Une nouvelle amie

テーマ:
映画 UNE NOUVELLE AMIE
新しい女友達

かなり放置しているブログですが、まだまだ細々と続けますよー。
フランソワ・オゾンとロマン・デュリスの初コラボの新作を観たので久久の更新です。

ローラとクレールは7歳の出会いから常に人生の出来事を共有してきた大親友。
しかし、ローラが娘を出産してすぐ不治の病で返らぬ人となってしまった。
ローラの夫ダビッド(ロマン・デュリス)と娘の支えになると生前のローラと約束したクレールは夫の助言もあり、ある日ローラとダビッドの家を訪ねるが、そこには女装して娘にミルクを与えるダビッドの姿が。
ダビッドは以前から女装の趣味があり、ローラも知っていた、ローラは女装して外出をしないことを条件に彼の性癖を受け入れてくれていたが、ローラという女性そのものの存在がその欲望を抑えてくれていた、でも彼女が亡くなったことでその欲望が復活したという告白をされたクレール。
最初は驚きのあまり拒否反応しかなかったが、そのうち女装したダビッドを"ヴァージニア"と呼び、女友達として接するようになっていくのだが…


原作は有名なイギリスの推理作家ルース・レンデルの"The New Girl friend"邦題「女ともだち」。
ルース・レンデルは一度も読んだことないのですが、これは推理ものというより、心理サスペンスという感じです。
そして、ロマン・デュリスがやっぱり上手い。
下手するとゲテモノになりそうなところを、彼独特な雰囲気でコミカルながらも繊細な男に仕上げています。
ダビッドは女装趣味はあるけど、男性を求めるゲイではないところが、またサスペンスを盛り上げる。
女装の趣味があることを周囲に隠し、夫にも怪しまれない為、ダビッドとの小旅行を母親に会いに行くと嘘をついて出かけるクレールの感情の綾が危なく描かれています。
彼女は女友達としてのダビッドを求めているのか、それとも…というところがこの作品の要。

シリアスな作品でもありますが、結構笑えるところもあり。
一応、12歳禁にはなっていますが、オゾンにしてはかなり普通な毒のスタンダードな作品と言えるかも?

作品内容と話はずれますが、この作品に出てきた住宅街と公園は前にブログで書いた「La vie domestique」と同じ街のようです。
ちょっとフランスっぽくない家のつくり、垣根がないアメリカのアッパーミドルクラスの住宅街みたいな感じ。
パリからそう遠くはないようですが、どこなのかなあ…
お心当たりがある方は是非教えてください。


AD

Lucy

テーマ:
映画 Lucy

リュック・ベッソン、久々の監督作品。

主演のスカーレット・ヨハンソンはこの映画の撮影で今妊娠中の子供の父親のフレンチーな婚約者と知り合ったのかな?

中国に留学中のアメリカ人学生Lucy(スカーレット・ヨハンソン)は1週間前に知り合ったばかりの怪しげな男友達リチャードの罠にはめられ、謎のアタッシュケースを韓国人組織に届ける羽目に。
アタッシュケースの中には今までにないほど強力な麻薬が入っていた。
組織はヨーロッパに麻薬を広げようと留学生の体の中に無理やり麻薬を埋め込み、パリ、ベルリン、ローマに送り込む。
地元中国の暴力団に送り込まれたLucyは暴力を振るわれた衝撃でその麻薬が体内に入り、超人的な能力をみにつけるが…


ちょっと生物と社会科のお勉強映画みたいな部分もあるのですが、
フィフス・エレメントとニキータを足してスケールを大きくしたようなという感じ?
「人間は脳の10%しか活用していない、もしこれを100%活用できるようになったらとんでもないことができる」という理論を展開する教授(モーガン・フリーマン)の説をLucyが証明していくのだけど、皆がこんなになっちゃったら、人類はどうなっちゃうんでしょうか?

途中から舞台は教授の滞在先のパリ(パリ第1大学の客員教授っぽい?)に舞台を移すのですが、パリ市内のカーアクションがすごい。これって特撮じゃないよねー。よくこんな撮影許したよなーってくらいすごい場所で撮ってます。
ベッソンは昨年、パリ近郊に撮影所を兼ねた巨大な映画施設を完成したので、フランスの映画産業にとってはなくてはならない人だから、断れなかったのかもしれません(笑

中国なのになぜ韓国組織?っていう疑問はありますが、組織のボスを演じるOld Boyのチェ・ミンシク。
ベッソンはこの役者を使いたかったから、設定を無理やり韓国組織にしたのかな?

かなり盛り上げて盛り上げまくった割りにラストシーンが意外にあっけなく、麻薬を作った大元が誰だかわからずじまい… これは続編がすぐできるって含みが感じられました。
最近アクション大作は2時間以上のものが多い中、1時間40分というちょうどよい長さもベッソンわかっているなとちょっと感心グッド!



AD

Libre et assoupi

テーマ:
映画 LIBRE ET ASSOUPI 自由でゆったり

最高学歴BAC10のセバスチャンはベッドで天井を眺めて過ごすのが趣味。
勉強は好きだけど、働くのは大嫌い。両親もそんな息子の将来を案じていたところ、パリに住む元学友のアンナからシェアメイトに誘われて、上京することに。
もうひとりのアンナに片思いのシェアメイト・ブルーノと3人で楽しくお気軽な暮らしが始まった。
しかし、先立つものがなくては都会では暮らしていけない、生活保護RSAを申請に行った先でクレープ屋になりたかったという風変わりな担当官リシャールに出会ったことからRSAをゲット!
お気楽な暮らしは終わりなく続くと思われたが…。


フランスの若者失業問題を逆手にとったようなモラトリアム世代コメディ。
RSAと言うのはフランスで一定の収入を政府が保証するシステムで、ある程度の歳の人は社会保障費を一定期間支払っていないと需給資格はないのですが、一回も働いたことのない若者は失業保険がもらえないのでいきなりこれを申請できる。
もちろん職探しをするのが前提なのですが、この担当のリシャールが「ベッドの上で天井見て過ごすのが趣味」のセバスチャンを気に入って、職探しをしなくても受給できるようにしてあげてしまうのです。

もうひとりのシェアメイト・ブルーノがかなり面白い。
アンナはブルーノが密かに彼女の日記を盗み読みするのを見越して、わざとそれ用に日記を書いてる。
「レザー・パンツをはいている人に惹かれるわ」
「ストローでビールを飲む人はセクシー」
とか書くとそのとおりのことしちゃうブルーノがかわいくて笑えます。
彼は仕事を選んでるわけじゃないのですが、いつもなんだか上手くいかず、
狩猟博物館で守衛の仕事をしているときに遊びにきたセバスチャンとパンツ一丁で巡回しているときに強盗にあっちゃったり。

ブルーノと一緒に廊下のフローリングにせっせとワックスかけて、アンナがでかけたら男ふたりで床ですべって遊んだり、うーん、子供の頃、学校のそうじの時間とかやったことある、ある。
セバスチャン、仕事はしたくないけど、家事は積極的にこなすので、実は専業主夫にうってつけではないかと思うんですが…。
ちゃんと社会性もあり、別に社会人として失格なわけでもない、単に自由気ままでいたいだけ。
こういう生活、憧れますよ。
でも一生は続けていけないのよね…

結局アンナが彼氏を連れてきたことにショックを受け、ブルーノは独り立ち。
いごこちの悪くなったセバスチャンに本当はセバスチャンのことが好きだったアンナは「あなたは変わらないのね」と涙ながらに語られて、セバスチャンもシェアハウスを出ることになるのですが
リシャールが見つけてきてくれたベッドを売る会社(ベッドに関してはスペシャリスト笑)に就職して、自分の場所をだんだんと見つけ、最終的に大人になっていくというハッピーエンド。

そうそう、リシャールは公務員を辞めて、クレープ屋を開いてしまいます。
フランス的な現代風おとぎ話ってところでしょうか?


AD
また今年もGWにフレンチー友達Sちゃんがパリにやってきました。
今まで大したことないと思っていたパリ郊外のアウトレット。
昨年初めてSちゃんと行ったら、なんか思っていたよりかなりよくて二人ともはまってしい、
今年も行ってきました。
多分、これからは年中行事になりそうかも?(笑

サイトはこちら↓
http://www.lavalleevillage.com/fr/home/home

今年は円安の為、Sちゃんはあまりお買い物しなかったのですが、
私はCOACHの茶革のシンプルなバックをゲット。
以前にプランタンのソルドで購入したグレージュとちょっとモデルが似ているけど
一目ぼれ。
Sちゃんにはベージュの色違いの方が私っぽいと言われたのですが、同じ革なのになんだか、ベージュの方が固い気が…もしかしてカラーコーテーティングのせい?
お店の人に聞いたら、彼女は茶色がいいわよと言ってくれたので、
迷いましたが結局ちょっとマダムっぽい茶色にいたしました。
今まで欲しかった定番のバケツ型の黒があって、ちょっと迷ったのですが、
サイズが欲しかったのより、ひとつ大きかったので、やめました。

ここはラルフローレンのお店がすごく安く、
今回はLaurenブランドの白いポロとシンプルな白シャツを買いました。
白シャツは99ユーロのが49,99ユーロになり、なんと19.99ユーロ!
去年行った時は日曜日で人も多かったから、
試着ができなかったので服は結局買わなかったのですが
今回はちゃんと試着もできました。

ラコステも去年は全然サイズとかなかったのに、今回は色もサイズも豊富にあって定番のポロは56ユーロ。2枚目は50%引きでした。
でも私の欲しかった色はサイズがなかったので今回はラルフの白ポロでガマン。

今回、フランスの日本人向けOVNIというフリーペーパーに載っていた広告で期間限定のサービスをやっているのを見つけたので、インフォメーション・サービスに行ったらアジア系のお客さんのみ対象の10パーセントOFFのクーポンをもらえたので、すごいお得でした。
ちなみにCOACHのバックは10パーセント引きで170ユーロ。
私はなぜかアメリカン・ブランドばかり購入してしまいましたが、TOD'Sなんかも安いです。
サイズやあるものは時期によっても違うと思いますが、
日本からの観光客だったら、免税もできるし、ここはほんとにお勧めですよ。




{19C02025-D971-4A63-8163-55B5EBB28556:01}


{95F11B4E-DC1F-4252-A90C-B227F388154F:01}

{E44695C4-13AD-4279-B055-5E54F108C0D7:01}



47 RONIN

テーマ:
映画47 RONIN

日本では既に公開済み、キアヌー主演の忠臣蔵ハリウッド版。
フランスでは4月2日から公開なのですが、一足先にダウンロードして観てしまいました。

あだ討ちと登場人物の名前意外、あまりにも忠臣蔵とかけ離れていてチョーびっくりしました叫び
こんな作品、よく日本で公開したわねーガーン
この映画を観るような若い人には今ドキ忠臣蔵でもないんでしょうけど
ある意味、勇気あるなとカンシンいたしましたm(u_u)m

ストーリーは忠臣蔵なのですが、そこに天狗に育てられた不思議な力を持つハーフのキアヌーと浅野内匠頭の娘ミカ(柴崎コウ)の恋話を絡めて、トンデモ話になっています…

ストーリーの最後に日本人は今でも毎年12月になると忠臣蔵の話が語られるって、テロップが流れるんだけど、こんなファンタジー話を語られていると世界中の人に思われるのはなんだか恥ずかしい汗
天狗はまだしも、なんだか変な怪獣は冒頭にでてくるわ、吉良上野介(浅野忠信)は魔女(菊池凜子)に操られているただのスケベジジイだし、あきらかに史実改ざん(笑

衣装もあきらかにチャイナカラー勝ってるし…
柴崎コウのメイクや衣装はスターウォーズのプリンセス・アミダラをまねしているとしか思えませんプンプン

キアヌー、結構好きだけど、相変わらず表情乏しくて、演技はなんだかアホっぽい。
第一、身分の高い人にしか認められない切腹の説明もなく、アンタチャブルなキアヌーがなぜに切腹が認められたのかとかの説明がなーい!
同じ日本人俳優使ってるファンタジー映画のウルヴリンの方が百倍もマシ。
変な妖怪がでてこないので、ラストサムライの方が10倍マシグー

この映画、どこの国でもコケたらしいので心配していませんが
フランスだけあたってしまったらどうしようって…多分来週には既に公開終わっているような気がします…にひひ