来春の統一地方選に向けて4月に地域政党「大阪維新の会」を旗揚げする大阪府の橋下徹知事は23日、府庁で報道陣に、府議会の定数(112)について、「削減を統一選で問いたい」と述べ、府議選の争点にする考えを明らかにした。

 府議会の定数は来春の統一地方選から3減が決まっているが、さらなる大幅減を目指す。関係者によると、人口10万人あたり議員1人を基準にすると、府は定数88となり、この数字を軸に検討するという。

都内の老人ホーム事業者に破産手続き開始決定(医療介護CBニュース)
茨城で震度3(時事通信)
子宮頸がんワクチン接種 定期検診とセットで(産経新聞)
「これが健全な組織か」 生方氏、解任不服申し立ても(産経新聞)
遮断棒折れ阪和線14本運休(産経新聞)
AD