ブランド」というと、自分には関係のないこと・・・と思われる方も多々おりますが、商売人には全て必要な概念です。サラリーマンだとしても「ブランディング」は重要なのですが、社内ではそこまでの育成環境が整っていません。というのもあって、脱サラ起業したとしても、「ブランディング」活動がほど遠い、あるいは後回しの状態であると言えるのでしょう。「ブランディング」は会社が行なうことではありません。「人」が行なうことです。特にこれからの時代はブランディング」が成果を大きく左右します。個人においても同様です。


では、なぜ「ブランディングブランド化」が必要なのか・・・。
 
今回は、「ブランドの役割」を理解してもらうために、説明していきます。


ブランディングがなぜ必要か?~ブランドの役割~



ブランド」を目指す理由は様々ですが、基本ベースとして説明します。

ブランドの役割


ブランド」の役割は、顧客(他者視点)と私(自己・自社)視点があります。


顧客(他者)視点の「ブランド」の役割


ブランドの役割

 
  • 容易的(簡易的)識別」の役割

  • 顧客の意思決定(購買や契約時)の時間短縮、ストレス軽減、コスト節減などが目的です。
    純粋想起、助成想起率(マインドシェア)のアップにつながります

  • 品質保証」の役割

  • リスク回避、不安の除去、問題対応など。安心感・信頼感を得ることができます
    (例:海外での日本製家電・自動車、チェーン店.etc)

  • 自己(顧客側)理想の実現・表現」の役割

  • 自己イメージ、価値観、ライフスタイルなどを表現する手段になります。
    一種のステータスにもなります。
    (例:シャネラー等の●●ラー、オタク系、インテリ系.etc)
 

私(自己・自社)視点での「ブランド」の役割


ブランドの役割

 

  • 収益のアップ」の役割

  • リピード客が増え、口コミ等による新規客獲得が容易になります

  • コストダウン」の役割

  • プロモーション等のコストが削減されます(=利益向上)

    ※新規顧客獲得コストは、リピート客コストの5倍、10倍と考える

  • 関係性強化による成長」の役割

  • 信頼に応える、クレーム対応等、至誠によって、成長・進化を促します

  • 無形資産価値」の役割

  • 「ブランド・エクイティ」により、成長・拡充が見込めます

    ※「あなたが推薦(紹介)するなら全て信じます」状態になる
 

このように、

ブランド」の概念は、顧客(他者)と私(自己)両方において

充分なメリットをもたらすということが言えます。

 

そもそも、

ブランド」とは何か? 「ブランディング」とは何か?・・・を考えてみます。

 
 


あなたは、何によって憶えられたいのか?
by. ピーター・ドラッカー(プロフェッショナルの条件より)








1ポチッのご協力お願いします


ブログランキング参加中です



お問合せフォーム
お試しセッション
読者登録できます




AD