貯金ができる!シンプルに家計を管理する方法

日頃、家計のご相談にお応えしているFPが、無理なく貯まるコツをお伝えしています。


テーマ:
おはようございます。群馬県高崎市のFP牛込伸幸です。

先日、家族で近所のとんかつチェーンへ行きました。
子どもたちが車で通るたびに、行きたい~とうるさいので(笑)

お子様セットでいいだろうと甘く考えていたのですが、
大人と同じ大きいのが食べたい!と。

予想外の出費になってしまいましたが(汗)、
おいしそうに食べていたので、まあ、いいかと^^

まだ4月も始まったばかりですが、
今月のレジャー・外食費は地味に行きたいと思います(汗)


●奨学金は無理なく返せる範囲で

昨日(2013年4月3日)のNHKニュースで奨学金の特集をやっていました。

今や奨学金の利用は2.7人に1人だそうです。

家計が苦しいことが背景にあると思いますが、
自分で借りて自分で返すと学生の意識が高まるかと。
私は結構、前向きに考えています。

ただ、新卒採用が厳しいなか、正社員になれなかったなどの理由から、
返済が遅れる利用者が多いそうです。

ニュースでは返済計画を立ててから
奨学金を利用するようコメントがありました。

そんなの当たり前では…と思ってしまいますが、
借りるときは何とかなると思ってしまいがち。

住宅ローンを組むときと同じです。

・・・

奨学金の利用を検討している方は、以下のサイトが参考になります。

↓独立行政法人日本学生支援機構の奨学金貸与・返済シミュレーション


シミュレーションをやってみました。

例えば、第二種奨学金(有利子。上限年率3%)を
4年生大学に進学して、月額3万円利用した場合(保障制度を利用しない)、

貸与総額144万円、貸与利率3%とすると、

卒業後13年間で返済して(借り方によって返済期間が決まります)、
毎月11,293円の返済になります(返済総額は約176万円)。

これは年率3%での計算ですが、
貸与利率は返済が始まる頃に決まります。現在は、

平成24年度3月貸与修了者の貸与利率一覧(年利)

●利率固定方式 1.08%
●利率見直し方式 0.20%

・・・

返済について。

毎月1万円ちょっとを13年間。
この程度なら無理がないと思われます。

ただ、結婚前には返したいですね。
ボーナス時に繰上返済するといいでしょう。

ボーナスのたびに6万円ほど繰上返済すれば(毎月返済の6か月分)、
返済期間は半分程度になりますよね。

かつては独身貴族なんてことばもありましたが、
今やその独身世代のゆとり部分がなくなりつつあります。

とはいえ、奨学金を自分の力で返し終えたという経験は
今後の人生で生きてくると思います。

・・・

返済が困難になった場合。

正社員になれなかったというのが理由としては多いそうです。

自宅から通っていて、親世帯の家計に問題がなければいいのですが、
1人暮らしの非正規社員の場合、
もし、そもそも家計が回っていないのであれば返済できません。

これは奨学金の返済とは別の話だと思います。

一方、親の側も、子どもを大学などに出す以上、
もしも、返せなくなったら自分たちが何とかする
という覚悟を持っておいた方がよさそうです。

もちろん、計画的な教育費準備が大切ですね。

2.7人に1人が奨学金を使っているのか、
じゃあ、大学は全額奨学金で…は極端ですよね。

奨学金は無理のない範囲で利用しましょう。

※今回ご紹介した奨学金について、詳しくは日本学生支援機構にご確認ください。

------------------------------------------------

●公式メルマガ(無料)の登録はこちら
登録プレゼント
・家計の基礎講座「貯金ができる!シンプル家計への道」

------------------------------------------------




いいね!した人  |  リブログ(0)

シンプルに家計を管理する方法:FP牛込伸幸さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります