みなさんこんにちはデールぎゃくてへぺろ


昨夜は急に寒くなってびっくりしましたうほー

皆さんお風邪などひいてないですか?きらハート


昨夜は久々に愛猫のFranとゆっくりねこ




先日は友人にイチゴをもらってご満悦だったフラン君♪


今年で12歳ですがまだまだ元気sao☆

一緒にまだまだいーっぱいたのしもうねっ、フランっプリネコ*。



春は肝臓、胆嚢の季節で肝胆系疾患を持っているわんちゃんねこちゃんの症状が悪化することが非常におおいですしょぼん

既往歴のある子は特にこまめに血液検査&エコー検査をしましょうねsei









家の近所もこんなにたくさんの花々が咲き誇っていますハート**




今日は自然の恵み、ペットメディカルアロマの世界へご案内いたしますアロマ ピンク




花。タナセタム花。

あまり耳にしないアロマオイルですよねうさちゃん


このアロマオイルはアレルギーの子にとーってもオススメなんですよにっこり


成分はモノテルペン炭化水素のサビネン、β-ミルセン、

β-ピネン、パラシメン


ケトン類のカンファー


モノテルペン炭化水素類のカマズレン、デハイドロカマズレン


を含みます*ぉ花


ケトン類は15%とやや多めなので


皮膚の弱い子やねこちゃんにはお勧めしません注意!!


この、『カマズレン』という成分がなかなかできるこで

抗ヒスタミン、抗アレルギー作用があるとされていますsei


そのため、アトピーやアレルギーの症状緩和に

使われることの多い精油です精油


抗ヒスタミン剤と同様に、即効性はなく効果が出るのに

1か月ほどかかるので

季節性があればアレルギーの症状が一番出やすい季節の1か月前に

使用しますうっとり。


Rireではタナセタムよりケトンの少ない同様にカマズレンを含む

別の精油を使用嬉しい


この別のアロマオイルはまた別の機会にご紹介しますねハート

Rireではこの精油と免疫調整効果のある精油をブレンドして

わんちゃんの抗アレルギージェルをおつくりしてます(o ̄ー ̄)


ステロイドの量を減らしたり、

ステロイドの休薬期間に使ったり

ある種のアロマオイルは代替治療として使えますうっとり


最近のニュースで日本薬理学会元理事が『治りたければ薬に頼るな』

と話したと報道がありましたねビックリマーク


代替治療は人でも注目されていて、

人でも動物でもやはり大切なのは『自己治癒力』を高めることはな


免疫がとっても大切です花


いつかまたブログで免疫についても分かりやすく楽しく

お話したいと思いますチューリップ。


Rireでもわんちゃんねこちゃんの免疫促進に


アロマ、ハーブ、マッサージ、鍼灸、岩盤浴を

取り入れていますキラキラ


最近ではトリミングも免疫促進にとっても重要なのではないかと

私は注目していますsei

体が温まるのはもちろんのこと、

私たちも美容院から帰ってきて気持ちよくて心が軽くなって

いたりしますよね?ハート


動物たちも同じくさっぱり気持ちいいと感じて

リフレッシュして心が軽くなっているんじゃないかな?にこ


また、

トリミング前とトリミングから帰ってきたいい香りの

わんちゃんねこちゃんへの対応、

無意識のうちに変わっちゃいますよね?uwagi**


よりよいスキンシップをとるためにも

トリミングはとっても大切ですねうっとり



ストレスが万病のもとと言われるように

ストレスは免疫を下げることが証明されていますバーマン え!



わんにゃんと好きな香りのアロマを焚きながら

ぜひ楽しい日々をお過ごしくださいお花



Rireもスタッフ一同飼い主様とわんちゃんねこちゃんが笑顔で楽しく暮らせる

お手伝いをさせて頂きますチューリップ

何でもお気軽にご相談くださいねにこ









AD