東京の下町、墨田区に建設中の新タワー「東京スカイツリー」が29日、高さ338メートルまで伸び、東京タワー(港区、333メートル)を抜いて国内で最も高い建造物となった。

 昭和33年完成の東京タワーが保持してきた記録は、約半世紀ぶりに塗り替えられた。

 事業主体の「東武タワースカイツリー」社によると、午前10時すぎ、スカイツリーの頂上部に地上からつり上げたエレベーターシャフトを据え、前日まで328メートルだった高さが338メートルになった。

 東京スカイツリーは、地上デジタル放送の電波塔として平成20年夏に工事が始まり、23年暮れに高さ634メートルで完成、24年春開業予定。

 眺める場所や角度によって多彩な表情を見せるデザインで、周辺には連日多くの見物人が訪れ、早くも名所となっている。

強制起訴に「2つの壁」 JR福知山線脱線事故で検審議決(産経新聞)
<舛添氏>執行部を批判「国会対策あまりに稚拙」(毎日新聞)
<唐招提寺>第86世長老に堀木教恩師(毎日新聞)
日本初のPC向け「録画予約機能対応」地デジ番組表『Gガイド.テレビ王国』”「Gガイド.テレビ王国録画予約数ランキング! レポート」全国版 Vol.165”のお知らせ
【風を読む】論説委員長 中静敬一郎 若者が自衛隊に入れない(産経新聞)
AD