• 13 Jan
    • 2017年は黒船がやってくるか!?(3)

        さて、続きです。もはやシリーズ化の勢いです(笑第三回目。前回まではこちら・2017年は黒船がやってくるか!?(1)・2017年は黒船がやってくるか!?(2)  FP協会の白根理事長が「新年のご挨拶」で触れていること。それは・・・と、その前に(笑結論を急ぐ前に、少しおさらいです。 かつての金融ワードは、株式・債券・為替の3大市場を基軸に、お金というテーマから、大きく外れることなく、生まれたものでした。 ファイナンスという表現の奥には、必ずマーケットの存在があり、相対性をもって価値をはかるという、「経済の基軸」が現代も動いています。 僕がFPの教科書で学んだ頃、その数々の専門用語も、すべて金融ワードです。しかし、ここ2~3年で、ここに変化が訪れているのです。   ・人工知能(AI)・API・暗号通貨・ブロックチェーン   などなど、得体の知れない横文字が、金融業界を賑わすようになり、これらが今後10年の時代を、大きく変えるであろう可能性まで、示唆されるようになりました。 もっと言えば、これらの言葉は金融という、カテゴリーの領域を超えて、あらゆる業界の、あらゆるインフラの、「経済の基軸」そのものに、取って代わるかもしれないとさえ感じるほどです。 そして、仮にも、「経済の基軸」になるならば、僕たちの生活様式を変えることと、ニアリーイコールと、言っていいかもしれません。      縄文時代にとってのテクノロジー。それは「縄文土器」に、代表されるように、その時代にとっての、生活様式のベースとなるもので、必ず「何か」が存在します。 この「何か」が変化しながら、歴史となり、跡となり、DNAが受け継がれています。日本文化の「美意識」というものも、この過程の中のひとつで、徐々に形成されていったと考えられ、日本の財産そのものへと、変化していきます。(ここも語りたいポイント!また次回以降に!) しかし、現代には残念ながら、「縄文土器」は似合いません。いうまでもなく、今の「生活様式」が違うからですね。 生活様式が変われば、価値が変わり、かつての当たり前も、使用されなくなる。あるいは人々の価値が変わるから、使用されなくなり、生活様式が変わる。ここはニワトリと卵の関係ですね。 つまり、これまでにも、歴史のどこかで、価値のターニングポイントが、幾度となく訪れたことで、今、僕たちは、縄文土器ではなく、パソコンを使い、スマートフォンを使い、そして「円」という貨幣を、使用し、恩恵を受けています。 少し難しい話かもですが、これが現代流の価値交換をはかる、経済、つまり、   「価値交換」のアイデアと発明です。   さて、話を戻します。 人工知能(AI)、API、暗号通貨、ブロックチェーンなど、これらの得体の知れない、キーワードは、ほんの数年前なら、   コンピュータ用語   として認識されていたもので、コンピューターサイエンスや数学者にとってのキーワードでした。 けれど、今や、下手をすれば石油資源と同等に、いずれはそれ以上に、これまでの発明を、凌駕する可能性を帯びてきています。必需品が縄文土器から、スマートフォンに変化したように。 もはや、コンピュータ用語だったのものが、新しい「価値交換」の提案までに、変化しようとしているのです。価値交換なら、それはもう経済そのものです。 こうした大きな流れの中で、生まれたキーワードのひとつ。それが「フィンテック」と、呼ばれるものです。 この大きな大きな、価値交換の変化が、世界的に起きようとしていることを、しっかり理解した上で、FP業というものと向き合わないと、それこそFP業界の危機になると、白根理事長が「新年のご挨拶」で、語っているのです。特に人工知能について触れています。お正月早々にです(笑) 生活様式にあったプランを立案し、生活設計の良きアドバイザーになる。それがFPです。 もしももしも、生活様式に大きな変化が訪れるなら、それはただ事ではありません。やり方を見直していく必要があります。 誤解を恐れずにいえば、これから起きようとしている出来事は、恐竜時代から現代に至るまでの、「生態系」という言葉を、取り出して話し合うほどのレベルに、なってきているのかもしれないと、時々、思う時があります。 少し大袈裟に、聞こえるかもしれませんが、近年、アップルやGoogleが、「生態系(エコシステム)」という、表現を連呼するようになったのも、果たして偶然なのだろうか?と。 それくらいのダイナミズムと、大きな視野で着目しないと「今」を、見失ってしまう時代かもしれない。というより、一体何が起きているのか、さっぱり理解できないのです。それこそ500年単位のロングタームで、物事を見てみる視点も必要ということ。 白根理事長が第4次産業と語る部分は、約700文字くらいに、要約されていますが、その深度はとてつもな~く深いです。何十万文字に相当します。  ふ~。熱い^^熱くなってしまった。  さて、そろそろ   「2017年は黒船がやってくるか!?」   という冒頭のタイトルをつけている意味が、少し見えてきましたかね?^^いよいよ次回、書きますね。ようやくゴールが見えそうです(笑  ではでは~!   先日、茶道体験をしてきました!またレポートします!日本人のわびさびに込められた奥ゆかしさといったら、もう一生あっても足りない情報量と叡智です。    今日のタイトルNo.1035「大きな変革(3)」   Masanori oda   SHOWCASEhttp://showcase-official.comファイナンシャルプランナー織田事務所http://fp-oda.net/織田プロダクションhttp://www.oda-pro.jp/SHOWCASE ELEMENTShttp://showcase-elements.com     

      2
      テーマ:
  • 09 Jan
    • 2017年は黒船がやってくるか!?(2)

        前回の続きです(笑) 2016年12月31日。大晦日。FPジャーナル2017年1月号が届く。これがめちゃくちゃ面白くて、お正月に読み更けてしまった。    2~3年前まで、FPジャーナルの存在理由が、よくわからなかった織田ですけど、理事長が白根さんに変わってから、ものすごく素晴らしくなった。 以前のジャーナルは、実務を知らない人たちが、作ったような、教科書的な内容だったのに対し、今のジャーナルは、ちゃんとした実務家が読むと、しっくりくる内容に近づいてると織田は個人的に思う。 これだけ薄い一冊に、今、起きていること、そしてこれから起こるであろうことが、ここまで美しくまとめられた、読み物は他に類がないと思う。 もちろんこれは、FP専門誌ですので、ファイナンシャルプランナーでないと、何を言っているのかわからない内容なのですが、それにしても完成度が高い。 ちゃんと整理するデザイン視点が、しっかり行き届いていて、見習わねば!と思う。 で、肝心の今月号ですが、特に今月号は、よくあるといえば、よくあるパターンなのですが、いわゆる2017年の世界経済動向を、コンパクトにまとめたもの。 もっと言えば、トランプ氏になることで、見込まれることや、それ以上に根本の知識として、  1)日本経済2)アメリカ経済3)ヨーロッパ経済4)中国経済5)新興国経済  の全体感の周知。これらを簡潔に、経済アナリストを中心に、書き上げられている。 特集となった中身もさながら、実は織田にとって、もっとも注目と興奮があったのが、白根理事長の「新年のご挨拶」で、語っている内容です。 これが、秀逸。新年一発目の、  「新年のご挨拶」  に盛り込む内容ですから、それはもう様々な視点があったはず。 だからこそ、もっとも着目していることであり、重要だと言っているテーマが、ここに書かれているわけです。 FP協会のトップが、逆にここに視点があることに、喜びを覚えたというか、うちの協会も、ちゃんとして来てるじゃん!と、思えました。 さて、こうまで織田が言う、そのテーマとはなんなのか!?今日はもう長くなったので、さらに次回に続きます(笑)    チョコに目がない織田です。久しぶりに新しいプレミオを発見!即買い。お酒と一緒にたべたくなる大人の味といった感じ。    今日のタイトルNo.1034「大きな変革(2)」   Masanori oda   SHOWCASEhttp://showcase-official.comファイナンシャルプランナー織田事務所http://fp-oda.net/織田プロダクションhttp://www.oda-pro.jp/SHOWCASE ELEMENTShttp://showcase-elements.com        

      1
      テーマ:
  • 07 Jan
    • 2017年は黒船がやってくるか!?(1)

        今日から3~4回くらいにわけて、今年・来年に変わること、変わりそうなことを、書いていこうと思います。題して  「2017年は黒船がやってくるか!?」  です(笑)まずは経済・FPネタを書きます。  1)iDeCo(確定拠出年金)制度が変わる 2017年の大きな変化といえば、まずは「iDeCo(確定拠出年金年金)」制度が変わり、自分年金をつくるという動きが本格化しようという元年。いくつかサイトが立ち上がっていますので、代表的なもので、モーニングスターを貼っておきます。https://www.morningstar.co.jp/ideco/ 細かい話は今日は置いておきまして、またどこかのタイミングでお話しますね。ちなみに3月4日に、イオン岡崎で講演しますので、その時、少し触れる予定です。  2)配偶者控除の見直し なんども議論の末、どうなるかと、世間を賑わした配偶者控除ですが、税制面での優遇拡大で決着。これまでの103万円の壁が、150万円に引き上げられたのが大きな変化。 ただし、実はよく見ると、制度が複雑化してて、減税家計と増税家計とに枝分かれするので、ここはちょっと注意が必要です。これまた詳しくは別の機会で。そして今年からではなく、2018年からです。  3)NISAに積立型が登場! iDeCoが登場して、存在感が薄くなってしまったNISAですが、ここにきてテコいれをする動きに。積立型NISAの登場です。 これまた何度も議論されてきましたけど、現行NISAの難点であった、非課税期間5年が20年に延長するかわり、年間上限を40万円とするというもの。しかも、現行制度か、どちらか選択性という決着。 また現行NISAのロールオーバー(言葉がすでに難しい)が、120万円から全額移管できるように、緩和されました。 はい、、、もうこの時点で、何を言っているのか分からない。そんな声が聞こえてきますね^^; ますます複雑になり、我々FPサイドも、さらに説明を加えないと、理解できない領域に。これまた2018年からです。 もちろん。これまでにないほど、若者向けに、税制面の優遇を考えてくれる、現在の安倍政権は、見えないところで、ちゃんと頑張ってくれていて、(他の分野は知らないですが、お金面は色々考えてくれています)僕がFPを始めた時に、「あったらいいな」というものが、結構、現実になってきている。 そういう意味では、国民の声に耳を傾け、国策を練ってくださっている姿勢を感じ、大変ありがたいです。   ただ!   もう少しシンプルな設計を!お願いしたいところ。 正直、現場の立場ですと、30分でも解説できる領域じゃなく、軽く1時間は必要なレベルです。 普及するかどうかの鍵は、いかにシンプルかにあることは、僕がとやかく言う話でもないのですが、もう少し、全体のデザインを、シンプルにする。 そんなデザイン・シンキングの文化を、国策にも導入してくれないものかと、願います。 なんならSHOWCASEの方で、請負います(笑)  2017年のテーマ。まだまだ続きます。   お正月休みに姉のMac不調を直しにアップルストアに。アップルスタッフは本当にすごい!何時間かかろうとも徹底的に向き合ってくれるあり方は、本当に勉強になります。見習わねば!そしてますます複雑化するサービスなのに、非常にシンプルにまとめてくれます。これぞ国策も目指してほしいところ。いつも感謝です。    今日のタイトルNo.1033「大きな変革(1)」   Masanori oda   SHOWCASEhttp://showcase-official.comファイナンシャルプランナー織田事務所http://fp-oda.net/織田プロダクションhttp://www.oda-pro.jp/SHOWCASE ELEMENTShttp://showcase-elements.com       

      4
      テーマ:
  • 03 Jan
    • あけましておめでとうございます

        あけましておめでとうございます本年もよろしくお願いします気がつけばもう3日が経ちましたね お正月もあっという間のことで、もはやどこまでお正月なのかが分からなくなってきた最近です 僕はといえば今年はなんだかんだと昼過ぎまで寝て過ごし起きて3時間もすれば、外は暗くなっていたというほとんど寝て過ごした3日間でした   一年の計は元旦にあり   という言葉がほど遠く、やったことといえば、ブルースリーの映画を、ひさしぶりに見まして、あとは買いだめしていた、本を読んだくらいですね(笑 けど、お正月休みだなと思うのも、なんともこの静粛をもった空気感?全体のボリュームが下がり、静かになることで、新しい時代の足音が聞こえるようなそんな心地を味わえるのも、お正月ならではですね。   オフィスに年賀状を取り行った帰りにとったルーセント周辺誰もいないこの静粛感は一年の中でこの3日間だけです!今年は三日月が綺麗でしたね〜   今年は社会的制度にも大きな変革がやってきて、個人的にも最も変化するターニングポイントな一年になると思っています。また次回あたり少し触れたいと思います。 仕事はじめは5日からです。2017年も、どうぞよろしくお願いいたします。   今日のタイトルNo.1032「あけましておめでとうございます」   Masanori oda   SHOWCASEhttp://showcase-official.comファイナンシャルプランナー織田事務所http://fp-oda.net/織田プロダクションhttp://www.oda-pro.jp/SHOWCASE ELEMENTShttp://showcase-elements.com    

      1
      テーマ:
  • 30 Dec
    • 仕事納め。大掃除。そして、ありがとう2016年!

        昨日、2016年最後の打ち合わせが終わり、仕事納めになり、そして本日、大掃除をやって、2016年が終了しました。 なんだか実感の湧かない毎年の年越しですが、今年はより一層、そう感じています(笑)   今年一年を支えてくれたオフィスに感謝!ありがとう!   今年、お世話になった皆様、本当にありがとうございました。ただただ感謝です。 毎年ながら振り返ると、時間が経つのがどんどん速くなっていますね。これはどうしてそう思うのか、誰かが解いていたような、、、ま、いいか(笑 業務的な振り返りは、前回の記事で書いた通りですので、今日は今年の感想というか、ほのぼのした日記で、締めくくりたいと思います(笑  今年を振り返ると、起業して10年という節目でもあって、これまでの10年と、そしてこれから10年を、とても意識した1年間でした。 これまでにないほど、バサリと断捨離を行い、残すものを残す。本当に必要なものって、意外と少ないってことも、気づかされました。 そういう意味では、物事を手放すという、なかなかハードでしんどい日も、あったりもしたのですが、不思議と断捨離をすると、それとはまったく違った角度で、どんどん訪れるようになってきました。こうしたことを、  inとout  と表現することが多いですが、おそらくこの順番ではなく、物事全て  outとin  でできているんだな~と。なんとなくそう思うのでした。高校の時、  よく遊び、よく学び  という表現で、これが逆だったら成立しないと、習った覚えがあるのですが、まさに! 順番がとても大切で、よく遊ぶから学びがあるという言葉。それと似たものとして、outしてこそinがある。そんなことを痛感した一年でした。 そして、それに合わせるように、日本経済も激動の2016年でしたね。 まずは1月29日に、日本銀行がマイナス金利導入を決めたことで、未だかつてない明日を迎えることになりました。市場はかなり動揺しながらも、日銀の意志は揺るぎないもので、様々な意見が錯綜する日本経済で、幕開けした2016年。 その後も、実にたくさんの出来事がありつつも、記憶としてインパクトが強いのは、世界史に残るであろう、イギリスのブリグジット問題。これが6月でした。ベルリンの壁の時のような、衝撃を与えた出来事でしたね。 そして記憶に新しい、11月のアメリカ大統領選。トランプ氏の当選ですね。 細かい話は、とても書ききれなため、目次のようになってしまいましたが、未だかつて想像できない、経験のない明日。それをたくさん経験した2016年。   大掃除の後は、名古屋飯ヨコイでスパゲッティを!   ただ、ここはファイナンシャルプランナー、としてお伝えしたいのは、物事、すべて自分軸の人生を、自分で決めることにおいては、実はこうした外部的要因は、大した問題ではないということです。 いや、まったく問題なく、むしろ、振り回されるうちは、自分軸で人生を、生きていないことになってしまいます。 それよりも、自分自身が、どんな人生を歩むのか?どんなライフデザインを送るのか?どうイメージするかの方が、何万倍も大切なものとなります。 来年もきっとたくさんの出来事があるでしょう。けれど、どんな時代が来ようとも、至って軸は何も変わりません。 自分で立つこと「自立」すること。これがより深く、強く大切なものとなります。  というわけで、今年の締めくくりとしたいと思います。また来年、お会いしましょう。  ありがとう。2016年!    今日のタイトルNo.1031「ありがとう。2016年!」   Masanori oda   SHOWCASEhttp://showcase-official.comファイナンシャルプランナー織田事務所http://fp-oda.net/織田プロダクションhttp://www.oda-pro.jp/SHOWCASE ELEMENTShttp://showcase-elements.com    

      テーマ:
  • 26 Dec
    • 2016年も、あと1週間!

        クリスマスも終わり、2016年も、いよいよ1週間になりましたね。おおよそ29日が仕事納めの方が多いですかね。織田も29日までで一旦終了です。それまでに整理をしようかなと。 また年内中にもう一回、ブログ更新しようかと思っていますが、そろそろ来年の準備をしています。  ● デザインSHOWCASEとして3年目を迎える来年は、少し動きが変わりそうです。これまではテクノロジーや、イノベーションという現代文明に、デザインとしての役割を重ね合わせていましたが、来年は、逆ベクトルである、歴史に触れる方向へ歩みを進めます。 古きDNAこそ、最も新しいかもしれない。真のイノベーションは、実は歴史にあると後半にかけて、たくさんの気づきがありました。 それはファイナンスという、目に前の動きだけを見ていた頃には、とても気づけなかったものです。 また来年リリースしていきますので、お楽しみに!  ● ファイナンスファイナンシャルプランナーとして10年。11年目を迎える来年からは、これまで取り組んできた事に、新たな道しるべとして、いくつかの融合をもって進もうとしています。 詳しくはまた来年お伝えできたらと、思っていますが、上のデザインとシンクロして、やはり金融こそ歴史であり、それは大きなデザインであり、人々の生活様式であります。 細かいところで、大きく税制改正があるとかもそうですが、そういったミクロな話ではなく、もっと高い視点からみてみる時代に。 また来年、徐々に公開していきたいと思います!    織田は相変わらず、仕事で終わったクリスマスですが、岐阜の山奥にいました。そんな山奥で出会ったセドナの石。色が美しすぎて、吸い込まれました^^   今日のタイトルNo.1030「あと一週間!」   Masanori oda   SHOWCASEhttp://showcase-official.comファイナンシャルプランナー織田事務所http://fp-oda.net/織田プロダクションhttp://www.oda-pro.jp/SHOWCASE ELEMENTShttp://showcase-elements.com     

      1
      テーマ:
  • 18 Dec
    • 忘年会いよいよピークを迎える

        この第2~3週は、きっと忘年会ピークな師走を迎えている方が、多いですかね。織田も連日連夜な状態で、そろそろ胃がお疲れモードになってきました(笑   日間賀島の料理が食べられる場所でタコしゃぶをいただきました。泣く子もだまる美味さ!うん?ちょっと言葉の使い方が違うかな、、、    もともとお酒もお腹も強い方ではないのですけど、飲み会の席が大好きというか、それで生きているようなものなので、このアンバランスさが忘年会になると、炸裂しますね~。 今日は久しぶりにお休み過ごしつつ、ちょっと休戦ですな。 というわけで、年末年始の整理とかしたいなと思いつつも、なんとも年末の実感が持てず、本当にあと2週間で2016年が、終わるのかという心地です。といっても、ちょうど2週間後の今日は、2017年元旦なのですよ! 驚きのスピードです。もうね、やることは、「やりたい」と思った時にやっておかないと、人生などすぐに終わってしまいますね。  「やりたい!」の先送りはせぬこと  ですな! うん?今、なんかいいこと言ったね、たぶん。もう一回言おう!   「やりたい!」の先送りはせぬこと   織田は今週は、週末に大阪出張があり、またバタバタしそうな気配があるので、最終の1週間で、猛烈に2016年の振り返りと、締めくくりをやろうという計画です。 どうかみなさまも風邪などひかぬよう、師走をお過ごしくださいませ。  塚田農場に初めて行きましたが、素晴らしかったです!    今日のタイトルNo.1029「2016忘年会」   Masanori oda   SHOWCASEhttp://showcase-official.comファイナンシャルプランナー織田事務所http://fp-oda.net/織田プロダクションhttp://www.oda-pro.jp/SHOWCASE ELEMENTShttp://showcase-elements.com        

      3
      テーマ:
  • 13 Dec
    • 文明と文化の改新

        2016年も残すところ、2週間ちょっとの師走ということで、今日は、ちと思想感な話を、してみようと思います。 こういう話って、普段はなかなか口に出すことができない話題だったりするので、あえてブログなんかに書き記しておこうかと。 今、様々なところで、産業革命以来の、かつてないダイナミックな展開で、変化が訪れる前夜だと、耳にしたりするもので、とりわけ、2016年に入ってから、より一層そんな話が増えたように思います。   名古屋名物の小倉トーストを久しぶりに   これらの話については、僕ごとき個人の意見など、ただの「点」に過ぎないもので、とやかくここで書くものでもないのですが、ただ最近、いや、正確に言うと、今年後半にかけて突如のごとく、自分の頭をぐるぐると駆け巡るキーワードがあるのです。それが、  今、人々が作っているものの大部分は、1000年後には残っていない。   ということです。例えば、最近といっても数年前ですけど、建設されたスカイツリー。 最新の技術を駆使して、日本史上かつてないものを作りました。これぞデザイナー、職人、様々な叡智の結晶でもあり、時代を映す鏡のような、シンボリックだったりするのだけど、1000年後はどうなっているでしょう?と言われると、まったくもって「?」となってしまいます。 けれど、例えば、神社の鳥居はどうでしょう?あるいは、ピラミッド、イースターのモアイ。縄文土器。 これらは余程の天変地異や、それこそ地球がひっくり返るような、出来事が起きない限り、おそらく1000年後も、残っていると、僕は思うのです。 物だけではありません。千利休が残した茶の精神なんかは、500年も前に作られたものであるにもかかわらず、今でも廃れることなく、ずっと語り継がれ、おそらく500年先も、きっと残っていることでしょう。 けれど、現代の申し子と言っていい、時価総額トップ10に並ぶ、企業の生み出すプロダクトは、どうでしょうか!?例えば、Googleやアップルが1000年後、そのまま残っているでしょうか?その頃、SEO、スマートフォンなどと、騒いでいるでしょうか!? 個人的な意見を言わせていただくと、確率からして、たぶん、それは不可能に近いでしょう。そんなものすら必要のないほど、時代は変わっていると、想定されるからです。 けど、縄文土器はきっと原型のまま、残っていると思います。今から1万5000年も前のものが、ずっと変わらず、温存されていたのですから、あと1000年ごとき、そのままいくことでしょう。 こうなってくると、どっちが文明プロダクトとして、進んでいるのか?なんて難しい話になってきます。 何が言いたいのか、そろそろ、迷路になってきたのですが、人生かけて作るものは、やはり   文明より文化   だな~という話です。 もちろん、世の中、時に、文明の発展により、文化という形跡になるもので、別々のものではないと、個人的に思うのですが、それでも、どこに意識があるかで、残すものが変わっていくのだろうなと、思うのです。 たまに自分の襟を正す上でも、自問自答するようにしています。   「お前のやっていることは、1000年後も残っているものか?」   と(笑)えらく話が大きくなってしまうのですが^^;命の時間は、それほど差はありません。人生、おおよそ80年。千利休も69年の生涯です。そんな短い時間で、「わび茶」を完成させ、永遠と呼べるものにしたのが、彼です。 誤解を恐れずにいえば、松下幸之助やスティーブ・ジョブズですら、1000年続く文化人になることは、難しいかもしれない。 そう考えると、千利休のエネルギー価は、どれほど大きなものか。空海は、もっと凄まじい。 うむ。いよいよ分からんくなってきたぞ。これ以上は、やめておこう(笑) 2017年を迎える前に、ちと頭を整理してみた次第です。というわけで、おやすみなさい。    今日のタイトルNo.1028「1000年後も残るもの」   Masanori oda   SHOWCASEhttp://showcase-official.comファイナンシャルプランナー織田事務所http://fp-oda.net/織田プロダクションhttp://www.oda-pro.jp/SHOWCASE ELEMENTShttp://showcase-elements.com    

      1
      テーマ:
  • 10 Dec
    • 東大脳より、アップル・Google脳にニーズな時代!?

        この2年ほど、あまりFPに関する発信を、してきませんでしたが、WEBサイトからのご相談は、至って通常通りでして、そんなリアルなご相談現場から、時代の流れというのを、察したことがあったので、今日はその話をしたいと思います。 SHOWCASEをはじめて、デザインだけでなく、お金の未来を変えるであろうテクノロジーとのふれあいも増えたことで、ご相談者にあえてお聞きしていたことがありました。特に、ご相談者のお子様が、まだ高校生以下の場合です。 これはあくまでも、個人的に興味があることで、良かったらご意見を聞かせてくださいというライトな程度で、こんな質問をしていました。  もしも、今、お子様に身につけて、欲しい脳があるとしたら、それは東大に入れる東大脳なのか、それともアップルやGoogle脳なのか?  という非常にシンプルな質問です。細かい内容はお聞きしていませんが、ただこの質問だけです。結果としては、  迷いなくアップル・Google脳  と答えたこと。それは単に就職できるからとか、そういうことではなく、時代をつかんでいる脳という意味です。     いくら一流な大学を出ても、社会に貢献できない子に育っては、まったく意味がないというのと、漠然としているより、具体的に目指す姿が見えること。なにより、  未来を創造する発展ある働き方  というのが一つの見解としていること。そりゃそうだ。お子様の幸せを心から願うのが、親心。   ふとでてきた教科書(笑  間違ったことしている企業に入って、間違った人に育ってしまっては、いけませんからね~という、当たり前のお話です。 では、どうやったら、いい企業とそうでない企業を見極めるか?その方法を知っていますか?という話になるもの。 10年後も成長し続ける企業を、どうやって探したら良いのか?未来のアップルやGoogleだけでなく、すべての業界において、ステータス的存在となるような、優秀企業を見極める方法なんてあるのか?  専門学校時代の教科書(ヒューマンアカデミーでした)    ま、絶対値として答えが、あるわけではありませんが、確率論からして、的を得る方法はいくつかあるというのが、日々、お金情報を見ている、FPならではの視点でもあります。 一つ参考になる話として、プロの投資家(ファンドマネージャーなど)が、どこを見て、企業に出資し、選んでいるのか? 通常の就職雑誌とは異なり、投資家からお金を託されて、企業に投資をするわけですから、並ならぬ目利きです。プレッシャーも自分の人生だけでなく、半端ないものがあります。 そんな視点とアイデアを学ぶことで、企業を見る目が育つようになりますなんて、話をたまにしています。 10年後のベスト10に入る企業は、きっと今のそれとは全く違うものになるのは、もう僕がここで言うまでもなく。 そんな未来を見据えて、ディスカッションできるような場と、インフラを作っても面白いなと、ちょっと思っている最近です。それに平行してテクノロジーの発展で、お金の未来も大きく変貌を遂げようとしています。   教科書は素晴らしいね。全部答えが書いてある!改めて見直すと気づくこともあるね。   うむ。FPとして伝えることも、盛りだくさんになってきたなと思う最近。あれこれはやっぱりできませんから、織田としてのブランディングを、改めて再構築な今日このごろです。年内にリニューアルできたらなと、準備中です。しばし、お待ちを〜     今日のタイトルNo.1027「アップル・Google脳」   Masanori oda   SHOWCASEhttp://showcase-official.comファイナンシャルプランナー織田事務所http://fp-oda.net/織田プロダクションhttp://www.oda-pro.jp/SHOWCASE ELEMENTShttp://showcase-elements.com                            

      1
      テーマ:
  • 19 Nov
    • ジャイアント・ステップ^^

        2年前にSHOWCASEをスタートさせてから、しばらくクリエイターに任せていたので、自らデザインすることから、少し遠ざかっていましたけど、ここのところ2つほどサイト作っています。 一つはFP織田事務所を、大きくリニューアル。もう一つは月末まで内緒です(笑 FP織田事務所の方は、まだ半分ほどの進行具合ですけど、ずっと手付かずだった、スマートフォンに完全対応させること。 そして10周年を迎えて、ファイナンシャルプランナーとしての歩みを次のステージにすべく準備です。     4回目の大幅のアップデートになります。やはり役割や、やることの変化に合わせて、デザインもアップデートしていくものですが、今回、10年という区切りもあり、もっとも大きなステップになりそうです。まさにジャイアント・ステップ(笑 これまで以上に「まっすぐ」になる予定です。なんとか年内に間に合わせたい。そんなペースで準備中です。お楽しみに! ではでは!     今日のタイトルNo.1026「ジャイアント・ステップ」   Masanori oda   SHOWCASEhttp://showcase-official.comファイナンシャルプランナー織田事務所http://fp-oda.net/織田プロダクションhttp://www.oda-pro.jp/SHOWCASE ELEMENTShttp://showcase-elements.com     

      1
      テーマ:
  • 11 Nov
    • あり得ない!が起きる新しい時代

        まるでテトリスのような株価形成でしたね(笑)   アメリカ大統領選で世界は沸き立ちましたね。まさかまさかの大どんでん返しのような展開で、みんなが  あり得えね~~!!  なんて声があちこちで。 織田はというと、意外にもあっさりな気持ちでして、というのも、そもそもの話として、結果を予測するというのを、あまりしない性格だからです(笑 どうしてと言われても、結果を予測することが、つまらないと思ってしまうんですね。現実が断然に面白い。けど、これから政治だけでなく、ファイナンスの世界こそ、  あり得ない!が起きる新しい時代  だと日々、思うところです。それはトランプさんになったからという、チープな発想ではありません。 そのきっかけ?トリガーとなる最たるものがフィンテックだと、織田は考えています。 これほど刺激的で、長期的にブレイクスルーな世界は、他にないんでないか?と。10年FPをやってきて、もはや確信に変わっています。 フィンテックという分野が、流行のように、言われる風潮もありますけど、それは日本人がかってに妄想する、悪い癖というのか、さきほどの大統領選の話のように、結果を予測する人の、狭い視野で予測されているものだと、織田は思っています。 これは地に足がついてる、確たる「カテゴリー」になったと実感です。なぜならば、フィンテックは言葉ではなく、インフラそのものだからです。通信、ガスや電気と同じ。未来のお金インフラです。 シリコンバレーがこの世から消えない限り、永遠に、そして爆発的にテクノロジーと、デザインとファイナンスは、融合していくことでしょう。 その果てにあるのは、紛れもない金融のCHANGE、「変化」です。 金融が変わる時、それは世界が変わることを意味します。なんといってもお金の相対価値や、純度や比重、難しい言葉でいえば、エントロピー(無秩序なエネルギー)に、変化が訪れるからです。これまでのどの時代にもなかったほどの。 掘れば掘るほど面白い。つまるところ、世の中をどう「デザイン」するか?というソーシャルデザインの話に、金融インフラはなっていくことでしょう。 いかんいかん。こういうことを考え出すと、本当に止まらないのです。   最近の3時のオヤツはこれにはまっています!   ではでは!     今日のタイトルNo.1025「トランプさん」   Masanori oda   SHOWCASEhttp://showcase-official.comファイナンシャルプランナー織田事務所http://fp-oda.net/織田プロダクションhttp://www.oda-pro.jp/SHOWCASE ELEMENTShttp://showcase-elements.com              

      1
      テーマ:
  • 09 Nov
    • 議論が議論を呼ぶ!仮想通貨ブロックチェーン

        今日はFPの集まり勉強会、スタディーグループ(SG)で講師してきました。テーマは「仮想通貨(ブロックチェーン)」について。今回でFP向けに4回目の開催でした。 フィンテックの中でも、軸となる仮想通貨の話をすると、お金の専門家が集まる場所は、いつもながら部屋の温度が、若干、熱くなります(笑)まさに議論が議論を呼ぶ勉強会でした。     今日もまた、ご参加いただいた先生方同士でも、たくさんの議論が交わされて、本当にいい時間でした。これぞ理想の勉強会だな~と。 講師がいて、生徒が聞く。一方通行ではツマラナイ。みな資格保有者同士で、全員が先生なわけで。 そういう中で、壮大な仮想通貨というテーマはすごくいい。ファイナンシャルプランナーや税理士など、お金のプロという人たちが、未来のお金について語り合う。      毎度、このテーマをやると、本当にいい刺激となり、真のFPについて考える空気感になります。ぜひ、お声かけくださ~い。各地に出向きますので。 ご参加くださった皆様、そして、お招きくださったFPA様。ありがとうございました! そして明日は、いよいよアメリカ大統領選。さてどうなることやら!懇親会の席で盛り上がりました(笑   では~   今日のタイトルNo.1024「第四弾!勉強会」   Masanori oda   SHOWCASEhttp://showcase-official.comファイナンシャルプランナー織田事務所http://fp-oda.net/織田プロダクションhttp://www.oda-pro.jp/SHOWCASE ELEMENTShttp://showcase-elements.com        

      2
      テーマ:
  • 05 Nov
    • 初実現!ライフネット生命の商品設計デザイナーをお招きした貴重な勉強会!

        昨日は、ほぼ丸っと1日。ライフネット生命保険の方々と、時間を過ごしていました。 FP-RECO主催の勉強会で、石川社長と高田副社長も、名古屋にお越しになられて、約20名のご当地FPさんたちと一緒に。    普段、協会が主催しているような勉強会でなくて、やっぱりどんなことも生産者に聞く!が、一番の勉強になります。  作り手がどんな思いで、どんな思考で、どんなところで戦い、どんな人たちに貢献しようとしているのか  それは業種を超えたものであり、トマトやりんごを作るのと、何も変わりません。私たちFPこそが、見失ってはいけないもの。    そんなわけで、ライフネット生命保険というと、出口会長や岩瀬社長が、その顔となり全国的に有名ですが、今回はあえて、経営者サイドではなく、商品開発を行っている、まさに  作り手  をお招きした、とっても貴重な勉強会でした。ライフネット生命保険さんにとっても、地方開催は初めてのこと。初実現です!  商品開発部長  高橋氏開発者のお話を直接聞けるだけで貴重すぎます!  広報グループ グループリーダー関谷氏  石川社長(笑)  これぞ、石川社長のなせる技!普通の勉強会は、絶対にやらないですけど(笑 保険という無形のものを扱う。無形だからこそ、とにかくどう作っているかを、伝えることが大変難しいことであると。 こんな本音トークが出てくるのは、ただの説明会のような、伝えるだけのものでは、でてきません。   話に釘付けでした!  作り手であるデザイナーゆえの苦しみというのがありますね。 織田はやはりそういう視点が好きで、0を1にする人って、やっぱりえらい。1を100にするより、ずっと大変だからです。 そんなデザイン思考的で、どういう風にして、商品を考えた(デザイン)したのか?どんな苦労があったのか?これらを聞きました。   デザインオフィスとしての立場も役に立った瞬間でした(笑)   また詳しくは、FP-RECO活動報告で、アップいたします!お楽しみに!   最後に全員でぱちり!      今日のタイトルNo.1023「ライフネット勉強会!」   Masanori oda   SHOWCASEhttp://showcase-official.comファイナンシャルプランナー織田事務所http://fp-oda.net/織田プロダクションhttp://www.oda-pro.jp/SHOWCASE ELEMENTShttp://showcase-elements.com                       

      1
      テーマ:
  • 04 Nov
    • 第4弾!フィンテック勉強会

        今日は、ちょっとご連絡です。来週8日にFP協会員向け勉強会、スタディグループ「FPA」にて、フィンテック勉強会やります。今回も仮想通貨についてお話します。早くも第4弾!です。  お金の歴史が変わる前夜!?FPとして知っておきたい仮想通貨の基礎知識 2016/11/8(火)18:30~場所:名古屋都市センターhttp://www.nui.or.jp/access/index.html     9月からFP講師活動を、リハビリも兼ねて再開したのですが、スタディーグループをはじめ、FP研修などで、お声をかけてくださるようになり、早くも4回目となります。 来年は滋賀でも講演いたします。今後、全国に届けにいけたらいいな〜と思っています! 全国の支部様へ。フィンテックや仮想通貨など、勉強会開催をご検討の場合は、お気軽にお問い合わせください。継続研修、SG、一般開催など、場所・形態は問いません。http://fp-oda.net/service_seminar.html      今日のタイトルNo.1022「フィンテック勉強会のお知らせ」   Masanori oda   SHOWCASEhttp://showcase-official.comファイナンシャルプランナー織田事務所http://fp-oda.net/織田プロダクションhttp://www.oda-pro.jp/SHOWCASE ELEMENTShttp://showcase-elements.com     

      2
      テーマ:
  • 29 Oct
    • Visaワールドワイド・ジャパン東京本社に行ってきました!

       先週、21日。Visaワールドワイド・ジャパンさまとのコラボ企画で、東京本社に行って参りました! 織田が所属するFP-RECOが、5周年を迎えまして、その記念すべきイベントとして。     テーマは「Visaデビット」今や決済の方法も、現金・クレジットカードだけでなく、デビットカードの普及もはじまり、一段と便利になってきているものの、その存在意義がうまく浸透していない。どうしたものかという相談から、話が発展していって、  これは僕たちの得意分野だ!  ということになり(ここが石川社長のすごいところ)かつてない豪華キャスティングで、FP-RECOが主催となってビッグに開催。  協賛いただいた金融機関がなんと!・ジャパンネット銀行・ソニー銀行そして名古屋で圧倒的なシェアを誇る・三菱東京UFJ銀行!  おそるべし!この3銀行さまとVisaさまと、そして全国から35名のご当地FPが結集!もう、とんでもない集まりです(笑)   国連かという会議室(笑)壁にはでっかいカードの額が!めちゃかっこいい!さすがに織田もスーツ着た方がいいかなと思い、1年に1回程度しか着ない姿で(笑久しぶりにFP-RECO4人でショット!   代表の石川社長より挨拶。珍しくスーツ^^司会は中野さん   イベント内容は、まずはVisaデビットの基本機能と、各銀行の特徴、それぞれプレゼンあり。  Visaワールドワイド・ジャパンさまジャパネット銀行さま三菱東京UFJ銀行さまソニー銀行さま   そもそもデビットカードが、なんなのか?意外にもFPの中でも、知られていない現実。 クレジットカードと、一見、同じようにみえるのですが、実は、全く異なるカードです。最大の特徴はなんといっても、  ・銀行の口座から、すぐに引き落とせる現金感覚で使えるカード  ということ。つまり、残高以上に使えないため、使いすぎる心配がないのと、   ・ATMに並ぶ必要がなくなる・クレカのように2ヶ月とかではないので、家計管理の把握がしやすい  という様々なメリットがあります。 名古屋は特に現金主義の都市。毎月25日とか給料日のATMの列は、半端ね〜という状態。そんな時にデビットカードが役立つね。 VISAが使えるお店なら、どこでも使えて、即口座から引き落ちるので、お金を下ろしにいく必要がなくなるのです。もっと言えば  海外旅行こそVisaデビットですね。そんなデビットカードを囲んで、金融機関とご当地FPとで2つのテーマ  テーマ1私のこんなお客様にはこんな使い方を提案できる、こんな使い方が便利  テーマ2私の活動エリアではデビットカードはこう使える   についてディスカッション。  関東1関東2関東3東海関西連合(北海道〜九州)  という6つの地域グループに分かれてそれぞれの地域性とともに語り合いました。 関東1グループの豊田FP関東2グループの山本FP(親分^^)関東3グループの高橋FP連合グループのFP関西グループの萩原FP東海グループの大澤FPそして、私めも。慣れない格好で^^;  そして、各グループが発表  関東1グループ・リーダーの市川FP関東2グループ・リーダーの村松FP関東3グループ・リーダーの廣木FP東海グループ・リーダーの髙木FP関西グループ・リーダーの丸山FP連合グループ・リーダーの藤本FP  各グループともに、どれもが面白く、会場をわっと笑わせるシーンもたくさんありました。 また細かいレポートは、FP-RECOのwebサイトにて、追ってアップ予定です。さすがに今回は5周年ということで、少し気合いの入ったイベントなりました。   最後に、全員集合でぱちり   本当にありがとうございました!  そしてそして、FP-RECO5周年祭、2日目は、ご当地FPさんとだけで、表参道で開催しました。これはまた次回!      今日のタイトルNo.1021「5周年祭!」   Masanori oda   SHOWCASEhttp://showcase-official.comファイナンシャルプランナー織田事務所http://fp-oda.net/織田プロダクションhttp://www.oda-pro.jp/SHOWCASE ELEMENTShttp://showcase-elements.com           

      2
      テーマ:
  • 14 Oct
    • 講師づくしの週末

        久しぶりの更新になります(笑)のんびりなブログで、すみません。  週末は久しぶりに2日連続で講師づくしに。明日はFP協会の継続研修で「仮想通貨」のことをお話します。  協会員の方は「2単位(金融)」がつきますので、お時間あるFPさん、ぜひ!まだ残席あります。http://fp-keizokukenshu.jimdo.com   また、日曜日は東京でSHOWCASEのブログ講座やります。東京ではこのテーマは初になりますね。   大石と一緒に伺います!関東の皆様、よろしくお願いします!http://showcase-official.com/event/tokyo_blog_seminar_001  また来週末は、10月最大の山場となる、でっかいイベントを控えていまして、準備にテンパってる今日この頃です^^;風邪を引かぬよう喉の調子を整えておかねば!  ではでは~!   今日のタイトルNo.1020「テンパってる10月」   Masanori oda   SHOWCASEhttp://showcase-official.comファイナンシャルプランナー織田事務所http://fp-oda.net/織田プロダクションhttp://www.oda-pro.jp/SHOWCASE ELEMENTShttp://showcase-elements.com   

      1
      テーマ:
  • 06 Sep
    • お金の歴史が変わる前夜!?

        3日は久しぶりにFP協会の勉強会、スタディーグループで講師してきました。タイトルは、ずばり!  お金の歴史が変わる前夜!?FPとして知っておきたい仮想通貨の基礎知識   というものです。 先日、SHOWCASEならぬ、FP織田事務所の方が、10周年を迎えたということで、久しぶりに10年メッセージという、1ページを追加しまして、  10年メッセージhttp://fp-oda.net/10th.html   新しいお金の未来について、議論すべき時がやってきたという、そんなテーマについてです。      合わせるように、FP協会の方も今月号のジャーナルも、まさにフィンテック特集。     お金は今やデジタル。0101です。つまるところITテクノロジーそのもの。 今後イノベーションカンパニーを目指す、SHOWCASEともドッキングしていくような、そんな気配が漂っています。 なんといってもテクノロジーがお金となり、そのお金を作るのはデザイン思考です。これらをうまくつなげようと、我ながら必死で頑張っているという、、、そんな最近の織田です。 10月と11月も、協会勉強会の方で、フィンテック講師を担当します。 よかったらぜひ来てくださいね。詳細は決まり次第ご連絡します!ではでは!    今日のタイトルNo.1019「スタディーグループ」   Masanori oda   SHOWCASEhttp://showcase-official.comファイナンシャルプランナー織田事務所http://fp-oda.net/織田プロダクションhttp://www.oda-pro.jp/SHOWCASE ELEMENTShttp://showcase-elements.com      

      5
      テーマ:
  • 08 Aug
    • オカリナの夜に溶け込む!!

        久しぶりにプライベートな話題を。 夏らしい遊びを今年はまだできていなくて、夏を感じたいな~と思っていたら、ふと友人から、  「オカリナを聞きにいきませんか?」  と誘われて、昨晩オカリナを聞きにいってきました。 どうやらオフコースのドラマー、大間ジローさんがプロデュースした、オカリナのアーティストというじゃないですか!これは超ワクワクしまして。 と思いきや!会場につくと、なんだかサルサとオカリナがうんぬん!?と書かれている。 サルサとオカリナ!?なんじゃ、この摩訶不思議な組み合わせは!?と思いつつも、ライブが始まる。 前半はサルサダンサーズによる、セクシーな踊りが繰り広げられ、いわゆる「動」のアートが突然はじまる。色気を帯びたあまりの急展開に、一瞬、虚を突かれるも、この展開が面白すぎて、この空間!?この世界!?に魅了されてしまった。 あっという間に前半が終わり、熱量を帯びたサルサから静粛へのギャップ!オカリナの響きがこだます。   このコントラスト、伊達じゃない!(笑)   趣旨のテーマを話すと長くなるのだけど、たまたまご縁いただいたこのステージは、いくつかの思いが融合してできた、ライブ企画だったようで、サルサという「動」で表現されるアートと、魂を震わす「静」のオカリナ。 それぞれがあって、初めて表現できる世界観を、映し出すことで、人の可能性や勇気、元気、様々に沸き起こるエネルギーを、表していました。まさに、  静と動   いやぁ~、オカリナ、やばいっす!これほど間近でオカリナを聞いたのは生まれて初めてですが、言霊ならぬ、   音霊   ってあるんだと改めて思いました。 表現として非常に際どくなるのですけど、魂が楽器になる音色!!といえばいいのか。もののけ姫のカバーもされていたのですが、あの名曲はオカリナのために、作られたのではないか?!とさえ、思えてしまうほど幻想的な音に、心が一体に溶け込んでしまいました。 CDを即買い。久しくダウンロードばかりでしたけど、こんな貴重な音はCDで持っておかねばと!売れたらまずいと思い、ダッシュで即買いでした。     終わったあと、なんとかオカリナ先生にご挨拶をと思い、お話をさせていただくことができました!僕ももともとミュージシャンであったこと、そして今に至る話など、少しながらも共有できて、なんだかすべてがつながった心地でした。 オカリナ。海や山など、自然の中で幻想的なステージができたら、もう超絶に最高だなと。しばらく忘れていた、音楽時代の血が沸き立つ。どこかでそんなステージ・プロデュースが、実現できたらいいなぁ~なんて贅沢にも帰り際に思い、友人と帰りにご飯を食べながら共有。味わったことのない幻想的な夜に、出会えたことに、心から感謝!!友人に心から感謝です!!ありがとう!  そんなわけで、やっと夏を感じる1日を過ごせました。今年の夏は「静」から始まりました。後半にかけて「動」を持っていきたいね~  もうすぐお盆ですね。お盆前はなにかと整理の1weekで、世間さまも慌ただしくなりそうですが、今日は久しぶりに名古屋港で、マジックアワーを眺めつつ、僕も1weekを整理して終了!      今日のタイトルNo.1018「オカリナの夏」    Masanori oda   ファイナンシャルプランナー織田事務所http://fp-oda.net/SHOWCASEhttp://showcase-official.com織田プロダクションhttp://www.oda-pro.jp/SHOWCASE ELEMENTShttp://showcase-elements.com   

      7
      テーマ:
  • 04 Aug
    • エレメンツ・ウォール(笑)完成!

        今日はSHOWCASEの話題です。 夏全開な今日はSHOWCASEメンバーと、オフィスにこもって、エレメンツを壁一面に並べていく、名付けて「エレメンツ・ウォール」(笑を作っていました。      もともとは、3月の個展の時に使用した鳥居のエレメンツを分解して、並べ替えたもの。オフィスに飾りたいなと思っていました。   個展の時の鳥居型エレメンツ・ウォール  そして、しばらく静かだった、エレメンツの取り組みですが、秋からちょっと面白くなりますよ。 これまではただ制作するのみでしたが、オーナーさまも少しずつ増えて参りまして、ようやく取り組みとして、もうちょっと文化的な活動が、できそうになってきました。そんなワクワクする話を、メンバーで共有して、ウォールを完成させた今日。新しい1ページのはじまりです。 そのあと、たまたま、オーナーさまが見えて、貴重なご意見やアイデアをいただいて、やっぱりエレメンツ、いいなぁと、思わされたのでありました。       どうしてこれを始めたのか、いまだに理解していませんが、ただやることに意味があると、始めた経緯で一年が経ちました。 新しい取り組みについては、詳細が決まり次第、またご案内いたします。これから始まるエレメンツ2年目を、どうぞ、よろしくお願いします。   今日のタイトルNo.1017「エレメンツ・ウォール」    Masanori oda   ファイナンシャルプランナー織田事務所http://fp-oda.net/SHOWCASEhttp://showcase-official.com織田プロダクションhttp://www.oda-pro.jp/SHOWCASE ELEMENTShttp://showcase-elements.com  

      7
      テーマ:
  • 29 Jul
    • ミュージシャン時代に初めて手にしたお金の本

        本棚を整理してたら懐かしい本が出てきた。ミュージシャン時代に初めて手にしたお金の本。 ロバキヨがすごいのは、金利という言葉すらも理解できなかった僕に、分かるように書かれていたこと。この感覚を見失ったらいかんなと、ふと初心に返りました。     そんなミュージシャン時代に目を戻すと、今の売られているお金の本の多くは、現実的「過ぎてて」面白くない。たぶん、当時の僕なら買っていない。いや、正確には、関係ないと思って買えない・・。 お金の話なので現実的べきなのですが、しすぎると、よくない。つまらなくしてしまう。結果、伝わらない本になり、伝わらないなら、ないのに等しくなってしまう。 やっぱりね、広めるには、ある程度のテーマパーク感が欲しいなーと。そんな頭の柔らかさが、FPこそ欲しいなとと思ったのでありました。 マイナス金利というのが、あり得ないという感覚で始まったのも、もう少し、例えば、これは異常気象だ!みたいな近い表現があってもいい。エルニーニョも、言葉自体は結構難しい。専門用語だったりする。けど、今や一般的に、ポピュラーになってる。 あり得ないことが、当たり前になりつつある今。異常気象が異常じゃなくなっている今。住宅ローンが0.35%という、あり得ないと言われる今。まさにエルニーニョ。ちゃんと伝わるコンテンツを、書き綴っていこうと思う日々です。   今日のタイトルNo.1016「初心に還る」    Masanori oda   ファイナンシャルプランナー織田事務所http://fp-oda.net/SHOWCASEhttp://showcase-official.com織田プロダクションhttp://www.oda-pro.jp/SHOWCASE ELEMENTShttp://showcase-elements.com   

      4
      テーマ:

プロフィール

masanori oda

自己紹介:
デザインオフィス SHOW CASE代表 元ミュージシャン。音楽活動に限界を感じていた2000...

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。