NHKは26日、受信料支払いの法的督促後も不払いを続けている5都府県の契約者5人に対して、強制執行手続きの申し立て書を管轄する各地方裁判所に発送したと発表した。

 不払い者に対する強制執行は初めて。

 NHKでは2006年11月から、受信料不払い者に対し、簡易裁判所を通じた法的督促を実施。今年3月末現在、全国で841件の督促申し立てを行い、90件が強制執行の対象となっていた。

 その中で、不払いの意思が明確で、差し押さえる債権が判明するなど、準備が整った8人を選別。今月14日に強制執行の予告を行ったところ、3人が支払いに応じていた。強制執行の対象となった5人の滞納期間は、36~54か月。請求額は7万1746円~13万1800円。

<女性死亡>55歳、顔に殴打跡…愛知・長久手の竹林(毎日新聞)
<裁判員裁判>点滴に水入れた母に懲役10年 京都地裁判決(毎日新聞)
【合縁奇縁】編集委員・岡部伸 「現代の明石元二郎」(産経新聞)
<裁判員裁判>起訴1年公判日決まらず 鑑定医の事故で延期(毎日新聞)
クリントン氏「北の挑発に報い」=普天間、5月決着へ努力―日米外相が会談(時事通信)
AD