化粧品翻訳のフレ・コス合同会社 FRE&COS LLC

化粧品の翻訳は原文とイコールにはなりません。
私達は、化粧品翻訳のスペシャリストチームです。



化粧品翻訳・和文英文コピー作成ならお任せください!薬事系行政書士+商品企画、ブランディング、販促などのマーケティング経験をもったスタッフの最強コラボで全方位サポートネイル


・海外ブランドの国内導入ブランディングに必要な情報、資料の英和対応(商品情報や輸入関連書類の和文版作成、日本の商習慣に関連して必要となる販促・営業関連制作物などに関するご相談など。)

・国内ブランドの海外導出(代理店探しや営業、広告のための英語版企業資料作成、商品情報等の英訳&作成、販促・営業・資材調達に関するコレポン支援)


・自社サイトの英語版立ち上げ




For inquiries of cosmetics marketing in the Japanese market, especially translation between Japanese and English/Korean/Chinese, please feel free to contact Maria via手紙
our website, http://www.fre-cos.com



テーマ:

すでに目はかゆかゆ、くしゃみも出るのでアレグラは昨年末からずっと飲んでいるのですが。。。

物理的に花粉を避けても、お仕事では「花粉」という文字をここ花粉シーズン到来前の数年秋~冬にたくさん目にします。

 

インバウンド向けにドラッグストアなどの店頭POPの他言語翻訳のご依頼が増えたのに加え、アレルギー対策の化粧品が立て続けに海外導出やEコマースで各社から世界へと広がっているのです・・・

 

とはいえ。アレルゲンと季節は国によって違うんですよね・・・・

NZに住んでいた頃、スギ花粉はなかったんですが現地の樹木や虫に反応しまくりでした。

対処療法としてはアレルゲン違っても基本は同じでしょうから薬も使えましたが、もっとアレルギー自体を根絶できる方法ができるといいですね。

 

小麦アレルギーだの、給食で摂取してアナフィラキシーショック起こしただの・・・。昔はアレルギーが知れ渡っていなかったので、私も上手く卵アレルギーを説明できず、単なる好き嫌いと誤解されて担任にゆで卵を口に押し込まれました・・・(T-T)

 

化粧品会社在籍時に同じフロアの先輩と「早く根本的な治療法できるといいね~」と言っていたのを思い出しました。

 

同病の皆様、花粉が喘息発作のトリガーになる季節です。

くれぐれも万全な対策を!

 

 


3花粉症、もう始まってる?ガーン

乙女のトキメキブログネタに投稿してAmazonギフト券GET!乙女のトキメキ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。