フランスジェンヌのVIVE LA FRANCE

~フランスで暮らすような旅~
フランス専門・個人旅行・アパルトマン手配 「フランスデスク」のBLOG

BONJOUR A TOUS !

昨日パリで行われたバゲット・コンクールの結果をお知らせします!
(職人名、店名、住所)

1位
  Mickaël Reydelletさん&Florian Charlesさん
  Boulangerie La Parisienne
  48 rue Madame, 75006
  営業時間:7時~20時、水曜定休

Florian Charlesさん(右)はパン屋になって1年半での快挙というから驚きです!
左はお店のオーナーMickaël Reydelletさん。
お二人の共同名義での受賞です!


お店はリュクサンブール公園に程近い、rue Madameとrue de Vaugirardの角です。
こちらでサンドイッチを買って、公園でピクニックできますね



2位
 Alexandre Fraysseさん
 Fournil de Lourmel
 121 Avenue Felix Faure, 75015

3位
 Franck Kouroughliさん
 Le Grénier à Pain 、Saint-Amand店
 33 bis Rue Saint-Amand, 75015

4位
 Alexandre Planchaisさん
 Boulangerie Alexine
 40 rue Lepic 75018
筆者ごひいきのお店。
 モンマルトルのアメリのカフェ近くの可愛らしいお店で、クロワッサンも絶品です!

5位
 Anthony Bossonさん
 Boulangerie l'Essentiel Blanqui
 73 boulevard Auguste Blanqui 75013

6位
 Nelly Julienさん
 Doucers et Traditions
 85 Rue Saint-Dominique, 75007

7位
 M. Hamadaさん
 La Flûte Enchantée
 104 rue du Faubourg St-Antoine, 75012

8位
 Sami Bouattourさん
 Boulangerie Saint-Anne
 193 rue de Tolbiac Paris, 75013

9位
 Vincent Joly さん
  Le Grenier à Pain、 Italie店
 52avenue d’Italie, 75013

10位
 Christian Vabretさん & Philippe Simoesさん
 l'Académie du Pain
 30 Rue d'Alésia, 75014

ちなみに今回、バゲットコンクールの常連、Le Grenier à Pain アベス店のジブリさんは審査員側でした。

バゲットコンクール2016

とはいっても、パリには美味しいパン屋さんがまだまだい~っぱい!
今度のパリ旅行の際には、是非パン屋さん巡りもしてみてくださいね。

フランスデスク

フランスデスク

AD
いいね!(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
BONJOUR A TOUS !
皆さんこんにちは!
早いもので明日から3月ですね。
暖冬の影響でか、東京では桜がチラホラと咲き始めているところもあるようです。

さて、今日はキッチン付ホテルのシタディーン連泊キャンペーンのお知らせです。
2連泊すると3泊目が無料!
4連泊すると5~6泊目が無料になります!!

対象期間は
  ①2016年4月8日~5月1日
(チェックアウト5/2まで)
  ②2016年7月22日~9月4日(チェックアウト9/5まで)
  ③2016年10月21日~11月1日(チェックアウト11/2まで)*
   *但し、期間③はCitadines La Défense Parisは対象外です
対象は下記のシタディーンです
   Citadines Suites Arc de Triomphe Paris:スーペリア・ルーム
   Citadines Didot Montparnasse Paris : ストゥディオ
   Citadines Gare de Lyon Paris : ストゥディオ
   Citadines La Défense Paris : ストゥディオ
   Citadines Les Halles Paris : ストゥディオ
   Citadines Montmartre Paris :  ストゥディオ
   Citadines Maine Montparnasse Paris : ストゥディオ
   Citadines Place d’Italie Paris : ストゥディオ
   Citadines Saint Germain Paris : ストゥディオ
   Citadines Tour Eiffel Paris: ストゥディオ
   Citadines Trocadéro Paris : ストゥディオ
◆ご予約受付期間
2016年3月1日~3月30日まで


詳細はフランスデスクのウェブ・サイトでご紹介していますのでコチラからご確認ください。

更に!
フランスデスクでは、パリ空港⇔パリ市内の専用車送迎を往復で同時にお申込いただくと、日本人チェックイン・アシスタントを無料で手配いたします。
チェックイン時に日本人アシスタントが待機し、チェックインのお手伝いや、ホテル周辺の簡単な案内なども致します。観光の相談なども勿論していただけますから、パリの知り合いを訪ねるような気分でご滞在いただけます。

初めてのフランス旅行も、グロリア・フランスデスクで安心して暮らすような滞在を!
http://gloria-tours.jp/france/index.html

フランスデスク


AD
いいね!(4)  |  リブログ(0)

テーマ:



南米航空路の開発に尽くした飛行家であり、「夜間飛行」 (Vol de nuit(1931))等を著した作家としても知られたサン テクジュペリ(Antoine de Saint-Exupéry(1900-1944)、略し てサンテックス(Saint-Ex))の傑作「星の王子様」(Le Petit Prince) は 、 1946 年 フ ラ ン ス の ガ リ マ ー ル 社 (Editions Gallimard)から出版されてより 250 ヶ国語に訳されて(日 本では内藤濯・訳)今日もなお代々読み継がれ、「聖書」と マルクスの「資本論」に次ぐ世界第 3 位の売れ行きを保っ ているそうです。(Il reste toujours le 3éme livre le plus vendu dans le monde après « la Bible »et « Le Capital de Marx »)



1942 年の春、当時アメリカに居たサンテック スは仕事も無く、フランスに戻って飛行家として空軍に加 わり活躍したいと考えていましたが、作家という身分、そ して何よりも既に 42 才という年令がそうはさせませんで した。(L’aviateur voudrait quitter les Etats-Unis pour   aller combattre en Europe, mais son âge,42 ans, et son statut d’écrivain ne le permettent pas.)

そんなある時アメリカの出版社の人とマンハッタンで昼食の折に、話をしながら何とはな しに紙ナプキンに描いた絵をみて「何かイラスト入りで物語を書いてはどうか」と冗談混じりの提 案がありました。
その後ロングアイランドに家を借り、友人のポール・エミール・ヴィクトールが 絵の具箱を贈ったこともきっかけとなって物を書き始めました。
彼の頭の中には 1935 年リビアの 砂漠に墜落した経験、モロッコに居た頃飼いならした子狐のこと、自分達には恵まれなかった子供 の姿の想像、、等が行き交い、ほぼ書き上げたものはコンスエロ夫人が描いた自画像をイメージし た「小さな王子様」でした。




1942 年秋、それ迄に書いたイラスト入りの物語を出版社に渡し、帰 ってきたら「小さな王女様」を書く、と約束して(Il promet alors qu’à son retour il écrira un nouveau conte qui s’intitulera La Petite Princesse.)激しくなってきた戦争の為に空軍に応 召され、サルジニアへ参集して行きました。

1944 年 7 月、空軍機で地中海上を飛行中に行方不明 (後に「私が撃ち落したらしい、、、」というドイツ軍のパイロットが現れたり、漁師の網に“サン テクジュペリ”と読める名前の入ったブラスレットが引っ掛ったり、、、)となってこの世を去るま でに彼自身は出版されたものを一度も見ることはなかったのです。

 出版後 70 年、当展では « le Petit Prince »と作者の横顔、 エピソード等を数々の資料、写真、イラスト、などで紹介 しています。その中にはエールフランスが保管する貴重な 飛行日誌(Carnet de vol)やコンスエロ夫人(Consuelo de Saint-Exupéry)の作品で「星の王子様」のイラストになっ たブロンズ像も展示されています。



2016 年 2 月 28 日迄ヴ ェルサイユ市のエスパス・リショー (Espace Richaud, 78,Boul evard de la Reine,78000 Versailles)にて、火 曜日を除く毎日 12 時―18 時(土、日は 10 時から)入場料 5 ユーロ(26 才未満無料)



Espace Richaud ・・・ルイ 14 世治 下で聖ヴィンセンシオ・ア・ポーロ女子修道会運営の王立 病院、1960 年迄病院として続き、他の病院に統合されてか らは、放置されたまま老朽化が酷く、ヴェルサイユ市が 4 年掛りで改修工事を行い、此の度文化センターとして再開。 特に 1859 年建立のチャペルは見る価値十分と思います。
(菅 佳夫)

AD
いいね!(10)  |  リブログ(0)
今年もボジョレーヌーボーの季節 !

 

酒屋さんの選りすぐりボジョレー。 工夫を凝らしたラベルが並んでます。


パリ2区のレストラン LE MESTURET ではボジョレー祭り


ここは地元人気の食堂
いつ来ても何を食べても美味しい!


この日の日替わり定食は牛肉の赤ワイン煮
 
パンはもちろんワインにコーヒーもついてなんと11ユーロ!


今年2015年はなかなかの出来合えとの評判 !?
どうぞお試しあれ~







いいね!(3)  |  リブログ(0)




   今月13日の悲しい事件の後、一瞬静まり返ったパリですが、3日が明けた17日火曜日、 
   パリのレストラン、ビストロが 21時にテラスで!と呼びかけ
   皆 
La Paix pour Paris !  Vive Paris !!  Vive La France !
    ( パリに平和を! パリ万歳! フランス万歳!)  テロなんか怖くない!と掲げながら
   大勢の人が集まりました!

エッフェル塔はフランス色に!






フランスデスク

いいね!(3)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。