(FP試験オススメ教材、書籍)


【CFP試験対策】


◆基本書◆


(解説記事)
2016-1211・1218

◆過去問◆



(解説記事)
2017-0212・19

【1級FP実技試験対策】


◆過去問◆


(解説記事)
2017-01-29


【努力の方法論-勉強法】


(解説記事)
2014-06-29


これら教材、書籍の取扱書店はHP にて

2016-12-11 09:00:00

CFP試験の教材はFPテキストが最適

テーマ:FP754サイト、サービスなど告知全般
皆さん、おはようございます。
FP754です。

このブログのメインテーマでありますCFP試験。
次回の平成29年度第1回試験に向けて、新たにCFP試験対策をスタートしています。 

日曜日は企画モノです。
本日はCFP試験の教材はFPテキストが最適という話です。


【CFP試験教材としてのFPテキスト】

【CFP試験の教材はFPテキストが最適】

早いもので、次回の平成28年度第2回CFP試験も終了し、12月21日(水)の結果発表を待つのみとなりましたが、早くも来年6月の平成29年度第1回CFP試験に向けて、勉強をスタートさせている方もいらっしゃると思います。

ところで、CFP試験対策として、FP754のホームページ「あなたの時間と費用を節約できる独学CFP資格取得法 」では、
FPテキストと過去問を軸とした勉強法を推奨しています。

8月5日(金)に平成28年度FPテキスト、更に9月6日(火)に平成28年度第1回CFP資格審査試験問題集と相次いで発売されましたが、FP754のホームページで提供している前回の平成28年度第2回試験ならびに次回の平成29年度第1回試験に対応する
平成28年度FPテキストサービスの提供開始のため、平成27年度FPテキストから平成28年度FPテキストへのデータ移行ならびに前々回の平成28年度第1回試験過去問の反映作業を行い、9月22日(木)に全課目完了終了しました 

そこで、改めて皆さんにお伝えしたいのは、CFP試験の教材FPテキストが最適ということです。

その1番の理由は、合格ラインでみる限り、直近のの平成28年度第1回試験をはじめ最近の試験は、ここ数年では易化傾向ということもあり、以前は多く見られたFPテキストと過去問で対応できない問題の出題が減り、代わりに明らかにFPテキストの記載内容を参考にしたと思われる問題の出題が多く見られるようになっているからです。

【FPテキスト利用のメリット】

この
FPテキストの利用には、以下のようなメリットがあります。

(1)FPテキストは市販教材で最も詳しく記載されている

CFP試験において、予備校や通信教育ではなく、独学で勉強を進めていく場合、当然、市販の教材を使用することになるわけですが、すでにご存知とは思いますが、基本書として利用できる市販のCFP試験用の教材は、昔から種類が少なく、あまり選択の余地がありません。

その中で、試験機関の日本FP協会が発行している唯一のCFP教材であるFPテキストが、そのぶ厚さが示すとおり、最も詳細に書かれています。

(2)FPテキストには解答の鍵となる内容が多く記載されている

FPテキスト
は、試験機関の日本FP協会が発行している唯一のCFP教材なので、その内容から出題される可能性があることは容易に想像がつきますが、実際にその記載内容を参考にしたと思われる文章問題が数多く出題されています。

実際、FP754が提供するCFP試験対策の軸となるFPテキストサービス
の内容を更新するため、FPテキスト平成16年度第1回試験から直近の平成28年度第1回試験までの過去13年間計25回分、7,500問もの過去問との付け合わせを行ってきたからこそ言えることですが、FPテキストには、皆さんが思っている以上に解答の鍵となる内容が記載されています。

(3)FPテキストの記載内容が毎回いずれかの課目でそのまま出題されている

長年、FPテキスト
と過去問の照合をしていると、過去のCFP試験において、FPテキストの記載内容がそのままあるいは加工して出題されている問題を何度も確認しています。

(2)(3)
の具体例を挙げると、例えば、平成28年度第1回試験(6月試験)では以下のとおりでした。

・金融 → <問題2>在庫循環 
・不動産 → <問題2>投資・運用対象としての特性 
・ライフプラン → <問題4>行動ファイナンス
・リスク → <問題2>少額短期保険業制度
・タックス → <問題41>租税公課
・相続 → <問題31>直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税

これらの内容の中には、FPテキストでしか確認できない内容も含まれています、また難易度の高い課目では、このような暗記さえしていれば解答できるサービス問題は確実に得点しておきたいところですが、FPテキストを利用して勉強していれば、それも可能だったということです。

【FPテキスト利用のデメリット】

一方、
デメリットとしては、以下の点が挙げられます。

(1)FPテキストはどこが重要箇所かわからない


他の参考書と比べると圧倒的に内容が充実している反面、通常の参考書が太字などを多用し、重要度の強弱を示しているのに対し、FPテキストはそのような記載方法が取られていないので、どこが重要箇所かわかりません

(2)FPテキストは確認したい内容を探し出す作業に時間がかかる

ページ数が多く、内容が充実している半面、どうしても該当箇所を探し出すのに、時間がかかってしまいますし、探し出すには慣れとコツが必要です。

そこで、その弱点を補うために、FP754が提供しているサービスが、平成28年度第2回試験ならびに平成29年度第1回試験に対応する平成28年度FPテキストサービス
です。

平成28年度FPテキストサービス
については、当記事の続編として、次回来週の企画モノ記事で、そのメリットを詳しく解説する予定ですので、興味のある方はご覧になってください。


【最後にひとこと】

FPテキストサービスは、FP754の完全オリジナルサービスであり、他のところで同様のサービスを受けることはできません

次回の平成28年度第2回試験ならびに平成29年度第1回試験対策として、
FPテキストを利用して効率的に勉強を進めたいという方は、ホームページ「あなたの時間と費用を節約できる独学CFP資格取得法 」にて、平成28年度FPテキストサービス申込を受け付けています。

また、FPテキストは、毎年8月に今年度の税制改正を反映した改訂版が発売されますが、11月の平成28年度第2回試験ならびに来年6月の平成29年度第1回試験に対応する平成28年度FPテキストサービスは、9月22日(木)より正式に提供開始しており、次回の平成29年度第1回試験対策として、早くも年内から勉強をスタートされる方の申込も受け付けてします。

また、毎年7月から9月にかけて、CFP試験教材の改訂版が続々と発売されますが、FP754のホームページ「あなたの時間と費用を節約できる独学CFP資格取得法 」のサイドバーに、CFP試験のオススメ教材の最新ラインナップを掲載していますので、独学で勉強を進めようとしている方はご活用ください。

紀伊國屋書店 (会員登録後、購入金額1,500円以上で送料無料、在庫ありだが僅少)
・平成28年度FPテキスト FP1パーソナル~FP6相続 (日本FP協会)
・CFP資格審査試験問題集平成28年度第1回~平成25年度第1回 金融~相続 (日本FP協会)
・CFP受験対策精選過去問題集制度改定版2016~2017年 金融~相続 (FPK研修センター)

honto (会員登録後、購入金額にかかわらず送料無料、在庫あり)
・平成28年度FPテキスト FP1パーソナル~FP6相続 (日本FP協会)
・CFP受験対策精選過去問題集制度改定版2016~2017年 金融~相続 (FPK研修センター)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。