山形県民の方へ!ワクワク大作戦!お金と楽しく前向きに向き合うファイナンシャルプランナー☆

山形のファイナンシャルプランナー!
☑貯金を殖やしたい
☑家計のやりくりが知りたい
☑保険を見直したい
☑教育資金の新しい貯め方を知りたい

知ったモン勝ち!やったモン勝ち!

NEW !
テーマ:
ファイナンシャルサポーターの大場です!


「保険を見直したいけど、保険屋さんに言いづらい…」

「保険屋さんとの付き合いもあるし…」

保険を見直したいと思うけど、こういう「オトナの事情」がどうも出てきます。


今日は保険を見直すときに使えるテクニックをお伝えします。


保険を見直す=解約


だけではありません。






理想的なのは、

「保険を解約せずに、保険を見直して、なおかつ既存の保険屋さんとの付き合いにもひびを入れない」

ことだと思います。

保険を見直したくても、なかなか踏み出せない大きな理由のひとつに

「見直したいけど、どうも付き合いが…」という事情があります。


なぜでしょうね。不思議です。


やっぱり「お金のこと=難しい、話すのがタブー」という風潮があるのかもしれません。

保険を見直せば、余計な出費を減らせる、もしくは必要な保障を付け加えられるという大きなメリットもあるんですけど、なかなか言い出せない…。


そんな悩みを解消する方法があります。


それは、


「払い済み保険」という方法です。

こちらのサイトがわかりやすかったです。 こちら

文字通り、(保険料の)払い込みを済ませてしまうやり方です。解約ではないので、契約は残ります。

具体的には、現在契約中の「終身保険・養老保険・学資保険、こども保険、個人年金保険など」を、解約する事なく保険期間もそのままにしたままで、「保険料の支払いを済ませる」ことを『払済保険』といいます。
払済保険に変更後は保険料の支払いはなくなるものの、途中で保険料の払込を終えるので保険金額は低くなります。また、付加していた特約は消滅します。

例えば、毎月1万円の保険料で保険金300万円の死亡保険、日額5000円の入院特約付きに入っていた場合。

「払い済み保険」にすると、毎月1万円の保険料を払わなくていい代わりに、保険金は100万円の死亡保険になるということです。もちろん入院特約もなくなります。契約は継続します。(わかりやすくした例示なのでこの通りになるとは限りません)


「保険料の支払いが多いな~」

「保険料を減らしたいな~」

と思う方はこの方法を取り入れてみるといいでしょう!


担当者に聞くと、「できない、わからない」と言った回答をもらうケースが多いので、コールセンターに聞くことをオススメします。

「今入っている保険は、払い済み保険にできますか?」

「払い済み保険にした場合、保険金額(死亡保障の金額)はいくらですか?」



※ただし、保険に入ってから期間が短い場合は払い済み保険にできない場合があります。

これでOKです^^

担当者から連絡が来た場合は、

「この保険を活かしながら、他の保険会社で保険を見直そうと思って検討しています」と一言かければOKです。



保険の見直しをしたいと思ったときは、現在お付き合いがある保険屋さんを使うのもありですが、その他に利害関係のない第三者を使うことも有効です。

利害関係がないので、余計なことを考えずに済むからです。

特に保険の見直しは、専門知識やテクニックを有するためにしっかりとやりたい場合はプロを使うのが最も有効です。

プロというのは保険のプロではありません。「保険以外の方法も知っているプロ」を使うと言うことです。


保険は日本人の9割が加入しているというヒット商品です。でも、大半の方が「何も知らない、何となく、めんどうだからとりあえず」でやってしまっているもったいない商品です。

だから、保険にはムダが生まれやすいんです。そして、保険について話すことはタブーだとか、お金について話すのはタブーだとか、付き合いだとかしがらみも多いのも保険ならでは。


そんな保険に対して、一歩踏み出して行った方が、お金と前向きに向き合えるんです!

年間サポーター & 保険の見直し集中プラン & 投資の一歩!専門プラン 第二次募集!7月31日(日)23:59までです!

「どんなプランが合うのか?」

初回ヒアリングで明らかになります。まずはお気軽にどうぞ!

お問い合わせはこちら!

2016年8月の年間サポーター、保険の見直し集中プラン、投資の一歩!専門プランを希望される方を募集しております!<7月31日(日)23:59までです!>


山形ベース!ファイナンシャルサポーター 各種メニュー
☆個別相談、価格について☆
※個別相談や価格についてはこちらをご覧下さい!

☆無料メールマガジン☆
※2016年7月末より「山形県民のためのかしこい貯蓄講座メールマガジン」を発刊!無料でお得な情報をお届けします!

年間サポーター保険見直し集中プラン投資の一歩!専門プラン
時間や価格を気にせずにじっくり相談したい方、保険に特化して見直しをしたい方、投資信託での資産形成に関心がある方はこちらのプランをどうぞ!

☆お問い合わせ☆
お気軽にお問い合わせ下さい!確認次第、折り返します!小さな疑問もこちらからお問い合わせ下さい!

☆ファイナンシャルサポーターフェイスブック☆
フェイスブックでも役立つ情報を配信しています♪是非「いいね!」をして下さい!


<自己紹介>

ファイナンシャルサポーター 大場 脩
1988年山形市生まれ、日大山形高、日本大学商学部を卒業後、荘内銀行に入行。銀行では主に保険や資産運用に携わる。銀行ではこんなことがありました。入行当初、500万円の定期預金を預かったお客さんのことを喜んで報告に行ったら「バカ野郎。なんで保険や投信を勧めなかったんだ。預金よりも手数料をとれ」と怒られました。入行早々「この会社はお客さんより自分たちのことしか考えていない」と痛感しました。そんなジレンマを抱えながら仕事を続けました。その中で「銀行などの会社側と商品を選ぶお客さん側」との間の「情報格差」が大きすぎると痛感し、会社とは一線を画した形でしっかりとした情報を提供して行く必要があると感じ今に至ります。
<メディア掲載実績>
・週刊SPA!
・日刊SPA!
・さくらんぼテレビ県内ニュース
・山形放送県内ニュース
山形県内をベースに、対面、オンラインで相談をいただいております。自営業の方、公務員の方、会社員の方、学生の方など様々な方がいらっしゃいます。
保険の見直し、資産運用、投資信託、確定拠出年金、退職金運用が得意分野です。お気軽にご相談下さい。また、講演やセミナーも承ります!
【山形県の方へ】確定拠出年金の相談会・セミナーはこちら。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ファイナンシャルサポーターの大場です!

「個人年金保険を勧められていて、入るべきか迷っています」

Sさんからそんな質問をいただきました。




個人年金保険に入ることを考えているということは、漠然と老後、将来に向けての不安があるということでしょう。

詳しくは、

保険相談の根本的な要因

を見てください。

大場:「個人年金保険に入ることを考えるより、別な方法と比較して、より自分に合う方を選んで下さい。別な方法というのは投資信託や確定拠出年金のことです。」

Sさん:「投資っていうと、自分でリスク管理できなくて不安ですよね。だから、個人年金保険の方がいいのかな?」

大場:「せっかくですので、個人年金も含めて、まずは保険のこと、投資のことを知ってみましょう」

ということで、後日お会いする予定です。


昨日、僕の失敗談を公開しました。

大場の失敗体験談


僕の失敗談の根本的な原因は「知らないことに闇雲に手を出し、失敗した」ということです。

「やってみたい」と思っていても、仕組みもルールもわからないまま、ただ甘い言葉につられて失敗したと言うことです。

何も知らないから自分のリスク許容度(どれだけリスクをとれるのか)がわからない、だから失敗したんです。

しかし、日本にはお金について教えてくれる授業もなければ、機会もありません。

だから、自分の将来を考えたり、お金について向き合おうと思ったときでも、どこでやればいいか、誰に相談したら良いかがわからないんです。


「お金を貯めたい、殖やしたい」と誰もが思うこの願い。コレをかなえるためには大きく分けて3つの方法があります。

資産運用(投資信託)、保険、預貯金の3つです。

一般的には預貯金や保険がリスクが少ないと言われていますが、僕は

預貯金や保険の方がリスクが高いと思います。

この3つなら投資信託が一番リスクが低いということです。


預貯金はまず全く殖えません。世の中が値上げや増税の局面(インフレといいます)になった場合は圧倒的に不利です。

全く殖えないので、クルマで言えば、「10キロのノロノロ運転」です。事故の確率は低い(?)と思いますが、それではいつまで経っても目的地には着きません。

保険も同じです。預貯金よりも殖えますが、それは「決められた保険料」を「決められた期間」しっかりかけていかないと「決められた利率」を受けることができません。

保険の場合は比較的長い期間が必要なので、その間に「保険料を収められない」、「中途解約をしないといけない」という状況になった場合はほぼ確実に元本割れします。

クルマで言えば、最初に「60キロで走っていく」と決めた場合は、どんな状況でも60キロで走っていかないといけません。

乾いた見通しの良いバイパスなら問題ありませんが、

・雪道

・凍った道

・曲がりくねった道

・砂利道、狭い農道


でも決められたスピードで走らないといけません。どうでしょうか?


対して、投資信託は毎月500円からできます。おまけに自分でどこの国や株や債権に投資するかは決めなくて良いですから。そこは百戦錬磨のプロに任せることができます。

500円から始めて、自分なりにリスクの許容度だったり、仕組みだったり、ルールだったりを理解していけばいいのです。

自分でやってみること、体験してみることがやはり一番のリスク回避の手段になります。

最初は毎月500円から始めて、2年目から毎月1万円にしてみる。ボーナス月は2万円にしたり、出費が多いときは5000円にしてみる。(手続きはちょっと面倒ですが…)

融通も利くし、小さい金額から一歩を踏み出せるという面ではリスクが一番小さいと言えます。

運用のリスクだって、経済は毎日動いているワケなので、動きは必ずあります。それはリスクですが、長い目で見ると、経済は上がったり下がったりと変動を繰り返しています。

人間のモチベーションや気持ちも日々変わりますし、気温だって毎日違います。経済だって同じように毎日動きます。

経済の動きと人間の気持ちや気温は日々変わるという面では同じですが、経済の動きだけはどうも不安になりますし、リスクを回避したいと思います。

なぜか?

それは経済について、お金について「何も知らない」からです。気温は天気予報で知ることができるので、対策を立てることができます。自分の体調や気持ちも自分でわかるので、整えることができます。


何も知らないから不安になったり、避けるんです。


知るためにはやはり経験することが一番です。

経験こそが一番自分の糧になります。経済の知識、お金の知識、そしてお金と前向きに向き合うことは自分だけではなく、家族、そしてお子さんにも伝えていけば必ず良い影響があります。


一人でできないときは、いっしょにやってみる。

ファイナンシャルプランナーは、一人でできない時に後押しをするのが仕事です。


怖いならまずやってみること、一歩踏み出すこと。その一歩は毎月500円くらいの小さな一歩で良い。

新しいラーメン屋の開拓よりも怖くないはず(笑)ラーメンは500円で食べられるところは少ないですから。





僕は投資信託のリスクより、新しいラーメン屋の新規開拓の方がリスクが高いと思います!

500円で始めた投資信託の損失は500円以内。ラーメン屋の新規開拓で、まずいラーメンを食べたときの損失はラーメン代、ということは500円より大きい。そして何よりも後味が悪いし、気持ちも下がる。


そう考えてみると、投資信託や資産運用って意外と気軽なものだと感じませんか??

年間サポーターはあと1組、保険の見直し集中プランはあと2組です!お早めにどうぞ^^

年間サポーター & 保険の見直し集中プラン & 投資の一歩!専門プラン 第二次募集!7月31日(日)23:59までです!

「どんなプランが合うのか?」

初回ヒアリングで明らかになります。まずはお気軽にどうぞ!

お問い合わせはこちら!

2016年8月の年間サポーター、保険の見直し集中プラン、投資の一歩!専門プランを希望される方を募集しております!<7月31日(日)23:59までです!>


山形ベース!ファイナンシャルサポーター 各種メニュー
☆個別相談、価格について☆
※個別相談や価格についてはこちらをご覧下さい!

☆無料メールマガジン☆
※2016年7月末より「山形県民のためのかしこい貯蓄講座メールマガジン」を発刊!無料でお得な情報をお届けします!

年間サポーター保険見直し集中プラン投資の一歩!専門プラン
時間や価格を気にせずにじっくり相談したい方、保険に特化して見直しをしたい方、投資信託での資産形成に関心がある方はこちらのプランをどうぞ!

☆お問い合わせ☆
お気軽にお問い合わせ下さい!確認次第、折り返します!小さな疑問もこちらからお問い合わせ下さい!

☆ファイナンシャルサポーターフェイスブック☆
フェイスブックでも役立つ情報を配信しています♪是非「いいね!」をして下さい!


<自己紹介>

ファイナンシャルサポーター 大場 脩
1988年山形市生まれ、日大山形高、日本大学商学部を卒業後、荘内銀行に入行。銀行では主に保険や資産運用に携わる。銀行ではこんなことがありました。入行当初、500万円の定期預金を預かったお客さんのことを喜んで報告に行ったら「バカ野郎。なんで保険や投信を勧めなかったんだ。預金よりも手数料をとれ」と怒られました。入行早々「この会社はお客さんより自分たちのことしか考えていない」と痛感しました。そんなジレンマを抱えながら仕事を続けました。その中で「銀行などの会社側と商品を選ぶお客さん側」との間の「情報格差」が大きすぎると痛感し、会社とは一線を画した形でしっかりとした情報を提供して行く必要があると感じ今に至ります。
<メディア掲載実績>
・週刊SPA!
・日刊SPA!
・さくらんぼテレビ県内ニュース
・山形放送県内ニュース
山形県内をベースに、対面、オンラインで相談をいただいております。自営業の方、公務員の方、会社員の方、学生の方など様々な方がいらっしゃいます。
保険の見直し、資産運用、投資信託、確定拠出年金、退職金運用が得意分野です。お気軽にご相談下さい。また、講演やセミナーも承ります!
【山形県の方へ】確定拠出年金の相談会・セミナーはこちら。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ファイナンシャルサポーターの大場です!

「お金と前向きに向き合いましょう!」

と言っている僕ですが、実は最初からそんなことをいえるワケがなかったのです。

独立したばかりの頃は、資金繰りが相当苦しかったです。ようやく、ここ最近は資金繰りも安定してきて、少しずつですが前に進んでいます!

今はファイナンシャルサポーターという屋号を掲げていますが、最初は保険代理店だけでした。

「保険だけでできることもあるけど、保険だけではできないことがある」

と気づいて、軌道修正。

保険も含めて、総合的にお金と向き合う必要性がある、「山形にお金の事をしっかりと相談できる場所を作る」という目標に変わりました。それで現在に至ります。


当初は保険だけの知識で十分でしたので、他のことは何もわかりませんでした。

保険しかできない僕は、やはり埋没していきます。

人間って苦しくなると、博打に出るんですよね。そこで当たればいいんですが、

その時は独立したばかりで資金的にも厳しかった。

そんなときにお金を殖やしたいと思い博打に出て、負ける。

そんなときは、

「短期で儲かる○○必勝法」、「1日5分!1ヶ月で100万円稼ぐ!」といった広告に目を奪われます(笑)

そう、僕は資金繰りが苦しいあまり、その広告をクリックして申し込みをしました。

その正体は バイナリーオプション という為替金融商品です。



為替が「上がる」「下がる」かを予測する取引です。もちろん、ハイリスク・ハイリターン。そのことは後に知ることになります。

最初は意外と良かったんです。いきなり当たり始めて、3万円くらいでしょうか?利益が出ました。

そこでやめれば良かったんですが、そこから急に予測が外れ始める。最終的には利益を失ったばかりか、追加で課金していました。

「損失を取り戻したい!」

と思うのが人間の性。

そう、

「リスク」というのは「人間自身」にあるのだと思います。


損失を出すのも人間、利益を出すのも人間。

損失を出すのはルールや仕組みを知らないということも大きいです。損失を出す恐怖、リスクに対する恐怖のほとんどはルールも仕組みも「何も知らない」からです。

知ってしまえば、怖くない。

意外と近寄りがたいと思っていたコワモテのお兄ちゃんも、話してみるとめっちゃ優しかった…。

なんてことも良くある話。結局は「何も知らなかった」だけ。


だから、リスクからは人間である以上は逃げられません。だとしたら、ヘタに逃げるよりリスクとうまく向き合っていった方がいい。


追加で課金した僕は当然、資金繰りがうまくいかなくなりました。そういうときって1万円でも非常に大きな損失です。

もちろん、資金繰りがうまくいかなくなり、クレジットカードのキャッシングで7万円を借り入れる。

それを一括で返せないので、リボ払いで返す。

意外とリボ払いも苦しいものです。


…なんてことも経験しました。

今、それを振り返ると、「何も知らないから、損をした」のだと思います。

自分のリスク許容度もわからなかったですし、そもそもバイナリーオプションのこともよくわからなかったですし、何となくやっていただけでした。


何も知識がない中でやっていたので、そんなもん。

カンタンに儲かるモノだと思っていたけど、そう甘くはありません。

やっぱりコツとかあるんですよね。でも、バイナリーオプションのコツは最後までわかりませんでした。


ルールや仕組みを理解して、それを活かすことって大事です。そして失敗したことってそのままでは失敗で終わってしまいますが、失敗を活かして成功の足がかりにすれば、その失敗は失敗ではありません。

僕はこの経験で、リボ払いやキャッシングの便利さとデメリット、仕組みや返済の流れなどを身をもって体験することができました。

そして自分自身のリスクの許容度や向き合い方を知ることができました。


結果的に、僕は知識や情報がないままに甘い話に騙されたともいえるでしょう。


でも、知識や情報があれば、その甘い話に疑念が生まれます。それが自分を守ってくれる最後の砦となります。

世の中で金融商品のトラブル、そしてオレオレ詐欺が後を絶たないのは、販売側や詐欺師側が悪いのは当然ですが、知識や情報がないというこの環境もひとつの大きな要因だと思います。


お金について教えてくれる場所や人は山形にはほとんどいません。

ある特定の商品については販売のために教えてくれる人はいますが、本当の意味でお金について向き合える場所、人はほとんどいません。


山形を金融都市に。


お金について前向きに向き合える人、知識や情報を持った人を増やしていけば、山形をもっと住みよい街に変えることができるんじゃないか?と思っています。


なかなか言い出せないお金のことだからこそ、お金としっかりと向き合う場所を作る事がたいせつです!

知らなかったことを知ることができる。そうすれば視野が広がる。視野が広がればお金の流れが変わる。お金の流れが変われば人生が変わる。

今まで知らなかったことを今知ることで、一番助かるのは未来の自分自身です!

年間サポーター & 保険の見直し集中プラン & 投資の一歩!専門プラン 第二次募集!7月31日(日)23:59までです!

「どんなプランが合うのか?」

初回ヒアリングで明らかになります。まずはお気軽にどうぞ!

お問い合わせはこちら!

2016年8月の年間サポーター、保険の見直し集中プラン、投資の一歩!専門プランを希望される方を募集しております!<7月31日(日)23:59までです!>


山形ベース!ファイナンシャルサポーター 各種メニュー
☆個別相談、価格について☆
※個別相談や価格についてはこちらをご覧下さい!

☆無料メールマガジン☆
※2016年7月末より「山形県民のためのかしこい貯蓄講座メールマガジン」を発刊!無料でお得な情報をお届けします!

年間サポーター保険見直し集中プラン投資の一歩!専門プラン
時間や価格を気にせずにじっくり相談したい方、保険に特化して見直しをしたい方、投資信託での資産形成に関心がある方はこちらのプランをどうぞ!

☆お問い合わせ☆
お気軽にお問い合わせ下さい!確認次第、折り返します!小さな疑問もこちらからお問い合わせ下さい!

☆ファイナンシャルサポーターフェイスブック☆
フェイスブックでも役立つ情報を配信しています♪是非「いいね!」をして下さい!


<自己紹介>

ファイナンシャルサポーター 大場 脩
1988年山形市生まれ、日大山形高、日本大学商学部を卒業後、荘内銀行に入行。銀行では主に保険や資産運用に携わる。銀行ではこんなことがありました。入行当初、500万円の定期預金を預かったお客さんのことを喜んで報告に行ったら「バカ野郎。なんで保険や投信を勧めなかったんだ。預金よりも手数料をとれ」と怒られました。入行早々「この会社はお客さんより自分たちのことしか考えていない」と痛感しました。そんなジレンマを抱えながら仕事を続けました。その中で「銀行などの会社側と商品を選ぶお客さん側」との間の「情報格差」が大きすぎると痛感し、会社とは一線を画した形でしっかりとした情報を提供して行く必要があると感じ今に至ります。
<メディア掲載実績>
・週刊SPA!
・日刊SPA!
・さくらんぼテレビ県内ニュース
・山形放送県内ニュース
山形県内をベースに、対面、オンラインで相談をいただいております。自営業の方、公務員の方、会社員の方、学生の方など様々な方がいらっしゃいます。
保険の見直し、資産運用、投資信託、確定拠出年金、退職金運用が得意分野です。お気軽にご相談下さい。また、講演やセミナーも承ります!
【山形県の方へ】確定拠出年金の相談会・セミナーはこちら。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ファイナンシャルサポーターの大場です!


「保険の見直し相談」を多くいただきます。

<なぜ保険の見直し相談が多いのか>を自分なりに分析してみました。


保険というのは、万が一の時や病気やケガなどの時に起こる経済的な不安を解決する商品です。カンタンに言うと、保険を通して、お金で解決することになります。

人間の世界は貨幣経済ですから、お金を通した解決方法は至極真っ当な方法といえます。


万が一の時や、ケガや病気など、少なからず将来的な不安を抱いているから保険に入ります。

日本人の90%くらいの方が生命保険に加入しているそうです。

データだけを見ると、日本人のほとんどは将来に対して少なからず不安を抱いているということがいえます。


将来に対する不安があるからこそ、貯蓄性のある保険に入るし、将来に対する不安を持っている人が多いから貯蓄性の高い保険のニーズがあります。保険を使ってお金を貯めようという人が多いのです。だから保険会社はそれに合わせた保険商品を世に送り出します。

保険会社は兼業が禁止なので、保険というジャンルの商品しか生み出せません。保険は保障を提供することができても、お金を貯める機能や、資産運用機能をつけると、保険だけではちょっと負荷がかかりすぎて、効率が悪くなります。

だから、保険を使ってお金を貯めたり、お金を育てようとすると効率が悪くなってしまうのは正直なところです。

保険には余計な機能を組み込まない方が良いです。


さて、保険の見直しの相談が多いということは、

「将来に対する不安を明らかにしないまま、保険に入ってしまった」

「自分が思っていた将来の不安と、そのための保険との間にギャップが出てきてしまった」

ということがいえます。でも、それはそうとして、別なことを考えました。



「保険で悩んでいる方、考えている方の本当の悩みは別なところにあるんじゃないか?」

「保険で悩んでいる方、考えている方の本当の悩みは、保険でだけはなくて【将来への不安】なのではないか?」

【将来への不安】を解決するための保険のはずが、自分の保険ではその不安を解決できないと感じてきて悩んでいるのではないか?」

保険で悩んでいる方、考えている方は保険の人に相談しても、保険商品の構成は変わるかもしれませんが、根本的な解決にはなりません。


保険で悩んでいる方、考えている方の本当の悩みは【将来への不安】なんです。

将来の不安の代表格は、

・将来、年金はもらえるのか…

・将来の生活は大丈夫なのか…

・子どもの教育費は大丈夫なのか…

・医療費は大丈夫なのか…

・仕事ができなくなったら…


それを解決できる手段は保険もひとつの手段ですが、保険以外の手段もあります。


<世の中には保険で解決できる悩みもありますが、保険だけでは解決できない悩みもあります。>

それを知っている人に相談しないと根本的な解決にはなりません。いつかまた、歪みが出てきます。


そのためには、

・商品の組み合わせ

・どんな保険商品が自分に合うか

・どんな保険が良いのか

というのは二の次です。

商品よりも何よりも、保険で悩んだり、考えたりしたときの解決方法は、

・自分の現在地(どんな保険に入っているか)

・自分が抱えている疑問や不安がなんなのか(本当の不安や疑問を明らかにする)



これが第一歩です。

一人では難しいときはファイナンシャルプランナーに聞くのです。


不安や疑問を明らかにするというのはネガティブになりますが、それを全て吐き出して考えていけば、これから先は希望を持つことができ、ポジティブになります。

不安や疑問があるのは当たり前。

それを解決するための方法を知らないだけです。


方法を知ってしまえば、意外とカンタンに解決できます。解決しちゃったら、あとは物事はポジティブに進んでいきますよ♪

年間サポーター & 保険の見直し集中プラン & 投資の一歩!専門プラン 第二次募集!7月31日(日)23:59までです!

「どんなプランが合うのか?」

初回ヒアリングで明らかになります。まずはお気軽にどうぞ!

お問い合わせはこちら!

2016年8月の年間サポーター、保険の見直し集中プラン、投資の一歩!専門プランを希望される方を募集しております!<7月31日(日)23:59までです!>


山形ベース!ファイナンシャルサポーター 各種メニュー
☆個別相談、価格について☆
※個別相談や価格についてはこちらをご覧下さい!

☆無料メールマガジン☆
※2016年7月末より「山形県民のためのかしこい貯蓄講座メールマガジン」を発刊!無料でお得な情報をお届けします!

年間サポーター保険見直し集中プラン投資の一歩!専門プラン
時間や価格を気にせずにじっくり相談したい方、保険に特化して見直しをしたい方、投資信託での資産形成に関心がある方はこちらのプランをどうぞ!

☆お問い合わせ☆
お気軽にお問い合わせ下さい!確認次第、折り返します!小さな疑問もこちらからお問い合わせ下さい!

☆ファイナンシャルサポーターフェイスブック☆
フェイスブックでも役立つ情報を配信しています♪是非「いいね!」をして下さい!


<自己紹介>

ファイナンシャルサポーター 大場 脩
1988年山形市生まれ、日大山形高、日本大学商学部を卒業後、荘内銀行に入行。銀行では主に保険や資産運用に携わる。銀行ではこんなことがありました。入行当初、500万円の定期預金を預かったお客さんのことを喜んで報告に行ったら「バカ野郎。なんで保険や投信を勧めなかったんだ。預金よりも手数料をとれ」と怒られました。入行早々「この会社はお客さんより自分たちのことしか考えていない」と痛感しました。そんなジレンマを抱えながら仕事を続けました。その中で「銀行などの会社側と商品を選ぶお客さん側」との間の「情報格差」が大きすぎると痛感し、会社とは一線を画した形でしっかりとした情報を提供して行く必要があると感じ今に至ります。
<メディア掲載実績>
・週刊SPA!
・日刊SPA!
・さくらんぼテレビ県内ニュース
・山形放送県内ニュース
山形県内をベースに、対面、オンラインで相談をいただいております。自営業の方、公務員の方、会社員の方、学生の方など様々な方がいらっしゃいます。
保険の見直し、資産運用、投資信託、確定拠出年金、退職金運用が得意分野です。お気軽にご相談下さい。また、講演やセミナーも承ります!
【山形県の方へ】確定拠出年金の相談会・セミナーはこちら。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ファイナンシャルサポーターの大場です!

世の中にはいろいろな情報が溢れています。


特にお金に関する情報は氾濫しています。

怪しげなお金の殖やし方や、著名な方の話、○○ランキング…。


書店でも、ネットでも様々な情報が溢れています。


どんな情報でもいいんですが、

「お金に関しては前向きに考えていくべき」です。


これは抽象的な話ですが、前向きな人のところに前向きな流れはやってきます。

それは前向きな考えをしているから、行動に表れる、その結果が前向きな流れがやってくるという明確な根拠があります。


「これからどうなるんだろう?」

という不安があるなら、

「これからどうしていこうか?」

と考える他はありません。

老後資金、教育資金、日々の生活、仕事、将来、子育て、経済情勢…

これからどうなるのか?

と思うことはたくさんあります。


それを「これからどうしていこうか?」と考えていくと、道が拓けてきます。


不安の種を蒔くより、歓びの種を蒔きましょう!

そうすると楽しくなってきますよ!


世の中が刻々と変化をしていくからこそ、お金と前向きに向き合うこと、ひとつのことだけではなく、総合的にお金のことを考えていくことが必要になってきます!

最初から全体を見る必要はありません。

最初はちょっとしたきっかけでいいんです。

そこからいっしょに全体を見渡して、将来をも見渡せるようなお手伝いをするのがFPです。

最初は保険の見直しだけだったかもしれません。でも、保険の見直しをしたら、実は家計のムダも出てきた、それを見直したら、お金が浮いてきた。これを資産運用したら、将来の不安だったお金の問題を解決できる道筋ができた!





お金と向き合うことは保険だけでは解決できません。資産運用だけでも、預貯金だけでも解決できません。

それぞれをうまく組み合わせていくこと、考え方をミックスさせていき、実践することがたいせつです。

しっかりとした道筋をつくるためには、まずは現在地を知ることがたいせつです。めんどうかもしれませんが、その手間で無視できないくらいのお金の差が出てきます。



僕の究極の目標は、

山形を金融都市にすることです。

壮大な目標ですけど、お一人お一人にお金と前向きに向き合うお手伝いができれば、それは現実になります。

地元に貢献するというのはそういうことになります!

いやー、楽しみだ!!



年間サポーター & 保険の見直し集中プラン & 投資の一歩!専門プラン 第二次募集!7月31日(日)23:59までです!

「どんなプランが合うのか?」

初回ヒアリングで明らかになります。まずはお気軽にどうぞ!

お問い合わせはこちら!

2016年8月の年間サポーター、保険の見直し集中プラン、投資の一歩!専門プランを希望される方を募集しております!<7月31日(日)23:59までです!>


山形ベース!ファイナンシャルサポーター 各種メニュー
☆個別相談、価格について☆
※個別相談や価格についてはこちらをご覧下さい!

☆無料メールマガジン☆
※2016年7月末より「山形県民のためのかしこい貯蓄講座メールマガジン」を発刊!無料でお得な情報をお届けします!

年間サポーター保険見直し集中プラン投資の一歩!専門プラン
時間や価格を気にせずにじっくり相談したい方、保険に特化して見直しをしたい方、投資信託での資産形成に関心がある方はこちらのプランをどうぞ!

☆お問い合わせ☆
お気軽にお問い合わせ下さい!確認次第、折り返します!小さな疑問もこちらからお問い合わせ下さい!

☆ファイナンシャルサポーターフェイスブック☆
フェイスブックでも役立つ情報を配信しています♪是非「いいね!」をして下さい!


<自己紹介>

ファイナンシャルサポーター 大場 脩
1988年山形市生まれ、日大山形高、日本大学商学部を卒業後、荘内銀行に入行。銀行では主に保険や資産運用に携わる。銀行ではこんなことがありました。入行当初、500万円の定期預金を預かったお客さんのことを喜んで報告に行ったら「バカ野郎。なんで保険や投信を勧めなかったんだ。預金よりも手数料をとれ」と怒られました。入行早々「この会社はお客さんより自分たちのことしか考えていない」と痛感しました。そんなジレンマを抱えながら仕事を続けました。その中で「銀行などの会社側と商品を選ぶお客さん側」との間の「情報格差」が大きすぎると痛感し、会社とは一線を画した形でしっかりとした情報を提供して行く必要があると感じ今に至ります。
<メディア掲載実績>
・週刊SPA!
・日刊SPA!
・さくらんぼテレビ県内ニュース
・山形放送県内ニュース
山形県内をベースに、対面、オンラインで相談をいただいております。自営業の方、公務員の方、会社員の方、学生の方など様々な方がいらっしゃいます。
保険の見直し、資産運用、投資信託、確定拠出年金、退職金運用が得意分野です。お気軽にご相談下さい。また、講演やセミナーも承ります!
【山形県の方へ】確定拠出年金の相談会・セミナーはこちら。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)