『自分の運命を変えたい!!』
人の出会い、FPとの出会いはあなたの人生を変えます。

ー 家計にやさしい保険・住宅ローン -

お金の安心は心と身体の安定をもたらします
☆★☆★
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
Nagano FP Officeの保険相談     http://fpft.jp/
      住宅ローン    http://myhome-fpft.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
Nagano FP office  永野FPオフィス 
〒860-8003 熊本市中央区水前寺4丁目
お問い合わせ 無料通話 0120-929-943

営業時間 9時~22時まで
完全予約制となっています。お気軽にお電話ください

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

NEW !
テーマ:

『こんなはずじゃなかったのに』

 

人生はままならないものとよく言います。ですが仕方がない場合とそうでない場合が存在しているのではないでしょうか。

 

そうでない場合とは交渉力1つでどうにでもなったという意味です。知っていればもしくは交渉力があれば事態が一変するようにすることも可能です。

 

『こんなはずではなかった』という言葉を聞くとサラリーマン時代のある風景が思い出されます。お客様から1本の電話がなりました。住宅の塗装をしてローンで契約したのですが口座の不備がありました。

 

よく覚えていないのですがなんとなく電話があった方の自宅に伺いました。インターフォンを鳴らして会社名、名前を言い玄関が開くとそこには涙をボロボロ流している奥様の姿が。

 

あまりのことに何があったのかを聞くと『こんなはずではなかった』と号泣。何の話かわからないので号泣が治まるまで少し待ち聞いてみました。

 

住宅の塗装をしたのですがこんな色をお願いしたのではない。担当の人に電話するけど電話にすらでない。どうしたらいいか途方に暮れていた時に私が来たというわけです。

 

すぐにその会社の支店長に電話して状況を説明する。すぐに支店長から折り返しの電話が入る。今から自分がお客様のところに行き対処すると。

 

そのことを言うと奥様はまた号泣。その後その営業から電話。言い訳のオンパレード。かなり怒りを感じていたのできつい言葉を投げました。その後無事に?オーダー通りの色になったが決して喜んでいないと後日また涙されました。

 

しばらく経ってからそのお客様からお手紙をいただきました。お礼のお手紙でしたが嬉しくない手紙も玄関先で号泣されたのも後にも先にもこの1件だけです。

 

原因は言葉の行き違いです。交渉力、話す力は人生をよくにも悪くもしていきます。反対に交渉力があれば、またはある人を味方につければ事態は改善する可能性があるということでもあります。

 

ポジショントークと利害関係

 

現在お客様の住宅購入から引き渡しまでの『プロジュース』を4件持っています。一緒にハウスメーカーに行ったしているとハウスメーカーとお客様の利害が一致しないことが結構あります。

 

そのたびにお客様は悩みます。値段であったり間取りであったりさまざまです。そんな時に戦略と交渉の仕方、方法のシナリオを作りお話しします。

 

それだけでお客様の思うような方向に進んでいくのです。つまり交渉力がないので悪い言い方をするとセールストークを信じるしかなく言いなりになるしかないのです。

 

その結果は『こんなはずではなかった』につながっていきます。いわゆる知識差を大いに利用した販売が未だに起こっているのです。

 

依頼を受けた私はそうならないように交渉のシナリオライターをしているというわけです。

 

かつては交渉相手との仕事

 

実はそのうち1件は工務店から依頼を受けたお客様です。この工務店さんはかつてお客様が購入した工務店でありかつ私の交渉先でもありました。

 

その相手から認めていただき住宅は工務店、住宅ローンや他の相談相手を私という分業でお客様のマイホーム購入を最大限いいものにしてあげたいという社長様からの依頼でした。

 

好きにやっていいということなのでお客様も味方についてお客様に取っていいマイホーム購入になるように引き渡しまでお世話をしようと思っています。

 

そう思っていたら当然お客様は他の住宅メーカーとも交渉していたのですが全て断ったとのことでした。

 

FPはお客様と工務店の間の潤滑油です。

 

ある意味私に考えている理想形の仕事になってきました。マイホーム購入でお客様の想い、わがままを実現するエージェントです。こんな仕事をしたかった。それが実現しました。

 

今後もこうした仕事があればいいのですがどうでしょうかね。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

懐かしい街を歩いて

 

今月初旬に東京に行った時に久しぶりに自分が幼少期に住んでいた江戸川区のとあるアパートを歩いてみた。当然40年前のアパートの姿はなかったが意外と当時のまま現存されていた。

 

今では考えられないと思いますが当時は風呂もないアパートがいくつも並んでいて同級生やその兄弟も多くみんなで走って遊んでいた。

 

当然風呂もないようなアパートに住んでいた我が家はいわゆる『貧乏』だったのだろう。小学校に行くと多くの同級生は一軒家に住んでいたし私のようにアパート住まいはそんなには多くはなかった。

 

それでも私は幸運だった。なぜなら自分の家が『貧乏』なんて一回も思ったことがないくらい鈍感だった。というより当時の楽しい暮らしがそんなことを考えることに意味がないことを教えてくれた。

 

そして私にそんなことを考えないようにしてくれた『両親』には今自分が2人の親になってから子育ての大変さが理解してからではあるが猛然と感謝したのはいうまでのない。

 

そんな風呂もないアパート暮らしを高校生までしていた。そしてこの街をを卒業する日が来た。それまでのことを夜11時を過ぎているにもかかわらず道路の真ん中で走馬灯のように浮かんでくる当時の友人たちの笑顔を思い返していた。

 

お金より、モノより人に囲まれることの幸福感。この幼少期の出来事が今の自分の重要な価値観に大きな影響を与えています。

 

そして教育、勉強することが唯一『貧乏』から抜け出す道だったことを思い出しました。

 

そしてもう1つ。人生最大の失敗も思い出した。

 

楽をしたツケはとてつもなく大きい

 

先日お客様から表題の質問を受けた。高校受験はワンランク下を受けた方がいいかという質問でした。もう少し話を加えます。現在いきたい高校にギリギリ合格できるレベル。ワンランク落としたらどうかと先生に言われたらしい。

 

どう思うか。そう聞かれた

 

あくまでの私見なので親と子供とでよく相談して決めてねと言いつつ自分の意見を言いました。私が言うならワンランク落とすのはやめたほうがいいという答えになります。

 

当時、高校受験の時に私も同じことを言われた。そして選んだ答えは『楽』を選択しました。その結果プレッシャーもないのだから受験では当然いい点数。1番上の高校でも受かるほどでした。

 

しかしこれが大きな間違いだった。楽をしてはいけなかったのです。今までを考えてみると楽をするとろくな結果になっていないのです。

 

自分の子供の時の受験の時もそうでしたがなぜワンランク落とすのを嫌ったのか。後悔したのか。失敗だったと考えているのか。

 

それは『友人』です。

 

鈍感である当時の私の悩みは『おれは変わり者なのか?』です。とにかく合わない。実際変わり者扱いされていたかもしれません。それは誰が悪いわけでもなく自分の問題でありどうしようもない問題でした。

 

これが相性と言うものです。

 

高校の友人は一生の付き合いになります。だから人生で1番大事な友人を得るためにチャレンジして欲しいのです。自分に合う友人を得るために頑張って欲しいのです。

 

成績と性格は別問題だろうという意見や批判も甘んじて受けます。ですが高校のランクは将来の友人にとんでもなく大きな影響を与えるとおもっています。

 

ある進学校の話ですがその高校では高校2年生の3学期になるとそれまで付き合っていたカップルは別れていくそうです。なぜか。それは受験勉強に力を入れるからです。

 

人間の性能で大事なことの1つは制御能力です。この高校の生徒たちはこの恋愛という本能を制御する能力が高いからこそ成績が良く進学校に行けるのです。

 

本能では勉強なんてつまらないと思うでしょう。それよりテレビを見たいし恋愛を楽しみたいだろうしゲームだってしたでしょう。しかし制御能力の高い人はその欲望を抑えて勉強することができるのです。

 

そんな人は当然成績に現れるのでいい高校に進学していきます。制御能力が同レベルの人と友人になるために。だからこそ自分にあった友人を得るためにチャレンジすればよかったと後悔したのです。

 

もっとも私自体プレッシャーに弱いタイプではない。

 

もし自分やお子様がプレッシャーに弱い、または制御能力に疑問がある場合はワンランク落としてもいいでしょう。その方がいいとすら思います。

 

今回はお客様自身に制御能力があったのでこんな本音の答えをしました。人生には答えはありません。本当にないのです。

 

お客様も妙に納得していました。思いつくことがあるのかもしれません。自分の力を過小評価も過大評価もせずただただ全力で目標に向かって進んで欲しい。その成功体験も得難いものです。

 

将来後悔しないように自分の道を選んでください。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

サラリーマン時代の会社の創業精神は『信を万事の本と為す』というものでした。今この会社に勤務している人たちがこの意味を理解しているのかというと疑わしいですがこう教わってきました。

 

株式会社ジャックス

http://www.jaccs.co.jp/corporate/vision/philosophy.html

 

東日本震災の時にメールやラインで安否確認をした時に最後の最後まで返事がなかったのがこの社員数名でしたので。

 

サラリーマンを退職して起業してから人に対する信用の大切さを人生の先を行く先輩たちから幾度となく教えられてきたのでこの辺に関してはうるさくなってしまいます。

 

違和感

 

最近、様々な方からHPを見た、ブログを読んだといって電話を頂く。大変ありがたくまた嬉しく思っています。

 

その中で何か違和感のようなものを感じる時が多くなってきました。

 

私は基本的に人を選んでその人に任せるタイプの人間です。昨日バッテリーが上がったようで交換やその他修理をしなければならないようでしたが『まかせるから』で終わりです。

 

家のアンテナが壊れたら信用している人に紹介していただき見積もりなんて取らずに治してくれれば言われた通りにお金を払うから。です。

 

車を購入した時も現車を見ずに決めてしまうくらいです。自分が選んだ人が私に変な車を売ろうとするはずがない!そのくらい信用していきます。

 

ただ妻からせめて写真くらい見せてよ。と言われて初めて見たくらいです。そのくらい『モノ』や『お金』などより信用に値する『人間』に囲まれて生きているタイプです。

 

自分がすべて正しいなんて思っていません。

 

失敗したり騙されたりすることもあります。ですがそれは自分の人に対する選球眼が悪かっただけの問題です。

 

このおかげで多分他の人よりかなり金銭面でもその他の面でも優遇していただいていると自信を持って言えます。

 

それは車の購入での修理でもその他のことでもきっとその話を聞いたら金額も待遇も信じられないということでしょうレベルのサービスをしていただいております。

 

しかし最近の傾向なのでしょうか。

 

人間よりモノやお金の損得を信用している人を多く見かけるのです。その時に思ってしまうのです。きっとこのお客様にとって私は役に立たないだろうな。と。

 

そう、短期的な得のいいとこ取りをしようとするのです。そんなもの存在するはずないのに、です。幻を見ちゃうんですね。

 

今まであなたが幸せな気分になったことを思い出してください。物やお金があなたをそんな気分にさせてくれましたか?

 

すべては人間が作り出すドラマではないですか?確かにお金が沢山入れば嬉しいでしょう。私も嬉しいです。ですがそのは短期的でしかも単発的ではないでしょうか。

 

ですが人間関係は半永久的です。そう、半永久的なものを探してくことこそ至高の人生があるのではないでしょうか

 

あなたはモノやお金に囲まれている人生と好きな人たちに囲まれる人生のどちらに幸福感を持ちますか。

 

もし人に囲まれる人生、もしくは人を信用するタイプの方で住宅ローンや保険などFPに相談したいと考えている方には私はきっとあなたの役に立ちます。

 

ご連絡いただく時はこのブログやHPを読んでいただき『FP永野』を確認してから

ご連絡ください。一緒にいい仕事をしたいと思っていますので!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

連勝記録止まらず。

 

宮本武蔵はなぜ負けなかったのか。それは勝てる相手とだけ戦ったから。このお客様からの依頼である銀行から断られた住宅ローンを通すという仕事も実は同じです。

 

他の人から見てどうかわかりませんが勝てる見込みがある案件だけ受けてきました。主に公務員や上場企業、会社経営者でした。

 

今回は勝てる見込みはなかったが情で受けた。80歳を超えた老夫婦が地震で家が被災して住み家がと言われたら受けるしかない。

 

ですが3つの銀行が断った案件なのでさすがにハードルが高い。これは連勝は止まるなと思って前回ブログに書きました。

 

戦勝記録もここまでか 通らない住宅ローンを通す

 

それがなんと無事に仮審査OKの連絡が!正直に言ってホッとしました。ローンが通らなかった場合のみならず問題が起こった時はまず何をすればいいのか。

 

仕事の基本中の基本ですがなかなかできていないように感じますので今日はそんなお話をしてみます。

 

問題解決には順序がある。

 

最近お客様と一緒に銀行や住宅メーカー、工務店などの方と会う機会が多いです。相手からしたら『誰だ?こいつは』という目で見られるのが普通です。

 

それを承知でお客様の横にいます。ですが特に何かするとかありません。で何をしているか。それは当然営業としても品定めです。お客様にとっていい営業か、それともかなり良くない営業かなどです。

 

それによって方針が変わってきます。そんな時でも同じなのですが考える上で必ず順序があります。

 

1、今、何が起こっているのかを感情抜きで考える。

2、そもそもどうなるのが1番良くて最悪はどんなことか

3、自分(お客様)はどうしたいのか

4、覚悟を決める。

5、作戦を決めて実行する。

 

まず感情を抜くのが難しい。やはり人間は感情の生き物ですからね。この感情が抜けるまで落ち着く。感情が抜けるまで考えない。私はそうしています。

 

次に出来事の最高と最低を考えます。なぜなら物語はこの最高と最低の間でしか起こりません。そしてこの最低の出来事が起こる要素を潰していき最低ラインを上げていきます。

 

そして3、4が1番大事なのですがどうしたいのか覚悟を決めることです。何をしてもどんな結果になっても他人は批判します。揉めないようにや穏便に何て無理です。相手がいるのですからね。

 

反対にこの覚悟がないと揉めない案件も揉めます。中途半端が1番ダメです。覚悟を決めろ、根性を出せ。自分やお客様に問題が起こった時いつも自分に言いきませていますしお客様にも言っています。

 

作戦に必要なのは何と言っても想像力です。妄想力かもしれません。この住宅ローンを通すのも同じです。

 

まあ、今回はよく通ったと思います。おかげでいい仕事ができたと思っています。

 

公務員や会社社長さまの住宅ローンはご相談ください。
 

⇒ 助太刀いたす 住宅ローン相談
 

===============

Nagano FP Office  永野 修   
本社  熊本市北区楠2-4-5
Office 熊本市中央区水前寺4丁目
電話 0120-929-943
HP  http://myhome-fpft.jp/

===============

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)