『永野FPオフィス3つのお約束』

=FPとの出会いはあなたの人生を変えます。=

1、真実の情報であること

2、信頼できるFPであること

3、価値ある品質であること



ー 家計にやさしい保険・住宅ローン -
お金の安心は心と身体の安定をもたらします
☆★☆★
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
Nagano FP OfficeのHP

保険相談  http://fpft.jp/

住宅ローン http://myhome-fpft.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
Nagano FP office 永野FPオフィス 
〒860-8003 熊本市中央区水前寺4丁目
お問い合わせ 無料通話 0120-929-943

営業時間 9時~22時まで
完全予約制となっています。お気軽にお電話ください

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


テーマ:

保険におけるインターネットの功罪

 

今はスマホのキーを打てばすぐにちょっと保険について調べられる時代です。30分もあればきっといくつもいろいろな記事を読むことができるでしょう。

 

現在保険に加入している人は自分の保険がどうなのか、またはこれから入る人はどのように入ればいいのかを調べることは簡単です。

 

問題はここからです。

 

ネットを見ているとその意見が玉石混合なのです。自分のとって誰の言っているのが正しいかわからなくなるのです。いわゆる保険の迷子ってヤツです。

 

最近そんな相談が増えているように感じます。いろいろな提案をされているのですがみんな正しく見えてどうすればいいかわからないということです。

 

ここでの失敗は何か。それは保険を見るからです。見るべきは保険ではなく保険を売る人。そう、信じることができる人を探さないといけないのです。

 

なぜか?

 

生命保険を使う時、あなたは少なくともピンチのはずです。今のような精神状態ではないはずです。夫や妻の死亡と時を最大としてがん、心臓、脳などで入院、手術した時冷静なわけありません。

 

そんな時に保険屋さんは助けになります。ですがこの助けてくれるはずの保険屋さんが売ったあとは音沙汰がなくなったりとっととやめてしまっていたりではどうでしょうか。

 

お金さえ貰えばいいと思うのであれば誰でもいいのでしょうが人生は誰と付き合うかで変わるのが世の常です。

 

ここで1つ迷った時の保険の選びからがわかるかと思います。1つは業歴が長い人。少なくとも5年以上在籍している人にしましょう。

 

保険業界は厳しいのでダメな人はすぐにやめていきます。ベロメーターとして勤務歴は有効かと思います。

 

もう1つは知識的なことです。

 

今回のブログはその知識的なことをテーマに書いてみました。保険の迷子になっているあなたのために!!

 

公務員が苦手 保険屋さんの正しい見分け方

 

http://myhome-fpft.jp/insurance/2081

 
 

=============

人生は人の出会いでしか変われない

 

永野FPオフィス FP永野 修

熊本市中央区水前寺4−54−21

0120−929−943

http://myhome-fpft.jp/

=============

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

本物は誰だ?

 

現在、熊本では空前絶後のマイホームバブル発生中です。当然その理由は地震です。そのうち7割が平屋とのことです。地震が残したツメあとが大きいのがわかります。

 

お客様の話を聞いているとハウスメーカーのセールストークでお客様が迷子になっているのが見受けられます。

 

『うちの家は益城でも倒壊しなかった』

 

このセリフが蔓延しているようです。ですが気になることがあるのです。それは益城にいった時に感じたことです。

 

地震があってからすぐに仕事で今回の震災の中心地の益城地区を通った時のことです。目の前の風景はまさに地獄絵巻図です。涙無くしては見れません。

 

でも少しだけ気になったことがあります。被害の大きな家は築年数が古いように感じたのです。

 

だからこれから建てる家でどうなんだろうかと思っていたのです。

 

メーカー関係あるの?

 

そんな時にこと報告書を読んだのです。国土交通省の『熊本地震における建築物被害の原因分析を行う委員会報告書』です。

 

https://www.mlit.go.jp/common/001147336.pdf

 

この報告書の中に益城地区の家の被災状況が載っていたのですがその中にこの表があったのです。

 

 

2000年6月以降に建てられた木造住宅では6割が無被害とあります。倒壊はわずか7棟です。そりゃ倒壊0と言うメーカーが多いわけです。

 

この表を見る限りはどこのメーカーの家がどうのこうのより、やはり建築基準が大きな影響をもたらしているとしか見えない統計です。

 

それよりも地盤や断層が走っていたことに影響があったと考えますがどうでしょうか。

 

自分の家は・・・

 

我が家も熊本地震で来月解体なります。建築士に依頼していますがこの表を見て安心しました。

 

さあ、設計を進めようかな

 

 

=============

人生は人の出会いでしか変われない

 

永野FPオフィス FP永野 修

熊本市中央区水前寺4−54−21

0120−929−943

http://myhome-fpft.jp/

=============

いいね!した人

テーマ:

断られたって諦めない

 

他人にNOと言われることは本当にいやな瞬間ですよね。誰だって自分のことを承認して欲しいと思っています。

 

これをよく承認欲求と言ったりしますがわかって欲しいや認めて欲しいというのは当たり前に思うことです。

 

それは住宅ローンの時も同じです。

 

マイホームを購入しようと前のめりの時に住宅ローンを申し込みをしてみたらNGと言われた。

 

または金利の高い時に購入したので金利の低い銀行へ借り換えをしようとした時に同じくNGと言われたなどよくあることです。

 

そんな時に諦めるのも人生です。しかし当オフィスに来る方は諦められない方です。

 

では諦めらないでいいケースがどんなケースか。実例を用いて説明していきます。

 

誰が審査するのか

 

実は住宅ローンを考える時に1番大事なのは何か。まあ審査が通ることが前提なら金利でしょうね。

 

でも審査が通らないことにはマイホームは買えないのです。なので住宅ローン選びは通る銀行を選ぶことが大前提になります。

 

つまり審査が通らないということはこの大前提すら考えていないか、知らないということになります。

 

業者さんからいえば知らないばかりに売り逃がしているのです。本当に不幸なことですよね。

 

今までこんなケースがありました。

 

・上場1部の社員だが5社申し込んだが大減額

・共有名義の妻がダメだったので借り換えできない

・団体信用保険がNGだったのでダメだった

・勤務年数が半年だったので断られた

・年祭比率オーバーで断られた

 

などなどお客様から連絡があったケースはまだまだあります。でもいずれも審査は通りました。

 

なぜ通らなかったのか。それは先ほどの通りです。

 

まず住宅ローンの審査ですが銀行がするわけではありません。するのは保証会社です。

 

A銀行でダメだったからと言ってB銀行もダメなわけではないのです。

 

信用情報が毀損していれば今は当然無理です。でも年数を開けて違う銀行で通したことも何度かあります。

 

その時はお客様は歓喜でした。今までローンが通らないことが心理的に自分を追い込んでいたからです。

 

『好きなもの食べていいよ』といかにも高そうな場所に招待されたくらいです。

 

でもこれも知っていれば普通の話だったりします。つまり知らないってことがどれだけ損なのか、という話なのです。

 

きっと人生も同じなのでしょうね。

 

知らないってことで別の人に聞けば問題なかったのにその人を信じたために諦めるしかないのです。

 

そう、人生は人との出会いでしか変われないのです。付き合う人を選ぶことで人生は変わるのです。

 

それは自分で経営してきて何度もみてきたことです。

 

住宅ローンを断られたからといって諦めるのも人生です。でももしチャンスがあればと思うのであれば人を選ぶ習慣をつけたほうがいいですよ。

 

今回も1件、断られたローンを通してつくづく思った次第です。銀行員は自分の銀行のローン以外は知らないと思ったほうがいいです。

 

ハウスメーカーは提携ローン以外の住宅ローンは知らないと思ったほうがいいのです。

 

そのよく知らない人ん話を聞いて決めているわけです。誰の責任はわかりますよね。

 

人を選ぶことをしなかったあなたの責任なのです。

 

=============

人生は人の出会いでしか変われない

 

永野FPオフィス FP永野 修

熊本市中央区水前寺4−54−21

0120−929−943

http://myhome-fpft.jp/

=============

 

いいね!した人

テーマ:

相談には波がある

 

本当に不思議なことですがお客様からいただく電話はいつも偏ります。

 

先週までは土地から探してマイホームを建てたい方からの相談がメインでした。ヒアリングから資金計画を考えて土地、建物を一緒に探すという相談です。

 

では今週は何かと言うと『損害保険』です。火災保険は当たり前かもしれませんが『自動車保険』と事故処理が2件ありました。

 

来週は労災の相談ということで山口に出張することになっています。来週は保険相談が多い予感がしています。

 

そこでマイホーム購入する方の保険見直しとして住宅ローンを楽に支払うための保険設計を記事にしました。

 

→ http://myhome-fpft.jp/homeloan/2068

 

住宅ローンが始まったら保険料の無駄なんて許されません。今回は収入保障保険を使った設計。次回は医療保険をテーマにします。

 

その後は確定拠出年金の投資編に入ってきます。お客様に出しているメールに書いたことをベースに書いていきます。

 

 

=============

人生は人の出会いでしか変われない

 

永野FPオフィス FP永野 修

熊本市中央区水前寺4−54−21

0120−929−943

http://myhome-fpft.jp/

=============

いいね!した人

テーマ:

そんなローン、知りませんでした

 

先日埼玉県では人並みの暮らしには月収50万円が必要というニュースがありました。年収にすると600万円以上ということになります。

 

でも関東のような都会でも平均年収は400万円台です。ということはかなりの方が『人並み』の暮らしができない世の中になってきたということでしょうか。

 

さいたまでそれなら熊本ならどうなる。コンビニも車も同じ値段です。家も服も都会と同じ値段です。違うのは何か?それは土地だけ。

 

なのに都会より高い金利で住宅を購入している。それじゃもっと生活は苦しいって。

 

知っていて、比較して高い金利で購入したなら問題はない。ですが知らないで言われるがままに高い金利で購入したのであればどうでしょうか。

 

今やスマホを開けば住宅ローンの金利情報はいつでもどこでも見れます。申し込みだってできます。

 

それは住宅販売をしているセールスだって同じことです。ですが熊本では彼らは教えてくれません。

 

もし都会と違って熊本に住んでいる優位性、土地の値段が安いというのを利用して幸せな暮らしをするのであればあなたは自分で住宅ローンを選ばないといけない。

 

ハウスメーカーのセールスがあれこれ言って提携ローンを勧めてきてもその金利が0.6%以下でなければ住宅ローンは自分で選ぶと宣言しなければなりません。

 

この情報化時代に知らないというだけで損をするのはあまりにももったいないことです。

 

そう、今こそ住宅ローン選択の自由を宣言しよう。それで提携ローンを選ぶならそれは正解なのだ。

 

知らないで損する時代ではない。そんな時代にいきているのです。

 

=============

人生は人の出会いでしか変われない

 

永野FPオフィス FP永野 修

熊本市中央区水前寺4−54−21

0120−929−943

http://myhome-fpft.jp/

=============

いいね!した人