ブラック・シャイボーイズ マサフミのズコーヽ(・ω・)/

ブラック・シャイボーイズのボーカル、マサフミのズコーな人生を綴ったブログ。


テーマ:
僕の父親の父親、祖父の家にある、柱。



僕を含め、兄弟や従兄弟の成長が刻まれている。
一番最後が96年、全然関係ないけどこの年に太陽族が結成された。


先日、 5月9日に祖父が亡くなった。
13日に開かれるお葬式に参加するために数日実家へ帰ることとなった。

母からの電話で訃報を聞き、急いで帰る準備を進めた。
再びかかってきた電話で、11日朝に火葬、12日にお通夜、お葬式が13日であることを伝えられる。

祖父に最後に会いたかったので、10日の夜までにすべての準備を終えて帰ることを決めた。


さて、13日は神戸 BLUEPORTでライブだった。

もちろん死んだのが我が身でない限り、キャンセルはありえない。


実家から神戸まで予定では車で約3時間半。

ツアーのバンドより、遥かに楽な移動である。
(ちなみにかなり道が整備されたおかげでここまで速くなった。昔は5時間以上かかった…)

お葬式が14時半には終わるとのことで、出番が19時50分。
流石にリハーサルには間に合わないが、少しくらい予想外の事態があっても出番には十分間に合う予定だ。


メンバーに僕の到着時間ごとのシュミレーションを伝え、荷物を出発前に渡したりして出来る限りのことはした。


10日夜、後に知ったがまさかの暴風警報が発令されている中、ブラシャイ号は高速をひた走った。
せっかく買った、大好きなスタバのコーヒーもあまり飲まなかった。

別に11日朝までに帰れば問題ないのだが、なんとなく少しでも速く帰りたかった。

先日、ヒビが入った左サイドミラーが風で激しく揺れ続ける。
何度かダクトテープで止め直し、風で吹き飛ぶのを防いだ。


夜中に到着した。
僕より先に姉と弟は既に帰って来ていた。


11日朝、祖父の家へ行くと従兄弟や伯父さんが来ていた。
「みんな老けたな~」と思ってる間に祖父と最後の対面を済ませた。

祖母が「ありがとうね。」って言った瞬間に泣いてしまった。


祖父はとても立派な人だったのだ。

30代で教頭、40代で校長になった。
定年後も非行少年の更生など教育に関わり続け、国から勲章も頂いた。
どうやったら僕みたいな出来の悪い孫が出来るんやっていうくらい、とても優秀な人だった。

人付き合いもとても上手かった。
こちらから好意全開で近づけば、誰とでも仲良くなれると考えている人だった。
僕は嫌いな人は嫌いだから、絶対に仲良くなれない。
本当に僕と真逆の人だった。

とてもこだわりが強く、頑固な人だった。
自分がそんな時、やはり祖父の孫なんだなんと思った。

僕が大学に行き始める頃には少しボケ始め、孫の名前をよく間違えるようになった。
弟がヨシノブという名前だったので、僕のマサフミと合わさって「マサノブ」とよく言われた。

とても信心深く、定年後はお寺に修行へ行くほどだった。
毎朝、お経を唱えながら家族の健康を祈っていた。
その時だけ、名前は絶対間違えなかった。

僕が高校で囲碁部へ入った時、僕と対戦するために囲碁を覚えた。
かなり高齢だったのに、半年ほどで無茶苦茶強くなった。

大学卒業間際、3万円をくれた。
これで人生初ライブのためにエフェクターを買い揃えた。


とても立派な人でもあり、僕の祖父でもあった。



人が亡くなった時、家族は色々とやることがある。
人が死んだ時にこんなにやること増やさんでもと思わなくもないが、こういう時は何かやることがあった方が気が紛れて良いのかもしれないとも思った。



喪主は父の兄、伯父さんが務めるが、届け出や手配などは地元に住んでいる父が主にやることになった。

父はずっと祖父を目標にしてきた。
父は祖父よりも遅く、60歳近くなってからようやく校長になった。
ここ数年は「おじいちゃんには勝てんな~」と会う度に自嘲気味に笑っていた。

一番元気がなさそうだったので、出来るだけ父親の側に居てやろうと思った。
僕が運転手をかって出た。


当然ながら、人が亡くなった時の手続きはそんな頻繁にやるものじゃない。
不備の連続でずいぶんと手間取ったが、そこは田舎の狭い世界。
知り合いもいたので、ずいぶんと融通を利かせて頂いた。
田舎の数少ないメリットである。


遺言で香典等は全て断ることになった。


12日のお通夜、13日のお葬式は大勢の人が来てくれた。
当然リハーサルなんかないから、他の人の真似を終止していた。

お坊さんを観察していたら、全員が焼香を終えるタイミングに合わせてお経がキチッと終わっていた。
多分、アドリブや繰り返しかなんかで尺を合わせているんだと思われる。
ちょっと音楽みたいだなと思ってしまった。


お葬式が終わった後、親戚や関係者での食事会が催される。


僕は挨拶もそこそこに、すぐに神戸へ向かった。
(親戚には事前にすぐに帰る旨を伝えて回っておいた。)
運転のために靴だけ履き替えて、着替えはせずに最悪時間ギリギリだったら、そのままの服装でライブするつもりだった。

葬儀場からブラシャイ号を飛ばした。
父だけ最後まで見送ってくれた。

14時20分頃に出発、今までで一番集中して運転した。

一度、サービスエリアのトイレに行く以外はノンストップだった。
少しでも速く着いて準備がしたかった。


僕の前の車がETCで引っかかるなどのアクシデントがあったが、たいしたタイムロスにはならなかった。

18時15分頃、無事に会場へ到着した。
メンバーが手際よく出迎えてくれて、こいつらがメンバーで良かったなと思った。



祖父は僕に教師になって欲しかった。
父も口には出さないが、多分なって欲しかったと思う。

彼らの望んだ人生ではないけれど、僕なりに立派な人になろうと思います。
なれたらいいな。


人を陥れたりする人間にはならずに済んだので、ここは一つ…


前田マサフミ、職業はブラック・シャイボーイズというバンドのボーカルでございます。
僕は元気です、これからもよろしくお願いいたします!





5月28日 心斎橋 新神楽

ブラック・シャイボーイズ / JAMES&PUNKN / Bustheads
AuRonChiiii / 「また明日。」 / howling ent / Tigerbeetle

開場 17:00 開演 17:30

ブラック・シャイボーイズの出番は五番目の19:55頃の予定です。
よろしくお願いいたします!

5月31日 心斎橋 BRONZE
※マサフミの弾き語り

6月26日 心斎橋 BRONZE

7月17日 心斎橋 BRONZE

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。