列強に対して、幕府滅ぶとも国滅ぼすまじという決死の覚悟で交渉に臨み、専守防衛に徹した徳川日本の幕臣官僚たち。薩長史観の過ちを正し、偽りの歴史に終止符を打つ話題沸騰の維新論、第2弾!


内容(「BOOK」データベースより)

裏では大英帝国と通じ、天皇を徹底的に政治利用して攘夷を主張する薩長のテロが吹き荒れる中、血に飢えた欧米列強に対して、幕府滅ぶとも国滅ぼすまじ、という決死の覚悟で交渉に臨み、専守防衛に徹した徳川日本の幕臣官僚たち。薩長史観の過ちを正し、偽りの歴史に終止府を打つ話題沸騰の維新論、第二弾!



著者について

原田 伊織
(はらだ・いおり)
作家。クリエイティブ・プロデューサー。JADMA(日本通信販売協会)設立に参加したマーケティングの専門家でもある。株式会社Jプロジェクト代表取締役。1946(昭和21)年、京都生まれ。近江・浅井領内佐和山城下で幼少期を過ごし、彦根藩藩校弘道館の流れをくむ高校を経て大阪外国語大学卒。おもな著書には『夏が逝く瞬間』(河出書房新社)、『原田伊織の晴耕雨読な日々』(毎日ワンズ)、維新三部作第一巻『明治維新という過ち』(講談社文庫)、維新三部作完結編『大西郷という虚像』(悟空出版)、『三流の維新 一流の江戸――「官賊」薩長も知らなかった驚きの「江戸システム」』(ダイヤモンド社)などがある。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

原田/伊織
作家。歴史評論家。京都市生まれ。大阪外国語大学卒。広告代理店でマーケティング・プランニングや番組企画などに携わり、独立後プランナー、コピーライター、編集ライターとして活躍。JADMA(日本通信販売協会)の設立にも携わる。2005年『夏が逝く瞬間』(河出書房新社)で作家デビュー。『明治維新という過ち日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト』が歴史書としては異例の大ヒット作となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)