まーくんのFP無料相談&FP試験問題解説

ファイナンシャルプランナーによる無料相談サイトです。
無料ですが、回答には手抜きはしません。
お金以外でもどんな相談でもお受けします。
その他お金に関する情報等も随時アップしていきます。
FP試験の解説もやっています。

 皆さんはファイナンシャルプランナー(FP)という仕事に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか?

 お金の専門家と言われていますが、独立系のFPの方なんかは結構高額の報酬をとるところも多いですよね。このサイトを立ち上げたのは、FPの仕事への理解とより身近なお金に関する相談者として活動したいと思ったからです。

 

 なお相談は無料ですが、回答には一切手を抜きません。誠心誠意ご回答させていただきます。


ご相談がある方はこちらをクリック


おすすめのブログ記事 はこちら

アクセスの多い記事はこちら


FP試験問題・解説

ライフ分野

リスク分野

金融分野

タックス分野

不動産分野
相続事業承継分野

FP試験雑談ブログ

類似問題一覧

3級FP試験実技問題
2級FP試験実技問題

見やすいように記事を再分類しました

car*自動車保険について知りたい方・・・こちらをクリック

住宅住宅購入に興味のある方・・・・・・・・こちらをクリック

税金税金の軽減措置を知りたい方・・・・・こちらをクリック

投資資産運用に興味のある方・・・・・・・・こちらをクリック

ガクリ(黒背景用)相続・遺言について知りたい方・・・・こちらをクリック

非常口震災等の備えについて知りたい方・・こちらをクリック

毒時事ネタの毒づきまとめです・・・・・・こちらをクリック



テーマ:
もうこの会社は三菱グループの面汚しだわな。

はっきり言ってこんな会社は潰してしまえと思う。
メーカーとしてはもう存在自体が悪で、「どうせバレなきゃいいんだろ」という経営方針で長年やってきたのだから問題の根は相当深い。

日産の子会社となって何とか生き延びようとしてるけど、ゴーンさんに言ってやりたい。

「あんなポロ会社吸収したって何の得にもならないよ」って。

まぁゴーンとしては三菱グループに恩を売って三菱の資金力、海外での事業展開、国内での販売網の拡大を目論んで買収したのかもしれないが、ババを引いたってことに気づいていないよな。

三菱グループの結束の強さは有名だが、裏を返せばグループ企業以外には冷たいということ。
数年後、三菱グループから「三菱自動車はおたくらが買ったのだから好きにしていいよ」と言われたらお終い。
一気に不良債権化するから。
まぁ最終的には中国の企業に売られるのが関の山だ。

中国だったら三菱自動車がどんなにボンクラ企業でも喉から手が出るほど欲しいと思うよ。中国のメーカーよりはマシだろってことだ。

結局日本の技術が中国に流出するだけなんだよね。

その点イタリアは違うよね。
ランボルギーニやランチャ、アルファロメオなどが経営難に陥った時もFIATグループが手を差し伸べてその傘下に入れたし、自国の自動車ブランドを守ろうとしたのとは大違い。

だからね、外国人をトップに据える日本企業なんて信用ならないんだよ。

これから問題となっている車種のユーザーに10万円を支払うとか出てたけど、今後も不具合とか出てきたらどんな小さなものでもクレーム入れろ。
叩けばほこりはたくさん出るはずだから、徹底的にやってやれよと思う。

正直昔三菱を買ってみようかなって思ったことがあったが、やっぱりトヨタや日産やホンダと比べるとどうしても安っぽいのでやめたことを思い出す。

これからもどんどん過去の不正が出ると思うよ。
結局全部の車種で何らかの不正があると俺は思っている。
燃費偽装なんてまだまだ甘い。
欠陥商品は未だに街中を走っていることをお忘れなく。

買収するなら街中で走っている三菱の車を全部回収してからすればよかったなんてことになるんじゃないかな。
日本なら何とかなるが、海外はそういうのにすごく敏感だから欠陥やごまかしが発覚した場合は大変だよね。
莫大な制裁金を課せられたら、さすがの日産も耐えられないだろう。

三菱グループが責任を持って市場に出回っている三菱の車を全て回収し、三菱自動車を潰すのが一番安上がりと気づかないのがバカとしか言えない。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ブログのテーマには「政治・経済」のカテゴリーもあるのだが、敢えてこいつの話題は「バカ野郎速報」に分類する。

後出しジャンケンのようで申し訳ないが、俺はこいつが東大助教授としてテレビに出だしたころから全然評価していなかった。
確かに弁は立つしディベートもうまい。自分の意見を論理的に見せるテクニックは一流だ。
そもそもディベートは自分の意見の正当性を主張するものではない。
いかに自分の意見が論理的で相手より優れているかを競うものだ。
ディベートで勝っても自分の意見が世間一般に受け入れられたわけではない。

こういう勘違い野郎が政治の世界に出てくると必ず自己破綻をきたす。
まず自分の意見や考えが一番だと思っているから、一議員ではまともに自分の意見が通らないことに不満を持つようになる。
自分の意見や考えを通すためには、どうしてもお山の大将になるしかない。
舛添も石原も自分の意見が通らない国会議員よりも自治体の首長を選択するのは至極当然だ。
自治体の長は大統領と同じだから権力とカネが集中している。
おまけに国政と違って一度当選すればよほどのヘマをやらない限り再選も楽だ。
正直言って舛添は都知事時代が人生一番の「わが世の春」だっただろう。
あれほど辞任を固辞したのは、一時我慢すればこの危機は乗り越えられるだろうという甘い考えがあったと思う。

最後は「子供がいじめられている」、「給与を全額返上しても続けたい」、「別荘は売却する」などと意味不明な意見のオンパレードだったが、冷静に考えれば全く論理性のないくだらない善後策だった。

「子供がいじめられている」→「その原因を作ったのはお前だろ!」
「給与を全額返上しても続けたい」→「違法なことはしていないと言っていたのになぜ返納するんだ?」
「別荘は売却する」→「今回の騒動と別荘売却は無関係だろ、バーカ」

はい、論破。

まぁディベーターって奴は、一度論理が破綻すると一気にバカでも論破できるような意見で反論してくるから面白い。普段優秀と言われるディベーターほどこの罠に陥るんだよな。
舛添は正にその典型だ。

結局真相は明らかにされないまま終了となって、またほとぼりが冷めたら出て来るんだろうけど、こういう輩は徹底的に葬らないといけない。
この舛添問題では前都知事の猪瀬が性懲りもなくテレビに出てきてしたり顔でコメントしてるけど、こいつも自分のことを棚に上げてよく言えるよなと思うし、恥というのを知らないんだなと思う。

舛添以外にも猪瀬もそうだし、アパホテルのブス社長もホリエモンも大概にしろと言いたいよ。
こういう奴らは絶対二度と日の目を見られないようにしないと駄目なんだよな。
そんな奴らを平気で使うマスコミもだめだしね。

まぁこいつらに何を言っても釈迦に説法でどうしたって出てくるんだから、もっと悪いことをして塀の中に入るか、敵はたくさんいるからそいつらに刺されるか、自殺に追い込むしかない。
こういう人間が国や自治体の長だなんて世も末だな。
こんなことばかりやってると本当にこの国は右傾化してとんでもないことになるよ。
過去の失敗をすぐに忘れるのが日本人の一番悪いところだ。

舛添も含めてこういう権力欲の強い奴らは絶対に許しちゃいけない。
そして一度失脚したら二度とチャンスは与えてはいけない。

舛添の子供がどうなろうと俺は知らないし、マスコミに家族が追い回されたって同情なんてしない。

今回の騒動で一つはっきりしたことがある。
嘘をつく奴は顔に出るってことだな。
目をまん丸にしてな。
優秀なディベーターの成れの果てを久々に見たよ。
楽しかったよ、舛添さん。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

3級FP試験学科相続・事業承継分野の類似問題一覧を作成しました。

 20165月分を追加しました。

14

贈与契約・生前贈与

贈与契約 」・「生前贈与 」・「贈与契約の取消し 」・「直系尊属からの住宅取得等資金贈与 」・「直系尊属からの教育資金の一括贈与

15

小規模宅地の特例

小規模宅地等の特例

16

土地・建物の相続税評価

土地・建物の相続税評価 ・「貸家建付地・貸家の評価

17

物納・延納

物納・延納

18

事業承継

非上場株式会社の株式の相続税評価

19

相続税の取得費加算の特例

相続税の取得費加算の特例

 

3級FP試験学科 類似問題一覧(相続・事業承継分野)パートⅠ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

3級FP試験学科相続・事業承継分野の類似問題一覧を作成しました。

 20165月分を追加しました。

1

法定相続2割加算・遺留分

法定相続分① 」・「法定相続分② 」・「代襲相続 」・「後見制度 」・「相続税額の2割加算 」・「遺留分

2

遺言書

遺言証書

3

相続放棄・承認・準確定申告等

相続放棄 」 ・「準確定申告 」・「相続税の申告期限 」・「相続の限定承認

4

遺産分割

遺産分割協議

5

遺産の基礎控除

遺産に係る基礎控除

6

相続税の配偶者控除

相続税の配偶者控除

7

相続税清算課税

相続時精算課税制度

8

相続税の債務控除

相続税の債務控除

9

上場株式の相続税評価

上場株式の相続税評価額

10

死亡退職金・弔慰金

死亡退職金・死亡保険金の非課税限度額 ・「弔慰金 」・「生命保険契約の相続課税評価

11

普通養子・特別養子

養子縁組・特別養子縁組

12

贈与税の基礎控除

贈与税の基礎控除

13

贈与税の配偶者控除

贈与税の配偶者控除

 

3級FP試験学科 類似問題一覧(相続・事業承継分野)パートⅡ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

3FP試験学科・類似問題・相続事業承継分野・小規模宅地等の特例

 

 

(60)

平成27年中に開始した相続において、「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」により、特定事業用宅地等に係る本特例の適用対象面積は、( )までの部分である。 

 

1) 200 

2) 330 

3) 400 

解答・解説へ

201653級学科

(60)

平成27年中に開始する相続において、「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」により、特定居住用宅地等に係る本特例の適用対象面積は、( )ま

での部分である。 

 

1) 240 

2) 330 

3) 400

解答・解説へ

20161 3級学科

(60)相続人が相続により取得した宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における特定事業用宅地等に該当する場合、( ① )を限度面積として評価額の( ② )を減額することができる。

 

1) 200㎡ ② 80

2) 400㎡ ② 50

3) 400㎡ ② 80

解答・解説へ

201593級学科

(60) 相続人が相続により取得した宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における( )に該当する場合,200㎡を限度面積として評価額の50%を減額することができる。

 

1) 特定居住用宅地等

2) 貸付事業用宅地等

3) 特定事業用宅地等

解答・解説へ

201553級学科

(60) 相続人が相続により取得した宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における貸付事業用宅地等に該当する場合,()を限度面積として評価額の50%を減額することができる。

 

1) 200

2) 240

3) 400

解答・解説へ

201513級学科

(30) 相続人が相続により取得した宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における貸付事業用宅地等に該当する場合,240㎡を限度面積として評価額の80%を減額することができる。

解答・解説へ

201493級学科

(60) 相続人が相続により取得した宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」の貸付事業用宅地等に該当する場合,( ① )を限度面積として評価額の( ② )を減額することができる。

1)
200㎡ ② 50
2)
240㎡ ② 80
3)
400㎡ ② 80

解答・解説へ

201453級学科

(60) 相続により取得した宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における特定事業用宅地等に該当する場合,( ① )を限度面積として評価額の( ② )を減額することができる。

 

1) 200㎡ ② 50

2) 240㎡ ② 80

3) 400㎡ ② 80

解答・解説へ

201413級学科

相続によって相続人が取得した宅地等のうち,「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における特定居住用宅地等に該当する宅地等の相続税評価額については,( 1 )までの部分につき( 2 )の評価減を受けることができる。

1) (1) 400
(2) 50
2) (1) 400
(2) 80
3) (1) 240
(2) 80

解答・解説へ

 

相続により,被相続人が居住していた宅地等を同居していた配偶者が取得した場合,小規模宅地等の評価減の対象となる面積は,( 1 )までの部分で,その減額割合は( 2 )である。

1)
 (1) 200㎡  (2) 50
2)
 (1) 240㎡  (2) 80
3)
 (1) 400㎡  (2) 80

解答・解説へ

 

相続により取得した宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における貸付事業用宅地等に該当する場合,( 1 )を限度面積として評価額の( 2 )を減額することができる。

1.(1)200㎡   (2)50
2.(1)240㎡   (2)50
3.(1)400㎡   (2)80

解答・解説へ

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

3FP試験学科・類似問題・相続事業承継分野・貸家建付地・貸家の評価

 

(59)自用地としての価額が1億円の宅地に賃貸マンションを建築し、貸家建付地として

借地権割合が60%、借家権割合が30%、賃貸割合が100%とすると、当該宅地の相続税評価額は、( )となる。 

 

1) 1億円×60%×30%×100%=1,800万円 

2) 1億円×(1-60)4,000万円 

3) 1億円×(1-60%×30%×100)8,200万円

解答・解説へ

20161 3級学科

(29)相続税において、貸家の敷地の用に供されている宅地(貸家建付地)の価額は、

「自用地としての評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)」の算式により評価する。

解答・解説へ

201593級学科

相続財産の評価において,他人に貸している家屋(貸家)は,原則として,(  )の算式で評価する。

1.自用家屋としての評価額×(1-借家権割合×賃貸割合)
2.自用家屋としての評価額×借家権割合
3.自用家屋としての評価額×賃貸割合

解答・解説へ

 

相続税の計算において,貸家の敷地の用に供されている宅地(貸家建付地)の価額は,(  )の算式により評価する。

1)
自用地としての価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)
2)
自用地としての価額×(1-借地権割合)
3)
自用地としての価額×(1-借家権割合)

解答・解説へ

 

(30) 自己の所有する土地の上にその人自身が所有する建物があり,その建物を他に貸し付けている場合,相続財産評価上,その土地のことを貸家建付地という。

 

解答・解説へ

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

3FP試験学科・類似問題・相続事業承継分野・生命保険契約の相続課税評価

(58)相続財産の評価において、相続開始時に保険事故が発生していない生命保険契約に関する権利の価額は、原則として、( )の額によって評価する。 

 

1) 解約返戻金 

2) 既払込保険料相当額 

3) 死亡保険金

解答・解説へ

201613級学科

(57) 相続開始時において保険事故が発生していない生命保険契約に関する権利の価額は,()の額に基づいて評価する。

 

1) 死亡保険金

2) 解約返戻金

3) 払込保険料

解答・解説へ

201413級学科

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

3FP試験学科・類似問題・相続事業承継分野・遺産に係る基礎控除

 

(26)相続税の基礎控除額の計算上、法定相続人の数に含める被相続人の養子の数は、被相続人に実子がいる場合、2人までである。

解答・解説へ

201653級学科

(57)

平成27年中に開始する相続において、相続税額の計算における遺産に係る基礎控除額は、「( ① )+( ② )× 法定相続人の数」の算式により求められる。 

 

1) 2,500万円 ② 500万円 

2) 3,000万円 ② 600万円 

3) 5,000万円 ② 1,000万円

解答・解説へ

20161 3級学科

(26) 相続税の「遺産に係る基礎控除額」を計算する際の法定相続人の数は,相続人のうちに相続を放棄した者がいる場合,その放棄がなかったものとしたときの相続人の数となる。

解答・解説へ

201553級学科

(27) 相続税における「遺産に係る基礎控除額」の計算において,被相続人に実子がいる場合に,法定相続人の数に含めることができる養子の数は,相続税法上実子とみなされるものを除き,2人までである。

解答・解説へ

 

下記の親族関係図において,Aさんの相続における遺産に係る基礎控除額は( )である。

まーくんのFP無料相談&FP試験問題解説  

1) 1,500万円
2) 3,000
万円
3) 8,000
万円 

解答・解説へ

 

 

 


 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

3FP試験学科・類似問題・相続事業承継分野・遺留分

 

 

(27)遺留分算定の基礎となる財産の価額が1億8,000万円で、相続人が被相続人の配偶者と子の合計2人である場合、子の遺留分の金額は6,000万円となる。 

 

解答・解説へ

201653級学科

(56)

遺留分算定の基礎となる財産の価額が1億8,000万円で、相続人が配偶者と子の合計2人である場合、子の遺留分の金額は、( )となる。 

 

1) 4,500万円 

2) 6,000万円 

3) 9,000万円

解答・解説へ

20161 3級学科

(27)遺留分権利者は、被相続人の配偶者と直系卑属に限られる。

解答・解説へ

201593級学科

(28) 被相続人の兄弟姉妹には,遺留分の権利が認められていない。

解答・解説へ

201493級学科

民法において,被相続人の(  )には,遺留分の権利が認められていない。

1)
配偶者
2)
直系尊属
3)
兄弟姉妹

解答・解説へ

 

(27) 遺留分算定の基礎となる財産の価額が1億2,000万円で,相続人が配偶者と子1人である場合,子の遺留分は6,000万円である。

解答・解説へ

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

3FP試験学科・類似問題・相続事業承継分野・相続税額の2割加算

 

(30)被相続人の孫(代襲相続人ではない)が遺贈により不動産を取得した場合、その孫は、相続税額の2割加算の対象者となる。

解答・解説へ

201613級学科

 (28) 被相続人の兄弟姉妹が相続により財産を取得した場合,その兄弟姉妹は,いわゆる相続税額の2割加算の対象者となる。

解答・解説へ

201553級学科

相続税の計算において,( )が財産を相続する場合,算出税額に2割相当の税額が加算される。

1)
被相続人の父母
2)
被相続人の兄弟姉妹
3)
代襲相続人である,被相続人の孫

解答・解説へ

 

被相続人の孫が,すでに死亡している被相続人の子を代襲して相続人となった場合,その孫は相続税額の2割加算の対象者となる。

答・解説へ

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。