餌付けで集まった野良猫のふん尿で被害を受けたとして、東京都三鷹市の住民らが、将棋の元名人・加藤一二三(ひふみ)九段(70)に餌付け中止などを求めた訴訟で加藤氏は26日、控訴しない方針を明らかにした。毎日新聞の取材に加藤氏は「判決文を熟読すると、猫の命を大切にするという私の取ってきた行動を認めてくれている」と述べた。

 判決は餌付けによってふん尿などの被害が住民の受忍限度を超えたと認定、集合住宅敷地内での餌付け差し止めと計204万円の賠償支払いを命じた。加藤氏は判決直後に控訴する意向を示していた。【池田知広】

<東京工業大>教員が大学院入試成績入りハードディスク紛失(毎日新聞)
「首相ではもう不可能」 普天間問題、谷垣氏言及(産経新聞)
郵政法案を可決=衆院委(時事通信)
福島党首「離脱の結論言えない」…TV番組で(読売新聞)
<裁判員裁判>「責任取ってから死んで」 死刑望む被告に(毎日新聞)
AD