昨年6月に施行された改正薬事法で、販売規制された効き目が強い胃腸薬や発毛剤などの第1類医薬品をめぐり、約半数の薬局が販売時に義務付けられた説明手順を守っていなかったことが18日、厚生労働省の覆面調査で分かった。厚労省は同日、都道府県の薬事監視担当係長を集めた会議で、薬局への指導徹底を指示した。
 調査は民間マーケティング会社の調査員に委託し、1~3月に全国の3991店で実施。このうち第1類医薬品を扱う1949店では、実際に商品を購入するなどして店頭の対応を確かめた。
 第1類医薬品の販売には効果や副作用を記した文書を示した上で、詳細な説明が必要だが、適切に行ったのは50.5%だった。違反例の内訳は、「口頭のみの説明」22.5%、「説明自体がなかった」19.8%。文書を渡して済ませるようなケースも7.1%あった。 

<菅首相>早期衆院解散を否定 参院代表質問(毎日新聞)
航空自衛官 帰宅途中の女性に痴漢(産経新聞)
毎日新聞世論調査 菅内閣の支持率が66%の高率に(毎日新聞)
女児助けようと千葉で男女水難 1人死亡(産経新聞)
高速一部無料化、28日スタート=宮崎2区間を年内に追加―国交相発表(時事通信)
AD