鋼鉄製橋梁(きょうりょう)工事をめぐる談合事件で、指名停止を受けるなど会社に損害を与えたとして、三菱重工業(東京都港区)の株主が当時の役員ら7人に総額35億円の返還を求めた株主代表訴訟は31日、役員らが解決金1億6000万円を支払うことで、東京地裁(渡部勇次裁判長)で和解が成立した。 

【関連ニュース】
「前政権のうみ出し切る」=官製談合指摘で政務官-6社を指名停止・防衛省
授業料返還、大学側逆転勝訴=推薦入試で入学辞退
「生きていてよかった」=目に涙、厳しい表情の原告も
被害者に改めて謝罪=小沢環境相
非訴訟派被害者も救済へ=裁判と並行、5月までに

特定看護師創設、「今後を注視」―日医(医療介護CBニュース)
首相動静(3月23日)(時事通信)
岡田外相、ミャンマー軍事政権に遺憾表明(産経新聞)
<こいのぼり>春風に300匹 佐賀・嘉瀬川(毎日新聞)
井手元会長ら3人強制起訴へ=検察審査会が議決-JR福知山線脱線事故・神戸(時事通信)
AD