ファイナンシャルプランナーの福島佳奈美です。

 

大型連休も終わり、ようやくお仕事や学校のペースに慣れてきたころでしょうか?

 

私の周りのママたちはまだまだ子育て真っ最中で(私も含め!)、

お仕事はパートで!という方がほとんどです。

 

家事だけでなく、学校行事やPTA関係の役割もありますので、比較的、お休みの融通が利きやすいパートタイマーでの働き方というのは”ちょうどいい”働き方なのです。

 

とはいえ、パートでも働く時間が長くなってくると

 

”こんなに働いていると夫の配偶者控除受けられなくなる・・・?”

 

”税金払わなくちゃいけないのかしら・・・”

 

と、ふと不安になります。

 

現在は、所得税はパート年収103万円までが配偶者控除の対象ですが、2018年からは上限が一気に150万円までに引き上げられます。

 

もともと、年収103万円までなら自分の所得税もとられないし、夫も配偶者控除を受けられるというので、103万円以内で働こうという

 

『103万円の壁』がありました。

 

これが、”女性の社会進出や働く意欲を削いでいる!”

 

と叫ばれるようになり、配偶者控除の廃止を求める声が上がっていたのですが、廃止どころか、上限額引き上げに・・・。

 

”じゃあ、来年からは手取りが最大になる150万円まで頑張って働こう!”

 

というのも注意が必要。

 

サラリーマンの妻は、年金や健康保険の社会保険も、夫の扶養に入っていることが多いですよね。

 

ところが、社会保険の扶養の目安は税金とは異なり、通常はパート年収『130万円』、従業員数501人以上の企業で一定の条件で働く場合や、労使合意があるり社会保険に加入できる場合は『106万円』になります。

 

この金額を超えたら、自分で社会保険料を支払うことになり、手取りのお給料は減るんですね。将来受け取る老齢厚生年金は増えますが・・・。

 

2018年から税金面での『配偶者控除』がどう変わるかを執筆したコラムが、オリコンニュースに掲載されました。

 

「配偶者控除等の改正」ポイントを解説! 税制面で“損をしない働き方”とは?

 

とっても複雑でわかりにくい税金や社会保険制度に関わるお金のお話し、これからも伝えていきますね。

 

 

AD

女性のための医療保険の選び方

テーマ:

ファイナンシャルプランナーの福島佳奈美です。

 

ゴールデンウィークのはざまの平日・・・。

 

子どもたちが学校に行っている間にパソコンに向かいつつ、

 

実家から送ってきた夏みかんと日向夏でジャムを作ってみました。

 

中の皮をむいて身を取り出すのが少し面倒ですが、あっという間に完成!

 

 

トーストにのせたり、ヨーグルトと一緒に食べたりできそうです。

 

最近、医療保険について質問を受けたのでいろいろ調べてみたのですが、時代と共に保険もどんどん進化していますね。

 

妊娠や出産で長期入院や帝王切開などになるリスクもあるので医療保険に加入するなら妊娠前に。妊娠してからだと妊娠月数によっては加入できない場合もありますし、加入できたとしても、今回の出産に関する給付では対象外になってしまうこともあります。

 

最近は、女性向け保険も各社販売していて、帝王切開や子宮ガン、乳がんなどでの入院給付金が上乗せされるという商品が多くでています。

 

男性も加入できる保険と同じくらいの保険料なら、女性向け保険の方がお得のはず!と思うかもしれませんが、必ずしもそうとは限らないので、比較検討が必要です。細かいところで保障される内容が異なる場合もあります。

 

例えば、入院が長期化しやすい場合にも対応できるか・・・。

がん保険に入らなくていいような特約が付けられるか・・・。

など、自分のニーズにあっているかが大切ですね。

 

お得かどうかだけに目を奪われず、その他の病気でも安心できる内容かをしっかりチェックしましょうね。

AD

ファイナンシャルプランナーの福島佳奈美です。

 

4月も終わりに近づき、新生活にも慣れてきたころでしょうか?

 

中学生になった下の子も、ようやく、部活動も決まり、毎日楽しそうです。

 

4月になると、いろいろと生活を見直したい!という気持ちになるせいでしょうか?ご相談のお問い合わせやご依頼をいただくことが増えています。

 

先日も横浜市・たまプラーザの相談スペースで子育て世代の方の家計全般についてご相談をお受けしてきました。

 

小さいお子様がいらっしゃる方のために、ご相談は、相談スペースの他、ご自宅への訪問も行っていますので、お気軽におといあわせくださいね。

 

お問い合わせはこちらから

 

さて、【みんなのライクハックサイト@DIME】にて、子育て世代が国や自治体からもらえるお金についてコメントさせていただきました。

使わなきゃ損!国・自治体の補助金・給付金制度【出産・子育て編】

ぜひ、読んでみてくださいね。

 
AD