おやぢと風鈴の猫日記

我が家の愛猫(風♂と鈴♀)との日々を綴ります。
そしてたまにはモータースポーツについても語ります!
第2章スタートです!(^_-)-☆


テーマ:
かなり急遽だけど
仕事で長野県の松本へ

23日の19時出発

東北道、磐越道が通行止めのため
下道で新潟

新潟からは高速に乗り
やっと目的地の松本の手前の
梓川のパーキングに到着!

久々のロングラン

まぁほとんど一緒にきた方が
運転したんだけどね(^_^;)

さて仮眠して朝一から作業だ!
いいね!した人  |  コメント(1)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
今朝は、
やっと連絡の取れなかった母親と電話がつながった

地震の後、部屋を片付けている時に
津波がくると近所から言われて
逃げようとしているうちに
庭から水が押し寄せて2階へ逃げたとのこと

うちの近所は水で家が流されることはなかったが
家の2階部分まで水が浸水し
逃げれなくなり家に閉じ込められて
13日に自衛隊によって救助されたらしい

家の中だっただけに
寒さもしのげて無事に生還出来たようです

しかし残念ながら飼っていた犬は
流されてしまったらしく死んでしまったとのこと

母親にとっては
すごく可愛がってただけに本当に残念だ

ゴンタ君安らかに眠ってください・・・


これから家をどうするか?
住めるのか?取り壊すのか?
とりあえずで様子を見に行きたいが
なんにしろガソリンが手に入らない

ガソリンは地震のあった日の
夕方に入れようと思ってたので
ほぼEに近い状態だったのだが

震災後、並んだスタンドでは
2時間待って結局入れることが出来ないで
帰る途中でエンジンストールするくらいに
空っぽになってしまった

会社の人に携行缶を借りてはみたが
今住んでる辺りは住宅地で
人口が多いからか、深夜から並ばないと買えない

さすがに歩きで車の列に並び
一晩過ごすわけにもいかない

その後会社の人が
3リットルくらい持ってきてくれたのだけど
近所のスタンドはとにかく凄い行列

一か八かで並ぶのは危険なので
今日時点では動けないままに過ぎている

親を避難所から脱出させ
実家の状況も確認したいが無理な状況

苛立ちはかなりMAXだけど
いくら焦ってもどうにもならん

タンクローリーの活躍に期待するばかりです!!
いいね!した人  |  コメント(3)

テーマ:
今日は安否の確認出来なかった
友人たちから
続々と連絡が入った!

こちらからの電話に出てくれた奴

留守電を聞き電話してくれた奴

メールで「無事です」とくれた奴

職業、年齢、様々な奴らがいるが
皆力強く生きていてくれた!


石巻市内で40人くらいの従業員を抱える
会社経営をしてる友人は

電話に出ておやぢを確認した瞬間に
「俺がそう簡単に死ぬわげねぇっちゃ~」
「大丈夫だがら!」

彼は普段比較的軽いキャラな奴

おやぢが地元に居る頃は
一緒に祭りの実行委員やったり
一緒に朝までバカ騒ぎしたり
とにかくよく遊びよく学べな奴

今回の震災で会社は全て使い物にならないくらいな
被害を受けたらしい

連絡がつかない状況の中で彼を心配したのは

普段はすごく軽いけど
奴の責任感なら社員が全員無事に非難するまで
絶対に先に避難なんてしない奴だから

そんな状況で逃げ遅れてないか?
なんて心配で胸がいっぱいだった

そんな言葉を彼にかけたところ
返ってきた言葉はやはり俺が想像してた状況で
最後の従業員が社外に出て非難するのを確認し
津波に流されながらも非難したとの事

本当に無事で良かった!

当たり前なのかもしれないし
不謹慎だけど彼の責任感にこう言いたい

格好良すぎるぜ!!

これから会社の再建
そして市の復興と大変なことが大きいと思うが
彼ならまわりのみんなを明るくさせ
きっと大きな力を発揮してくれると思う。

誇れる友人たち

無事でいてくれてありがとう

生きててくれて本当にありがとう!!


いいね!した人  |  コメント(6)

テーマ:
震災のあった時間
2011年3月11日14:46

当然のように風鈴は家で留守番


家に帰ったらいつもは迎えてくれる
2匹が出てこない

部屋は大きく被害も無く
倒れたのはサラウンドの細身のスピーカー
が1本倒れただけ

しかしよくよく見ると
TVがTV台ごと40センチくらい
真横に移動してた

ふう~~

り~~ん


呼ぶと風が2階から降りてきて
足元にじゃれついてきた

抱き上げて撫でてあげると
落ちたのか普段は泣かないような
泣き声をあげだした。


り~~ん

り~~ん

鈴は呼んでも返事無し


名前を呼びながら2階へ上がり
部屋の確認

2階は本棚の本が落ちて散乱してる
それ以外には大した物も置いてないので
壊れたものは無し!


しかし鈴は姿が見えない(・・;)


いつもは風は寝てて呼ばれても知らん振りはあるが
鈴は呼んだらどんなに寝ぼけ顔でも出てくる

この日はいくら呼ぼうが全く音沙汰無し

ん~~どこだ??( ̄Д ̄;;

家の外には出れないので
もう一度1階を捜索するも居ない

さすがにちょいとビビリが入る

ず~っと後ろからついてくる風を引きつれ
再度2階の捜索へ

ベッドの下を覗いても見えない
布団の中に潜り込んだかな?

布団をめくると・・・

居ました~~~!鈴ちゃん!!
ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ

ベッドと壁の間の
死角になった部分でじっと動かず居ました

目が合い呼びかけると
か細い声でニャァ~と声は上げるが全く動かず


抱き上げて撫でて上げるとやっと少し元気な声

震災後も余震の続く中
少し揺れると2階へダッシュ

風も鈴もよほど怖かったんだろうな~
。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


余震は相変わらずだけど
最近はやっと落ち着きを取り戻し
のんびり寝てばかりです
(=⌒▽⌒=)

$おやぢと風鈴の猫日記
$おやぢと風鈴の猫日記
$おやぢと風鈴の猫日記


地震の後は喧嘩しなくなった風鈴でした。(o^-')b

$おやぢと風鈴の猫日記
いいね!した人  |  コメント(6)

テーマ:
震災から一週間過ぎ


復興に向けて力強く頑張る姿をTVで見れる反面
その一方で犠牲者の数は毎日増え続けている。


しばらくご無沙汰している知人達から
安否確認と心配の電話やメールを毎日頂いてる


本当にありがたく元気を貰えてる!


そんな中、
仙台市内でも全てのライフラインが復旧し
普通の生活に戻ろうとしている地域も増えてきた。


しかしガソリンを確保する為に並ぶ車達
生鮮食品や水を確保する為に何時間も並ぶ人たちが
まだまだ沢山いるのも事実

同じ市内とは言え
かなりの温度差を感じるようになってきた。


今日正直苛立った話

昨日から政府の働きもあり
かなりのタンクローリーが東北各地を走り出した

被災地では暖を取れないのも本当だし
救助や復旧の為に動く重機のガソリンも不足している

家族の安否も未だに不明で
駆けつけたいのにガソリンが無く
ジリジリとした気持ちで毎日過ごしてる方も多い

そんな中
毎日勤務先へ向かう為のガソリンを
家人が勤める会社の緊急車両の許可で給油して
会社へ通ってるなんて人間もいる

勤勉な日本人だから
この状況でも会社に向かうことを悪いとは言わない

だけど、ほんの30分、1時間と離れた場所では
本当に苦しんでる人が沢山いることを忘れないで欲しい


緊急車両許可で給油して通うほど
その仕事は緊急ですか?

疑問しか浮かばないんだよね・・・

そのガソリンは確かに少しかもしれないけど
そのガソリンを求めて苦しんでる人が沢山いる
多くの人たちが救われるって考えて欲しい

喉元過ぎれば熱さ忘れる

確かにいつまでも苦しんでなんかいられない

ラーメン店やファミレスが開店してたからって
全てが正常になんてなってない

自分の住む地域からほんの少し離れたところでは
給水のために何時間も並ぶ老人がいることを
忘れないでほしい

自分が出来ることは何?

幸いにも最小限の食料は備蓄がある
だから俺は必要な物以外を買う為に並ばない

生きるために最小限の物で
今は無駄に動かないことが
自分が出来る唯一の手立てだと思ってるから


まだまだ先は長いし
勿論企業は通常業務に戻らなければならない

だけど何が大切なことか
もう一度考えて欲しいな


震災前に偶然出会った曲
mamiさん
「あなたに逢えてよかった」



今この曲が本当に心に沁みている

未だ行方不明の友人達

先に逝ってしまった友人達

無事を確認できた友人達

すべての人々に今本当に言いたい

あなたに逢えてよかった・・・









いいね!した人  |  コメント(2)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。