福岡粕屋のお金とココロのゆとり100倍計画

保険・投資・貯蓄・年金・ローンなど
「どこから手をつければよいか」を単純明快に解説します
福岡市の隣町である粕屋町在住のお金の専門家です。

―セミナー・メディア出演レポ―



◆2016年2、3月


TNCテレビ西日本「ももち浜ストア 夕方版」様にて


・マイナス金利の家計への影響
・確定申告と医療費控除
について、2回にわたり解説しました



  


テーマ:
一部マニアに受けているという
経済産業省・経済解析室のフェイスブックページ。

先日、紹介されていたのは
「自動車の保有台数と駐車場業・自動車関連企業の意外な関係」。

この記事によると

駐車場業の第3次産業活動指数(経済産業省作成)は、
 平成23年以降、18四半期(4年2ヶ月)上昇し続けている。

・平成24年の上昇は、
 自動車重量税の免税、減税により
 自動車の保有台数が大幅に増えたことが要因の一つ。



(経済産業省 統計 ウェブサイトよりhttp://www.meti.go.jp/statistics/toppage/report/minikaisetsu/hitokoto_kako/20160603hitokoto.html)

一方

・自動車関連産業の第3次産業活動指数は低下気味。
 整備業と燃料小売業が低下。
 レンタル業、道路施設提供業、自動車小売業も横ばい。
 
まとめとして

・自動車の保有台数が伸びても
 自動車の販売・運行・供用といったサービスは
 さほど調子は良くない。


としています。

個人的に気になったのは、記事の最後に紹介されていた
「乗用車の平均使用年数」

・平成27年3月時点で12年を超え、
 乗用車の「高齢化」が進んでいる。

とのこと。

自動車検査登録情報協会のホームページに
「平均使用年数推移」が掲載されていて
乗用車平均は

昭和51年・・・6.9年
昭和56年・・・8.7年
昭和61年・・・9.28年
と伸びていき、

平成13年・・・10.40年
平成18年・・・11.10年
平成23年・・・12.43年
平成27年・・・12.38年

となっています。

以前は、「買い換えタイミングは10年」と
設定していたお客様が多かったですが
最近は11~13年程度に伸びていますね。

我が家の自動車買い換えタイミング。
皆さんはいかがでしょうか?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)