『永野FPオフィス3つのお約束』

=FPとの出会いであなたの人生は変わる!=


1、真実の情報であること


2、信頼できるFPであること


3、価値ある品質であること

ー 家計にやさしい保険・住宅ローン -

お金の安心は心と身体の安定をもたらします


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


Nagano FP OfficeのHP


住宅ローン http://myhome-fpft.jp/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


Nagano FP office 永野FPオフィス 


〒860-8003 熊本市中央区水前寺4丁目


お問い合わせ 無料通話 0120-929-943


営業時間 9時~22時まで


完全予約制となっています。お気軽にお電話ください


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


NEW !
テーマ:

住宅ローンは自分で選ぶ理由

 

なんで熊本はこんなに住宅ローン金利を気にしないのであろうか?自分の老後資金はどうでもいいのか?

 

住宅ローンに関係するFPをしていると当然のようにそんな疑問が常に浮かぶのです。

 

金利が高いということは月の支払いが大きいということ。月の支払いが大きければ貯蓄ができなくなる。

 

ましてや熊本の平均年収は低い。なのに東京など熊本より年収の高い大都市よりも金利が高いということはどういうことを意味するのか。

 

それは間違いなく老後の生活を厳しくするのです。大都市より平均年収が低いのですがコンビニも車の値段も大都市と同じです。

 

そうなのです。

 

熊本で公務員や大企業に勤務していれば別かもしれませんがそうでない大半の人ほど金利に敏感にならないと老後への貯蓄が大変なのです。

 

そういえば転勤で熊本にきた時に1番驚いたことがあります。それは自動車ローンの金利でした。

 

なんでこんなに高いのに使うんだ?

 

熊本に転勤する前までテレビで見る限りでしたがシステム金融なるものが多いと聞いていました。いわゆる消費者ローンが多いと。

 

実際に勤務したのはバブルも弾けた平成8年のことです。その頃バブルの最高金利から徐々に利下げに転じていました。

 

しかしここ熊本で驚いたのは自動車ローンの19.75%の存在でした。

 

19.75%!!

 

例えば200万円の中古車を買うしましょう。その頃はまだ中古車屋さんの金利は高かったです。

 

仮に当時10%の金利だとしたら19.75%との差はどのくらいなのか。

 

10%で5年払いなら月に42494円(厳密には違うが)です。それが19.75%ならどうか。月52709円です。

 

月に1万円も違うのです。それは聞けばすぐにわかることですがそんなクレジットで車を購入している人がたくさんいました。

 

何より熊本にきて驚いたのはこの多さ、でした。

 

住宅ローンも同じなのか

 

あれから早くも20年以上経ちますがその驚き第2弾がこの住宅ローン金利で見ることができます。

 

現在の住宅ローン金利は変動金利でいえばこんな感じです。

 

 

おおよそ0.4%台から0.6%台というのがわかると思います。メガバンクでさえ0.625%くらいです。

 

0.9%と楽天銀行の0.517%の差はいくらくらいなのか。3800万円35年払いで計算してみます。

 

0.9%   月105,506円

0.517% 月 98,928円

 

その差は約6500円です。これがもし35年続くとすればざっと273万円の差になります。手数料を考えても240万程度違います。

 

これを見てどう思いますか?さてそれを熊本のハウスメーカーのセールスにいうとどんな答えが返ってくれるのでしょうか。

 

お客様達から聞いたものをあげてみたいと思います。

 

ネット銀行を勧めない理由Best3

 

1、金利は安いけどあれこれ条件がついての金利ですから実際は低い金利になるかわかりません。

 

その通りです。ネット銀行は一定の条件があるのが普通です。例えば決済口座を楽天銀行にするとー0.3%などです。

 

実際に私もある銀行員がお客様に言っているのを聞きました。でもそれで得る代償が200万円以上の差額です。

 

2、金利は安いけど手数料が高いから

 

その通りです。手数料が安い楽天銀行でも324,000円は必要になります。その代わり保証会社を使わないので保証料はかかりません

 

金利差が274万円、手数料+保証料の差が約32万円、その差は240万円。

 

このセルフを聞いた時の思わずずっこけそうになりました。でもこんなものです。

 

3、ネット銀行より団体信用保険は充実しています。

 

その通りです。がん団信と呼ばれるものがついております。実際これはいいです。特に熊本銀行の団体信用保険は選ぶに値するないようになっています。

 

本来お客様第一主義の会社であればお客様にとっていい住宅ローンを選ぶのがその責務といえます。

 

ですが実際はどうかといえば自社の提携ローンを使うことを誘導することが多いのです。

 

そのローンがあなたの家計にぴったりあっていれば全く問題はないです。

 

例えば多少金利が高くてもがん(悪性新生物)になった時に住宅ローンの支払いが終わることに魅力を感じるなら選んだほうがいいです。

 

自分のローンは自分で選ぶ

 

今やスマホを開けば住宅ローンの情報なんてたくさん出てきます。私自身もこのように発信しています。

 

ハウスメーカーのセールスのいいなりになって自分の人生、特に教育資金や老後資金に多大な影響を及ぼす住宅ローンを委ねるなんて怖くないのでしょうか?

 

と言うより時代遅れではないかと思うのです。そう、今の時代は自己責任時代と言われて久しいです。

 

自分の人生は自分で選ぶ。自分の住宅ローンは自分で選ぶのです。これから厳しい環境となる日本では当たり前に思うのですがいかがでしょうか。

 

確かに実際にネット銀行を使うのは難易度が高いものがあります。審査上使えないことがあります。

 

ですが今はネット銀行以外でも低金利の住宅ローンは存在します。

 

金利で住宅ローンを選ぶのがすべてではありませんが住宅ローンを選ぶ基本は3つと考えております。

 

1、変動と固定、どちらの金利タイプを選ぶのか。

2、変動なら金利か団体信用保険か

3、それぞれの中から選択する

 

住宅ローンに悪いものはないです。合うか合わないかはあります。それも自分で決めるべきです。

 

もし自分で決められないのであれば客観的視点からFPなどに選んでもらいことも考慮してはいかがでしょうか。

 

さて今週も多くの相談希望をいただいております。私もしっかり働きます!!

 

=============

人生は人との出会いでしか変われない

 

永野FPオフィス FP永野 修

熊本市中央区水前寺4−54−21

0120−929−943

http://myhome-fpft.jp/

=============

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人

テーマ:

ライフプランはいつ作る?

 

『今回のマイホームは3000万円くらいまでにしないとお子様が私立高校に進学した場合老後資金が厳しくなります。』

 

当オフィスのマイホーム購入の相談の特徴はライフプランを作り家族に合った住宅ローンや生命保険、iDeCoを選んでいます。

 

多くはライフプランもなしにマイホーム購入を決めたり住宅ローンを選んだり保険に入ったりしています。

 

 

それはマイホーム建築に例えるなら建築士が基本設計もせずに職人がカンと経験に頼って家を作るようなものです。

 

そんな家をあなたは買おうとしているのです。本当に買いますか?そもそもそんな家売ってないですよ。

 

人が生きる上で大事なことがいくつかあります。それが身体や心の健康であったりお金であったりします。

 

せっかく一国一城の主として大手ハウスメーカーで大金をかけてマイホームを購入したとしても老後にお金が尽きたらどうなりますか?

 

病は気からと言われるようにたちまち心と身体の健康も崩れ去っていくでしょう。

 

つまりお金のコントロールは長生きと幸せの根幹とも言えるのです。その設計図であるライフプランが必要なのはこういったことが理由なのです。

 

ではそのライフプランはいつ作るのでしょうか。多くのお客様はかなかなそういった機会がなかったのではないでしょうか。

 

と言うより作るような出来事がなかったのではないかと思うのです。あったとしても保険に入るために保険屋さんが作ったプランくらいでしょうかね。

 

そういった保険屋さんの意図を組んだような恣意的なものではなくあなたの人生の羅針盤のように使うライフプランを作る機会はなかなかないものです。

 

マイホーム購入は人生の岐路

 

よく聞く言葉にマイホーム購入は人生における支出で1番大きなものというのがあります。

 

だからこそこのマイホーム購入での成否はその後の人生において大きな意味を持っています。

 

そう、失敗は許されないのです。ただ単に欲しかったから。気に入ったからなんてことでの購入はこれからの縮小経済の日本では絶対にやってはいけないことの1つなのです。

 

 

ここまでいえばなぜ当オフィスがマイホーム購入時や保険設計でライフプランを作成するかがわかったと思います。

 

そう、これからの日本で『生き残る』ためです。幸せのまま長生きするには1番大きな支出であるマイホーム購入はしっかり計画的にする必要ながるのです。

 

ですが実際はどうでしょうか。

 

住宅展示場に突撃し口のうまいセールスに夢を語られその気になり、気がついたらそのハウスメーカーの提携の住宅ローンの用紙を書かされてご購入しています。

 

その金額は適正ですか?その金額を購入したらあなたの人生はどうなりますか?その提携ローンの住宅ローンはあなたに合っていますか?

 

それをどうやってあなたは検証するのでしょうか?セールスに聞くのですか?売り手ですよ?

 

お客様と一緒にマイホーム購入のことを考えながら人生を考える。そのプランを提案するのがFPの仕事です。その図面がライフプランなのです。

 

人生を家に例えればわかるはず

 

図面も作っていない職人が勘と経験で作った家とライフプランと言う図面を作らずに今までの経験で人生を生きていこうとしている人にどんな違いがあるのだろうか。

 

その土台はまるで砂で作った城のようなものです。なぜなら想定外のリスクがたくさんあるからです。

 

それをライフプラン作成でできる限り想定外のリスクを知り、できれば潰しておきたいのです。

 

そう、ライフプラン作成はマイホーム購入した時の未来の『炭鉱のカナリヤ』としても機能するのです。

 

もしかするとライフプラン作成はマイホーム購入時が最初で最後のチャンスかもしれないのです。

 

きっとライフプラン作成をしよう考えているのは10人中2人くらいでしょう。これもパレートの法則通りです。

 

もしライフプラン作成を考えたのならしっかりしたFPに作ってもらい人生における『炭鉱のカナリア』や『羅針盤』にしてほしいものです。

 

きっと今週末も突撃している人がいるんだろうな。勇気あるなと本気で思っています。

 

=============

人生は人との出会いでしか変われない

 

永野FPオフィス FP永野 修

熊本市中央区水前寺4−54−21

0120−929−943

http://myhome-fpft.jp/

=============

 

 

 

 

 

いいね!した人

テーマ:

社長さんのお友達は社長さん

 

昨年の話。ある家族と話をいていた。その家族はお子様が高校卒業となり進路は大学進学と就職ではどちらがいいかという話になった。

 

旦那様と奥様では意見は分かれていました。旦那様は就職を主張。奥様は大学進学を主張していました。

 

話を聞いているとそのお子様は決して成績がいいわけではなくむしろスマホばかり見ていて勉強は2の次という感じ。

 

常々奥様は全然勉強しないとこぼしていました。きっと勉強より欲望なのでしょう。それを抑えられない年頃なのでしょうね。

 

旦那様の意見を聞いてみると今の日本は景気もよく高校にも結構な数の大企業から求人が出ています。熊本にいて大企業に勤務するまたとないチャンスなのでこの機を逃すのはどうか。

 

また自分の子供はあまり勉強が得意でもないし、大学に進学できたとしても遊んでしまうような気がする。

 

4年後の日本の景気がどうなっているかもわからないしその時に大企業はおろか就職で苦労するのでは、というもの。

 

それに対して奥様は強硬に大学進学を主張。高卒で働く方が大卒よりが給料が安い。絶対に就職より大学進学が決まっている。

 

大学に進学させて就職した子の親はみんなそう言っている。だから高校卒業して就職なんておかしい。そう言って旦那様の話に聞く耳を持たないようです。

 

この話にどちらが正しいというものはない。そう、正解はないのです。聞きようによってはどっちも正しいのです。

 

それが問題ではなくこの夫婦の見解の違いは実は人生において大きな違いがあったりするのです。

 

売れないセールスの特徴

 

ある日取引先の訪問販売会社の社長さんからこんなことを言われました。『売れないセールスの特徴って何だかわかる?』

 

たくさんあるけどそのうちの1つに思考がある。一般論と個別論の違いだと。

 

売れる人はお客様と話す前に家の周りを見て生活環境を想像する。次に実際に会って話しながら価値観や習慣、嗜好をスクリーニングしてアプローチしていく。

 

そう、お客様ありきの思考回路になっているんだ。だからお客様のこのみにフィットする可能性が高く売れていく。

 

でもダメなセールスは商品の特徴を羅列する。どんなお客様かなんて関係なくひたすら商品の魅力を伝えようと話す。そしてお客様がうんざりして売れないのだ。

 

上の会話でいえば奥様は一般論の羅列だということに気がつきます。旦那様は息子の特徴、性格を考えて結論を出しています。この違いはとても大きい。

 

しかしながら何度もいうがどちらが正しいかなんてわからないです。息子次第ですし未来なんて予想不可能です。

 

ただ私ならやはり旦那様と同じように考えるでしょう。一般論や多数決で多い方で正しかった方が少ないというのは身をもって体験しているからです。

 

FPがみる失敗する人の特徴

 

今年は年初からよく電話が鳴ります。お客様からと取引のある業者さんたちからです。

 

ここでも2つに分かれます。1つは人ありきの方、もう1つは商品ありきの方です。

 

人ありきの方は問題の解決に関して人の紹介をお望みの方ですね。社長の友達は社長さんというのがわかっているので私がお付き合いしている方の紹介をお願いしてきます。

 

もう片方は商品を探している人。これは別に私でなくても物があればいいので手当たり次第に探している感じです。

 

実はこのモノやお金を価値観の中心に添える人の多いこと、多いこと。人よりお金、そんな感じです。

 

それもまた価値観なのでいいのですがこの手の人たちが見事に騙され、失敗しているのです。

 

ああ、また失敗するんだろうな、そんな目で見ています。人と出会いでしか運命は変わらないのにね。

 

出会いにリスクを持たせてどうするのだろうか。大丈夫何でしょうかね?

 

年初よりお仕事の電話もいただいております。それと同時にゴルフのお誘いもいくつかいただいています。

 

昨年以上に忙しい年になりそうですが、何よりも嬉しいのが私自身が出会いで運命が変われそうな方たちとのお付き合いが増えそうだということです。

 

人生は周りに誰がいるかで決まります。それはお金は持っているけど1人ぼっちで寂しそうにしている老人の方を見ていればわかります。

 

人間という動物は1人では生きられないのです。これでもまだお金やモノに固執するならそれはもう勝手にどうぞです。

 

ちなみに前出のご夫婦の奥様にその後会った時にお子様の進路について聞いてみたら旦那様の方が正しかったと子供のいく末に頭を抱えていました。

 

=============

人生は人との出会いでしか変われない

 

永野FPオフィス FP永野 修

熊本市中央区水前寺4−54−21

0120−929−943

http://myhome-fpft.jp/

=============

いいね!した人

テーマ:

相談にはトレンドがある

 

面白いもので当オフィスのようにお客様から連絡をもらいご相談を受けていると面白いことに気がつきます。

 

それは何かといえば相談には流れというかトレンドがあるということです。

 

住宅ローン相談が続いたと思えばそのあとに生命保険相談が続き、また住宅ローン相談に戻ったと思うと今度は相続相談だったりします。

 

このように不思議なことですが同じような相談が時節により続くことが多いのです。

 

この秋にも3件続いた相談があります。それは『ガン』にかかったことがある方のマイホーム購入相談です。

 

私のところに相談する前にすでに銀行を2つ3つ断られたのですがそれでもマイホーム購入を諦めきれなかったから相談にきたのです。

 

でも団体信用保険ばかりはどうにもできません。案の定その後も断られました。

 

確かに団体信用保険が任意のフラット35を使えばいいのかもしれません。

 

ですがそれはどう考えてもお勧めできませんし、家族のリスクが高すぎます。場合によっては人生において致命傷にすらなるからです。

 

団体信用保険も断られ、でもフラット35を使ってまでマイホーム購入もできない。

 

方法はないのか?

 

結果的にいえば3件中1件はダメでしたが2件は変動金利でマイホームを購入しました。

 

金利が高いのでは?と思った方もいるでしょう。金利は0.6%台とむしろ低い部類でした。

 

お客様もかなり喜んでいましたがそれ以上に喜んでいたのがハウスメーカーのセールスだったのはご愛嬌でしょうか。

 

このように当オフィスのFP相談にはトレンドがあリます。

 

先週のトレンドもやはり通らない住宅ローンに関してでした。今週はどうでしょうか。

 

また月曜日から頑張っていきます!!

 

=============

人生は人との出会いでしか変われない

 

永野FPオフィス FP永野 修

熊本市中央区水前寺4−54−21

0120−929−943

http://myhome-fpft.jp/

=============

いいね!した人

テーマ:

金のためならなんでもする人がいる事実

 

テレビでご存知かと思いますが成人式の日に悲惨な『事件』が起こった。そう、『はれのひ』の振袖のことです。

 

クレジット会社に勤務していた時に呉服と宝飾は多くの販売店を担当してきたのでこのように突然のことが起こるのは珍しいことではない。

 

だが問題はこのタイミングだ、

 

明らかにギリギリまでの集金を狙っていたとしか思えない。このことによって涙に暮れる新成人がいることなんて御構い無しの所業である。

 

突然消えた、倒産したなんてたくさんみてきましたがこんなに人ととして許されざるタイミングでやらかすのは前代未聞。

 

人はお金のためならなんでもするという人物を多くみてきました。(もちろん責任感が強い人も)

 

でも目の前の店や人がそうかなんて見抜けないしわからない。

 

よくそんなところからなぜ買ったのか、などという人がいますが一般の人にはそのお店がどんな経営状況かなんて絶対にわからないです。

 

成人式という思い出になる予定だった日は2度と帰ってこないばかりか、お金も振袖も帰ってこない可能性もあることは気の毒としか言いようがない。

 

せめてお金だけでも

 

だがもし結果論的ではありますがお金だけでも帰ってくるようにできる方法はないかと言われればそれはやはりクレジット払いかカード払いにするしかありません。

 

ですがこのお店のこの経営状況でカードやクレジット契約があったかはわかりません。

 

私自身はクレジット会社にいてたくさん危ない販売店をみてきたのでモノと交換にお金を払うこと以外は基本的にクレジットカードで払っています。

 

旅行でさえクレジットカード払いだしネットでの購入なんて怖くて現金では払えません。

 

その理由はもちろん役務が果たされなかった場合、返金してもらえる可能性があるからです。そう、自己防衛策の1つです。

 

カードも使い方を謝るとそれもまた違う問題を引き起こしますがそれはもう自己抑制の問題。

 

道具は使うものです。使われないようにしたいですね。

 

FP相談もサービス業

 

そう考えると私のようなFPの相談はもろにサービス。お客様のことを考えたらどうだろうか。私ならカードで払うのに、です。

 

ということで『てるみくらぶ』の事件の時から進めてきたFP相談のクレジット払いを導入していきます。

 

当オフィスの収益も落ちますが自分が嫌なことは他人には勧められないと思い決断しました。

 

インフルエンザが流行ってきました。受験生を持つ親としては心配ですが皆様もお気をつけください。

 

=============

人生は人との出会いでしか変われない

 

永野FPオフィス FP永野 修

熊本市中央区水前寺4−54−21

0120−929−943

http://myhome-fpft.jp/

=============

いいね!した人